金刀比羅宮の階段(石段)|日本最大の参詣階段!琴平山(象頭山)の中腹、本宮まで785段の全部をご紹介!

 

金刀比羅宮ことひらぐう」は、本宮へ続く石段が非常に特徴的で。日本で最も石段が多い神社の一つ。

その数、なんと1368段!

本宮は琴平山(象頭山ぞうずさん)の中腹にあり、そこまで785段。奥社である厳魂神社まで含めると1368段に。

ご祭神は、大国主神の魂である「大物主神」。その神話的背景から、農業殖産、漁業航海安全を中心に、医薬、技芸など幅広いご利益で厚い信仰をあつめています。

今回は、その、本宮とかご祭神とかよりも、階段(石段)をフィーチャー。あくまで本宮までですが、その最初から最後まで全部をご紹介いたします!

 

金刀比羅宮の階段|日本最大の参詣階段!琴平山(象頭山)の中腹、本宮まで785段の全部をご紹介!

金刀比羅宮の階段、最初のスタート地点はコチラ!

▲県道207号線と208号線の交わる交差点。奥の山が琴平山(象頭山ぞうずさん)です。象頭山ぞうずさんの高さは538m!

以下、ふもと部分から本殿境内まで、金刀比羅宮の階段をご紹介。

さーがんばろ。

▲ふもとの参道脇には至る所にお土産屋さんが!下界でのアレコレは後で!

特に、写真右にある「杖」!是非ゲットされてください!!!

金刀比羅宮の階段を登るのに必須のアイテム「杖」。

あとあとになって、じわーっと効いてくる感じ。是非。転ばぬ先の杖とも申します。

▲さー、金刀比羅宮の階段が登場してきました。

 

で、もーとにかく、次から次へと襲ってくる石段たちです。

▲100段目の標識。このへんは序の口であります。本宮まで残り685段!奥社まで残り1238段!

マジか!

 

て、まだまだ続く、、、

と、

そこへ、、、

えっさほっさと、、、

かごーーーーーーーーーーーー!!!!

こ、これは、、、

かなりアリだ!

コチラ、会社名「石段かご事務所」と申しまして、通称「石段かご」として親しまれる籠であります。

申し込める場所は、香川県仲多度郡琴平町札の前。営業時間は7:30~17:00。境内前の大門365段まで連れて行ってくれます。「全国唯一の登山かご」。年中無休で、スゴイ!

ま、旅の記念に是非。いいよねー

 

▲で、やってきました、、、294段付近。。 ぜーはーぜーはー、、、

残り、たったの1074段であります!  orz…

 

大門

▲すでに意識が朦朧として、、、かすむ。。。??

こちら、365段付近の大門。ここからが御神域。水戸黄門で知られる「水戸光国」のお兄さん「松平頼重」候から寄進された立派な門です。

て、その前に、、、

キタ━(゚∀゚)━! 甘酒茶屋!!! 大門前で営業中の「冷やしあま酒」。サイコーだ!

 

で、体力のない私さるたひこ、ここらでちょっと小休憩であります。

おおう、、こぼれてるやん。。。店主、、、 ま、いいか。。。

で、いただいてみると、、、

 

お? こ、これは、意外に(゚д゚)ウマー!

 

あま酒をいただきながら、登って来た道を振り返ります。もう、ここまで来たんだから良いんじゃないかと、、、

 

そんな煩悩を振り払い、先に進みます。

桜馬場

こちら、大門から150mほど続く石畳の道。「桜馬場」と呼ばれてます。道の両側には桜!

そしてたくさんの寄進石燈籠が。寄進額が、、、気になって仕方がない「俗な」さるたひこでした。。。

▲コチラ、春になると、満開の桜が左右から出迎えてくれて、それはそれはすばらしい参道に。

 

って、まだある金刀比羅宮階段!!!

ぜーはーぜーはー、、、多分、一生分の階段(石段)を登ったような気がする。。。

 

桜馬場西詰銅鳥居

「桜馬場西詰銅鳥居」というからには、「馬場」であります。鳥居を正面に見て左手奥。

馬場!!

▲馬場だけに! こちら、「トウカイ・スタント号」!サラブレッドで、人間年齢にして96歳!

