鳥取牛弁当(そぼろ入り)|隠れブランド牛「鳥取牛」100%!柔らかく煮込んだ鳥取牛は絶品?!のような気がした件|1080円|羽田空港お弁当

本日も、羽田空港第二ビル。

ARTDELIからお伝えします。

今回ご紹介するのは、「鳥取牛弁当(そぼろ入り)」

実はブランド牛の「鳥取牛」をふんだんに使ったお弁当です。

場所は、羽田空港Bゲート

IMG_5255 (800x600)

からの

IMG_5256 (800x600)

ARTDELI!

からの

鳥取牛弁当(そぼろいろ) 羽田空港お弁当 (2)

鳥取牛弁当(そぼろ入り)!

税込1080円!

立ち寄って物色してたら、、、なんだか見慣れない「鳥取牛」の文字が。。。しかも「どっしりとした大地の味わい」ですと??

どうにも否定できずに寄り切られました。。。汗

プロデュースは「アベ鳥取堂」さん。創業明治43年!

昭和18年より駅弁の製造販売開始。昭和33年「元祖かに寿し」の通年販売を開始。こちら当時としては珍しく合成保存料などを 用いない独自の保存技術を開発し販売したとの事。

歴史のある会社ですし、駅弁ノウハウもたっぷり詰められた一品ということですね。

「大地の味わい」。是非いただかせていただければと思います。

 

鳥取牛弁当(そぼろ入り)|隠れブランド牛「鳥取牛」100%!柔らかく煮込んだ鳥取牛は絶品?!のような気がした件

まずは外装から。

鳥取牛弁当(そぼろいろ) 羽田空港お弁当 (4)

▲全体的に、結構どっしりとした構成になっております。

鳥取牛弁当(そぼろいろ) 羽田空港お弁当 (6)

▲丁寧な包装です。

鳥取牛弁当(そぼろいろ) 羽田空港お弁当 (7)

▲牛肉煮とそぼろ肉を中心に、人参、金平牛蒡、薩摩芋、甘露煮、絹さや等々。このへんの細やかなおかずに老舗駅弁会社の自負を感じます。

 

それではいただきます!

鳥取牛弁当(そぼろいろ) 羽田空港お弁当 (10)

▲おいしそー

鳥取牛弁当(そぼろいろ) 羽田空港お弁当 (9)

▲しっかりとした味付けがされていて、ごはんがススム!

 

ということで、

鳥取牛弁当(そぼろいろ) 羽田空港お弁当 (12)

ごちそうさまでした!

 

感想(勝手にチェック結果)

勝手にこんな指標でチェック。仕事柄。ビョーキみたいなものです。

栄養バランスが良い 4
ボリュームたっぷり 3
ネーミング・コンセプトとの一貫性を感じる 4
コピーと価格の整合性が取れてる(煽り過ぎてない) 4
コストに対するパフォーマンスが良い 4
コダワリとか想い入れとか愛とか 4
合計 23

※[5]すばらしい、[4]良い、[3]普通、[2]課題有、[1]全然ダメ

ということで、総合評価、達成率76.7%であります。

全般的にオッケーなんですが。。。お肉がもっと欲しい!

からの、、、

IMG_5058 (1024x768)

▲景色サイコー!

 

至福。。。

 

まとめ

鳥取牛弁当(そぼろ入り)

隠れブランド牛の「鳥取牛」をふんだんに使用。

昭和18年(1943年)から駅弁の製造販売をしている「アベ鳥取堂」さんプロデュース。

70年以上の歴史と蓄積されたノウハウが反映された一品。まさに「どっしりとした大地の味わい」。

どっしり鳥取牛たちのほかにも、細やかなおかずの数々も楽しめるお弁当。おススメです。

 

こちらの記事もどうぞ。旅とお弁当のお供に日本神話がオススメです。

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

2016.01.13

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08

 

こちらもスル―禁止!お弁当シリーズまとめ!

羽田空港のオススメ弁当(空弁)15選!空港利用者に告ぐ!これが羽田空港でゲットできる弁当(空弁)たちだ!

2016.06.06

東京駅のオススメ弁当(駅弁)10選!東京駅利用者に告ぐ!実食結果を独自指標でランキング化してまとめてみた!

2016.06.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。