少彦名命とは?大己貴命との国造りの途中で常世郷へいってしまう神話界一のかぶき者。日本神話をもとに少彦名命を分かりやすく解説します。

 

少彦名命とは?大己貴命との国造りの途中で常世郷へいってしまう神話界一のかぶき者。日本神話をもとに少彦名命を分かりやすく解説します。

〔一書6〕

 ある書はこうつたえている。大国主神おほくにぬしのかみは、また大物主神おほものぬしのかみと名付け、また国作大己貴命くにつくりのおほあなむちのみことごうし、また葦原醜男あしはらのしこをと言い、また八千戈神やちほこのかみと言い、また大国玉神おほくにたまのかみと言い、また顕国玉神うつしくにたまのかみと言う。その子は、全部で百八十神いる。

 そもそも大己貴命おほあなむちのみことは、少彦名命すくなひこなのみことと力を合わせ心を一つにして天下あめのしたを経営した。また顕見蒼生うつしきあをひとくさおよび家畜のためには、その病を治療する方法を定め、また鳥獣とりけだもの昆虫はふむしの災害(わざわい、害悪、変異現象)を払い除くためには、その災難やたぶらかしを押さえとどめる(呪禁じゅきん)方法を定めた。これにより、人民は今に至るまでみなこの恩恵をこうむっている。

 かつて大己貴命が少彦名命に向かって「われらの造った国は、どうして善くできたといえるだろうか。」と言った。少彦名命はこれに対して「あるいはできたところがある。またあるいはできていないところもある」と答えた。この両者のかたりは、思うに深遠なおもむきがある。その後、少彦名命は熊野くまのの岬まで行き至ったところで、遂に常世郷とこよのさとってしまった。またこれとは別に、淡嶋あはのしまに至って、あはの茎をよじ登れば、弾かれて常世郷に渡り至ったという。

 

はじめ大己貴神が国を平定するに際して、行き巡り出雲国いずものくに五十狹狹いささ小汀をはまに到って飲食しようとした。この時、海上に忽然と人の声がした。そこで驚いて探し求めたけれども、全くなにも見当たらない。しばらくすると、一人の小男をぐな白薟かがみ(カガイモまたヤブカラシ)の皮を舟として、鷦鷯さざき(ミソサザイ)の羽を着衣とし、潮流に乗って浮かび到った。大己貴神はさっそく取り上げ掌中に置いてもてあそんでいると、飛び上がってほおを噛んだ。そこでその小男の形状を怪しんで、使いを遣わして天神あまつかみに申しあげた。その時、高皇産霊尊たかみむすひのみことはその報告を聞き、それで「私の産んだ児は全部で千五百はしらいる。その中の一児は最悪で、教え育てようにも従わない。私の指の間から漏れ墜ちたのが、きっとそのものだ。可愛がって養育すれば良い。」と云った。少彦名命すくなひこなのみことがこれである。「顕」は、ここでは「于都斯うつし」と云う。「蹈鞴」は、ここでは「多多羅たたら」と云う。「幸魂」は、ここでは「佐枳弥多摩さきみたま」と云う。「奇魂」は、ここでは「俱斯美侘磨くしみたま」と云う。「鷦鷯」は、ここでは「裟裟岐さざき」と云う。

 


朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義のご案内

白熱講義! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っています。 この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。7/30, 8/27, 9/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他