『古事記』序|現代語訳と原文|まずはココから読め!?太安萬侶が上表した『古事記』序文を分かりやすく解説!

『古事記』序

 

多彩で豊かな日本神話にほんしんわの世界へようこそ!

日本最古の書『古事記こじき』をもとに、
最新の文献学的学術成果も取り入れながら、どこよりも分かりやすい解説をお届けします。

今回は、、

『古事記』序

現代語訳と分かりやすい解説付きでお届け。

『古事記』神話を読むとき、多くの場合、「序」を読まずに 「本文」に入ると思いますが、これは正しい読み方ではありません。実は、『古事記』の編者である太安萬侶おおのやすまろは、わざわざ巻頭に序文をつけてるんです。

今回は、その辺りの理由を、内容も含めて分かりやすく、ディープに解説していきます。

 

『古事記』序|現代語訳と原文|まずはココから読め!?太安萬侶が上表した『古事記』序文を分かりやすく解説!

『古事記』序とは?

『古事記』の「序」とは、太安萬侶おおのやすまろが、元明天皇に言上した上表文。『古事記』の序文として、上巻「本文」の直前にあります。

『古事記』一番最初、開巻第一行は「序」から始まり、そのまま「本文」に入る、という流れ。

『古事記』を読むとき、「序」を読まずに 「本文」から入ることが多いと思いますが、これは正しい読み方ではありません!

実は、『古事記』の編者である太安萬侶おおのやすまろは、わざわざ、あえて、狙いを持って、巻頭に序文をつけてます。

真福寺本『古事記』

引用:国立国会図書館デジタルコレクションより。現存最古の真福寺本『古事記』冒頭箇所

 

『古事記』の巻頭、第一行は「古事記上巻井序」と記していて、これにより、

  1. 書名が『古事記』であること
  2. 上巻に「序」が井せられていること

が分かるようになってます。そう、『古事記』の書名は、実は序文冒頭の言葉から来てるんですね。

上巻かみつまき 序をあわす(上巻井序)」としてるのがポイントで。

例えば、「序」は、『古事記』編纂の経緯や目的だけでなく、今日こんにちでは一般に学術書が巻頭に掲げる「凡例」に相当する箇所として、本文の表記法、注記の原則等を明らかにしてます。

で、コレ、実際に確認してみると、この「序」の原則と「本文」とはしっかり対応しあってる。つまり、『古事記』の「序」と「本文」は、一体不可分の関係にあることが分かるんです。

また、

応安4・5年(1371・2年) 書写の、現存最古の真福寺本『古事記』では、「序」の末尾の署名からそのまま「本文」が続いており、改丁かいちょう(ページを改めること)どころか改行もしてない。

でも、この形式なら、「序」を省略してすぐ 「本文」に入ることは防げますよね。そうした配慮があったんじゃないかと感じられるほど「序」は大切だったりするんです。

ということで、

「序」は、飾り物としてあとから付けられたものではなく、なんなら、まず「序」から読んでほしい!これを読まないと「本文」が読みにくいし、正しい理解もしにくいぜ、と。そういう注意をするために、わざわざ巻頭にある。ココ、しっかりチェック。

そんな『古事記』序ですが、大きく3つのパートから成ってます。

  1. 『古事記』の要約
  2. 天武天皇の業績と『古事記』編纂経緯
  3. 元明天皇の業績と『古事記』記述方法

ということで、

序文の位置付けと重要性、流れをチェックした上で、以下、順にお届けしていきます。

 

『古事記』序 ①『古事記』の要約

最初のパートは、『古事記』の要約です。天地初発から国土や神々の誕生を経て天皇の時代へ。崇神天皇や仁徳天皇の業績を讃えながら、人間の正道が絶えず続くように政治を行なってきたとしています。

