独神|単独で誕生し身を隠す神々。双神の活躍を導き助力する存在 「独神」を日本神話的に徹底解説!

独神

 

日本神話に登場する、重要ワード、重要エピソードをディープに掘り下げる「日本神話解説シリーズ」。

今回は、『古事記』をもとに

独神ひとりがみ

をお届け。

独神ひとりがみ」は、『古事記』に登場する「神々の分類」。その名のとおり、単独で誕生し、身を隠す神として描かれています。

今回は、そんな謎めいた「独神ひとりがみ」について、日本神話的解説をディープにお届けします。

 

独神|単独で誕生し身を隠す神々。双神の活躍を導き助力する存在 「独神」を日本神話的に徹底解説!

独神とは?『古事記』で登場するシーン

まずは、「独神ひとりがみ」とはどんな神なのか?

その登場場面を『古事記』の現場からチェックです。

登場するのは、『古事記』上巻の冒頭。天地がはじめてできたところから。

天之御中主あめのみなかぬしの神を筆頭とする5柱の神々「別天神」が誕生し、次いで2柱の神(國之常立神と豐雲上野神)が誕生、これらを「独神」として伝えています。

 天地初めておこりし時に、高天たかあまの原にりませる神の名は、天之御中主あめのみなかぬしの神。次に、高御産巣日たかみむすひの神。次に、神産巣日かみむすひの神。此の三柱みつはしらの神は、みな独神ひとりがみと成りまして、身を隠したまひき。

 次に、国がわかく、浮ける脂のごとくして、海月クラゲなすただよへる時に、葦牙あしかびのごとく萌えあがる物によりて成りませる神の名は、宇摩志阿斯訶備比古遅うましあしかびひこぢの神。次に、天之常立あめのとこたちの神。此の二柱ふたはしらの神も、みな独神ひとりがみと成りまして、身を隠したまひき。

 かみくだりの五柱の神は、別天ことあまつ神ぞ。

 次に成りませる神の名は、国之常立くにのとこたちの神。次に、豊雲野とよくものの神。此の二柱の神も、独神ひとりがみと成りまして、身を隱したまひき。

天地初發之時、於高天原成神名、天之御中主神。次高御產巢日神、次神產巢日神。此三柱神者、並獨神成坐而、隱身也。 次、國稚如浮脂而久羅下那州多陀用幣流之時、如葦牙、因萌騰之物而成神名、宇摩志阿斯訶備比古遲神、次天之常立神。此二柱神亦、獨神成坐而、隱身也。 上件五柱神者、別天神。

次成神名、國之常立神、次豐雲上野神。此二柱神亦、獨神成坐而、隱身也。 (『古事記』上巻より一部抜粋)

●詳細の解説はコチラ→ 『古事記』本文より「天地開闢」の語訳とポイント|天に五柱の別天つ神、七代の神々出現。神名を連ねる手法で天地初発を物語る。

神々についての詳細はコチラから。

⇒1「天之御中主神|高天の原の神聖な中央に位置する主君。天地初発の時に高天の原に成りました最初の神。

⇒2「高御産巣日神|造化三神の一柱で天之御中主神に次いで2番目に成りました独神で別天つ神。「産霊」ならびに「産日」の霊能を発動。

⇒3「神産巣日神|造化三神の一柱で3番目に成りました独神で別天つ神。生命体の蘇生復活を掌る至上神。

⇒4「宇摩志阿斯訶備比古遅神|国土浮漂のとき、葦芽のように勢いよく芽生え伸びてゆくものを、神の依代として化成した独神で、身を隠していた別天つ神

⇒5「天之常立神|国土浮漂のとき、葦芽に依って化成した独神。天空が永久に立ち続ける様子を現す。

⇒6「国之常立神|国土神として最初に化成し、独神として身を隠す神世七代の第一代

⇒7「豊雲野神|国土神として化成し独神で身を隠している神世七代の第二代

いずれも、天地のはじまりから7柱の神々が次々に誕生し、これらを「独神」として位置づけてます。

 

