五十猛神とは?木種を播き植えことごとく青山に成した神。日本神話をもとに五十猛神を分かりやすく解説します。

 

五十猛神とは?木種を播き植えことごとく青山に成した神。日本神話をもとに五十猛神を分かりやすく解説します。

〔一書4〕  

 ある書はこうつたえている。素戔鳴尊すさのをのみことの所業が暴虐極まりなかった。それゆえ、諸神は千座置戸(罪過を贖う莫大な賠償品)を素戔鳴尊すさのをのみことに科して、遂に天上から追放した(第七段 [本伝]の抄録)。

 この時、素戔鳴尊すさのをのみことは子の五十猛神いたけるのかみをひき連れて新羅国しらぎのくにに降り到って、その曽尸茂梨そしもりという所に居住した。そこで声高こわだかに言葉を発して「この地は、私は居たいとは思わない。」と言い、遂に埴土はにで舟を作り、これに乗って海を東に渡り、出雲国いずものくにの川のほとりに所在する鳥上とりかみたけに到った。まさにこの時、そこには人を呑み込む大蛇をろちがいた。素戔鳴尊すさのをのみことはそこで、天蠅斫之剣あまのははきりのつるぎでその大蛇を斬った。その際、蛇の尾を斬ったところで、刃が欠けた。すぐに裂いてよく見ると、尾の中に一振りの神剣あやしきけんがあった。素戔鳴尊すさのをのみことは「これは、私が自分一人だけで使用してはならないものだ。」と言い、そこで、五世の孫に当たる天之葺根神あまのふきねのかみを遣わして天に献上した。これが、今にいう草薙剣くさなぎのつるぎである。

 当初、五十猛神いたけるのかみ素戔鳴尊すさのをのみことに伴って天降あまくだった時に、多く木の種を持って下った。しかし韓地からくに(新羅)にはそれを一切植えることなく、全て東渡の際に持ち帰り、遂に筑紫つくしから始め大八洲国おほやしまのくにの国内すべてのところにき植え、ことごとく青山あをやまに成した。このはたらき、功績により、五十猛命いたけるのみこと有功之神いさをしのかみと称するのである。すなわち紀伊國きのくにに鎮座する大神おほかみ(和歌山市伊太祈曾いたきそ伊太祁曾神社いたきそじんじゃ)がこれである。

 

〔一書5〕

 ある書はこうつたえている。素戔鳴尊すさのをのみことが「からくに(地方)に所在する嶋には金銀がある。もし私の児(第八段[本伝]に「生児大己貴神おほあなむちのかみ」と伝える)の支配する国に浮く宝(船)がなければ、それは良くない(金銀のある嶋に渡れない)と言い、そこであごひげほほひげを抜いて播いた。すると、それがたちまち杉に成った。また胸の毛を抜いて播くと、これがひのきに成った。尻の毛はまきに成り、眉の毛が櫲樟くすに成った。そうして、あとでその用途を定めた。そこで「杉および櫲樟くすは、二つの樹とも浮く宝(船)にすべきだ。ひのきは、瑞宮みづみや(宮殿)の用材とすべきだ。まきは、顕見蒼生うつしきあをひとくさ(現にこの世に生きる民草たみくさ。人民)の奧津棄戸おきつすたへ(墓所)に臥す具(棺)とすべきだ。さて食用にすべき八十木種やそこだね(数多くの果実の種)は、どれも播いて生かすことができた。」ととなえた。

 この時、素戔鳴尊すさのをのみことみこ(児とは違う)は名を五十猛命いたけるのみことと言い、その妹は大屋津姫命おほやつひめのみことであり、次が枛津姫命つまつひめのみことである。みなこの三柱みはしらの神も、木の種を広く播いた。そこで紀伊国きのくにに渡し奉ったのである。そうした後、素戔鳴尊すさのをのみこと熊成峰くまなりのたけに居住し、遂に根国ねのくにに入ったのである。「棄戸」は、ここでは「須多杯すたへ」と云う。「柀」は、ここでは「磨紀まき」という。

 


朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義のご案内

白熱講義! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っています。 この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。7/30, 8/27, 9/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他