古き事を記す 上巻かみつまき 序をあわ

臣、安萬侶やすまろが申し上げます。

そもそも、混沌とした宇宙万物のもととなる気がすでに凝り固まりましたが、気が生み出す現象はいまだ現れておらず、その名もなく働きもなく、誰もその原始の形を知りませんでした。しかし、乾坤(天と地)が初めて分かれ、三柱みはしらの神が創造のはじめとなり、陰陽(男と女)がここに開かれ、二柱の神(伊邪那岐命と伊邪那美命)が万物のおやとなりました。

こういうわけで、幽顕(見えない世界・幽冥・死者の世界と、見える世界・生の世界)に出入りして日(天照大御神)と月(月読命)が目を洗ったことにより現れ、神々が海に浮き沈みして身を洗ったことにより現れました

このような次第で、太素(天地万物の初め)は奥深く暗くてはっきりしないのですが、古い伝承によりくにを孕み嶋を産んだ時を知りました。また、元祖(天地万物の初め)は遥かに遠いのですが、先代の聖人の伝えにより神を生み人を立てた時を知りました。

まことに、次のことが分かります。

鏡を懸け珠を吐き、数えきれないほど多くの王(天皇)が皇統を継ぎ、剣をみ大蛇を切ってよろずの神々が繁栄したのです。そして、安河やすのかわ(高天原にある川)ではかり、天下あめのしたを平らげ、小浜おばま(稲佐の浜)であげつらい国土がすっきりしたのです。

これによって、番仁岐命ほのににぎのみことが初めて高千穂の嶺に降り、神倭かむやまと天皇すめらみことは秋津島(日本)を巡歴されました。化した熊が川を出て、天剣あまのつるぎ高倉たかくらじに得させ、尾の生えたものたち(吉野の先住民)が道をさえぎり、大烏(八咫烏)が吉野に導き、舞を列ねて賊を討ち払い、歌を聞きあだを平伏させました。

すなわち、夢のお告げにより神祇を敬祭し、賢后けんごうと申します(崇神天皇)。煙をのぞみ見て人民をいとおしみ、今に聖帝と伝えています(仁徳天皇)。国郡の境を定め国を開いて近淡海ちかつおうみ(琵琶湖)で制度をおさめられました(成務天皇)。かばねを正しうじを選んで遠い飛鳥で整えられました(允恭天皇)。

歴代天皇の政治には緩急があり、華美と素朴の違いはありましたが、過去を振り返り、風教と道徳がすでに崩れているのを正しくし、現今の情勢を見定めて、人間の正道が絶えようとするのを補強しないことはありませんでした。

古事記上卷幷序

臣安萬侶言。夫、混元既凝、氣象未效、無名無爲、誰知其形。然、乾坤初分、參神作造化之首、陰陽斯開、二靈爲群品之祖。所以、出入幽顯、日月彰於洗目、浮沈海水、神祇呈於滌身。故、太素杳冥、因本教而識孕土產嶋之時、元始綿邈、頼先聖而察生神立人之世。寔知、懸鏡吐珠而百王相續、喫劒切蛇、以萬神蕃息與。議安河而平天下、論小濱而淸國土。

是以、番仁岐命、初降于高千嶺、神倭天皇、經歷于秋津嶋。化熊出川、天劒獲於高倉、生尾遮徑、大烏導於吉野、列儛攘賊、聞歌伏仇。卽、覺夢而敬神祇、所以稱賢后。望烟而撫黎元、於今傳聖帝。定境開邦、制于近淡海、正姓撰氏、勒于遠飛鳥。雖步驟各異文質不同、莫不稽古以繩風猷於既頽・照今以補典教於欲絶。

 

『古事記』序 ②天武天皇の業績と『古事記』編纂経緯

2つ目のパートは、第40代天武天皇の時代。

なぜ、天武天皇なのかというと、『古事記』や『日本書紀』といった歴史書編纂事業が開始されたのが天武天皇の御世だったから。壬申の乱により超絶パワーをゲットし、神とも称された天武天皇、その業績を中心に『古事記』編纂経緯を伝えます。