独神とは?日本神話的ディープな解説

ココからは、「独神ひとりがみ」とは何か?どんな意味があるのか?について解説。

改めて、

独神ひとりがみ」は、『古事記』を中心に登場する「神々の分類」を表す言葉の一つ。

その名のとおり、単独で誕生し、男女の対偶神を指す「双神たぐへるかみ」と対応する神をいいます。まず「独神ひとりがみ」が誕生し、続いてその後に「双神たぐへるかみ」が誕生するという流れ・順番。

ちなみに、『古事記』の「独神ひとりがみ」は、『日本書紀』神代紀の「純男じゅんだん」に相当するものとみるのが自然です。

●詳しくはコチラ→ 『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝 ~天地開闢と三柱の神の化生~

さて、

『古事記』冒頭に誕生する神々を一覧で表すとこんな感じになります。

『古事記』天地開闢で誕生した神々

ポイントは、

『古事記』では、「独神ひとりがみ」について全て「独神成坐而隠身也(独り神と成りまして、身を隠したまひき)」というように「隠身」と組み合わせているところ。

「隠身」といえば、国譲りを迫られた大国主神が執った処身方法です。

『古事記』ではこれを、

この葦原の中つ国は、みことのまにまにすでに献らむ。ただあが住所すみかのみは、 (中略) 底つ石根いはね宮柱太みやばしらふとしり、高天の原に氷木高ひぎたかしりて治めたまはば、百足ももたらず八十坰手やそくまで隠りてはべらむ。 (『古事記』より一部抜粋)

と伝えます。

ちなみにこれは、『日本書紀』神代紀でも

天孫あめみまし此のほこて国を治めたまはば、必ず平安さきくましましなむ。今、我は当に百足ももたらず八十隈やそくまで隠去かくなむ。 (『日本書紀』より一部抜粋)

と共通する内容を伝えています。

このように、

天孫に国を譲り、わが身は表の世界から立ち退くことをいうのが「隠身」

です。

以上、

  • まず「独神ひとりがみ」が誕生し、続いてその後に「双神たぐへるかみ」が誕生するという流れ・順番であること。
  • 独神ひとりがみ」について全て「独神成坐而隠身也(独り神と成りまして、身を隠したまひき)」というように「隠身」と組み合わせていること。
  • 「隠身」とは、本質的には「天孫に国を譲り、わが身は表の世界から立ち退くこと」をいう。

の3点から言えることは、

独神ひとりがみとして身を隠すとは、双神に彼らの活躍するこの世界を譲り、立ち退くことをいう

ということ。

双神たぐへるかみに先行して誕生する独神ひとりがみが、双神の活躍に道を開き、なおかつ身を隠しながらも、双神が生みなしたこの世界と神々とに関わり、その活躍を導き、あるいは助力する存在であり続ける。

『古事記』の独自な世界を、この独神ひとりがみが担っているといっても過言ではない、非常に奥ゆかしく、それゆえ尊い存在であることチェックです。

 

まとめ

独神ひとりがみ

独神ひとりがみ」は、『古事記』に登場する「神々の分類」。

その名のとおり、単独で誕生し、身を隠す神として描かれています。

まず「独神ひとりがみ」が誕生し、続いてその後に「双神たぐへるかみ」が誕生するという流れ・順番です。

独神ひとりがみ」については、全て「独神成坐而隠身也(独り神と成りまして、身を隠したまひき)」というように「隠身」と組み合わせていて、

この意味は、

双神たぐへるかみに先行して誕生する独神ひとりがみが、双神の活躍に道を開き、なおかつ身を隠しながらも、双神が生みなしたこの世界と神々とに関わり、その活躍を導き、あるいは助力する存在であり続ける

ということになります。

自らは立ち退いて、次の世代に活躍の場を譲る、非常に奥ゆかしい、それゆえ尊い存在として位置づけられていることをチェックされてください。

 

天地開闢まとめはコチラで!

『古事記』版☟

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳、解説!神名を連ねる手法で天地開闢を物語る。

09/16/2016

『日本書紀』版☟

天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016

コチラ必読!どこよりも分かりやすい日本神話解説!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく徹底解説!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

01/08/2016

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020
独神

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他