黄泉の国ってどんなとこ?死んだら向かう「あの世」の世界。日本神話的黄泉の国を分かりやすくまとめ!

 

黄泉よみの国/黄泉よみ」とは、日本神話で伝える「死者の世界」、いわゆる「あの世」の事です。

火神に焼かれた伊弉冉尊いざなみのみことが死んで行く所(世界)。神話世界で設定されてる「異界」の一つです。

「よみがえり」って言葉、聞いたことありますよね。

コレ、実は「黄泉還よみがえり」から来てる言葉。
つまり「黄泉から還ってくる」という意味。その元ネタは日本神話なんです。結構身近やん?

今回は、そんな「黄泉よみの国/黄泉よみ」世界を、
『日本書紀』『古事記』の二つの違いに注目しながら分かりやすくご紹介します。

 

黄泉の国ってどんなところ?死んだら向かうあの世の世界。日本神話的黄泉の国を分かりやすくまとめ!

黄泉よみの国」と「黄泉よみ」。日本書紀と古事記に伝える「あの世」

黄泉の国ってどんなところ?

ということで、これから現場へお連れいたします。

と、その前に少しガイダンス。

これから行く現場「黄泉の国」、その伝承には2つあるってこと、まずチェック。

  • 『日本書紀』版「黄泉」
  • 『古事記』版「黄泉の国」

『日本書紀』『古事記』という書物。コチラ、8世紀初頭に編纂された歴史書の皆さんです。

この中で、

いわゆる「日本神話」と呼ばれる内容、記述箇所に「黄泉の国/黄泉」という言葉が登場。もちろん、死者の世界、あの世として。

同じ「あの世」のことながら、同じ「黄泉」という言葉を使いながら、ビミョーに違う世界観になってる。ココ、しっかり押さえたうえで現場へゴー!

まずは、日本の正史『日本書紀』版「黄泉」をお届けです。

 

『日本書紀』版「黄泉」

『日本書紀』版「黄泉」を伝えてるのは、巻一の第五段〔一書6〕。

先に『日本書紀』版「黄泉」ワールドの特徴をチェック。

  • 死んだら行く
  • 死者が、さながら現世と同じように活動してる
  • きたなくて穢れてる
  • タブー・掟がある
  • 泉津平坂よもつひらさかでこの世界とつながってる

と言った感じ。

てことで、実際に見てみましょう。重要テーマが存在する部分を太字にしてみます。

 こうした後に、伊弉諾尊いざなきのみこと伊弉冉尊いざなみのみこと追って黄泉よもつくにに入り、伊弉冉尊のもとに及びいたって共に語った。その時、伊弉冉尊は「私の愛しい夫よ、どうしてこんなに遅くなって来たのですか。私は黄泉よもつくにで煮炊きした物をすでに食べてしまったのです。でも、私はこれから寝ようと思います。お願いですから、けっして私を見てはなりません。」と言った。伊弉諾尊はそれを聴き入れず、こっそり湯津爪櫛ゆつつまぐしを取り、櫛の端の雄柱をばしらを引き折り松明たいまつのように火を灯して見ると、うみがわき、蛆虫が流れていた。今、世の人が夜に一つを灯すことをみ、また夜に投げ櫛をすることを忌むのは、これが由縁きげんである。

 その時、伊弉諾尊はおおいに驚き、「私は、思いもよらず何と嫌な汚穢きたない国に来てしまったことだ。」と言い、すぐに急いで走り帰った。その時、伊弉冉尊は恨んで「どうして約束を守らず私を恥辱はずかしめたのか。」と言い、泉津醜女よもつしこめ(一説では泉津日狭女よもつひさめと言う)八人を遣わし、追い留めようとした。それで、伊奘諾尊は剣を抜き、後ろ手に振りながら逃げた。そうして、黒い蔓草つるくさの頭飾りを投げた。これがたちまち葡萄ぶどうと成った。醜女しこめはこれを見て採って食べた。食べ終えると、更に追った。伊弉諾尊はまた湯津爪櫛ゆつつまぐしを投げた。たちまち竹の子に成った。醜女はまたも、これを抜いて食べた。食べ終えるやまた追ってきた。最後には、伊弉冉尊もまた自ら来て追ってきた。この時には、伊弉諾尊はすでに泉津平坂よもつひらさかに至っていた。(一説では、伊弉諾尊が大樹に向かって小便をした。するとこれがすぐに大河と成った。泉津日狭女がその川を渡ろうとしている間に、伊弉諾尊はすでに泉津平坂に至った、という。)そこで、伊弉諾尊は千人力でやっと引けるくらいの大きないわでその坂路を塞ぎ、伊弉冉尊と向き合って立ち、遂に離縁を誓う言葉を言い渡した。

