非時香菓(ときじくのかくのみ)|常世の国に生えるという不老長寿の実が奈良に!?田道間守が持ち帰った伝説の非時香菓(橘)を近鉄電車の傍で確認した!

 

非時香菓ときじくのかくのみ」とは、常世とこよの国にあるという伝説の実。

常世とこよの国とは、遥か海上にあるとされる理想郷。ココに、不老不死の仙果がなってるのです。

非時香菓ときじくのかくのみ

これ、実は「たちばな」のことで、つまりミカン。

日本書紀にほんしょき垂仁すいにん天皇条で登場。天皇は、臣下の田道間守たぢまもりに、常世とこよの国に行って「非時香菓ときじくのかくのみ」をとってくるように命じます。

本気で採りにいく田道間守たぢまもり。。で、10年後、マジで採ってきた。。。というお話。神話的伝承と歴史が交錯するロマン発生地帯。

たちばな」は、日本神話にも登場する重要アイテム。代表例は、伊奘諾尊いさなきのみこと黄泉よみの穢れを禊祓う場所「筑紫日向小戸橘之檍原つくしのひむかのおどのたちばなのあわぎはら」。「たちばなの~」って書いてありますよね。

これだけでもスゴイのですが、もっとスゴイのが、なんと!その伝説の果実が、奈良ならに生えてる!ってこと。これ、マジヤバいっすよ。

今回は、そんな「非時香菓ときじくのかくのみ」について、伝承をもとに詳しく解説。さらに、実際に生えてる現場、奈良ならに行ってきた件、レポートいたします。

 

非時香菓(ときじくのかくのみ)|常世の国に生えるという不老長寿の実が奈良に!?田道間守が持ち帰った伝説の非時香菓(橘)を近鉄電車の傍で確認した!

非時香菓(ときじくのかくのみ)とは?

非時香菓ときじくのかくのみ」とは「たちばな」のこと、つまりミカン。「不老長寿の実」として位置づけられていたようです。コレ、『日本書紀にほんしょき』の垂仁すいにん天皇条で登場。

垂仁すいにん天皇は、第11代天皇。なんと、140歳まで生きたとか生きなかったとか。。この時点で伝説です。

晩年、天皇は田道間守たぢまもりに、常世とこよの国に行って「非時香菓ときじくのかくのみ」をとってくるように命じます。

  • 天皇は知っていた。常世とこよの国があることを。
  • そこには不老長寿の実である「非時香菓ときじくのかくのみ」がある。
  • これを食べる事で永遠の命を。。。???

といった感じで、歴史の記述ながら、かなり神ってます。

ということで、さっそくその現場をご紹介。

コチラ。

日本書紀にほんしょき』巻六 垂仁すいにん天皇条

 九十年の春二月きさらぎの庚子のつひたち、天皇、田道間守たぢまもりみことおほせて、常世國とこよのくにつかはして、非時香菓ときじくのかくのみを求めしむ。香菓かくのみ、此をば箇倶能未かくのみと云ふ。今たちばなと謂ふは是なり。

 九十九年秋七月ふみづき戊午つちのえうまつひたち、天皇、纏向宮まきむくのみやかむあがりましぬ、時に年百四十歲。

 冬十二月の癸卯みづのとのうの朔壬子みづのえねのひに、菅原伏見すがはらのふしみみささぎはぶりまつる。

 明年の春三月はるやよひ辛未かのとひつじついたち壬午みづのえうまのひに 田道間守 常世國より至れり。則ちもてまうでいたる物なるは、非時香菓ときじくのかくのみ八竿八縵やほこやかげ田道間守、是に、泣き悲歎きて曰す、おほみこと天朝みかどうけたまはりて、遠く、絶域はるかなるくにまかり、萬里浪とほくなみみて、遥に弱水よわのみづわたる。是の常世國とこよのくには、神仙ひじり秘區かくれたるくにただひといたらむ所に非ず。是を以て、往來ゆきかよあひだに、自づからに十年にりぬ。おもひきや、ひとりたかなみしのぎて、更本土に向むといふことを。然るに、聖帝の神靈に頼りて、僅に還り來ることを得たり。今天皇既に崩りましぬ、復命すこと得ず。臣生けりといえども、亦何の益かあらむ。」乃ち天皇之陵に向りて、叫び哭きて自ら死れり。群臣聞きて皆淚を流す。田道間守は、三宅連の始祖なり。

