名古屋駅のお弁当|びっくりみそかつ|そこまでびっくりはしないけど確かにがっつり味噌カツを堪能させていただいた件

駅弁をこよなく愛するさるたひこです。

名古屋駅で新幹線に乗る直前、目に飛び込んできた「びっくりみそかつ」の文字。

飛び込んできてしまったので、仕方ありません。

即購入。そしていただきました。そのドストレートな弁当を。

自分で「びっくり」と言ってしまって自分でハードルを上げるその心意気。

ほんとにびっくりなのか?というところも含めてみそかつバトルした一部始終をご報告です。

 

名古屋駅のお弁当|びっくりみそかつ|そこまでびっくりはしないけど確かにがっつり味噌カツを堪能させていただいた件

まずは外装チェック。

お弁当 びっくりみそかつ (2) (1024x768)

▲結構デカい!どっしりとした重さに期待感が広がります。

お弁当 びっくりみそかつ (5) (1024x768)

▲オープン!すごーい!これは充実の一品ですね

ロースとんかつ(八丁味噌漬け)を中心に、

  • 白飯
  • 赤シソご飯
  • スパゲッティ
  • ポテトサラダ
  • 山菜醤油漬け
  • 人参煮
  • しば漬け
  • オレンジ

もりもりやん!

 

お弁当 びっくりみそかつ (9) (1024x768)

▲ごはんとしば漬けの向こうに味噌カツを遠望。

お弁当 びっくりみそかつ (14) (1024x768)

▲ソースをかけて。おいしそー!!!

 

ということで、いただきます!

お弁当 びっくりみそかつ (15) (1024x768)

▲肉厚ですねー。味噌カツが「これでもか!」といった具合に迫ってきます

お弁当 びっくりみそかつ (19) (1024x768)

▲ごはんももちもち!味噌カツでしびれた口を癒してくれます

お弁当 びっくりみそかつ (22) (1024x768)

▲シソごはんと味噌カツって、、意外に合うのね

 

びっくり味噌カツですから!もっとだ!

お弁当 びっくりみそかつ (25) (1024x768)

▲2枚ダブル攻撃だ!!

お弁当 びっくりみそかつ (27) (1024x768)

▲これはヤバい!3枚トリプル攻撃だ!

 

なにをやってるんだ!

 

 

ということで

お弁当 びっくりみそかつ (1) (1024x768)

ごちそうさまでした!

 

お弁当 びっくりみそかつ (28) (1024x768)

▲夕日がきれいだなー

 

って、夕方かい!?

 

至福です。

 

まとめ

名古屋駅のお弁当|びっくりみそかつ

株式会社だるまプロデュースのお弁当。開けてびっくり!というほどではありませんが、味噌カツはたしかにガッツリ楽しめます。

全体的にバランスのとれたお弁当という印象で、味噌カツ一本で勝負!という訳ではありません。細やかなおかずも一緒に楽しめる一品。

ちなみに、株式会社だるまは、従業員700人以上の大きな会社。JR名古屋駅及び名古屋市内主要施設への駅弁・弁当の納入を一手に担当。他にもフランチャイズも展開する名古屋の会社です。

名古屋で味噌カツ食べそこなった方、何かしらん味噌カツ食べたくなった方は是非。おススメです。

 

こちらの記事もどうぞ。旅とお弁当のお供に日本神話がオススメです。

天地開闢とは?『日本書紀』『古事記』が伝える日本神話的天地開闢の全てを語ろうと思う

01/07/2016

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

01/08/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とも

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他