神様解説

造化三神神様解説

造化三神(ぞうかさんしん)|天と地ができた原初の時に、初めて高天原に成りました三柱の神々。あとに誕生する神に活躍する世界を譲り自らは立ち退く奥ゆかしいスタンス。

  日本神話に登場するいろいろな言葉、語句を解説します。今回は『古事記』を中心に「造化三神ぞうかさんしん」です。 天と地ができたその原初の時に、高天原に成りました神が「天御中主神あめのみなかぬしのかみ」「高御産…

神様解説

伊邪那岐神と伊邪那美神|国土神として成った神世七代の第七代。男女媾合による生産豊穣の表象。結婚し国生みと神生みの大事業をなす日本神話の中心的神々。

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「伊邪那岐神と伊邪那美神」です。 『古事記』では「伊邪那岐神いざなきのかみと伊邪那美神いざなみのかみ」、『日本書紀』では「伊奘諾尊いざなきのみことや伊奘冉…

神世七代神様解説

神世七代|天地開闢に次々と誕生した尊貴な神様カテゴリ。日本神話を伝える『日本書紀』『古事記』をもとに徹底解説します!

  日本神話に登場する様々な神様を、どこよりも詳しくディープに解説します。 今回は「神世七代かみよななよ」です。 「神世七代かみよななよ」は、『日本書紀』にも『古事記』にも登場する神々のカテゴリ。 『日本書紀』…

於母陀流神と阿夜訶志古泥神神様解説

於母陀流神と阿夜訶志古泥神|国土神として成り、男女対偶神として神世七代の第六代に数えられる。生産豊穣の霊能を表象。

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「於母陀流の神と阿夜訶志古泥の神」です。 『古事記』では「於母陀流神おもだるのかみと阿夜訶志古泥神あやかしこねのかみ」、『日本書紀』では「面足おもだる尊と…

天之常立神と国之常立神神様解説

天之常立神と国之常立神|「常立」=常に立つこと、恒常的確立を意味。両神を対応させ引き継がせることで、天と国の確立、世界の展開に道をつけています。

  『古事記』を中心に登場する神様とその位置づけをご紹介します。今回は「天之常立神と国之常立神」です。 従来の主な議論を踏まえ、実は神話的にはこう解釈すべき的なところをお届けします。   天之常立神と…

神様解説

意富斗能地神と大斗乃弁神|国土神として化成し神世七代の第五代。 門口などに立てられていた具象的な神像に対する命名。

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「意富斗能地おほとのぢの神と大斗乃弁おほとのべの神」です。 『古事記』では「意富斗能地神と大斗乃弁神」、『日本書紀』ではいろいろあって「大戸之道おほとのぢ…

神様解説

宇比地邇神と須比智邇神|国土神として化成し、男女一対の神で神世七代の第三代。土地を鎮めるための盛土の神格化

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「宇比地邇うひぢにと須比智邇すひちに」です。 『古事記』では「宇比地邇神うひぢにのかみと須比智邇神すひちにのかみ」、『日本書紀』では「埿土煑うひぢに尊と沙…

別天神神様解説

別天神(ことあまつかみ)|神世七代に先立って特別に誕生した五柱の神々。『日本書紀』との比較から眺めることで、その位置づけや解釈に奥行きや深みがでてきます。

  日本神話に登場するいろいろな言葉、語句を解説します。今回は「別天神ことあまつかみ」です。 『古事記』に独自な神であり、「国之常立神くにのとこたちのかみ」に始まる「神世七代かみよななよ」の神々に先立って誕生す…

独神神様解説

独神(ひとりがみ)|単独で誕生し、男女の対偶神「双神」と対応する神。双神が生みなしたこの世界と神々とに関わり、その活躍を導き助力する存在

  日本神話に登場するいろいろな言葉、語句を解説します。今回は「独神ひとりがみ」です。   独神|単独で誕生し、男女の対偶神「双神」と対応する神。双神が生みなしたこの世界と神々とに関わり、その活躍を導…

宇摩志阿斯訶備比古遅神神様解説

宇摩志阿斯訶備比古遅神|国土浮漂のとき、葦芽のように勢いよく芽生え伸びてゆくものを、神の依代として化成した独神で、身を隠していた別天つ神

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ」です。 『古事記』では「宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ」、『日本書紀』では「可美葦牙…