 九十年春二月庚子朔、天皇命田道間守、遣常世國、令求非時香菓。香菓、此云箇倶能未。今謂橘是也。
 九十九年秋七月戊午朔、天皇崩於纏向宮、時年百卌歲。冬十二月癸卯朔壬子、葬於菅原伏見陵。
 明年春三月辛未朔壬午、田道間守至自常世國、則齎物也、非時香菓八竿八縵焉。田道間守、於是、泣悲歎之曰「受命天朝、遠往絶域、萬里蹈浪、遙度弱水。是常世國、則神仙祕區、俗非所臻。是以、往來之間、自經十年、豈期、獨凌峻瀾、更向本土乎。然、頼聖帝之神靈、僅得還來。今天皇既崩、不得復命、臣雖生之、亦何益矣。」乃向天皇之陵、叫哭而自死之、群臣聞皆流淚也。田道間守、是三宅連之始祖也。

ということで。

「天皇、田道間守たぢまもりみことおほせて、常世國とこよのくにつかはして、非時香菓ときじくのかくのみを求めしむ。香菓かくのみ、此をば箇倶能未かくのみと云ふ。今たちばなと謂ふは是なり。」とあり、垂仁すいにん天皇が田道間守たぢまもりに命じて常世とこよの国に「非時香菓ときじくのかくのみ」を採りに行かせたことを伝えます。コレ、歴史の記述だからね!

で、垂仁すいにん天皇自身は、その後140歳で亡くなってしまうのですが、派遣してから10年後、田道間守たぢまもりマジで採ってきた訳です。

「田道間守 常世國より至れり。則ちもてまうでいたる物なるは、非時香菓ときじくのかくのみ八竿八縵やほこやかげ。田道間守、是に、泣き悲歎きて曰す、「おほみこと天朝みかどうけたまはりて、遠く、絶域はるかなるくにまかり、萬里浪とほくなみみて、遥に弱水よわのみづわたる。是の常世國とこよのくには、神仙ひじり秘區かくれたるくにただひといたらむ所に非ず。是を以て、往來ゆきかよあひだに、自づからに十年にりぬ。」

と、いうことで、スゲーよ田道間守たぢまもり絶域はるかなるくにに行き、万里の波を超えて、さらに弱水よわのみづを渡って神仙郷の常世とこよの国に行ってきたと。。。

140歳も生きた天皇も神ってるけど、田道間守たぢまもりさん、あなたも十分、神ってます。。。

ココで、常世とこよの国から持って帰ってきた「非時香菓八竿八縵ときじくのかくのみやほこやかげ」について、ポイント解説を。

まず、

非時ときじく」とは、時間にあらず的な意味で、時間を超越、つまり永遠、不老長寿といった意味あり。そして、「香菓かくのみ」とあるように、香りが豊かな食べ物ってこと。そしてこれを本文では「たちばな」としています。

そして、「非時香菓八竿八縵ときじくのかくのみやほこやかげ」とは、非時香菓ときじくのかくのみが「八竿八縵やほこやかげ」の状態になってるってこと。

八竿八縵やほこやかげ」とは、

八竿= たくさんの竿、つまり、串刺し団子のような感じでたちばなを?串に刺した形のものがたくさん

八縵= たくさんの縵、つまり、たちばなの実を枝ごと折り取って葉っぱがついてるものがたくさん

ということ。

「八」は、数字の8ということではなく、たくさん、といった意味。

なので、たちばなを串に刺したものと、葉っぱ付きの枝がわっさわっさしてるのを、とにかくたくさん、ということになります。コレ、常世とこよの国の名産品???

補足として1つ。

常世とこよの国へ渡るときに通る「弱水よわのみづ」について。

これは、鳥の毛すら浮いてしまうくらい比重がめちゃくちゃ軽い特別ゾーンのこと。

漢籍かんせき玄中記げんちゅうき』には、「崑崙には弱水があり、鳥の毛すら載せられない(有崑崙之弱水、鴻毛不能載)」と伝えます。フツーでは渡れない超特殊ゾーンであります。

なんせ鳥の毛まで浮いちゃうからね!フツーの人間では歩いて進めるわけがない! どうやって行った田道間守たぢまもり??