飛鳥の清原の大宮に、大八州おおやしまを統治された天皇の御世に至って、水底に潜み未だ雲を起こさない龍は天子の資質を備えられ、たびたび轟く雷鳴は好機に乗じて行動を起こされました。(濳龍、洊雷いずれも、天武天皇が皇太子の頃のことをいう。以下、皇子=大海人皇子のこと)

(天智天皇崩御の際に歌われた)夢の歌を占いで解き、天業を継ぐことを思われ、夜の水に到って基業(皇位)を継承することをお知りになったのです。

しかし、天運の開ける時がいまだ到来せず、セミのように南山(吉野山)にもぬけられましたが、皇子に心を寄せる人たちが多く集まり、東国に威風堂々と進軍されました。皇輿こうよ(天子の乗る輿こし=皇子)はたちまちに少ない兵を起こし、山を越え川を渡り、皇子の六師軍は雷のようにとどろき、高市皇子の三軍は稲妻のように進軍しました。武器を手にして威を高らかにあらわし、勇猛な兵士は煙のように起こって加勢し、赤旗は兵士を輝かせ、賊軍(大友皇子軍)は瓦が崩れるように一挙に敗れました。

時を経ず、妖気は無くなり清くなったので、牛を放ち馬を休ませ、軍隊を整え帰し、大和国へ帰り、旗を巻き武器を収め、踊り舞い歌い飛鳥の都にとどまられました。

とりの年になり、二月、浄原の大宮(飛鳥浄御原宮あすかのきよみはらのみや)に昇殿され、天皇の位にかれました。その政道は五帝である黄帝を超え、その聖徳は周王を上回るほどでした。天子たる”しるし”の乾符けんぷって世界をを統治し、天統を得て八方のはるか遠隔地までも統合なさいました。

二気(陰陽)の運行の正しさの通り政治が行われ、五行が天地の間に秩序をもって正しく流行循環するのは政治が良いしるしであり、神の道を復興して人民に奨め、すぐれた徳風を施してその及ぶ国の範囲を定められました。そればかりではなく、英智は海のように広大で、古い時代のことを深く究め、心は鏡のように明澄で、前の時代のことをお見通しになりました。

そこで、天皇は仰せられましたのは「朕が聞くところでは、『諸家(諸氏族)が持つ帝紀ていきみかどの系譜)および本辞ほんじ(神話や縁起などの伝承)は、もはや真実と違っており、多くは嘘偽りを加えられている』と聞いた。今日の時点で、そのあやまりを改めなかったら、何年も経たぬうちに、その本旨はきっと滅びるだろう。この帝紀・旧辞は国家組織の根本であり、天皇政治の基礎である。そこで、帝紀を撰録し、旧辞を詳しく調べて、偽りを削り真実を定めて後の世に伝えようと思う。」

たまたま、舎人がいました。姓(氏)は稗田ひえだ、名は阿礼あれ、年は28。人となりは聡明で、ひと目見れば口で暗唱し、耳に聞けば記憶した。音訓も瞬間に判断して話し言葉に直し意味の分かる言葉で読み上げられることができました。

そこで、阿礼に勅して、歴代天皇の皇位継承の次第及び古代からの伝承を読み慣わされました。しかしながら、ときは移り世はかわり(天武天皇崩御により)、未だその事業は行われませんでした。

曁飛鳥淸原大宮御大八洲天皇御世、濳龍體元、洊雷應期。開夢歌而相纂業、投夜水而知承基。然、天時未臻、蝉蛻於南山、人事共給、虎步於東國、皇輿忽駕、淩渡山川、六師雷震、三軍電逝、杖矛擧威、猛士烟起、絳旗耀兵、凶徒瓦解、未移浹辰、氣沴自淸。乃、放牛息馬、愷悌歸於華夏、卷旌戢戈、儛詠停於都邑。歲次大梁、月踵夾鍾、淸原大宮、昇卽天位。道軼軒后、德跨周王、握乾符而摠六合、得天統而包八荒、乘二氣之正、齊五行之序、設神理以奬俗、敷英風以弘國。重加、智海浩汗、潭探上古、心鏡煒煌、明覩先代。