然後 伊奘諾尊 追伊奘冉尊 入於黄泉 而及之共語 時伊奘冉尊曰 吾夫君尊 何來之晩也 吾已湌泉之竈矣 雖然 吾當寝息 請勿視之 伊奘諾尊不聽 陰取湯津爪櫛 牽折其雄柱 以爲秉炬 而見之者 則膿沸蟲流 今世人夜忌一片之火 又夜忌擲櫛 此其縁也 時伊奘諾尊 大驚之曰 吾不意到於不須也凶目汚穢之國矣 乃急走廻歸 于時 伊奘冉尊恨曰 何不用要言 令吾恥辱 乃遣泉津醜女八人 一云 泉津日狹女 追留之 故伊奘諾尊 抜劒背揮以逃矣 因投黑鬘 此即化成蒲陶 醜女見而採噉之 噉了則更追 伊奘諾尊 又投湯津爪櫛 此即化成筍 醜女亦以抜噉之 噉了則更追 後則伊奘冉尊 亦自來追 是時 伊奘諾尊 已到泉津平坂 一云 伊奘諾尊 乃向大樹放尿 此即化成巨川 泉津日狹女 將渡其水之間 伊奘諾尊 已至泉津平坂 故便以千人所引磐石 塞其坂路 與伊奘冉尊相向而立 遂建絶妻之誓 (『日本書紀』巻一(神代上)第五段〔一書6〕より)

と。

詳細は以下。

  • 追って黄泉よもつくにに入り及びいたって

伊弉冉尊いざなみのみこと焼死時は、この世界とあの世はつながってた、という事。なので、死者を追いかけていくと黄泉に行くことができる。

  • 共に語った

→「共に語る」。ここで発生する重要テーマが「黄泉は真っ暗なのかどうか?」。実はコレ、冗談でもなんでもなくて、学術的にも議論されてるテーマだったりするんです。

ココで、比較的分かりやすい『古事記』をチェック。

従来の見解は以下2つ。

  1. 黄泉だけに、真っ暗。二神は真っ暗な中で語り合った。(本居宣長『古事記伝』。現在の通説)
  2. 俗世と変わらない明るさの世界。お互いに姿を確認しながら語り合った。真っ暗なのは伊弉冉が寝る宮殿の内だけ。(佐藤正英『黄泉国の在りか『古事記』の神話をめぐって」。少数意見)

といった感じ。

これ、マジで学術的議論があるテーマなんすよ。

で、本エントリで採用するのは②の説。

理由は、

・まずは志怪小説を踏まえているから(志怪小説については、後ほど解説)。元ネタでは、あの世でもフツーに生活しているから。

・黄泉入りした伊弉諾尊が、戸惑ってる様子がないから。異界である黄泉に来たのに、フツーに会話し始めてる。コレは、そんな大きな環境変化はなかった、つまり、この世と同様の「物を見分けることができる明るさがあった」と推測されるから。

・物語的に、「見るなの禁破り」で正体露見のコントラストが設定されてるから。「共語る」時点では、ある意味、伊弉冉は化けていて生前と同じ姿で語り合った。(そのほうが、あとで正体露見したときのコントラストがデカくなって劇的度がアップする)

・伊弉諾尊は、この後「黄泉平坂」を明確に目指して逃走。途中の逃走劇は暗黒世界では無理な展開だから。

ということで、
黄泉世界は真っ暗ではなく、お互いの容姿が確認できるくらいの明るさはあった、という結論。

  • 「どうして来るのがこんなに遅かったのですか。」

→この世とあの世(黄泉)の非対称性、その違いがポイント。伊弉諾いざなき伊弉冉いざなみ焼死後、「匍匐」「哭泣」などもがりに先立つ服喪ふくも儀礼を思わせる行動に続き、カグツチを斬断してたものの、比較的直ぐに黄泉入りしました。ところが、愛する妻は遅いと言う。コレ、伊弉冉尊は夫の来訪を予見し待ち望んでいた、と考えられます。つまり、、、死の世界からはこの現世は丸見え、、、ということで、その違いをチェック。

  • 黄泉よもつくにで煮炊きした物をすでに食べてしまった」

→原文「已湌泉之竈」。「湌」は底本「飡」。「飡」は「飧」の俗字。「食」と「夕」との会意字で、夕方の食事の意味。動詞として、夕方の食事を摂ることを言います。で、「泉之竈=黄泉のかまど」。なので、「已湌泉之竈」は「黄泉のかまどでつくった夕食をもう食べちゃったぜ」という意味。

ポイント2つ。

「同じ釜の飯を食う」という言葉があるように、ある共同体への帰属、一員になるかどうかは、その共同体で食されてる物を食べるかどうかだったりする訳です。ということは、伊弉冉尊が「もう食べちゃったよ」と言ってるってことは、黄泉の世界の一員になった、つまり元には戻れない、、、といった意味も含むようになってくるのです。

かまど(竈)があるって事は、生活があるってことです。つまり「死者の、死者としての生活がある」ってこと。コレ、結構重要で。死んだら終わりではなく、死んでも死者としての生活が続いていくんですよね。これは、古代における世界観として理解。『古事記』では、この「死後の生活感」がさらに拡大し、国レベルの広がりを見せるようになります。

  • 「私はこれから寝ようと思います。」

→突然の「私寝る宣言」。前述のとおり、すでに夕食を食べ終わってる。あとは寝るだけなので、突飛でもなんでもなくて自然な展開として読み解き。

さて、そこで問題なのが、死者が寝るって、、、どこで? っていう件。

それは、、、

そう、棺桶ですよね。つまり、伊弉冉尊いざなみのみことは棺桶に戻ろうとしたって事に。古代、死者は棺桶に入れて、専用の建物で一定期間安置するという習慣がありました。これを「もがり」と言います。伊弉冉尊の寝る宣言はこのような習俗的な背景が踏まえられてるんすね。〔一書9〕でも登場します。

そして、なんで寝るのか?

