古事記と日本書紀、国生み神話の違いを分かりやすく解説!

古事記と日本書紀の国生み神話の違い

 

日本神話に登場する、重要ワード、重要エピソードをディープに掘り下げる「日本神話解説シリーズ」。

今回は、

古事記こじき日本書紀にほんしょきの「国生み神話」の違い

をテーマにお届けいたします。

古事記こじき』と『日本書紀にほんしょき』、同じ「国生み神話」を伝える書物ですが、伝承の数や内容に違いがあります。

その中で、どれとどれを比較するかによって、同じだったり、違いがあったりするのが実際のところで。。

具体的には、『日本書紀にほんしょき』で国生みを伝えるのは「第四段」で。コチラ、実は、〔本伝〕のほかに異伝である〔一書〕が全部で10個もある、、、この、どれと『古事記こじき』を比べるかによって答えが変わるんです。

今回は、その辺りの事情も含めて、『古事記こじき』と『日本書紀にほんしょき』の「国生み神話」の違いについて日本神話をディープに掘り下げます。

 

古事記と日本書紀、国生み神話の違いを解説!

『古事記』と『日本書紀』の伝える国生み神話の違い

まずは、『古事記こじき』と『日本書紀にほんしょき』の伝える国生み神話の違いについて、前提となる部分を解説。

「国生み神話」を伝えるのは、『古事記こじき』は上巻。天地開闢てんちかいびゃくから別天神ことあまつかみ神世七代かみよななよの神々誕生の次に登場。

一方の『日本書紀にほんしょき』は、巻第一(神代紀上)の第四段、天地開闢てんちかいびゃくからの神世七代かみよななよの次に登場。

で、ココからが重要なんですが、

実は、『古事記こじき』と『日本書紀にほんしょき』、どの伝承を比べるか?によって、違う!ってなったり、だいたい同じ!ってなったりするんです。

どういうことか?

分かりやすく、図解してみるとこうなる。

『日本書紀』と『古事記』の国生みの掲載箇所

要は、『日本書紀にほんしょき』第四段は、〔本伝〕のほかに異伝である〔一書〕が全部で10個あり、この中で、〔一書1〕の内容が『古事記こじき』本文とほぼ同じになってる、ってことなんす。

なので、

日本書紀にほんしょき』第四段〔本伝〕と比べると、違う!

ってなるのですが、

日本書紀にほんしょき』第四段〔一書1〕と比べると、だいたい同じ!

ってなるんです。ココがポイント!

一応、『日本書紀にほんしょき』的には〔本伝〕が中心とされるので、以下、国生みの違いについては、第四段〔本伝〕と『古事記こじき』を比べて解説していきますが、そもそも論、〔一書1〕と比較したときには共通点の方が多いことはチェックされてください。

本サイトでは、『日本書紀にほんしょき』の〔一書〕群は、〔本伝〕の差異化として文献学的に解釈していますので、その観点からすると『古事記こじき』も差異化の一つとして位置づけられます。

ちなみに、これは、編纂へんさん当時の歴史的背景が絡む内容なので、詳細は別エントリで詳しく。要は、国家プロジェクトである『日本書紀にほんしょき』と、皇太子教育のために急遽作られた『古事記こじき』の、編纂へんさん目的・背景の違いによるものです。

と、いうことで、前置きが長くなりましたが、以下、『日本書紀にほんしょき』第四段〔本伝〕と『古事記こじき』を比べての国生み神話の違いをポイント解説。

日本書紀にほんしょき』と『古事記こじき』の国生み神話の違いは以下の通りです。

①目的、狙いが違う

日本書紀にほんしょき』と『古事記こじき』の編纂へんさん動機、目的が違います。なので、同じ「国生み」なんですが違うところが出てくる

目的の違いは以下、

『日本書紀』 『古事記』
国の歴史書。対外向けに日本という国のスゴさを伝えることが目的。
→最先端理論をもとに創意工夫によって独自の神話を構築。
天皇家の私的歴史書。皇太子教育用のテキストとして編纂。天皇家がこの地を統治する正当性を示すことが目的。
→一本の物語として分かりやすく神話を構築。

