猿田彦大神とは?鼻は七咫、背丈は七尋、口や尻が光り、眼は赤く照り輝く異形の神。日本神話をもとに猿田彦大神を分かりやすく解説します。

 

 

『日本書紀』では猿田彦命、『古事記』では猿田毘古神、猿田毘古大神、猿田毘古之男神と表記。

天孫降臨で登場。天照大御神に遣わされた邇邇芸命(ににぎのみこと)を道案内した神で、伊勢国五十鈴川のほとりに鎮座したとされる。

 

猿田彦大神とは?鼻は七咫、背丈は七尋、口や尻が光り、眼は赤く照り輝く異形の神。日本神話をもとに猿田彦大神を分かりやすく解説します。

こういう次第で皇孫が降ろうとしている間に、先駆の者が引き返してきて、「一人の神がいます。天八達之衞あまのやちまたにいます。その鼻の長さは七咫ななあた、座高は七尺ななさかあまり、身長はまさに七尋ななひろと言うべきでしょう。また口や尻が明るく光っています。眼は八咫鏡のようで、照り輝いているさまは赤い酸漿ほおずきのようです。」と言った。そこでお供の神を遣わして、行って尋ねさせた。その時、八十萬神やそよろづのかみであったが、だれも皆、眼力で相手を圧倒して尋ねることができなかった。そこで特に天鈿女あめのうずめ命に勅して、「汝は眼力が勝れ相手を威圧する力をもっている。行って尋ねてきなさい。」と命じた。天鈿女命はその胸乳をあらわにし、裳の紐をへその下に押し垂らして、呵々大笑して向かい立った。そのとき、衢神ちまたのかみが尋ねて、「天鈿女よ、汝がそうするのはどういう理由からか。」と言う。天鈿女は答えて「天照大神あまてらすおおかみの御子が進む道に、このように立ちふさいでいるお前こそ誰だ。反対に尋ねたい。」と答えた。衢神は、「天照大神あまてらすおおかみの御子が今、降臨すると聞いた。それで、お迎えしようと待っているのだ。私の名は猿田彦さるたびこ大神だ。」と言った。そこで天鈿女命が再び、「汝が私を先導するか、それとも私が汝より先に行くか。」と尋ねると、「私が先に立ってご案内しよう。」と言った。天鈿女命がさらに、「汝はどこへ行こうというのか、皇孫はどこに着くことになるのか。」と尋ねると、「天神の御子は、筑紫の日向ひむか高千穂串触之峯たかちほのくじふるのたけに着くだろう。私は伊勢の狭長田さなだ五十鈴川いすずのかはの川のほとりに着くことになる。」と答え、そして、「私を世に現出せしめたのは汝である。だから、汝は私を送り届けるべきだろう。」と言った。

天鈿女命は天に還って報告をした。そこで、皇孫は天磐座あめのいはくらを押し離し、天の幾重もの雲を押し分け、威風堂々とよい道を選り分け選り分けて天降った。はたして、先の約束通り、皇孫は筑紫の日向の高千穂串触之峯に辿り着いた。

その猿田彦神は伊勢の狭長田の五十鈴川の川のほとりに着き、天鈿女命は猿田彦神の願い通り、ついに伊勢まで送っていった。そのとき、皇孫は天鈿女命に勅して、「汝が世に現出せしめた神の名を姓氏うぢとせよ。」と言った。これによって猿女君さるめのきみの名を賜った。それで猿女君らの男女は皆、相手を「君」と呼ぶ。これがその由縁である。

 


朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義のご案内

白熱講義! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っています。 この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。7/30, 8/27, 9/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他