それは、志怪小説のコチラがベース。

要は、情を交わしている間、体が蘇生・復活するのを待っていたという訳です((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

  • けっして私を見てはなりません。

→異界の女性とこの世界の男性が出会い、情を交わした後、女が課した「見てはならない」という禁忌、つまり「タブー」を男が破り、女の正体を見たことにより破局を迎えるというのが、古今東西の物語・伝承に共通した型。

ギリシャ神話には、オルフェウスが死んだ妻を取り戻すため冥界に行ったものの、地上に帰り着くまで彼女を振り向いてはならないというタブーを破り、結局は失敗するという類似した神話あり。このほかにも、「見るなの禁・タブー」のパターンを踏まえた神話があります。

日本の伝承では、この「見るなのタブー」を中心的な話型としてます。記紀神話では、山幸の子を身ごもった豊玉昆売が地上に出て出産する際に課したタブーを夫が破って破局に至る。また、能の「黒塚」でも、安達ケ原の老婆が課した「この奥の部屋をみてはならない」というタブーを、宿を借りた僧が破り、見ると白骨死体が山のようにあり、恐怖のあまり逃げ出した僧を、老婆(人喰い鬼)が追いかけるという展開あり。このほか、「鶴の恩返し」「浦島太郎」「見るなの座敷」ほか結構な例があります。

男(人間)には感情があり、女(異類)が見るなと禁を課せば、それは女にとって見られたくないもの(通常、異類の本質・本性)だけに、余計に見たくなるという人間の心理をもとに、異類とは別れるほかないという必然を物語に織り込んでいる訳です。

  • 松明たいまつとし、火を灯して見ると、うみがわき、蛆虫が流れていた。

→黄泉世界には、この現世と変わりない明かりがあった事は先ほど触れました。一方で、伊弉冉尊が寝る場所は暗闇に閉ざされています。死体安置所は暗いんすよ。だから松明を付けた。安置所なんで、当然、死体自体は腐乱してる。そんなイメージで読み解きましょう。

  • 何と嫌な汚穢きたない国に来てしまったことだ。

→目視確認からの価値判断。つまり、黄泉は嫌で汚れて穢れてる国なんだと。それまでは分からなかったんですが、ココで初めてわかる仕掛け。そう、黄泉は穢れてるんだ。だから清めないと、で、筑紫国での禊祓みそぎはらえにつながっていく

あとは、「国」として認識されてるってこと。それまでは「黄泉」といったふわっとした表現だったのが、ココで初めて「国」レベルの世界だったってことが判明するんです。

  • 泉津醜女よもつしこめ(一説では泉津日狭女よもつひさめと言う)八人を遣わし、追い留めようとした。

→スゴイ漢字です。「醜い女」て、、、でも見た目で判断してはいけません。

当時の考えでは、例えば防人さきもりのうたう「しこ御楯みたて」をチェック。

今日けふよりは 顧みなくて 大君おほきみの しこ御楯みたてと で立つ我は」(万葉集 4373番)

この「しこ御楯みたて」のように、しこ」が相手にとっては強力無比の猛威となる考え方。実際そういうとこもあるだろう。なので、単に「醜い女」だね怖いね、っていうことじゃないんすよ。要注意。

「八」は多いという意味、八人がどうのではなく、たくさんの猛女、といったイメージで理解。伊弉冉尊、そうは言っても「神世七代」ジェネレーションですから。尊い神なんす。猛女をどんだけ多く従えててもなんら不思議ではございません。

  • 伊弉諾尊はすでに泉津平坂よもつひらさかに至っていた。

この世とあの世(黄泉)との境界が「泉津平坂よもつひらさか。要は、さかであり、さかいなんす。この坂(境)を隔てて、向こうがあの世(黄泉)こちらがこの世。本件、後ほど再度深掘りします。

ということで、

『日本書紀』版の黄泉世界、いかがでしたでしょうか?

特徴的なところをまとめてみると、

  • この世界とあの世(黄泉)はつながっていた。境界は泉津平坂。
  • 黄泉世界は、お互いの姿を確認できる「この世界と変わりない明るさ」があった。
  • 黄泉世界は、この世界とは非対称。こちらからは見えなくても、あちらではお見通し。
  • 黄泉では、煮炊きした物を食べる。食べた者は「黄泉の神」となって元の世界には戻れない。
  • 黄泉の神(異類)の課した見るなのタブーを破り、その本質を見てしまう。これはこれで必然的な別れが存在。
  • 黄泉は、死神とその腐乱した屍体によって汚れて穢れた国である。
  • 尊貴な存在にはお付きの者が付く。ただし見た目はとても醜い。いや、猛烈な感じ。。。

といった感じ。『日本書紀』版の黄泉世界ということで、まずチェック。

 