日本書紀にほんしょき』がたくさんの異伝を併載してるのは、目的が「対外的に日本という国のスゴさを示すこと」であり、そのためにたくさんの伝承があったほうがいいから。多くの神話伝承がある=文化の厚み、国のスゴさ、なので。コレにより、『日本書紀にほんしょき』版国生みは、本伝+異伝10個、計11個の伝承が存在。

一方の『古事記こじき』は、天皇家の私的歴史書として、皇太子教育用のテキストとして編纂へんさんされたため、物語としては一本。異伝なし。分かりやすいし、物語としても洗練されてる感じ。

まず、そもそもの、目的が違うところから編纂へんさんされた日本神話的国生み、だから数もバリエーションも全然違う、てことをチェック。

②国生みの出発点・起点が違う

『日本書紀』 『古事記』
伊奘諾尊と伊奘冉尊、二神の主体的な行動(道の働き)による国生み。 天神の指令による国生み。

国生み神話の冒頭、その出発点、起点が違います。

日本書紀にほんしょき』は伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことという非常に尊貴な二神が、自らの主体的な意志・行動により国生みをしようぜ、というスタートになってる。

※二神の「主体性」の内実は、けんこんが本来的に持つみちの働き。えきをベースにした思想体系あり。→日本神話的易の概念|二項対立の根源とその働きによって宇宙はつくられ動いている

一方の『古事記こじき』は、天神あまつかみと呼ばれる、伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみことより格上の尊貴な神々が設定されており、この指令により国生みが開始される形。

天神あまつかみは、最初の「国の修理固成」指令や、途中の是正指導など、国生みに深く関与。天神あまつかみが起点となってるのが『古事記こじき』です。

シンプルに、最初の出発点、起点が違うと、

  • 日本書紀にほんしょき』は、二神による国生み
  • 古事記こじき』は、天神あまつかみによる国生み

ということになり、意味合いが変わってくるのです。コチラ、次の内容と合わせて後ほど詳細解説。

③伊奘諾尊と伊奘冉尊の格が違う

『日本書紀』 『古事記』
伊奘諾尊と伊奘冉尊は至尊の存在。 伊邪那岐神と伊邪那美神は天神に次ぐ存在。

先程の続き的内容。

日本書紀にほんしょき』はそもそも、「神世七代かみよななよ」というのが最高に尊い存在として位置付けられていて、その最後の世代、7代目である伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことも格上、至尊。

一方の『古事記こじき』は、天神あまつかみと呼ばれる、「神世七代かみよななよ」よりもさらに格上の、非常に尊貴な神々が設定されており、伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみことは次順の存在。指示命令される立場。

上記、②③をまとめると、

日本書紀にほんしょき』が神世七代かみよななよを至尊と位置付け、その最後の世代の伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことによる国生みとすることで、誕生する大八洲国おおやしまぐにを神聖化しようとしてるのに対して、『古事記こじき』は神世七代かみよななよよりもさらに格上の天神あまつかみを登場させ、その関与により『日本書紀にほんしょき』以上に大八嶋国おおやしまくにを神聖化しようとしてる、ということなんです。

コレ、国生みに限らず、天地開闢てんちかいびゃくからずっと『古事記こじき』的には『日本書紀にほんしょき』より尊貴に、『日本書紀にほんしょき』よりスゴく、、という上に持っていこうとする力が働いてる経緯あり。

④国生み途中の間違いの修正方法が違う

『日本書紀』 『古事記』
伊奘諾尊(陽神)主導による修正 伊邪那岐神は間違いを知りながら結局交合してしまう。修正は天神の占いを通じて。

国生みの途中、二神は手順を間違えるという過誤を犯すのですが、このミステイクの修正方法が違います。

日本書紀にほんしょき』は、伊奘諾尊いざなきのみこと陽神おかみとしての存在感、位置付けが絶対的。陰神めかみである伊奘冉尊いざなみのみことを指導、主導する役回り。途中の伊奘冉尊いざなみのみことの過誤も、伊奘諾尊いざなきのみことが自ら「それあかんやろ」と言ってやり直す形。

一方の『古事記こじき』は、天神あまつかみの位置付けが絶対。伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみことの二神を指導、主導する役回り。途中の伊邪那美命いざなみのみことの過誤は、伊邪那岐命いざなきのみことは「あかんような気がする・・・」と言ってそのまま交合こうごうしてしまう。結果、淡嶋あわしま水蛭子ひるこが生まれてしまう。そのことを天神あまつかみに報告し、指示を仰ぐことでやり直しになります。