さて、

この伝承から言えるのは以下。

  • 常世とこよの国から持って帰ってきたのは、非時香菓ときじくのかくのみ八竿八縵やほこやかげ常世とこよの国の名産品?
  • 常世とこよの国は海上の絶域はるかなるくににあり、多くの波を越え、さらに遥な弱水よわのみづを渡る。
  • しかも、神仙ひじりの「秘區かくれたるくに」であって、フツーの人が行けるような場所じゃない。
  • 往復で10年かかる、遠いだけかもしれんけど、もしかすると流れる時間速度も違うかも。。。

、、、ロマンだよね。

スゲーロマンだ。。。歴史の時代の話なのにっ!「非時香菓ときじくのかくのみ」のイメージ感とあわせて常世とこよの国の世界観もしっかりチェック。

●必読→ 常世の国とは?海上遥か彼方にある理想郷!日本神話的「常世国」を徹底解説!

ちなみに、、、

非時香菓ときじくのかくのみ」、つまり「たちばな」の象徴的意味については、コチラ。

『万葉集』から2首。

No.4063 常世物とこよもの この橘の いや照りに 吾大皇わごおほきみは 今も見るごと 

→ 常世の国の物であるこの橘の ますます照り輝く姿のように 吾が大君は今も見る通りますます お栄ください

No.4064 大皇おほきみは 常磐ときはにまさむ 橘の 殿の橘 ひた照りにして 

→ 大君は常磐のように不変でいらっしゃいますでしょう 橘家の御殿の橘の実も ひたすらに照り輝いているように

と。

そのオレンジ色の「実」は照り輝く太陽を、照り輝く象徴として設定されてるのが分かりますよね。さらに、「葉」は常緑=落ちない・枯れない=永遠・不死を表象。

コチラも併せてチェックです。

 

非時香菓(ときじくのかくのみ)が生えている場所

↑「非時香菓ときじくのかくのみ」が生えてる場所、、って書きましたけど、そもそもおかしいよ、この表現。書いといてなんだけど。

でも、実は、あるんです!生えてる場所が!そんなスゴイ場所がっ!!

しかも、奈良ならに!

スゲーよ、奈良なら。。。

流石、神話の時代から続く超絶ロマン地帯。奈良なら。大好きです。

てことで、ココからは実際に行ってみた件、レポートです。

場所は、奈良なら奈良市ならし尼辻中町あまがつじなかまち。近鉄橿原かしはら線「尼ヶ辻あまがつじ駅」の近く、垂仁天皇陵すいにんてんのうりょうのすぐそば。

まずは、尼ヶ辻あまがつじ駅から垂仁天皇陵すいにんてんのうりょう方面へ向かいます。

▲いやー、、奈良だなー。ほんと、この土の香り、田んぼの香り。ゆったりとした時間と風が心地よい。まほろばやね。

 

しばらく田園地帯を進むと、、、

垂仁天皇陵すいにんてんのうりょう

▲コチラ、全長約227m、5世紀初めの前方後円墳ぜんぽうこうえんふんです。

そして!写真左側、垂仁天皇陵すいにんてんのうりょうに寄り添うように浮かぶ小さな島がありますが、コレ、実は田道間守たぢまもりの墓と伝えられています。

垂仁すいにん天皇の死を哀しみ、あとを追うように死んでいった田道間守たぢまもり。今もその忠臣ぶりを発揮中。

垂仁天皇陵すいにんてんのうりょう、周囲に満々と水をたたえた美しい姿、、、もしかして、神仙境の姿に、、見えなくもない??

 

さらに進むと、、、

おおおおおおお!あったどー!!!!!!!!!!!!!「非時香菓ときじくのかくのみ」!!

マジで!??

いや、マジだ。リアルに「非時香菓ときじくのかくのみ」って書いてある!!不老長寿の実がこんなところに生えてるなんて!!!!