『古事記』版「黄泉国」

続いて『古事記』版の「黄泉」です。

大筋は同じなのですが、ところどころ違いがある。

最大の違いは「国」として明確に位置づけられてる事。「黄泉の国」。

もう、国なわけで。当然、というか、前提的に、

  • 統治者がいて
  • 国民としての生活がある
  • 軍隊もある

といった設定になっていきます。言葉一つなんですが大きな違い。早速現場をどうぞ。

 是に、其のいも伊邪那美命をその目で見ようとおもって、黄泉国よみのくにに追っていった。

 そうして、伊邪那美命いざなみのみことが)御殿の戸口から出て迎えた時、伊邪那岐命は語らひ「うつくしき我が妹のみこといましと作った国は、未だ作りえていない。だから還ろう。」と仰せになった。

 ここに伊邪那美命は答えて「残念なことです。早くいらっしゃらなくて。吾は黄泉戸喫よもつへぐひをしてしまいました。けれども、愛しき我が夫様よ、この国に入り来られた事は恐れ多いことです。なので、還ろうと欲いますが、しばら黄泉神よもつかみと相談します。を絶対に見ないでください。」と申し上げた。

 このようにまをして其の殿の内に還り入った間、とても長くて待ち切れなくなった。そこで、左の御美豆良みみづらに刺している湯津爪櫛ゆつつまぐし男柱をばしら一箇を取り折って、一つ火を灯して入り、ご覧になったところ、蛆がたかってごろごろ音をたて、かしらには大雷おほいかづちり、胸には火雷ほのいかづちが居り、腹には黒雷くろいかづちが居り、ほとには拆雷さくいかづちが居り、左の手には若雷わかいかづちが居り、右の手には土雷つちいかづちが居り、左の足には鳴雷なりいかづちが居り、右の足には伏雷ふしいかづちが居り、あはせて八の雷神いかづちがみが成り居た。

 是に伊邪那岐命、見畏みかしこみて逃げ還る時、其の妹伊邪那美命が、「に辱をかかせましたね。」と言って、即ち豫母都志許賣よもつしこめを遣わして追わせた。爾に伊邪那岐命、黒御縵くろみかづらを取って投げ棄てれば、乃ちえびかづらった。(豫母都志許賣よもつしこめが)是をひろってむ間に、逃げ行くのを、なおも追ってくる。また、其の右の御美豆良に刺せる湯津爪櫛を引き折って投げ棄てれば、乃ちたけのこが生えた。(豫母都志許賣よもつしこめが)是を拔き食む間に、逃げて行った。また、その後には、八くさの雷神に、千五百ちいほ黄泉軍よもついくさえて追わせた。そこで身に帯びていた十拳劒とつかのつるぎを拔いて、後手しりえでに振りながら逃げ来るのを、なおも追いかけて、黄泉比良坂よもつひらさか坂本さかもとに到った時、其の坂本に在る桃子もものみ三箇を取って、待ち撃ったところ、ことごとに逃げ返った。そこで伊邪那岐命は、其の桃子もものみに「なれ、吾を助けたように、葦原中国あしはらのなかつくにに生きているあらゆる青人草あをひとくさ(人民)が苦しい目にあってうれい困る時に助けるがよい。」と告げて、意富加牟豆美命おほかむづみのみことという名を授けた。

 最後いやはてに、其の妹伊邪那美命が身自みづから追って来た。ここに千引ちびきいはを其の黄泉比良坂よもつひらさかに引きふさいで、其の石を中に置きて、各対おのおのむかい立って、事戸ことどを度す(離縁を言い渡す)時、伊邪那美命が「うつくしき我が夫よ、このように離縁されるならば、いましの国の人草、一日に千人くびり殺しましょう。」と言った。ここに伊邪那岐命は「愛しき我が妻の命よ、汝がそのようにするならば、吾、一日に千五百の産屋うぶやを立てよう。」と詔された。是をもって、一日に必ず千人ちたり死に、一日に必ず千五百人ちいほたり生まれるのである。ゆえに、其の伊邪那美命をなづけて黄泉津大神よもつおおかみという。また言うには、其の追って来たのをもって道敷大神ちしきのおおかみというと伝える。また、其の黄泉の坂に塞いだ石は、道反之大神ちかえしのおおかみと名付け、また塞り黄泉戸大神よみどのおおかみともいう。故に、其のいわゆる黄泉比良坂は、今、出雲国の伊賦夜坂いふやさかという。

ということで、こちらも詳細を確認。

  • 黄泉国よみのくにに追っていった。

→『日本書紀』版と同様の設定。死者を追っていくと繋がってるので辿り着ける。

  • 伊邪那美命いざなみのみことが)御殿の戸口から出て迎えた時

→御殿あり。この御殿は『古事記』では、異界を象徴するものです。

この象徴する建物、じつは異界によってさまざまだったりして。

  • 黄泉・・・殿
  • 根国・・・室
  • 海神国・・・魚鱗のごと造れる客室

この黄泉国の「殿」は、志怪小説の世界を反映。街があり、役所があり、貴人の住む住居が「殿」です。もちろん、従者も大勢いるらしい、

  • 残念なことです。早くいらっしゃらなくて。吾は黄泉戸喫よもつへぐひをしてしまいました。

→コチラも『日本書紀』版黄泉と同じ設定。元夫なんで、黄泉の住人にはなってしまったが、愛情にはいささかも変化無し。後に夫が離絶を宣告(事戸を渡す)する展開に、布石として位置。重い意味があります。