このように、国生み途中の間違いについて、その修正方法が全然違う、それはそもそも、二神の位置付けが違うところからきてること、しっかりチェック。

⑤誕生する嶋がビミョーに違う

『日本書紀』 『古事記』
大八洲国 ※神名付与なし 1回目:淡嶋・水蛭子
2回目:大八嶋国+6つの嶋 ※神名付与あり

誕生するしまについても多少違いあり。

日本書紀にほんしょき』は、途中での間違いが修正されているので、産み損ない的なしまは誕生しません。そのまま大八洲国おおやしまぐにが誕生。

古事記こじき』は、間違いのまま産んでしまうので水蛭子ひるこ、で淡嶋あわしま水蛭子ひるこが誕生。これらは流したり、子への不算入とします。その後、天神あまつかみにお伺いを立て、正しい手順で産んだことで大八嶋国おおやしまくにが誕生。プラスアルファで4つのしま

特に『古事記こじき』の場合は、産んだしまに神名を付与してるのもポイントです。コレ、系譜を重視する『古事記こじき』ならでは。

ということで、

古事記こじき』と『日本書紀にほんしょき』の国生みの違い、まとめます。

  1. 目的、狙いが違う
  2. 国生みの出発点・起点が違う
  3. 伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことの格が違う
  4. 国生み途中の間違いの修正方法が違う
  5. 誕生するしまがビミョーに違う

ということで、5つチェックされてください。

ということで、以下、
日本書紀にほんしょき』『古事記こじき』の伝える国生み伝承をそれぞれご紹介します。各論の詳細は別エントリでチェックされてください。

『古事記』と『日本書紀』の伝える国生み神話の現場

ここからは、大きく2つ。『日本書紀にほんしょき』と『古事記こじき』の国生み神話の現場をお届け。

これまでチェックしてきた違いに注目しながらチェックです。

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段〔本伝〕

 伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみこと二柱ふたはしらの神は、天浮橋あまのうきはしの上に立って共にはかり、「この下の底に、きっと国があるはずだ。」と言った。そこで、天之瓊矛あまのぬほこを指し下ろして探ってみると海を獲た。そのほこの先から滴り落ちた潮が自然に凝り固まり、一つの嶋と成った。それを名付けて「磤馭慮嶋おのごろしま」といった。

 二柱の神は、ここにその嶋に降り居ると、共に夫婦となり、国を産もうとした。そこで、磤馭慮嶋おのごろしまを、国の中心である柱とし、陽神をかみは左から巡り、陰神めかみは右から巡った。分かれて国の柱を巡り、同じ所であい会したその時、陰神めかみが先に唱え、「ああ嬉しい、いい若者に会ったことよ。」と言った。陽神をかみはそれをよろこばず、「私が男だ。ことわりの上では、まず私から唱えるべきなのだ。どうして女が理に反して先に言葉を発したのだ。これは全く不吉な事だ。改めて巡るのがよい。」と言った。

 ここに、二柱の神はもう一度やり直してあいかいした。今度は陽神をかみが先に唱え、「ああ嬉しい。可愛い少女をとめに会ったことよ。」と言った。そこで陰神に「お前の身体には、なにか形を成しているところがあるか。」と問うた。それに対し、陰神が「私の身体には女の元のところがあります。」と答えた。陽神は「私の身体にもまた、男の元のところがある。私の身体の元のところを、お前の身体の元のところに合わせようと思う。」と言った。ここで陰陽(男女)が始めて交合こうごうし、夫婦となったのである。

 産む時になって、まず淡路洲あはぢのしまえなとしたが、それはこころに不快なものであった。そのため「淡路洲あはぢのしま」と名付けた。こうして大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしまを産んだ。次に伊予二名洲いよのふたなのしまを産んだ。次に筑紫洲つくしのしまを産んだ。そして億歧洲おきのしま佐渡洲さどのしまを双児で産んだ。世の人に双児を産むことがあるのは、これにならうのである。次に越洲こしのくにを産んだ。次に大洲おほしまを産んだ。そして吉備子洲きびのこしまを産んだ。これにより、はじめて八洲を総称する国の「大八洲国おほやしまぐに」の名が起こった。このほか、対馬嶋つしま壱岐嶋いきのしま、及び所々の小島は、全て潮の泡がり固まってできたものである。また水の泡が凝り固まってできたともいう。『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝より引用、本文中の注釈は割愛)