 

▲馬場には、2頭の馬がおりまして、片方は散歩中でした。いずれも、神様がお乗りになるための馬「神馬」であります。

奥の、金色の構造物は、スクリューです。やはり、金刀比羅宮ですから、航海安全ご利益の信仰がスゴイのです。

さて、

さきほどの「桜馬場西詰銅鳥居」に戻り、先に進みます。

こちらの階段をあがったところ、

石段595段付近は広場になっております。

▲手水舎と、、、その左手、「祓戸社はらいどのやしろ」があります。

 

祓戸社

祓戸社はらいどのやしろ」には、「瀬織津比咩神せおりつひめのかみ」「速開都比咩神はやあきつひめのかみ」「氣吹戸主神いぶきどぬしのかみ」「速佐須良比咩神はやさすらひめのかみ」の4柱が祀られております。まとめて「祓戸神はらえどのかみ」。

『古事記』『日本書紀』のほか、『延喜式祝詞』等の文献がもと。いずれも「祓い」に関連する神様たちが集結なう。いずれにしても、石段595段付近は、手水舎と祓戸社と、清める場所。大物主に会う前に、穢れを祓っておきましょう。

出雲大社(島根県)といい、大神神社(奈良県)といい、大国主や大物主を祭る神社には共通して「祓戸社はらいどのやしろ」があります。これは何かあるのかもしれませんね。

 

火雷社

ご祭神:火産靈神・奥津比古神・奥津比賣神。 他、八衢比古神・八衢比賣神・來名戸神が合祀。

ご利益:鎮火・消防の神、疫病を防ぎ止める神

祓戸社はらいどのやしろ」の左隣に鎮座。鎮火消防、疫病を防ぐ、ということで、防御系のご利益神社ですね。

 

で、また金刀比羅宮階段を、、、

登りきったところ、

石段628段付近にあるのがコチラ、旭社。

帰りの道で参拝することになってますので、一旦スルーでOK。

と、

ココ、金刀比羅宮階段628段付近には休憩処があります。

一息いれて、さらに進みましょう。このあと、最後の心臓破り階段(石段)がありますから、休んでおくことをおススメします。

 

で、その休憩処の奥に、、、

賢木門

元の名前は「逆木門」。こちら、建築を急ぐあまり、柱を一本、逆さまにつけてしまったところから。後に、「逆」の字を嫌い「賢木門」と書くようになった門。

 

門をくぐると、ぐっと御神域な感じが出ます。

 

遥拝所

伊勢神宮や、皇陵を遥拝する場所。

 

真須賀神社

御祭神:建速須佐之男尊・奇稲田姫尊

御利益:勇武絶倫

本宮の御祭神「大物主神」の祖神にあたる建速須佐之男命を祭ります。

 

御前四段坂

登りに登った650段の階段(石段)も残すところあと133段!黄金のボードに「登って幸せ、福が来る!」と。

コチラ、なんでも、2015年から始まった観光キャンペーン「ゴールドプロジェクト」から設置されたシロモノ。金刀比羅宮の「金」にあやかったものなんでしょうね。しっかり動機づけをしてくれるスグレモノであります。

 

琴平山(象頭山ぞうずさん)の中腹にある本殿まであと少し。深い木々に囲まれた階段(石段)を登りながら日々の穢れが落ちていくような心地がします。

 

事知神社

御祭神:積羽八重事代主神・味鉏高彦根神・加夜鳴海神

御利益:商売繁盛

 

で、ようやく、、、

御本宮

キタ━(゚∀゚)━! つ、ついに到着です!!!

おつかれっした!!!

 

、、、あーしんど。。。大物主さん、なんでわざわざこんなところに、、、

ということで、この先は、こちらで!⇒「金刀比羅宮|農業殖産、漁業航海安全を中心に、医薬、技芸など幅広いご利益で厚い信仰をあつめる「こんぴらさん」は785段の石段を登った先、琴平山(象頭山)の中腹に鎮座中。

 

まとめ

金刀比羅宮の階段

金刀比羅宮ことひらぐう」は、本宮へ続く石段が非常に特徴的で。日本で最も石段が多い神社の一つ。

その数、なんと1368段!

本宮は琴平山(象頭山ぞうずさん)の中腹にあり、そこまで785段。奥社である厳魂神社まで含めると1368段に。

ご祭神は、大国主神の魂である「大物主神」。その神話的背景から、農業殖産、漁業航海安全を中心に、医薬、技芸など幅広いご利益で厚い信仰をあつめています。

本宮とかご祭神とかよりも、階段(石段)をフィーチャーしてみましたが、いかがでしたでしょうか。あくまで本宮までですが、事前準備をお忘れなく。

そう、杖!

お忘れなきよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。