  • 黄泉神よもつかみと相談します。

→「還ろう」という旦那の誘いに対して「黄泉神に相談します」との回答。元の世界に還るには相談、そして許可が必要だってことですよね。めっちゃオモロー!な世界観です。

ここには統治者がいる。その統治者とは「黄泉神」であり、黄泉の長官。後で解説しますが、その原型は「泰山府君」。唐代以降「裁き」が追加されて「閻魔大王」になっていくお話。だからこそ、統治ルール上、黄泉国を出るときには長官の許可が必要という事。国としての世界観設定をチェックです。

  • 殿の内に還り入った ~中略~ 蛆がたかってごろごろ音をたて~

→この辺りは『日本書紀』版黄泉と大きく異なりますね。「殿」の内に伊邪那美命が入っていく訳で、この「殿」が殯宮に相当、屍体の安置所がイメージ。実際に『日本書紀』では一書第9で殯の伝承をつたえています。

まースゴイ世界観。ほぼ真っ暗ななかで蛆がごろごろと音を立てるくらい這いまわる、しかも雷の神まで生まれている。。。なんて恐ろしいんだ!

  • 見畏みかしこみて逃げ還る

『古事記』版は、『日本書紀』版と比べると黄泉国での目視確認におけるきたなさや穢れ表現は、その数は少ないものの、内容的には強調してます。一言「見畏みて」だけなんだけど、コレ結構大事な強調ワードなんす。

類例として。降臨した天孫「瓊瓊杵尊」に大山津見神が献上した女の石長比売を、天孫は「甚凶醜に因りて、見畏みて返し送りき」と「つき返し」ています。これにより、石長比売のもつ「不動の生命」をもたらす呪力を獲得できなかった。その呪力こそ、醜の醜たる所以だったわけです。それだけに、「見畏」には、畏怖嫌厭の情が伴うのです。より強烈という根拠ですね。

  • 豫母都志許賣よもつしこめを遣はして追わしめた。~中略~ 八くさの雷神に、千五百ちいほ黄泉軍よもついくさて追わしめた。

→『日本書紀』版と比べると、雷神と黄泉軍が増えてる。。。しかも「黄泉軍」て。。。汗

何度も申し上げますが「黄泉国」ですから。領域、人民、主権(統治者)があって、それらを守る軍隊が存在するのは当然といった感じ。

  • 黄泉比良坂よもつひらさか坂本さかもとに到った時、其の坂本に在る桃子もものみ三箇を取って、待ち撃ったところ、ことごとに逃げ返った。

→『日本書紀』版は「泉津平坂」。表記はいずれにしても、この世とあの世の境界として坂が設定されてます。この坂は『日本書紀』の本伝を残したもの。

さらに、〔一書9〕では、坂の代わりに「道の辺に大きなる桃樹有り」と伝え、この桃の実を、追ってきた雷に投げて退散させます。直後に「此れ、桃を用ちて鬼をやらふ縁なり」と付け加えてる。つまり、この起源を、桃に対して「すべての人民を救え」と物語的に立て直しているのが古事記の伝承。

  • 千引ちびきいはを其の黄泉比良坂よもつひらさかに引きふさいで

→『日本書紀』版も「千人所引磐石」。千人がかりで引っ張るくらい巨大な岩です。「石」って書いてあるけど。。。石レベルの話ではございません。

ということで、『古事記』版黄泉国のお話でした。

特徴的な所をまとめておきます。

  • 『紀』同様。この世界とあの世(黄泉)はつながっていた。境界は「黄泉比良坂」。
  • 『紀』同様。「黄泉戸喫」という黄泉の食べ物もあり。生活アリ。
  • 『紀』同様。見るなのタブーを異類の女神が課し、その本質を、この世の男神が見ることによって別離に至る。
  • 『紀』同様。尊貴な存在にはお付きの者が付く。さらに、雷神と黄泉軍が漏れなく追加。
  • 黄泉国は、国として成り立っている。国の体制上、役所あり、役所には長官=統治者がいて、統治ルールがある。ここでいう「統治者」とは「黄泉神」。黄泉国を出るときには長官への相談と許可が必要

といった感じ。

全体的に『日本書紀』をベースに、「国」としてのカタチが追加されてるイメージですね。

 

黄泉の国/黄泉の世界観まとめ

ということで、

以上の『日本書紀』版「黄泉」、『古事記』版「黄泉国」をチェックしたところで、
まとめとして、両書に共通するところで黄泉世界や構造をまとめておきます。

まず言えるのは、

  • この世界とあの世(黄泉)はつながっていた。境界は「泉津平坂(黄泉比良坂)」。
  • 黄泉世界は、お互いの姿を確認できる「この世界と変わりない明るさ」があった。
  • 黄泉世界は、この世界とは非対称。こちらからは見えなくても、あちらではお見通し。
  • 黄泉では、黄泉の食べ物を食べる。「泉之竈(黄泉戸喫)」。食べた者は「黄泉の神」となって元の世界には戻れない。
  • 黄泉の神(異類)の課した見るなのタブーを破り、その本質を見てしまう。これはこれで必然的な別れが存在。
  • 黄泉は、死神とその腐乱した屍体によって汚れて穢れた国である。
  • 尊貴な存在にはお付きの者が付く。ただし見た目はとても醜い。。。いや、猛烈である(雷神と黄泉軍の追加もあり)

