住吉大社参拝には「天王寺」発「阪堺電軌上町線」で行こう!下町を走るトラムが激しく心揺さぶる件

 

大阪は、天王寺から出ている「阪堺電軌上町線はんかいでんきうえまちせん」。

当サイトとしては、住吉大社に参拝されるときは「阪堺電軌上町線」のご利用を激しくオススメいたします。

 阪堺電軌

こちら、天王寺から出ているローカルトラム。こんなレトロで心ゆさぶるトラムが大阪のど真ん中を走ってるなんて!

名前からしていいじゃないですか!

阪堺「電軌でんき」って!

電軌。。。

この言葉がもつ響きとイメージ、まさにガタゴト走る昭和なトラム感を遺憾なく表しております。

 今回は、この「阪堺電軌上町線」について、天王寺発・住吉大社着までの様子をご紹介します。

 

住吉大社には天王寺発「阪堺電軌上町線」で行こう!下町を走るトラムが激しく心揺さぶる件

阪堺電軌上町線はんかいでんきうえまちせん」は、大阪府大阪市阿倍野区の「天王寺駅前」停留場から、住吉区の「住吉」停留場までを結ぶ、阪堺電気軌道の路線、営業距離は4.4km。

その昔、馬車鉄道が始まりで。そう、馬が貨車を引く、例のアレです。

四天王寺と住吉大社への参拝客を輸送するため、1900年に開業。大阪馬車鉄道が母体。2年後には下住吉まで延長した後、南海鉄道と合併後の1910年には電化して電車運転を開始しております。

まさに、大阪の下町の発展と一緒に歩んできた路面電車。素敵すぎる!

 

始発駅である、天王寺の乗り場はコチラ!

 住吉大社への阪堺電軌線 (2)

ココで注意!

「阪堺電軌上町線」は外からは乗り場に行けません!

地下から向かいます。交差点近くのどこからでもいいので、まずは地下にもぐりましょう。

住吉大社への阪堺電軌線 (6)

 

すると、乗り場を示す看板あり!

住吉大社への阪堺電軌線 (13)

て、こ、こんな入口。。。からしてステキすぎ。

地元の皆様、ほんと申し訳ございません。全然知らない人からすると、全てが神がかって見えるのです。

 

のぼって上がると。。。

住吉大社への阪堺電軌線 (14)

駅!

住吉大社への阪堺電軌線 (15) 住吉大社への阪堺電軌線 (18) 住吉大社への阪堺電軌線 (22)

いやー、昭和な感じ、サイコーだ!!!

 

こんな車内。

住吉大社への阪堺電軌線 (23)

大人210円。

値上げしてきた歴史を感じる価格。。。ローカル線としていつまでも継続していただきたい。

 

天王寺駅前から住吉大社までは15分程度。

それでは、車窓をしばらくお楽しみください。

住吉大社の阪堺電軌 (29)

チンチ~ン出発~!

住吉大社の阪堺電軌 (27) 住吉大社の阪堺電軌 (25)

がたーんごとーん

住吉大社の阪堺電軌 (26) 住吉大社の阪堺電軌 (23)

ガタゴトがたごと

住吉大社の阪堺電軌 (21) 住吉大社の阪堺電軌 (19) 住吉大社の阪堺電軌 (16)

踏切よ~し

住吉大社の阪堺電軌 (13) 住吉大社の阪堺電軌 (11)

 住吉大社の阪堺電軌 (10)

住吉大社の阪堺電軌 (8)

がたごとがたごと

住吉大社の阪堺電軌 (6) 住吉大社の阪堺電軌 (5) 住吉大社の阪堺電軌 (2)

住吉到着~

住吉大社 (89) 住吉大社 (91)

いやー

 

良い!

イイぞッ路面電車!

勝手にテンション上がった15分間♪

すばらしかったです。以上、現場からお送りいたしました。

 

まとめ

住吉大社に参拝されるときは、「阪堺電軌上町線」のご利用を激しくオススメいたします。

天王寺駅前~住吉鳥居前まで、約15分ちょっと。ガタゴト走る路面電車の旅を是非お楽しみください♪

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

住吉大社|祓い&航海安全御利益の住吉大社「すみよっさん」を日本神話から読み解く!

02/16/2016

住吉大社参拝には「恵美須町」発「阪堺電軌阪堺線」で行こう!下町を走るトラムが強く激しく心揺さぶる件 その2

02/29/2016

開催中!大阪よみうり文化センター天満橋教室
御代替わりの祭儀をめぐる日本神話との関わり

日本神話.comの神話記事監修をしていただいている佛教大学名誉教授榎本先生の講座が大阪の天満橋で開催中です!代替わりの節目となる年。「古事記」「日本書紀」「万葉集」などの文献に沿って天皇との関わりや即位をめぐる歴史・制度の変遷をたどり、古代~近代日本の本質について読み解きます。骨太な熱血講義でお届け中!
月1回開催。3000円前後。途中からのご参加も可能です。詳しくは大阪よみうり文化センター天満橋教室へお問い合わせください。ぜひお気軽にご参加くださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです! 日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。 「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信中。最新の学術情報を踏まえしっかりとした日本神話解釈をお届け。是非チェックしてくださいね。