分かる!神武東征神話|神武の生い立ち|天照大神の第五世代 子孫(来孫)であり、海神の孫でもある件

 

正史『日本書紀』をもとに、最新の学術成果も取り入れながら、どこよりも分かりやすい解説をお届けします。

今回からは、神武東征神話。
『日本書紀』巻第三、「神武紀」と呼ばれる巻から、シリーズで詳しく解説していきます。

現代の私たちにも多くの学びをもらえる内容。日本神話から学ぶ。日本の神髄が、日本の心がココにあります。

 

 神武東征神話を分かりやすく解説するシリーズ

今回は第1回目。神武の「生い立ち」にかかわる神話をお届けします。

日本神話.comでは、「天地開闢てんちかいびゃくから橿原即位まで」を「日本神話」として位置づけ。当サイトとしては、政治性とか宗教性とかは排除し、純粋に「物語を楽しむ」スタンスで掲載していきます。

なんせ
日本の建国神話であり、
日本最古の英雄譚
であります。これを知らずして日本も神話も語れない!

なお、神武東征神話は、『日本書紀』と『古事記』の2つの書物に記載されてます。が、大筋は同じながら細かいところで微妙に違う神話を伝えてます。

本シリーズでは、その中で、日本の正史である『日本書紀』をもとに解説していきます。

 

神武の生い立ち|天照大神の第五世代 子孫(来孫)であり、海神の孫でもある件

『日本書紀』巻三「神武紀」

これからご紹介していく「神武東征神話」は、『日本書紀』の巻三、「神武紀」と呼ばれる部分に伝えられてます。

『日本書紀』自体は、全部で30巻もある膨大な歴史書。詳細コチラで⇒「『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

で、その3巻目に「神武東征神話」が記載されていて、「神武紀」と呼ばれてる訳です。

そんな巻三「神武紀」は、神武の生い立ち説明からスタート。背景には、天孫降臨てんそんこうりんからこのかた179万有余年の年月が経過しているという設定あり。

『日本書紀』巻二までは、時間概念が無かったのが、
巻三「神武紀」で初めて、時間記述が登場。コレかなり重要ポイント。

で、後の「神武天皇」は、天照大神からみて「第五世代子孫」として登場。生前の名前は「彦火火出見ひこほほでみ

天照→おしほみみ①→ににぎ②→やまさち③→ふきあえず④→神武⑤

の順。現代では、5番目の孫を「来孫(らいそん)」と呼びますが、コレに相当する訳です。

系図詳細は、コチラ。

神武家系図

父が「鸕鷀草葺不合尊うがやふきあえずのみこと」、母が「玉依姫たまよりひめ」。で、4人兄弟の末っ子として誕生。で、祖父は「山幸やまさち(天孫)」であり、祖母も母も「海神の娘」という設定。

この系譜をたどると
神武が天照大神の子孫であり、海神の子孫でもある事
が分かります。

すごくない?コレ、、、

おじいちゃん系を辿っていくと天照大神につながり、
おばあちゃん系を辿っていくと海の神につながる、、、

どんなロイヤルファミリーやねん、、、

 

もっと言うと、

天照大神の孫にあたる瓊瓊杵尊は、高天原から葦原中国に降臨後、山の神の娘と結婚。これにより山幸彦が生まれてる訳で、

さきほどの表現は、
神武が天照大神の子孫であり、山神・海神の子孫でもある

という事にもなる訳です。

これは後の東征と建国の正当性を出すところに繋がっていくので要チェック。

ということで、以下さっそくお届け。訳出にあたっては、なるべく原文の意味を損なわないように配慮しました。一方で、読みやすさや分かりやすさも重視したつもりです。是非ご参考にされてください。

 

神武の生い立ち

神日本磐余彦天皇かんやまと いわれひこ の すめらみこと」は、「彦火火出見」ひこほほでみいみなとし[1]、「彦波激武鸕鷀草葺不合尊ひこなぎさたけ うがやふきあえずの みこと[2]」の4番目の子として生まれた。母は「玉依姫たまよりひめ」で、海神の娘「豊玉姫とよたまひめ」の妹である。

彦火火出見ひこほほでみ」は生まれついて聡明で、何事にも屈しない強い心を持っていた。十五歳で皇太子となり、さらにちょうじて、日向の国の「吾田邑あたむら」の「吾平津媛あひらつ ひめ」を娶って妃とし、「手研耳命たぎしみみ のみこと」を生んだ[4]

注釈

[1]いみな」とは、生前の名前であり、崩御後はその名を忌むため使われます。

[2]父の「うがやふきあえず」は、山幸が、海神の娘である「豊玉姫とよたまひめ」を娶って生まれた子。ちなみに、長兄は「五瀬命いつせのみこと」、次兄は「稲飯命いなひ のみこと」。三兄は「三毛入野命みけいりの のみこと」。