といったこと。

からの、『古事記』独特の世界観として

  • 黄泉国は、国として成り立っている。国の体制上、役所あり、役所には長官=統治者がいて、統治ルールがある。ここでいう「統治者」とは「黄泉神」。黄泉国を出るときには長官への相談と許可が必要

といった内容追加がある訳ですね。

古事記は出雲神話として素戔嗚関連の伝承を膨らませたい思惑があるので、自然、伊奘冉はフツーに黄泉の神として死を司ってるよ感を出したかったんでしょうな。

 

「黄泉の国/黄泉」はどっから来た?その語源を探る

「黄泉の国/黄泉」の現場、いかがでしたでしょうか?

無事帰還されてホッとしてるところです。で、『日本書紀』版「黄泉」や『古事記』版「黄泉国」の共通するところ・違う所、世界構造も含めてチェックできたところで、ココからは、じゃ、それどっから来たのよ?ってところをお届け。

題して、

「黄泉の国/黄泉」はどっから来た?その語源を探る

改めて、厳密にいうと、「黄泉の国」と「黄泉」とは違います。

その違いは、「国」の概念が入ってるかどうか。

「黄泉の国」は国だけど、
「黄泉」は国というより地下世界といった意味。

「国」ってことは、統治者がいるいないにも関わる話で。日本神話的には超重要事項。「国」という一語なんですが、ある・ないだけで、結構大きな違いになってくるのです。

で、

「黄泉の国」と「黄泉」。
もともとは「黄泉」。それが先ほど確認したように、神話の中で「国」化されて「黄泉の国」になっていく流れ。

なので、

まずは「黄泉」の語源を辿ってみましょう。

最初にご紹介するのは『春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん』という注釈書。このなかに「黄泉よみ」の語源あり。『春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん』は、中国の歴史書『春秋』の注釈書の1つ。通称『左伝』と呼ばれる書物です。

と、突然の漢籍登場。。。唐突な印象があるかと思いますが、コレ、日本神話編纂へんさん当時の時代背景によるもの。

簡単に言うと、
日本神話は、その編纂当時における東アジア最先端知識・学問体系をもとに創出された経緯があるので、「黄泉」の語源を探るにも、当時の知識人が読んでいた漢籍を調べる必要があるって事。漢字という文字の輸入だってそうです。一つ一つが漢籍由来。

ということで、コチラ!

地中ノ泉 故二 黄泉ト 曰フ」(『春秋左氏伝』隠公元年の杜預注より)

と。

「地中の泉だから黄泉という」

 

って、、、

だから何やねん、、、

と、いうことでしっかり解説。

ポイントは2つ。

  • 黄泉の語源は「五行思想」から。五行では、中央は「黄」。黄土高原が原点。黄土高原は、古代中国において国が生まれ文明が発達した原点的な位置づけ。で、中央の地下には泉が湧き出ているとされてる。だから「黄泉こうせん」。
  • 五行思想における「黄泉こうせん」には、地下世界・死者の世界といった意味あり。

「五行思想」もそうですが、えきなんすよね。そもそもの出どころは。紀元前という、めちゃんこ古いお話です。

もっと言うと、中国古代の易的な思想では、

「魂気は天に帰し、形魄は地に帰す」(『礼記』郊特牲より)

と、人には陰陽2つの気があり、

  • 陽の気「こん」は、人の精神をつかさどる
  • 陰の気「はく」は、人の肉体をつかさどる

とされてました。で、人が死ぬと、「魂」は肉体を離れて天にのぼり、「魄」は地に残り帰っていくんだと。

ちなみに、このめちゃんこ古代においては、生と死の境も明確ではなかったため、
仮死も死とみなし蘇生をはかる、つまり魂を呼びもどす「復」という儀礼、習俗が広く行われてたり。

「復」は死者の家の屋根にのぼり、その名を三度読んで袖に魂を呼び戻して入れる、というもの。屋根で招魂するのは天にのぼっていく概念から。

さらにちなみに、童謡「ほたるこい」に、「ほー、ほー、蛍来い、あっちの水は苦いぞ、こっちの水は甘いぞ」という蛍狩りの歌詞がありますが、コレ、「復」などの招魂に基づくとみなす説もあり。こうした招魂歌が東南アジアに広く分布しているという説さえあるほどです。

ふわふわ浮かぶ蛍を魂とみなす、

これはこれで、この考えを「恋に悶え死ぬ苦しみ」として熱く歌ったのが、あの和泉式部。

「ものへは さはの蛍も わが身より あくがれ出づる たまかとぞ見る」(後拾遺集)

あなたが恋しくて思い悩んでいると、沢に飛んでいる蛍も、自分の身体からさ迷い出てきた魂なんじゃないかと思うわ

という歌だったりします。

と、中国古代の死生観からの日本の和歌へのつながり、時間と距離を飛び越えまくって繋がってくロマン発生地帯。

話を戻します。

黄泉こうせん」の語源。それは五行説にあり、中央の地下の泉のこと。地下世界、死者の世界といった意味あり。

ということで、まずはチェックです。

 

