神様解説

神様解説

於母陀流神と阿夜訶志古泥神|国土神として成り、男女対偶神として神世七代の第六代に数えられる。生産豊穣の霊能を表象。

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「於母陀流の神と阿夜訶志古泥の神」です。 『古事記』では「於母陀流神おもだるのかみと阿夜訶志古泥神あやかしこねのかみ」、『日本書紀』では「面足おもだる尊と…

神様解説

天之常立神と国之常立神|「常立」=常に立つこと、恒常的確立を意味。両神を対応させ引き継がせることで、天と国の確立、世界の展開に道をつけています。

  『古事記』を中心に登場する神様とその位置づけをご紹介します。今回は「天之常立神と国之常立神」です。 従来の主な議論を踏まえ、実は神話的にはこう解釈すべき的なところをお届けします。   天之常立神と…

神様解説

意富斗能地神と大斗乃弁神|国土神として化成し神世七代の第五代。 門口などに立てられていた具象的な神像に対する命名。

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「意富斗能地おほとのぢの神と大斗乃弁おほとのべの神」です。 『古事記』では「意富斗能地神と大斗乃弁神」、『日本書紀』ではいろいろあって「大戸之道おほとのぢ…

神様解説

角杙神と活杙神|国土神として化成した神世七代の第四代。村落や家屋の境界をなす男女一対の棒杙の神格化

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「角杙神つのぐひのかみと活杙神いくぐひのかみ」です。 『古事記』では「角杙神つのぐひのかみと活杙神いくぐひのかみ」、『日本書紀』では「角樴尊つのぐいのみこ…

神様解説

宇比地邇神と須比智邇神|国土神として化成し、男女一対の神で神世七代の第三代。土地を鎮めるための盛土の神格化

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「宇比地邇うひぢにと須比智邇すひちに」です。 『古事記』では「宇比地邇神うひぢにのかみと須比智邇神すひちにのかみ」、『日本書紀』では「埿土煑うひぢに尊と沙…

神様解説

宇摩志阿斯訶備比古遅神|国土浮漂のとき、葦芽のように勢いよく芽生え伸びてゆくものを、神の依代として化成した独神で、身を隠していた別天つ神

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ」です。 『古事記』では「宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ」、『日本書紀』では「可美葦牙…

神様解説

高御産巣日神|造化三神の一柱で天之御中主神に次いで2番目に成りました独神で別天つ神。「産霊」ならびに「産日」の霊能を発動。

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「高御産巣日たかみむすひ神」です。 『古事記』では「高御産巣日たかみむすひ神」、『日本書紀』では「高皇産霊尊たかみむすひのみこと」として登場。 &nbsp…

神様解説

豊雲野神|国土神として化成し身を隠している神世七代の第二代。豊かな実りを約束する地味の肥えた、そして慈雨をもたらす雲が覆う原野。

  『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「豊雲野とよくもの神」です。 『古事記』では「豊雲野とよくもの神」、『日本書紀』では「豊斟渟尊とよくむぬのみこと」として登場。   名義 豊かな…