看板には、、

田道間守と橘の木 垂仁天皇は田道間守に命じ、非時香菓すなわち橘を求めに不老不死の理想郷常世国(中国南部からインド方面に)遣わした。9年後、やっと手に入れた橘の八矛八縵を持ち帰ったが、すでに垂仁天皇は崩御され、嘆き悲しんだ田道間守は墓前で自害したという。その後、景行天皇が田道間守の忠を哀しんで、垂仁天皇陵近くに葬ったとされている。(垂仁天皇陵の周濠内小島)

と。

ん?常世とこよの国って、中国ちゅうごく南部からインド方面だったの??そんなことどこにも書いてないが、、、むしろ日本神話的には、、

●必読→ 伊勢神宮の創建経緯|「常世の浪が打ち寄せる美しい国だから。」by天照大神

そんなことより、、

周りを見ると、、、

あるわあるわ、不老長寿の実がめっちゃなってる!!!

 

おおおおおお!これが不老長寿の実!!田道間守たぢまもりが持ち帰ったとされる伝説の実!!!!

いやー、ミラクル。スゴイよ、コレ。

 

▲休憩所も用意されてる!! なんて至れり尽くせりなんだ!!!!

 

非時香菓ときじくのかくのみの傍を近鉄電車が通ってる!!!

このギャップが凄すぎてクラクラします。。 流石でございます。奈良なら。大好きです。

場所:〒630-8033 奈良なら奈良市ならし五条ごじょう1丁目付近

駐車場なし トイレなし

 

まとめ

非時香菓ときじくのかくのみ」とは、常世とこよの国にあるという伝説の実。

常世とこよの国とは、遥か海上にあるとされる理想郷。ココに、不老長寿をもたらすというモノスゴイ実がなってる。

非時香菓ときじくのかくのみ」は、「たちばな」のことで、つまりミカン。

日本書紀にほんしょき垂仁すいにん天皇条で登場。天皇は、臣下の田道間守たぢまもりに、常世とこよの国に行って「非時香菓ときじくのかくのみ」をとってくるように命じます。

本気で採りにいく田道間守たぢまもり。。で、10年後、マジで採ってきた。。。というお話。神話的伝承と歴史が交錯するロマン発生地帯。

持って帰ってきた「非時香菓八竿八縵ときじくのかくのみやほこやかげ」は、非時香菓が「八竿八縵やほこやかげ」の状態になってるってこと。

八竿八縵やほこやかげ」とは、たちばなを串に刺したものと、葉っぱ付きの枝がわっさわっさしてるのを、とにかくたくさん、というモノで。コレ、常世とこよの国の名産品???

そんなミラクル果実が、実は奈良ならに生えてる。しかも近鉄電車の傍で。このミラクル感とあわせてチェックされてください。いろんな意味でスゴイ。

 

 

コチラもチェック!

常世國

常世の国とは?海上遥か彼方にある理想郷!日本神話的「常世国」を徹底解説!

08/28/2019

伊勢神宮の創建経緯|「常世の浪が打ち寄せる美しい国だから。」by天照大神

12/14/2015
筑紫日向小戸橘之檍原

筑紫日向小戸橘之檍原とは?伊奘諾尊が三貴神を生んだ聖地「筑紫の日向の小戸の橘の檍原」を徹底解説!

08/19/2019

 

日本神話をどこよりも詳しく、分かりやすく解説中!必読!

『日本書紀』とは?神話から歴史へつなげる唯一無二の編纂スタイル!?『日本書紀』を分かりやすく解説!

05/06/2019

日本神話とは

天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

分かる!神武東征神話|神武の生い立ち|天照大神の第五世代 子孫(来孫)であり、海神の孫でもある件

01/20/2016

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

 

参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)

【中古】 日本書紀 史注(巻第1) /山田宗睦(著者) 【中古】afb

 


朝日カルチャーセンター 日本神話講座のご案内





日本神話.comの監修をしていただいてる榎本先生の日本神話講座が開催決定!10月、大阪の朝日カルチャーセンター中之島教室で新規開講です。

新型コロナ対策を実施した上で開催。是非お申し込みください。ディープで面白い日本神話講座!激しくオススメです!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他