沼島の自凝神社(おのころ神社)

●詳細解説コチラ→ 『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝 ~聖婚、洲国生み~

なんか、、、スゴイ、、儀式っぽい、というか、説明くさいというか、、でも、実はコレがミソ。大事なところ。結婚=儀式として神聖化を図ってるんです。

協議から始まって、みはしらの獲得、みはしら巡り、先唱後和せんしょうこうわ身体問答しんたいもんどう交合こうごうを経て、、、ようやく国生みという流れ。

違いの1つ目。国生みの出発点・起点が違う、という点では、

伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみこと二柱ふたはしらの神は、天浮橋あまのうきはしの上に立って共にはかり、「この下の底に、きっと国があるはずだ。」と言った。」とあり、伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことの協議が出発点。二神が主体的に国生みをしてます。

違いの2つ目、伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことの格が違う、という点では、上記同様、そもそも二神が非常に尊貴な位置付けになっており、その尊い神が生んだ国は尊い、という体(体裁)になってます。

違いの3つ目。国生み途中の間違いの修正方法が違う点。コチラは、「陽神をかみはそれをよろこばず、「私が男だ。ことわりの上では、まず私から唱えるべきなのだ。どうして女が理に反して先に言葉を発したのだ。これは全く不吉な事だ。改めて巡るのがよい。」と言った。」とあるように、陽神おかみ主導で修正を図ってます。

違いの4つ目。誕生するしまがビミョーに違う点については、コチラをチェック。

大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしま 本州
伊予二名洲いよのふたなのしま 四国
筑紫洲つくしのしま 九州
億歧洲おきのしま 隠岐島
佐渡洲さどのしま 佐渡
越洲こしのしま 北陸道
大洲おほしま 周防国大島(山口県屋代島)
吉備子洲きびのこしま 備前児島半島(岡山県)

誕生した大八洲国の8つの洲のうち、色付けをした、越洲(北陸道)、大洲(大島)、吉備子洲(児島半島)が『古事記』と違う箇所です。

続けて『古事記こじき』をチェック。

『古事記』上巻 国生み

ここに天神の全ての神々の命をもって、伊邪那岐命・伊邪那美命、二柱の神に、「是の漂っている国を修理をさめ固め成せ。」とみことのりして、天沼矛あめのぬぼこを授けてご委任なさった。

そこで、二柱の神は、あめ浮橋うきはしにお立ちになり、其の沼矛を指し下ろしてかき回しされると、海水をこをろこをろと搔きらして引き上げなさった時、其の矛のさきよりしたたり落ちる海の水が、かさなり積もって嶋と成った。是れしまぞ。

其の嶋に天降あもして、あめ御柱みはしらを見立て、八尋やひろ殿どのを見立てになった。

是に其の妹伊邪那美命いざなみのみことに問うて「が身はどのように成っているのか。」と仰せられたので、「が身は、出来上がっていって出来きらない処一処ところひとところあり。」とおえになった。ここに伊邪那岐命はみことのりして、「が身は、出来上がっていって出来すぎた処一処あり。ゆえに、此の吾が身の出来すぎた処をもって、汝が身の出来きらない処に刺しふさいで、国土くにを生み成そうとおもう。生むことはどうだろうか。」と仰せになると、伊邪那美命は「それがいでしょう。」とお答えになった。

そこで伊邪那岐命が詔して「然らば、と是の天の御柱を行きめぐり逢って、美斗能麻具波比みとのまぐはひをしよう。」と仰せになった。このようにちぎって、さっそく「汝は右より廻り逢へ。は左より廻り逢はむ。」と仰せになり、ちぎり終えて廻る時、伊邪那美命が先に「ほんとうにまあ、いとしいお方ですことよ。」と言い、そのあとで伊邪那岐命が「なんとまあ、かわいい娘だろうか。」と言った。

おのおの言い終えた後、其のいもに「女人おみなが先に言ったのは良くない。」とお告げになった。しかし、寝床で事を始め、子の水蛭子ひるこを生んだ。此の子は葦船に入れて流し去てた。次に淡嶋あはしまを生んだ。これもまた、子のかずには入れなかった。