「黄泉の国/黄泉」の世界観とその原点

黄泉こうせん」という言葉自体は「五行思想」から来てること、確認しました。

次にご紹介するのは、日本神話につながる、死者の世界の世界観。ちょっと表現がくどいけど。

言葉をゲットした後は、その言葉に肉付けする作業ですよね。

「五行思想」に語源をもつ「黄泉こうせん」自体には、あんまり世界観ってなくて。地下にある死者の世界、といった程度。

これとは別にあるのが、「泰山たいざん思想」。古代中国の道教的死生観であり、市民レベルで普及していた一般的な思想、信仰です。

この「泰山たいざん思想」には

泰山=死者が行くところ
という思想・信仰がありました。

死んだら泰山に行くんだと。

で、面白いのは、死者が向かった先の泰山には、「泰山府君たいざんふくん」という、病気や寿命、死後の世界の事など、生死に関わること全般を司る神がいる、ってこと。

さらに、ココ泰山では、

  • 統治者「泰山府君たいざんふくん」を頂点とする役所があり、
  • 死者は、死後もフツーに死者としての生活を続けていく
  • 現世で善い行い→良い生活 悪い行い→苦役を受ける

と、まー、そういう世界観が展開されているのです。ね、日本の「黄泉の国」と近い感じがしてきたでしょ?

五行説の「黄泉」と比べて、「泰山たいざん思想」の死生観の方が豊かでオモロー!ですよね。現実感があるというか。

ちなみに、中国ではこの「泰山思想」に「仏教」が混ざることで様々な展開をみせるようになります。し、それがまた日本に輸入される流れ。

現世で善い行い→良い生活 悪い行い→苦役を受ける は、輪廻の話に、
また、「泰山府君たいざんふくん」は唐代以後「裁き」が追加されることで「閻魔大王えんまだいおう」になっていく。

これが遣唐使など大陸交流を通じて日本へ伝わり、例えば、平安初期、僧の景戒が撰した『日本霊異記にほんりょういき』には「忽然たちまちに死して閻魔えんまの国に至る」といった感じで登場するようになるわけです。

話を戻します。

古代中国の道教的死生観であり、市民レベルで普及していた一般的な思想、信仰である「泰山たいざん思想」。これも日本神話に影響を与えてるコンテンツ。

その特徴とは、

  • 統治者「泰山府君たいざんふくん」を頂点とする役所があり、
  • 死者は、死後もフツーに死者としての生活を続けていく
  • 現世で善い行い→良い生活 悪い行い→苦役を受ける

といった内容。

特に、統治者を頂点とする役所の存在や、死後もフツーに死者としての生活が続く、といった世界観は『古事記』版黄泉の国に色濃く反映されてたりするわけです。

 

「黄泉の国/黄泉」神話の、物語としての枠組み。その原点は志怪小説

言葉をゲットした、その言葉に肉付けもした、さー最後にするのは物語としての構築です。

もとは五行説の「黄泉」。ここに泰山思想の世界観を導入して肉付け。あとは、神話の中に物語として組み込んでいくだけですね。

ということで登場するのが「志怪小説」。怪談奇談集です。

これ、中国の伝統みたいなもので、あちらのお方はこういう怪談奇談が大好き。

例えば、1つめの、亡き妻を求めて冥界に行く男の話では、ポイントは4つで

  • 死者のいる異界(冥界)がある
  • 異界との往復ができる
  • 異界で死者と再会する
  • 異界には「掟(タブー)」がある

と。いうことで、

この枠組み、まさに日本神話の黄泉往来譚そのもの。

日本神話っぽく修正してみると、、、

  1. 死者(伊弉冉尊いざなみのみこと)のいる異界(黄泉よみ)がある
  2. 黄泉との往復ができる。実際、生者(伊弉諾尊)は死者(伊弉冉尊)を追いかけて黄泉へ行く
  3. 異界で死者と再会する。伊弉諾尊と伊弉冉尊は共に語り合う。あのころのように、、、
  4. 異界には「掟(タブー)」がある。伊弉冉尊が「見るなの禁」を科す。ところが見てしまう。。。

と。

志怪小説の「冥界往復譚」の枠組みをもとに男と女のドラマや、生と死の断絶やらを盛り込んでつくられたのが日本神話の「黄泉往復譚」。という事。

ここにおいて、黄泉は「死者の活動する異界」という一つの独立した世界を構成するに至った訳ですね。

 

おまけ:「黄泉の国/黄泉」は横穴式古墳がモデル??

言葉をゲットし、言葉に肉付け、最後に物語として構築する。

そんな流れを確認してきましたが、実は、もう一つ「黄泉の国/黄泉」神話のモデルになったんじゃないかと言われてる説をご紹介。

それが、

古墳。特に横穴式古墳。

いきなり何なんですか?

って、、、

だけど、似てるんすよ。黄泉世界の描かれ方と。

なので、

早速パワポで作ってみた。

コチラ。横穴式古墳の断面図。

どうすか!?

坂道、羨道、玄室の構造と、黄泉往来譚の描写がソックリやん!?

