陰陽を動かす根本原理、基本原理として「尊卑先後の序」がある件

『日本書紀』第一段〔本伝〕の冒頭部分について、ちょっと深堀りします。

従来、

第一段〔本伝〕の冒頭については、最初に「古天地未剖、陰陽不分」と書き出していることから、陰陽論によって説明するのが通例になってるのですが、果たしてそうなんでしょうか?というのが今回の内容。

陰陽は、あくまで天地と対応する概念。乾坤との対応も同じで、より表象的な内容なんです。

そんなあれこれを、超マニアックに深堀りしてお届けします。

 

陰陽を動かす根本原理、基本原理として「尊卑先後の序」がある件

まず、『日本書紀』第一段〔本伝〕の冒頭部分をチェックです。

本文はコチラ。

①昔々、天と地がまだ分れず、陰と陽も分れていなかった。②混沌として、まるで鶏の卵のようであり、ほの暗くぼんやりとして、事象が芽生えようとする兆しを内に含んでいた。
③その中の清く明るいものが薄くたなびいて天となり、重く濁ったものがよどみ滞って地となるに及んでは、その軽やかで妙なるものは集まりやすく、重く濁ったものは凝り固まりにくい。だから、まず天ができあがり、その後で地が定まったのである。そうして天と地が成り立った後に、その天地の中に神が生まれた。

①古、天地未剖、陰陽不分。②渾沌如鶏子、溟涬而含牙。③及其清陽者、薄靡而為天、重濁者、淹滞而為地、精妙之合搏易、重濁之凝竭難。故、天先成而地後定。然後、神聖生其中焉。

『日本書紀』第一段〔本伝〕の冒頭

この冒頭部分の解釈。

従来、通説、通例でいうと、

最初に「古天地未剖、陰陽不分」と書き出していることから、陰陽論によって説明されてきました。

ま、「陰陽」という言葉が出てきてるからね。

でも、

陰陽は、あくまで天地と対応する概念。乾坤との対応も同じで。

どちらかというと、より表象的な内容なのです。

ここでは、それよりも、陰陽を動かす根本原理、基本原理として「尊卑先後の序」があるということ押さえるべきです。

まず、

「陰陽」は根源的かつ価値的な元素といったものです。

根源的とは、

全てが陽と陰との組み合わせ、ないし、そのそれぞれの一方または両方を引き継いで成り立つという点。

価値的とは、

陽が陰に対して優位に立つという点です。

陰陽の根本はこうした考え方があることをチェック。

で、

この陰陽の、実際的な、または具体的な事象が、

日月といった天象、男女といった人倫、君臣などの人事、といったものになります。

大事なのは、

まさにここにこそ、尊卑先後の序という原理、原則が働くということ。

陰陽は根源的でありつつも、

陰陽を動かす根本原理、基本原理として「尊卑先後の序」があるということです。

順序をコントロールする根本原理があるからこそ、陰陽が働き、それにより日月、男女、君臣といった事象が発生している、という事で。

細かいですが、大事なポイントなのでしっかりチェックされてください。

 

まとめ

『日本書紀』第一段〔本伝〕の冒頭部分について、ちょっと深堀りして解説してみました。

通説、通例でいうと、第一段〔本伝〕の冒頭については、陰陽論によって説明するのが一般的でした。

でも、陰陽は、あくまで天地と対応する概念。より表象的な内容です。

それよりも、

陰陽を動かす根本原理、基本原理として「尊卑先後の序」があるということを是非チェック。

こちらで解釈する方がより根本的だということですね。うん、とってもマニアック。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。