是に二柱の神、はかって「今、が生める子は良くない。やはり天神の御所みもとまをしあげるのがよい。」と仰せになって、すなはち共にまいのぼって、天つ神のめいを仰がれた。ここに天神の命をもって、太占に卜相うらなって「をみなの言葉が先立ったことにり良くないのである。再びかへくだって改めて言いなさい。」と仰せになった。

ゆえにかへり降りて、更にの天の御柱を先の如く往きめぐった。是に伊邪那岐命、先に「なんとまあ、かわいい娘だろうか。」と言い、その後にいも伊邪那美命が「なんとまあ、いとしいお方ですこと。」と言った。

このように言ひ終わって御合みあひして(結婚して)、生んだ子は、淡道之穗之狹別嶋あはぢのほのさわけのしま。次に伊豫之二名嶋いよのふたなのしまを生んだ。此の嶋は、身一つにして顔が四つ有る。顔ごとに名が有る。伊豫国いよのくに愛比売えひめといい、讚岐国さぬきのくに飯依比古いひよりひこといい、粟国あはのくに大宜都比売おほげつひめといい、土左国とさのくに建依別たけよりわけという。次に隠伎之三子嶋おきのみつごのしまを生んだ。亦の名は天之忍許呂別あめのおしころわけ。次に筑紫嶋を生んだ。此の嶋も亦、身一つにして顔が四つ有る。顔毎に名が有る。筑紫国は白日別しらひわけといい、豊国とよのくに豊日別とよひわけといい、肥国ひのくに建日向日豊久士比泥別たけひむかひとよくじひねわけといい、熊曾国くまそのくに建日別たけひわけという。次に伊岐嶋いきのしまを生んだ。またの名は天比登都柱あめひとつばしらという。次に津嶋を生んだ。亦の名は天之狹手依比売あめのさでよりひめという。次に佐度嶋さどのしまを生んだ。次に大倭豊秋津嶋おほやまととよあきづしまを生んだ。亦の名は天御虚空豊秋津根別あまつみそらとよあきづねわけという。ゆえに、此の八嶋やしまを先に生んだことに因って、大八嶋国おほやしまくにという。(引用:『古事記』上巻より)

●詳細解説コチラ→ 『古事記』国生み原文と現代語訳と解説|伊邪那岐命と伊邪那美命の聖婚と大八嶋国誕生の物語

違いの1つ目。国生みの出発点・起点が違う、という点は、

ここに天神の全ての神々の命をもって、伊邪那岐命・伊邪那美命、二柱の神に、「是の漂っている国を修理をさめ固め成せ。」とみことのりして、天沼矛あめのぬぼこを授けてご委任なさった。」とあり、そもそも天神あまつかみの命から始まってます。途中の過誤修正も天神あまつかみが起点になってますよね。

違いの2つ目、伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことの格が違う、という点では、上記同様、二神が天神あまつかみの下。二神より上の天神あまつかみ非常に尊貴な位置付けで、その尊い神が主導して生んだ国は尊い、という体(体裁)になってます。

違いの3つ目。国生み途中の間違いの修正方法が違う点。コチラは、「おのおの言い終えた後、其のいもに「女人おみなが先に言ったのは良くない。」とお告げになった。しかし、寝床で事を始め、、、」とあるように、伊邪那岐命いざなきのみことが間違いを理解していながら誘惑に克てませんでした、、的な体裁。

そして、「ここに天神の命をもって、太占に卜相うらなって「をみなの言葉が先立ったことにり良くないのである。再びかへくだって改めて言いなさい。」と仰せになった。」とあり、天神あまつかみが占いにより原因追求、その結果を持って二神に是正指導する形になってます。

違いの4つ目。誕生するしまがビミョーに違う点については、コチラ。

淡道之穗之狹別島あはぢのほのさわけのしま 淡路島
伊豫之二名島いよのふたなのしま伊豫国いよのくに愛比売えひめ讚岐国さぬきのくに飯依比古いひよりひこ粟国あはのくに大宜都比売おほげつひめ土左国とさのくに建依別たけよりわけ 四国
隠伎之三子島おきのみつごのしま 隠岐
筑紫島(筑紫国は白日別しらひわけ豊国とよのくに豊日別とよひわけ肥国ひのくに建日向日豊久士比泥別たけひむかひとよくじひねわけ熊曾国くまそのくに建日別たけひわけ 九州
伊岐島いきのしま 壱岐
津島 対馬
佐度島さどのしま 佐渡
大倭豊秋津島 本州