坂道=泉津平坂(黄泉比良坂)、羨道=伊弉諾尊が逃げ帰った道、玄室=黄泉世界、、、

コレはなかなかどうして、見過ごせない説かと。。。

さらにさらにご紹介。

古代においては、
死ぬと、黄泉よみへつづく道「冥道よみぢ」を行く、といった考えがありました。

『万葉集』山上憶良の歌に、そうした世界観が歌われています。

幼いわが子(名は古日ふるひ)を亡くした悲しみを歌う内容。

若ければ 道行き知らじ まひはせむ したへの使ひ 負ひて通らせ (905番)

冥界への道をひとり行くわが子を、「したへの使い(亡者を導く冥吏)」に賄賂を贈るから背負って通らせてくれと懇願する歌です。

常しらぬ 道の長手ながてを くれくれと いかにか行かむ かりてはなしに (888番)

冥界の長くどこまでも続く暗い道を行くさまをいいます。

と、いずれも、死んだわが子が一人「冥道よみぢ」を行かねばならぬ事への、親の切実な気持ちが歌われています。

冥道よみぢ」。黄泉の国、黄泉へ続く道。
こうした死後の世界観も黄泉譚に反映されているわけですね。もちろん、志怪小説の描く死後世界にも通じてます。

って考えると、まさに組み合わせの妙、それが黄泉譚で。ホント良くできてるしスゴイよね。古代日本人の創意工夫。元ネタや、着想のヒントはあっても、それをそのまま使うってことはしない。組み合わせて、広げて、豊かにして再構成。結果的にまったく別物、それはそれまであったものを遥かにしのぐクオリティになってる。スゴイです。

 

黄泉の国、黄泉譚の最終的な帰結

そんなこんなでお届けしてきました黄泉のお話。黄泉譚!

ふーん、というのは分かるとして、
結局何が言いたいの?
なんで黄泉往復の話なんかがある訳?っていう根本のところを最後に解説。

2つ。

1つ目。黄泉譚を通じて、

死の世界は、生の世界から
完全かつ不可逆的に遮断された

ってこと。

つまり、死者の黄泉からの帰還とか、往来とかあり得ない!って事。

そして2つ目。

生は死に対して優位である

黄泉世界を統治する伊弉冉尊いざなみのみことに対して伊弉諾尊が「絶妻の誓」を宣言し、さらに死に対して生の優位を告げた訳です。1500 VS 1000 の構図。

この2点が伝えたい。最終的に理解してもらいたいのはココ。コレだけでOK!

死の世界は、生の世界から
完全かつ不可逆的に遮断された

生は死に対して優位である

  • 生・・・伊弉諾いざなき
  • 死・・・伊弉冉いざなみ

で、この生と死の担当分けは、その後の
素戔嗚尊の反抗であったり、東征神話での試練だったり、といったところへ繋がっていきます。

ま、コレはこれで今後詳しく解説していきますね。

 

まとめ

黄泉の国ってどんなとこ?

黄泉よみ」とは、死者の住む所、あの世の事。

日本神話では、火神に焼かれた伊弉冉尊いざなみのみことが死んで行く場所(世界)として登場。神話世界で設定されてるいくつかの「異界」の中の一つです。

『日本書紀』版「黄泉」、『古事記』版「黄泉国」があり、両書に共通するところでは、

  • この世界とあの世(黄泉)はつながっていた。境界は「泉津平坂(黄泉比良坂)」。
  • 黄泉世界は、お互いの姿を確認できる「この世界と変わりない明るさ」があった。
  • 黄泉世界は、この世界とは非対称。こちらからは見えなくても、あちらではお見通し。
  • 黄泉では、黄泉の食べ物を食べる。「泉之竈(黄泉戸喫)」。食べた者は「黄泉の神」となって元の世界には戻れない。
  • 黄泉の神(異類)の課した見るなのタブーを破り、その本質を見てしまう。これはこれで必然的な別れが存在。
  • 黄泉は、死神とその腐乱した屍体によって汚れて穢れた国である。
  • 尊貴な存在にはお付きの者が付く。ただし見た目はとても醜い。。。いや、猛烈である(雷神と黄泉軍の追加もあり)

といった世界観。

さらに、『古事記』独特の世界観として

  • 黄泉国は、国として成り立っている。国の体制上、役所あり、役所には長官=統治者がいて、統治ルールがある。ここでいう「統治者」とは「黄泉神」。黄泉国を出るときには長官への相談と許可が必要

といった内容があります。

最終的に伝えたいのは、

  • 死の世界は、生の世界から完全かつ不可逆的に遮断された
  • 生は死に対して優位である

って事。この2点。しっかりチェックされてください。

 

黄泉国/黄泉関連の伝承地

神話を持って旅に出よう!!!おススメ伝承地はコチラ!

 

本シリーズの目次はコチラ!

『日本書紀』とは?『日本書紀』が伝える日本神話を分かりやすく解説!

05/06/2019

日本神話とは

天地開闢とは?『日本書紀』『古事記』が伝える日本神話的天地開闢の全てを語ろうと思う

01/07/2016

本記事監修:(一社)日本神話協会理事長、佛教大学名誉教授 榎本福寿氏
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他