日本神話講座のご案内

 

いつも日本神話.comをお読みいただきありがとうございます。

日本神話協会では、以下内容にて日本神話講座を開催しております。

都度ご相談させていただきながら内容を詰めて参ります。日本全国へ参りますのでお気軽にお声がけくださいませ。

 

日本神話の世界

神話大国日本

日本には数多くの神話があります。時代の変遷につれて、古代の神話をひき継ぐなかに、神が仏と習合するなど全く新しい展開をみせる一方、今の沖縄を中心に、琉球王朝、民間ともに多彩な神話が残っています。特に神楽は、古代神話を織り込み、全国各地に山伏神楽、神事芸能として様式化を遂げ、無形文化財の指定を受けているものも少なくありません。

1.古代神話(古事記・日本書紀の神代など)
2.中世神話(本地垂迹説、神仏習合説など)
3.琉球神話(琉球王朝神話、奄美沖縄民間神話など)
4.芸能、神楽など

二.古代神話と日本のかたち

日本は、天皇を国民統合の象徴としています。天皇の権威は神話に由来し、その歴史は神話につながっています。神話が日本のかたちを規定していると言っても過言ではないのです。そればかりか、そもそも国土や日月をはじめ万物、物事のあらゆるものの起源を、神話はものがたっています。この国の成りたちも、神話にまで遡ります。そのつながりを、祭祀や行事として今に伝えているのが皇室なのです。

1.神話が伝える日本の起源
①.国土、自然(水、火、土、風、山川草木など)
②.天(高天原)、天下(葦原中国、瑞穂国)、黄泉、根国、常世
③.人間(男女、生老病死、喜怒哀楽など)
④.社会(秩序、制度、統治、産業など)

2.神話をひき継ぐ歴史、天皇を中心とした歴史
①.天神の始祖から連綿と続く系統の直系に連なる天皇
②.初代神武天皇に始まる天皇の政治的、文化的支配構造
③.天皇の継承(大嘗祭、三種神器、元号、暦日など)

3.祭祀
①.神(天神地祗、八百万神、皇祖神、氏族祖神、鬼神、自然神など)
②.皇室祭祀 大祭(天皇自ら祭儀を執行、御告文を奉奏)、 小祭(掌典長が祭儀を執行、天皇が拝礼)、臨時御拝(天皇の思し召し)
③.民間祭祀 出雲大社、住吉神社など

4.神話に根ざす祭祀、行事
①.大嘗祭
②.三種神器の継承(「天壌(てんじょう)無窮(むきゅう)」の神勅)
③.稲作と養蚕(天皇の「お田植えとお稲刈り」、天蚕の卵をクヌギの枝に付ける皇后の「山つけ」)

この世界と国の誕生

1、国生みをめぐる二系統
①、イザナキ、イザナミの協議にもとづく営為
②、天神の命によるイザナキ、イザナミの営為

2.秩序、原理の支配

3.男女、兄弟、夫婦、親子

4.依拠する説と関連する神話
①、中国古典(天地開闢、陰陽説、尊卑先後の序)
②、琉球神話(兄妹始祖洪水神話)

この世界と他界

1.死の起源(火神による焼死)

2.他界の第一、黄泉(死者の世界)

3.別離(夫婦)、断絶(生死)をめぐる類型(見るなの禁)

4.依拠する説と関連する神話、伝承
①、中国の志怪小説(蘇生譚)
②、海幸、山幸(豊玉姫の出産)、浦島子伝(神仙の玉匣)、鶴女房(機屋)

統治者の誕生

1.誕生をめぐる二系統
①.イザナキ、イザナミの協議にもとづく出産
②.イザナキの禊祓による化生

2.日神と天照大神
①.イザナキによるスサノオ処分

3.スサノオの神さが、神わざとイザナキによる処分

4、根国に所在
①.極遠の地―疫鬼との関連
②.地下世界―死との関連

天照大神による統治の確立とスサノオ追放

1.うけい(君臣の秩序)

2.スサノオの勝さび

3.天照大神の岩窟隠れ、神事

4.スサノオ処分、追放
①.贖罪
②.祓い

スサノオの大蛇退治と林業創始

1.八岐大蛇の正体
①.大八州国の荒ぶる神
②.在地の荒ぶる神

2.神剣献上(臣従の証し)と断蛇剣

3.国神の女との結婚による大国主神の誕生

4.林業創始と木種分布(青山回復)

5.関連する伝承、芸能
①.中国の志怪小説(大蛇退治)
②.荒神神楽(身ウリ能)

八.大国主神の国造り

1.一神多名

2.出雲を舞台とする国造りとその過程
①.着手前の多彩な展開
②.スクナヒコナの協力、常世行き

3.天神の関与、教示
①.スサノオ、カムムスヒノカミ(古事記)
②.タカミムスヒノミコト(日本書紀)

4.幸魂奇魂(大三輪の神)の助言、祭祀

5.関連する行事、思想
①.成人式儀礼
②.儒教思想(修身斉家治国)

天孫降臨

1.天神による降臨にむけた地ならし(国譲りの強要)

2.降臨する天孫
①.タカミムスヒノミコトの孫
②.天照大神の孫

3.天降りを待ちうけるサルタヒコ

4.関連する神話
①.日並皇子尊殯宮挽歌(万葉集一六七番)
②.檀君神話(朝鮮、三国遺事)

ニニギノミコトの結婚

1.国神の導き

2.山神の女二人のもたらすもの
①.木花のような移ろいをもたらす美人
②.磐のごとき長寿をもたらす醜女

3.一宿婚(一夜の交わりによる懐妊)を巡る疑いと身の証し

4.関連する神話
①.バナナタイプ神話

海幸山幸

1.兄弟争い

2.塩土翁の導き

3.海神の女との結婚とその助言

4.出産を巡る見るなのタブー

5.関連する伝承
①.浦島子伝(丹後国風土記逸文)
②.水江の浦島子を詠む歌(万葉集一七四〇番)

神話の継承、歴史の創始

1.東征の発議

2.神神の加護、助力
①.日神(天照大神)
②.タカミムスヒノミコト

3.忠臣の活躍
①.武将(道臣)
②.知将(椎根津彦)

4.初馭天下(はつくにしらす)天皇、橿原即位

5.立后

6.関連する伝承
①.金鵄(瑞祥)
②.神婚譚

 

神話講座実績一覧

以下、ご紹介できる範囲ですが、今までの講座内容の一部をご紹介申し上げます。

日本神話講座開催のお知らせとご報告(小学生児童とその親御さん向け)|神武東征神話をもとにオリジナル絵本を作ろう!

2016.07.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。