於是天皇詔之「朕聞、諸家之所賷帝紀及本辭、既違正實、多加虛僞。當今之時不改其失、未經幾年其旨欲滅。斯乃、邦家之經緯、王化之鴻基焉。故惟、撰錄帝紀、討覈舊辭、削僞定實、欲流後葉。」時有舍人、姓稗田、名阿禮、年是廿八、爲人聰明、度目誦口、拂耳勒心。卽、勅語阿禮、令誦習帝皇日繼及先代舊辭。然、運移世異、未行其事矣。

ということで。

阿礼に誦み習わせたというのは、帝紀・旧辞を解読し口誦こうしょう(声に出して言う)させたということ。その目的は、天武天皇自ら撰録した定本、本来の歴史、正しい歴史ともいうべき帝紀・旧辞を、声に出して読める本にして後世に伝えるためでした。

一方、阿礼への下命が天武10年(681)とすると、天武天皇崩御まで5年ちょっと。結局、誦習事業は未完成となった訳です。

ちなみに、、稗田ひえだ氏は、天宇受売命の子孫の猿女君の一族。大和国稗田の在とされてます。

古事記はだれが書いた?

古事記はだれが書いた?編者でありイノベーター太安萬侶と、特殊スペックホルダー稗田阿礼の人物像を探ってみる

09/26/2022

 

『古事記』序 ③元明天皇の業績と『古事記』記述方法

3つ目のパートは、第43代元明天皇の時代。

なぜ、元明天皇なのかというと、一度止まってしまった『古事記』編纂事業を再開させ、完成に至ったのが元明天皇の御世だったから。

前半は、とことん元明天皇を持ち上げ、その業績を讃えながら、『古事記』編纂にあたっての記述方法や構成を伝えてます。

拝伏し考えますには、皇帝陛下(元明天皇)、天子の徳は天下に満ち、天地人の三才に通じて民を慈しみなさいます。紫宸ししん(天子のいる場所=皇居)におられて、聖徳は馬のひづめの進みゆく極遠の地まで覆い、玄扈げんこ(黄帝がいた石室=皇居)におられて、皇化は船のへ先が漕ぎゆく果てまで照らされました。

日は浮かび輝きを重ね、雲が煙のようにたなびく(いずれも、吉祥のしるし)。えだを連ね(連理木。別々の木の枝が一つにくっついたもの)、穂をあわす(嘉禾かか。一つの茎に多くの穂がついた穀物)吉祥のしるしは、史書として記すことが絶えませんし、貢使の到着を告げる烽火のろしびが列なり、僻遠の言葉の違う国々から次から次へと送られる貢により、宮廷の倉が空になる月はありません。その名声は禹王うおう(夏を創始した王、治水の名王)よりも高く、その徳は成湯せいとう(殷の湯王。仁政の名王)よりも優れておられると申し上げるばかりです。

そこで、旧辞の誤り違っているのを惜しまれ、先紀の誤りが錯綜しているのを正そうとされて、和同4年9月18日に、臣・安万侶に詔し、「稗田の阿礼が誦んでいる勅語みことのりの旧辞を撰録して献上せよ」と仰されたので、謹んで、詔旨のまにまに細かに採り拾いました。しかし、上古の時代は、言葉もその意味する内容もみな素朴で、文章を作り句を構成する場合、漢字で書くとなるとそれは困難です。訓で述べたものは、ことば(やまとことば)の意味と合いません。一方、すべて音をもって書き連ねたものは、見た目に長すぎます。こういうわけで、今、ある場合は一句の中に音訓を交えて用い、またある場合は全て訓を持って記録しました。その場合、文脈が分かりにくいのは「注」で明らかにし、意味の分かりやすいものは「注」をつけません。その上、姓の場合「日下」を「くさか」と読み、名の場合「帯」の字を「たらし」と読みます。このような見慣れた文字は、もとの通りとし改めません。