[4]男が生んだ、という設定。系譜の形式によるもの。

原文

神日本磐余彥天皇、諱彥火火出見、彥波瀲武鸕鷀草葺不合尊第四子也。母曰玉依姬、海童之少女也。天皇生而明達、意礭如也、年十五立爲太子。長而娶日向國吾田邑吾平津媛、爲妃、生手硏耳命。

『日本書紀』巻三 神武紀より

 

まとめ

神武の生い立ち

『日本書紀』巻三に記載されている「神武紀」の冒頭部分、いかがでしたでしょうか?

生い立ちで設定されている内容は、いろいろな意味が込められています。

「なんでそんな設定になってるのか?」を考えていくことは、古代神話のロマンとあわさってめっちゃ魅力的ですよね。

ポイントをいくつかまとめます。系譜を再度確認。

神武家系図

①「彦火火出見」の名に込められた意味

まず、名前について。

本伝では、

神日本磐余彦天皇かんやまと いわれひこ の すめらみこと」は、「彦火火出見」ひこほほでみいみなとし、

とありました。

いみな」とは、生前の名前。
神武天皇は最初から「神武天皇」と呼ばれてたのではなく、「彦火火出見」と呼ばれてたんすね。

で、

この彦火火出見ひこほほでみ」という名前は、祖父である「山幸彦やまさちひこ」の名前「彦火火出見尊ひこほほでみのみこと」と同じなんです。

ここから、
神武は、瓊瓊杵尊ににぎのみこと」の子である「山幸彦」と同じ名前をつけることで、
「瓊瓊杵の子」としても自らを位置づけたことが分かります。

瓊瓊杵の子として、自らを位置づけようとした、、、

 

なんで? その理由は?

 

それは、神武にとって「瓊瓊杵尊」はとても重要な神であったということ。

その重要さは、瓊瓊杵尊が天孫降臨した経緯に遡ります。少し掘り下げます。

『日本書紀』巻二 第九段 一書第1から重要部分を引用。天孫として降臨しようとする瓊瓊杵尊に対して天照大神が神勅を下す場面です。

そして(天照大神は)皇孫(瓊瓊杵尊)に勅して、
葦原千五百秋之瑞穂國あしはらのちいほあきのみつほのくには、我が子孫が君主たるべき地である。汝、皇孫よ、行って治めなさい。さあ、行きなさい。天祚あまつひつぎの栄えることは、天地とともに窮まることがないであろう。」
と仰った。

と。

有名な「天壌無窮てんじょうむきゅうの神勅」と呼ばれる箇所ですね。

ココでのポイントは、

  • 天照大神が、自ら勅を下していること
  • この地上世界(葦原中国)の統治者は、天照大神の子孫であること
  • その統治は、天祚(=皇位)は、永遠に絶えること無く続くことを予定していること

つまり、

瓊瓊杵尊は、天照大神より直々じきじき葦原中国の統治者として任命された

ということ。これはめちゃくちゃ重要なポイントです。

で、実際に降臨し、西偏の地ではありましたが実際に統治を行い、山の神の娘と結婚し子供をつくった、その子孫が神武である、ということ。

本シリーズ第二回目にお伝えしますが、だからこそ、神武は「瓊瓊杵尊ににぎのみこと」を「我天祖わがてんそ」として位置づける訳で。スゴイよね、この瓊瓊杵リスペクト感。

神武にとっての理想が瓊瓊杵であり、その瓊瓊杵に直接つながる形をつくりたかった。それが、瓊瓊杵の子である「山幸彦」の名、「彦火火出見」だった、という訳です。

言い方を変えると、

「彦火火出見」という名は、
東征や橿原即位(建国)の正当化と権威づけを狙った名前

とも言えます。まずはこの点をしっかりチェック。

 

②神武の生い立ち=天照大神の子孫&海の神の孫の持つ意味

続いて2点目。系譜を再確認。

天照→おしほみみ①→ににぎ②→やまさち③→ふきあえず④→神武⑤
(本人→子①→孫②→ひ孫③→玄孫やしゃご④→来孫らいそん⑤ (現在の子孫呼称))

で、天照大神からみて「第五世代子孫(来孫らいそん)」にあたる神武。

「天照大神の子孫である!」という設定は、東征神話中盤以降で重要な意味を持つようになります。

  • なぜ近畿上陸した初戦で敗退してしまうのか?
  • なぜわざわざ紀伊半島を南下し熊野から入るルートを選んだのか?
  • 危機的状況に陥ったとき、なぜ天照大神の救援が得られたのか?

