神田明神|正月、仕事始めの「願掛け参拝」がスゴイ行列!!ですが、しっかり商売繁盛をお祈りしてきました。

 

「神田明神」は東京都千代田区にある神社。

関東というか、東京では商売の神様である「えびす様」で有名ですね。

毎年仕事始めには、1年の商売繁盛を祈る「願掛け」に大勢の経営者やサラリーマンの皆さんが訪れます。

ニュースでは、昨日の1月4日は「大安」も重なり約10万人が参拝したとか。

神田明神:仕事始めの大安に願掛け10万人(毎日新聞ニュース)

壮絶。。。

私も時間ができたので初訪問。行ってきた内容をご報告です。

 

神田明神|正月、仕事始めの「願掛け参拝」がスゴイ行列!!ですが、しっかり商売繁盛をお祈りしてきました。

列最後尾から本殿参拝まで約40分(この日、この時間)

神田明神の住所は、 東京都千代田区外神田2丁目。

丸の内線「お茶の水」駅から徒歩5分ほど。

この日、神田明神到着は11時30分ごろ。既に参拝者の列が境内の外まで伸びてました。。。

凄、、、

神田明神2

▲こちら秋葉原方面からの様子です。

 

神田明神4

▲入り口の鳥居前の様子。企業関係者、サラリーマン、OLの皆さんによる壮絶な行列であります。

並んで。

神田明神5

並んで。

神田明神7

少し進んでは止まって。また少し進んでは止まって。の繰り返しです。流石でございます明神様。

 

神田明神8

境内前の入口門。ようやっと本殿がみえてきました。。。

 

IMG_6194 (1024x768)

境内へ。

スゴイですよね。。。こんなスゴイとは知りませんでした((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

IMG_6198 (1024x768)

左手が「手水舎」。列を離れて手口を清めてから、再び行列参戦。

 

おっ、ツワモノ発見。あの熊手。

IMG_6199 (1024x768)

「熊手」の大きさ5号か6号。1万円か2万円です。流石です明神様、商売の神様だけあって、商売上手でござる。

 

IMG_6201 (1024x768)

ようやく近くへきました。

 

IMG_6202 (1024x768)

並びはじめから本殿前でお参りするまで40分かかりました。汗。「二礼二拍手一礼」で。

 

終わったら左手へスライドです。

すると、そこにはお守り販売所が待ち受けます。流石商売上手。導線設計もばっちりです明神様。

つられて勝守りを購入してしまいました。商売繁盛よろしくお願いします!

IMG_6286 (768x1024)

 

神田明神について

「商売の神様」として有名な神田明神ですが、徳川家康ゆかりの神社としても知られてます。

関ヶ原の合戦へ臨む際、勝利の祈願を行ったところ、見事勝利したので「縁起良し!」として勝利祈願(合格祈願)のご利益があるとされています。

詳しくはコチラを参照ください。神田明神HPへ

実は、「大己貴神おおあなむちのかみ(=大国主神)の子孫」と言われる真神田臣まかんだおみ」により創建されたそうです(天平2年(730年))。

国造りの神様の子孫って。。。そんな方がいたの??((((;゚Д゚))))ガクブル

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

大国主と言えば島根県の出雲大社が鎮座地ですが、その子孫とされる「まかんだおみ」、どんな経緯で東京に???気になります。

境内の案内図もご紹介。

神田明神11

「商売の神様=えびす様」は案内図の⑩番なんですが、分かりますかね?境内入って左手です。

って、本殿とは別やん!Σ(゚д゚lll)ガーン

私、見事にスル―してしまいました。。。かろうじて「だいこく様」はお参りしましたが。。。

こんなんでいいのか?商売繁盛。

皆さんは、本殿でお参りして終わりにしないようにご注意ください。えびす様は、境内入ってすぐ左の目立たないところに鎮座されてますから!

 

その他。

神田明神18

熊手5号6号は、1月5日13時の段階で売り切れとの事でした。

 

神田明神12

神馬「神幸号(みゆきごう)」

何故???

 

神田明神17 神田明神16

??

神田明神15

???????

 

参拝を終えて感じた事。

「〇〇に御利益がある!」「大勢の経営者やサラリーマンが参拝してる!」と聞いてしまうと、行きたくなってしまう私ですが、肝心の「えびす様」はスルーしてしまいました。案内図、もっと良く見ておけばよかったです。。。ま、みんなと同じように本殿で参拝できたのでいっか!「大衆心理」に弱い自分を再発見。

でも、一般参拝者の他にも、社長以下スタッフ全員引き連れて「会社参拝」してらっしゃる姿を見てると、私も頑張らないとあかん!と思わせていただきました。感謝です。

会社参拝はコチラでご紹介。是非。

神田明神|会社参拝の申込み手順 当日申し込みも可能ですが順番待ちは相当覚悟必要な件

2016.01.05

 

まとめ

神田明神の正月「願掛け」祈願

東京都千代田区にある「神田明神」。商売の神様である「えびす様」で有名。

仕事始めには「願掛け」のために大勢の経営者やサラリーマンの皆さんが訪れますが、実際、行ってみたら確かにスゴかった!

本来の趣旨である「えびす様」は境内入って左手にいらっしゃるのでスル―しないように注意しましょう。

 

東京都千代田区外神田2−16−2

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田2−16−2

 

こちらの記事も是非。並びの時間待ちに日本神話がオススメです。

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

2016.01.13

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。