全て、記述した内容は、天地の開闢より始めて小治田おはるたのみやの御世(推古天皇)で終わります。そこで、天御中主神あめのみなかぬしのかみから日子波限建鵜草葺不合尊ひこなぎさたけうがやふきあえずのみことより前を上巻かみつまきとし、神倭伊波礼毘古天皇かむやまといわれびこすめらみことから品陀(応神天皇)の御世より前を中巻なかつまきとし、大雀おおさざきの皇帝(仁徳天皇)から小治田の大宮(推古天皇)より前を下巻しもつまきとし、あわせて三巻を収録し、謹んで献上いたしますと、臣・安万侶、誠惶誠恐かしこみかしこみも頓々首々のみまをす。

和銅五年(712年)正月二十八日 正五位上勳五等太朝臣安萬侶

伏惟、皇帝陛下、得一光宅、通三亭育、御紫宸而德被馬蹄之所極、坐玄扈而化照船頭之所逮、日浮重暉、雲散非烟、連柯幷穗之瑞、史不絶書、列烽重譯之貢、府無空月。可謂名高文命、德冠天乙矣。

於焉、惜舊辭之誤忤、正先紀之謬錯、以和銅四年九月十八日、詔臣安萬侶、撰錄稗田阿禮所誦之勅語舊辭以獻上者、謹隨詔旨、子細採摭。然、上古之時、言意並朴、敷文構句、於字卽難。已因訓述者、詞不逮心、全以音連者、事趣更長。是以今、或一句之中、交用音訓、或一事之內、全以訓錄。卽、辭理叵見、以注明、意況易解、更非注。亦、於姓日下謂玖沙訶、於名帶字謂多羅斯、如此之類、隨本不改。

大抵所記者、自天地開闢始、以訖于小治田御世。故、天御中主神以下、日子波限建鵜草葺不合尊以前、爲上卷、神倭伊波禮毘古天皇以下、品陀御世以前、爲中卷、大雀皇帝以下、小治田大宮以前、爲下卷、幷錄三卷、謹以獻上。臣安萬侶、誠惶誠恐、頓首頓首。

和銅五年正月廿八日 正五位上勳五等太朝臣安萬侶

ということで。

ポイントは、『古事記』編纂に当たって、安萬侶が苦心した言葉の難しさです。

いわば、外国の文字体系である「漢字」は、漢文体には適しているのですが、日本の古語、古意を表す文字としては欠点があった訳です。それが「しかし、上古の時代は、言葉もその意味する内容もみな素朴で、文章を作り句を構成する場合、漢字で書くとなるとそれは困難です。」という内容に表れてますよね。

上古から伝わる日本独自の音の響きを持つ「やまとことば」は、漢字の訓読みで書いてもしっくりこない。一方、音のみでは文章が見た目に長すぎてしまう。。。

そこで安萬侶が提示した解決策が2つ。

  1. 1つ目は、音訓交用技法。
  2. 2つ目は、訓専用技法。

さらに、訓と音を区別するための「注」の活用。『古事記』ではいくつかの注の種類があるのですが、一番多いのが音注であり、これにより読みやすさや本来の意味をしっかり表現しようとした訳ですね。

詳しい解説はコチラで!

古事記の表記方法

古事記の表記方法|『古事記』序文に示された表記方法を分かりやすく解説します!

