神田明神|会社参拝の申込み手順 当日申し込みも可能ですが順番待ちは相当覚悟必要な件

 

「一般参拝」は、↓コチラの記事でレポしましたが、「会社参拝」の皆さん用に別途ご報告です。

神田明神|正月、仕事始めの「願掛け参拝」がスゴイ行列!!ですが、しっかり商売繁盛をお祈りしてきました。

2016.01.05

概要はコチラ

会社の参拝 神田明神HPへ

予約は、去年12月20日に締め切りでした。なので、来年に向けては、「年内中に予約」をしておきましょう。

 

会社参拝の申込み手順

「会社参拝」用は「一般参拝」とは別ルートになります。

入口も違うので、一般の列に並んでしまうと大変なことに。。。

 

神田明神本殿を正面に見て、右側が入口になります。

452号線から入る小道がいくつかありますので、そこから入って、直接「明神会館」を目指しましょう。

 

会社参拝の入口はこんな感じです。

 神田明神21

申込用紙がありますので、記入して受付に持って行きましょう。

 神田明神22

神田明神19

木札は、
3万円・・・守護30体、つまり30人まで。
5万円・・・守護50体、つまり50人まで。
7万円・・・守護70体、つまり70人まで。
10万円・・・守護100体、つまり100人まで
ここに価格に合わせたサイズの木札、大熊手、神酒がつきます。
※熊手は5万円から、神酒は7万円からしか付きませんから!ご注意を。

気になるその「木札」はコチラ。

 神田明神23

 

申し込んだら、当日受付の列へ並びます。

 神田明神24

 神田明神26

 

会社参拝は、こんな感じで、一般参拝とは別ルートで本殿へ入る事になります。

 神田明神25

この先が「会社参拝」用の本殿入口です。

 

会社参拝。みんなで1年の商売繁盛をお祈りするって、素敵ですよね。私もそんな会社にしていきたいです♪

 

終わったら、こんなのもいかがでしょうか?

神田明神27

境内外に屋台がいくつか並んでいます。

 神田明神29

新年は、あくまで今年1年の目標や抱負を語り合いましょう。くれぐれも会社や上司の愚痴はやめておきましょうね。

 

まとめ

  • 「会社参拝」用は「一般参拝」とは別ルートになります。直接「明神会館」を目指しましょう。
  • 当日受付可能ですが、できれば旧年中(12月20日ごろ目途)に予約をしておきましょう。
  • 会社に帰るまでが「会社参拝」です。寄り道もいいですが、ほどほどにしておきましょう。

 

こちらの記事もどうぞ。旅とお弁当のお供に日本神話がオススメです。

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

2016.01.13

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。