など、神武東征神話の展開を大きく左右するイベントの発生理由が、この「生い立ち」に隠されてる。コレしっかりチェック。

詳細はシリーズ中盤以降で、ココではまずは「天照大神の子孫である!」という設定が大事なんだ。ということを覚えておいてください。

同様に、「海神の孫でもある」という設定も、後半でお兄さん達がいなくなってしまうところに繋がっていきます。分かってないと、なんで???ってなるからね。

2つめのポイント。「生い立ち=天照大神の子孫&海の神の孫である」。しっかりチェックです。

 

③時間が導入された意味

次に、時間について。

神武紀前の神話には「時間概念」が無く、「継起性」でもって物語が展開してきました。

継起性とは「つぎから次へと物事が続いて発生する事」。神の時代には「何年何月」といった時間概念は存在しません。

日本神話の最初の言葉も「古」という言葉から始まっている通り、遥か昔の話であって「いつ」という時間は存在しないのです。
参考⇒「日本神話が伝える天地開闢|一番最初の言葉「古」から始まる世界のはじまりのお話

そんな状態から、神武紀以降は時間が導入されるようになります。詳細は本シリーズ2回目以降に出てきますので要チェック。

具体的には、編年体へんねんたい(出来事を年代順に書かれたもの)での記載が開始されます。

  • 神話の時代=継起展開
  • 歴史の時代=時間展開

と、まースゴイ変化なんす。

これは、冒頭で触れた通り、神武東征神話の背景には、天孫降臨てんそんこうりんからこのかた179万有余年の年月が経過しているという設定があり、これはつまり、天孫降臨からこのかた179万有余年の間に、時間が発生した、とも言えて。

ま、このあたり、こちらのエントリで詳しく触れてますので是非⇒「十干・十二支を使った暦日と神武東征神話|暦の最初は「甲寅」。そして「辛酉」の年には革命が起きると考えた件|分かる!神武東征神話 No.24

とにもかくにも、神武東征神話(『日本書紀』巻三)から、時間概念が導入されるようになった。編年体と呼ばれる「時間を記述するスタイル」への大きな変化がある、ということ是非チェック。

以上、まとめると、

神武の生い立ちのポイント

  • 神武の生前の名前「彦火火出見ひこほほでみ」は、東征理由や建国即位の「正当化と権威づけ」を狙った名前である事。
  • 「天照大神の子孫である!」という設定や、「海神の孫でもある!」といった設定は、東征神話の後半で重要な意味を持つようになること。ここではその布石としての意味がある事。
  • 神武紀から、時間概念が導入される。継起的展開から、編年体による記述方式へ。これは神の時代から歴史の時代への大きな転換を意味する事。

ということで、是非チェックされてください。

さて、

神武東征神話の冒頭部分、「神武の生い立ち」を本文と解釈含めお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したのは、ほんの一部なのですが、深堀すると、いろいろなオモシロ設定があって、非常に奥ゆかしい神話になっていることが分かると思います。

本シリーズは、こんな感じで、しっかりとした学術成果をもとに「日本神話がオモシロい!」をお届けしていきたいと思ってます。今後の展開も是非ご期待くださいませ!最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

つづきはコチラ!いよいよ東征発議!

東征発議と旅立ち|東征の動機とか意義とか建国の決意とかをアツく語った件|分かる!神武東征神話No.2

01/20/2016

目次はコチラ!

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

01/18/2016

神武東征神話まとめ|東征ルートと物語の概要を分かりやすくまとめてみた|「神武天皇御一代記御絵巻」から

01/03/2016

日本神話の最高神を祭る宮はコチラで☟

伊勢神宮|天照大神を祭る日本最高峰の宮!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

09/28/2016

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

09/26/2016

本記事監修:(一社)日本神話協会理事長、佛教大学名誉教授 榎本福寿氏
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)、他


開催中!大阪よみうり文化センター天満橋教室
御代替わりの祭儀をめぐる日本神話との関わり

日本神話.comの神話記事監修をしていただいている佛教大学名誉教授榎本先生の講座が大阪の天満橋で開催中です!代替わりの節目となる年。「古事記」「日本書紀」「万葉集」などの文献に沿って天皇との関わりや即位をめぐる歴史・制度の変遷をたどり、古代~近代日本の本質について読み解きます。骨太な熱血講義でお届け中!
月1回開催。3000円前後。途中からのご参加も可能です。詳しくは大阪よみうり文化センター天満橋教室へお問い合わせください。ぜひお気軽にご参加くださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです! 日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。 「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信中。最新の学術情報を踏まえしっかりとした日本神話解釈をお届け。是非チェックしてくださいね。