誕生した大八嶋国のうち、淡道之穗之狹別島(淡路島)、伊岐島(壱岐)、津島(対馬)が、『日本書紀』と違う箇所です。

以上、

そのほかの細かい違いをまとめると以下の通りです。

第四段 本伝 『古事記』
天神指令+矛下賜
天浮橋に立ち協議、矛を指し下ろし国を探る、滄溟そうめいを獲る 天の浮橋に立ち矛差し下ろしかき回す。
矛のさきから滴瀝したたる潮がりて島を成す。磤馭慮嶋と名付ける 矛のさきよりしたたり落ちる海の水が、かさなり積もって嶋と成った。これがしま
二神が降居、夫婦と為り洲国くにを産生もうとする 二神が降居
磤馭慮嶋を国中柱とする 八尋之殿を見立て、天柱を見立てる
身体問答
左旋右旋 左旋右旋
先唱後和(間違い) 先唱後和(間違い)
陽神悦ばず、やり直し指示、陽神主導 夫婦となり水蛭子、淡嶋を生む
水蛭子は葦船で流す、淡嶋は子の数に入れず
天に上り、天神に奏上
天神、太占し教示、再降下指令
左旋右旋 左旋右旋
先唱後和 先唱後和
身体問答
交合し夫婦と為る 御合いする
淡路洲を胞となすが快ばず
大八洲国を生む 大八嶋国を生む
ポイント
・天神無し、二神の協議による国生み
・矛で探り獲たのは国
・磤馭慮嶋を、国中柱とする
・間違い1回。先唱後和のみ
・陽神主導、男女性差強調
・淡路洲は胞として使用するのみ
ポイント
・天神の指令、関わりによる国生み
・矛をさしおろし、かき回す
しまで、八尋之殿と天柱を見立てる
・間違い1回。天神の教示により修正
二神無知、男女セット
・水蛭子・淡嶋を生むが流す・子への不算入

これ、分かりやすいんじゃない???

最終ゴールは大八洲国おおやしまぐに/大八嶋国の尊貴化、神聖化。これは不変。

で、そのための結婚=儀礼=厳粛な手続き・ルールにのっと、これも不変。

しかし、『古事記こじき』では、そこに天神あまつかみ指令&関与を入れてきたってことですね。もちろん、最終ゴールである「大八嶋国の神聖化」が念頭にあり。

つまり、別の観点から大八嶋国の尊貴化、神聖化を図ってる、とも言えて。

なんせ、あの天神あまつかみ様が、、直接指令を下した訳ですから!尊くない訳がない!

ということでチェックです。

 

『古事記』と『日本書紀』の伝える国生み神話の共通点

違いだけでなく、逆に、共通するところは以下の通り。

①矛を使って嶋を形成するのは同じ

日本書紀にほんしょき』版国生みも、『古事記こじき』版国生みも、ほこを使って最初のしま(小野ゴロ島)を形成するのは同じです。

②結婚=儀礼として位置づけているのは同じ

日本書紀にほんしょき』版国生みも、『古事記こじき』版国生みも、いずれも結婚=儀礼として位置付けているのは同じです。

両方の伝承に共通する、手続き臭さはまさにこれで。

結婚=儀礼

儀礼には、きちんとした手順、ルールがあって、、

ココでいう「結婚儀礼」とは、

  1. 身体問答しんたいもんどう
  2. 左旋右旋させんうせん
  3. 先唱後和せんしょうこうわ
  4. 交合結婚こうごうけっこん

のこと。ただし、『日本書紀にほんしょき』と『古事記こじき』で若干の前後あり。

しかも!各手順でのっとるべきルール細目があって、、

そのルールとは

えきの概念に基づく「よう主導」であること。

なので、先ほどの手順に当て込むと、

  1. 身体問答しんたいもんどう・・・陽が先、陰が後
  2. 左旋右旋させんうせん・・・陽が左旋させん、陰が右旋うせん
  3. 先唱後和せんしょうこうわ・・・陽が先、陰が後
  4. 交合こうごう結婚けっこん・・・ここは、、、特になし。二人で交合こうごうだから。

