日本神話講座のご案内:7月14,15日 川崎で日本神話講座開催します!

当サイトへお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

この度、神奈川県川崎市にて、日本神話講座を開催する事になりました。

以下、開催概要となります。是非よろしくお願いします。

7月14,15日 川崎で日本神話講座開催します!

日程

計8日間完成で、『日本書紀』『古事記』を解説していきます。

第1回:7/14(土)、15(日)
第2回:9/22(土)、23(日)
第3回:12/15(土)、16(日)
第4回:3/23(土)、24(日)

1回あたり土日の連続2日ずつ、全4回、8日間の講座です。全て10:00~17:00の講義。

長すぎても途中で息切れしてしまいますし、短すぎると伝えきれない、、、そんな葛藤の中で最終決定したのが、年4回、つまり3か月ごとに開催する流れです。

参加者の皆様には、丹生川上神社の御神域の天然水「天つ水(あまつみず)」を各回1本ずつプレゼント!

 

開催場所

第1回は、神奈川県川崎市の、川崎駅から徒歩15分の会場にて行います。

 

日本神話講座概要

日本神話とは…

簡単に言うと「日本の神話」です。

これ、そのまんまなんですが、実はとっても深いお話です。

では、神話とは何でしょうか?

簡単に言うと「神様のお話」です。

なので、「日本神話」とは、「日本の、神様のお話」のこと。

どこかで聞いたことありませんか?「ヤマタノオロチ」「イナバのシロウサギ」「ヨミノクニ」。これは日本神話で伝えてるお話です。

近くにある神社。お祭りされてる神様はどんな神様ですか?その神様もきっと日本神話に登場します。

実はとっても身近な日本神話。ただ知られてないだけなんです。

日本神話の一番の特徴は、
「今とつながっている」という事。

神話が今とつながってる?

それはつまり、

この世界があり、この日本があり、私たちが今、こうして生きているのも、
もとをたどれば、神様のお話にいきつくということ。これ、日本神話の最大の特徴。

神様と私たち、神話と歴史がずーっとつながってるんです。

世界には様々な国や地域にたくさんの神話がありますが、神話と歴史がつながってるところなんてありません。日本だけ。オンリーワン。これとてもスゴイことなんです。

日本神話を知ると、

なんでこの世界があるのか?
なんで日本という国があるのか?
なんで四季があるのか?

から始まり、もっと近づけると、

なんで私たちは日々喜び、悩み、間違い、戻し、また生きていくのか?

そんな理由が分かるんです。

なぜなら、この世界も、今の私たちも、もとをたどれば神話に行きつくから。つながってるって、そういうことです。

『日本書紀』『古事記』というとても古い、日本で一番古い書物に書かれている物語。日本独自の、今につながってる、とても豊かで奥ゆかしい神様のお話。それが日本神話です。

※この講座ではこういうことが学べます。

・この世界が、私たちがどのように生まれたのかわかります。
・私たちが、なぜ喜び、悩み、間違い、戻し、また生きていくのかわかります。
・ヤマタノオロチとか、どこかで聞いたことのある名前にちなむお話がわかります。
・近くにある神社、そこでお祭りされてる神様の由来がだいたいわかります。
・『日本書紀』『古事記』の全体像、読み解き方、メッセージがわかります。

歴史が好きな方、神様や神社が好きな方、なんとなく知りたい方、この記事を読んでしまった方、是非ご参加ください。

講座内容

第1回:7/14、15
日本神話とは?『日本書紀』と『古事記』の違いと歴史背景
『日本書紀』解説
『日本書紀』の構成と狙い
第一段~三段 天地開闢と三柱の神の誕生
第四段 オノコロ島での聖婚と国生み
第五段 この世界と黄泉、この世界の統治者の誕生

第2回:9/22、23
第六段 天照大神による統治の確立
第七段 素戔嗚尊の乱暴と追放
第八段 素戔嗚尊の八岐大蛇退治
第九段 葦原中国平定と天孫降臨

第3回:12/15、16
第十段 海幸・山幸説話
神武紀 神武東征と日本建国

第4回:3/23、24
『古事記』解説
『古事記』の構成と狙い
大八洲国と黄泉
葦原中国と高天原
出雲と根国
葦原中国と海神の宮

講座料金

全4回 8日間で35,000円

一定期間の募集後、空きがある場合には、一回(2日間)ずつの募集を行います。
一日当たり、5000円にて募集いたします。

講師プロフィール

さるたひこ(日本神話.com運営者) 三才堂株式会社 代表 榎本具紀

1977年10月7日生まれ。大学で日本神話を研究する父がいます。京都育ち。大学時代に演劇にハマり2年留年。社会人になってからは塾の教室長や研修講師、コンサルタントなどで「教える、伝える、カタチにする」経験を積みました。その後、独立し個人事業を営みながら、2015年(一社)日本神話協会設立、2016年三才堂株式会社設立。現在、奈良県を中心に、過疎に悩む神社の護持、地域活性化に向けて事業を展開しています。ブログ「日本神話.com」で日本神話に関する情報発信中。

 

日本神話を学び始めたのは5年前くらいから。学び始めてからの変化は、、、奈良県東吉野にある丹生川上神社とお水の事業を始めることになりました。奈良県橿原にある天香山神社と周辺の4社とお米づくり神事を通じた地域活性の取組を始めることになりました。ブログを通じてたくさんの方々と出会いご縁をいただけるようになりました。住む場所がかわりました。子供が増えました。事業資金の借り入れが増えました。何屋さんかよくわからなくなりました。。。

と、まー自分でもびっくりするくらいの変化を経験しています。それもこれも全て、神話のお導き。私さるたひことしては、そんな感覚をもとに日々取り組んでいるところです。

今回の講座では、もちろん、日本神話を分かりやすく解説するのは当然として、そこからさらに踏み込んで、日本神話をもとにどのように生きるか?みたいなところへ落とし込んでいきたいと考えてます。日本神話には、より良く生きていくためのヒントや、教えがあると思っていて、そこのところをたっぷりとお伝えしていきたいと考えてます。是非、この機会に日本神話に触れてみていただいたいです。そして、日本神話を持って生きる、みたいなところへ一緒に進んでいければと思います。

当日お待ちしております。1日4000円ちょっと、この内容では破格のお値段。是非お申込みくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。