陽神と陰神にみる日本神話的男女のあり方|交じりあって化成するから、両方の性質を持ち合わせている

日本神話解説

 

日本神話にほんしんわに登場する、重要ワード、重要エピソードをディープに掘り下げる「日本神話にほんしんわ解説シリーズ」。

今回は、

陽神と陰神にみる日本神話的男女のあり方

陽神とは男の神様、陰神とは女の神様。正史『日本書紀』に登場する神の種類で、例えば、伊奘諾尊は陽神として、伊奘冉尊は陰神として位置づけられています。

今回は、「陽神と陰神」を通じて、神話世界における陰陽と男女形成の原理を探ります。

 

陽神と陰神にみる日本神話的男女のあり方|交じりあって化成するから、両方の性質を持ち合わせている

陽神と陰神:男女神化成の方法

まずは、陽神、陰神の誕生方法について現状認識。

コチラ、『日本書紀』神代上、巻一第三段〔本伝〕に伝えます。

陽の道と陰の道が互いに参じて化した。それゆえ男と女に成った。

乾坤之道、相参而化。所以、成此男女。(『日本書紀』巻一第三段より一部抜粋)

『日本書紀』第三段

『日本書紀』巻第一(神代上)第三段 本伝 ~神世七代~

05/09/2019

ということで。

ポイントは、「陽の道と陰の道が互いに参じて化した。」ということで、陰陽の道がお互いに参じて交じり合って化したことで男女の神が成るってこと。コレ、道本来がもつ運動としてチェック。

乾坤=陽の道と陰の道については、こちらも参考に。

葦の芽

天の道は単独で変化する。だから純粋な男神となった件|日本神話が伝える天地開闢 No.5

01/07/2016

さて、上記通り、

陽と陰の道がお互いに参じて交じり合って男女が化成した訳で、

これはつまり、

男も女も、それぞれ陰陽をあわせ持つってことです。その中で、陽が強く現れた方を陽神、つまり男と言い、逆に、陰が強く現れた方を陰神、つまりは女と言う、という次第。

神話世界における、男女の位置づけ、成り方の考え方はこんな感じで。

  • 交じりあって化成するから、両方の性質を持ち合わせている。
  • その中で特に強く現れた方が、男だったり女だったりする、というロジック。

この点をまずはチェック。

 

陽神と陰神:男女の結婚=陰陽の道の交わり

さて、そんなわけで、

神話世界において、男女神の結婚についても、この陰陽の道の交わり方がもとになります。立ち戻るイメージ。

陰陽の道の交わりによって男女が化成したと同じく、結婚すると、おのずから男女が生まれる。

ただ、

通常、出産自体は1子なので、男女のどちらか一方が誕生する。それでも、その誕生した男、または女は、陽だけ、陰だけの単純、純粋な性をもつものではありません。

要は、

両性を具有しながら、陽の強く現れた方が男、逆に陰の強く現れた方が女となる、ということです。

これは、最初に触れたとおり、互いに参じて交じり合うから両方の性質を持つ、ということがベースにあります。

伊奘諾尊と伊奘冉尊に代表される、陽神と陰神の結婚による神々の誕生にはこうした背景があるんですね。

近年、ジェンダー論が盛んになってますが、神話的に言わせると、男も女も、本来的に互いの性も兼ね備えているわけで、そもそも男女の性をそれぞれ一方だけから成り立つ固定的なものと見ることはできない、という話だったりします。

一方だけしかない、というのは、神話原理にもとる訳ですね。

男女はもともと交わりにおいて成り立つ。ゆえに、互いにもう一方の性とは親和的で、相互補完的なものです。

こうした考え方は、現代の男女の関係においても十分応用がきくとも言えそうです。

 

まとめ

陰と陽との道が交じり合って男女が化成=男も女も、それぞれ陰陽をあわせ持つ。

その中で、陽が強く現れた方を陽神、つまり男と言い、逆に、陰が強く現れた方を陰神、つまりは女と言う、というのが神話世界における、男女の位置づけ、作られ方。

これを基本に考えていくと、

男女はもともと交わりにおいて成り立つ=互いにもう一方の性とは親和的で、相互補完的なもの。

とも言えて。

こうした考え方は、現代の男女の関係においても十分応用がきくのではないでしょうか。

 

本エントリに関連する日本神話はコチラ!

『日本書紀』第三段

『日本書紀』巻第一(神代上)第三段 本伝 ~神世七代~

05/09/2019

 

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズ!

日本書紀の目的と編纂方法|神代から歴史へ直通!それアリ??『日本書紀』の目的と編纂方法に隠されたヒミツを徹底解説!

05/06/2019
日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく解説!

天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を、日本書紀や古事記をもとに分かりやすく徹底解説!

01/07/2016

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!東征ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

 

日本神話解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他