となるわけです。陽=伊奘諾尊・伊邪那岐命、陰=伊奘冉尊・伊邪那美命。

大事なのは、きちんとした手順に沿って行われた儀式は「正式なもの」であり、「神聖なもの」であり、その結果として誕生する大八洲国おおやしまぐに大八嶋国おおやしまくに)も正当なものであり、神聖なものであると言えるようになるってことですね。

ということで、

まとめます。

相違点 ①目的、狙いが違う
国生みの出発点・起点が違う
③伊奘諾尊と伊奘冉尊の格が違う
④国生み途中の間違いの修正方法が違う
⑤誕生する嶋がビミョーに違う
共通点 ①矛を使って嶋を形成する
②結婚=儀礼として位置付けている

 

まとめ

古事記と日本書紀の「国生み神話」の違い

をテーマにお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

古事記こじき』と『日本書紀にほんしょき』、同じ「国生み神話」を伝える書物ですが、比較する伝承によっては、同じと言えたり、違うと言えたりします。

国生みを伝える箇所を図解してみるとこうなる。

『日本書紀』と『古事記』の国生みの掲載箇所

要は、『日本書紀にほんしょき』第四段は、〔本伝〕のほかに異伝である〔一書〕が全部で10個あり、この中で、〔一書1〕の内容が『古事記こじき』本文とほぼ同じになってる、ってことなんす。

なので、

日本書紀にほんしょき』第四段〔本伝〕と比べると、違う!

ってなるのですが、

日本書紀にほんしょき』第四段〔一書1〕と比べると、だいたい同じ!

ってなるんです。ココがポイント!

その中で、『日本書紀にほんしょき』第四段〔本伝〕と比べた場合は、

相違点 ①目的、狙いが違う
国生みの出発点・起点が違う
③伊奘諾尊と伊奘冉尊の格が違う
④国生み途中の間違いの修正方法が違う
⑤誕生する嶋がビミョーに違う
共通点 ①矛を使って嶋を形成する
②結婚=儀礼として位置付けている

ということで、チェックしておいてください。

 

国生み神話の詳細解説!必読です!

『日本書紀』第四段

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝 ~聖婚、洲国生み~

05/26/2019
『日本書紀』第四段

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 一書第1 〜天神ミッションと無知な二神〜

06/01/2019
『古事記』国生み

『古事記』国生み原文と現代語訳と解説|伊邪那岐命と伊邪那美命の聖婚と大八嶋国誕生の物語

09/22/2021

 

神話を持って旅に出よう!

国生み神話の伝承地はコチラです!

上立神岩|国生みの舞台!伊奘諾尊と伊奘冉尊が柱巡りをした上立神岩を日本神話と合わせて現場レポ!

12/17/2016

沼島の自凝神社(おのころ神社)|伊奘諾尊と伊奘冉尊の結婚スポット!国生み神話から縁結びご利益満載の神社は山全体が御神体の恋愛系パワースポットです。

12/19/2016

沼島へは沼島汽船でゴー!伊奘諾尊と伊奘冉尊による国生み神話の舞台「沼島」へ向かう唯一の交通手段「沼島汽船」の全貌をご紹介します

12/16/2016

絵島|国生み神話の舞台!?古代より歌人を魅了してきた絵になる小島「絵島」

10/31/2019

伊弉諾(いざなぎ)神宮|伊奘諾尊の隠居地「幽宮」!伊弉諾神宮の魅力と日本神話をまとめてご紹介!

12/26/2016

花窟神社|伊奘冉尊の鎮魂祭祀の場!高さ45mの圧倒的な巨岩と神代から続く花の祭りが神話ロマンすぎる件

08/18/2016

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

 

本シリーズの目次はコチラ!

日本書紀の目的と編纂方法|神代から歴史へ直通!それアリ??『日本書紀』の目的と編纂方法に隠されたヒミツを徹底解説!

05/06/2019

日本神話とは

天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

神武天皇の家系図|分かる!神武東征神話|天照大神の第五世代 子孫(来孫)であり、海神の孫でもある件

01/20/2016

参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)

【中古】 日本書紀 史注(巻第1) /山田宗睦(著者) 【中古】afb

 

古事記と日本書紀の国生み神話の違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他