09/21/2022

そして、最後のポイント。

『古事記』が完成したのが和銅5年(712)正月28日。一方、元明天皇が太安萬侶に下詔したのが和銅4年(711)9月18日なので、たった4ヶ月ちょっとで完成したことになります。

これは、阿礼が誦習していたからとされてますが、実際は、『日本書紀』がベースにあったからです。『日本書紀』をもとに、天皇家の歴史書として、国内の豪族氏族に配慮しながらそれらを神々の体系に組み込みながら一つの物語として編み出したのが『古事記』の実際だったりします。そして、『古事記』自体の編纂目的は、皇太子教育のテキストとして活用するため。これはこれで、皇位継承の歴史が絡む話なので別エントリで詳しくお届けします。

 

『古事記』序 まとめ

『古事記』序

太安萬侶おおのやすまろが、元明天皇に言上した上表文。『古事記』上巻「本文」の直前にある序文。

『古事記』を読むとき、「序」を読まずに 「本文」から入ることが多いと思いますが、これは正しい読み方ではありません。『古事記』の編者である太安萬侶おおのやすまろは、あえて巻頭に序文をつけてます。

『古事記』序は、大きく3つのパートで構成されてます。

  1. 『古事記』の要約
  2. 天武天皇の業績と『古事記』編纂経緯
  3. 元明天皇の業績と『古事記』記述方法

ということで、

1つ目、『古事記』の要約では、天地初発から国土や神々の誕生を経て天皇の時代へ。崇神天皇や仁徳天皇の業績を讃えながら、人間の正道が絶えず続くように政治を行なってきたとしています。

2つ目、天武天皇の業績と『古事記』編纂経緯では、壬申の乱により超絶パワーをゲットし、神とも称された天武天皇、その業績を高らかに讃えつつ、『古事記』や『日本書紀』といった歴史書編纂事業が開始された経緯、理由を伝えてます。

目的は、天武天皇自ら撰録した定本、本来の歴史、正しい歴史ともいうべき帝紀・旧辞を、声に出して読める本にして後世に伝えるため。一方、阿礼への下命が天武10年(681)とすると、天武天皇崩御まで5年ちょっと。結局、誦習事業は未完成となった訳です。

3つ目、元明天皇の業績と『古事記』記述方法では、『古事記』編纂に当たって、安萬侶が苦心した言葉の難しさを伝えてます。いわば、外国の文字体系である「漢字」は、漢文体には適しているのですが、日本の古語、古意を表す文字としては欠点があった訳です。

さらに、『古事記』が完成したのが和銅5年(712)正月28日。一方、元明天皇が太安萬侶に下詔したのが和銅4年(711)9月18日なので、たった4ヶ月ちょっとで完成したことになります。

この辺りの事情を伝えているのが『古事記』序なんですね。

 

続きは『古事記』本文!天地開闢はコチラです!!

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳|神名を連ねて物語る古事記の天地開闢を分かりやすく解説!

09/16/2016

 

序についての突っ込んだ解説はコチラで!

古事記はだれが書いた?

古事記はだれが書いた?編者でありイノベーター太安萬侶と、特殊スペックホルダー稗田阿礼の人物像を探ってみる

09/26/2022
古事記はいつ編纂されて完成した?

古事記はいつ編纂されて完成した?和銅5年(712)正月28日、たった4ヶ月で完成したと伝える『古事記』編纂経緯を分かりやすく解説!

09/24/2022
古事記の表記方法

古事記の表記方法|『古事記』序文に示された表記方法を分かりやすく解説します!

09/21/2022

 

本記事監修:(一社)日本神話協会理事長、佛教大学名誉教授 榎本福寿氏
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
『古事記』現代語訳

古事記 神話 現代語訳 天地初発から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を、日本書紀や古事記をもとに分かりやすく徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!東征ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

追加開催決定!!朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義(秋冬)のご案内 10/29, 11/26, 12/24

日本神話講座

白熱講義 追加開催決定! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っている!? この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。10/29, 11/26, 12/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


『古事記』序

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他