『日本書紀』とは?『日本書紀』が伝える日本神話を分かりやすく解説!

 

『日本書紀』は日本の歴史書。

日本に伝存する最古の正史で、全30巻。養老4年(720年)に完成。
舎人親王らの撰で、神代から持統天皇の時代までを扱います。

今回は、そこから、日本神話に関する部分を抽出し、
どこよりも分かりやすく、徹底的に解説していきます。

 

『日本書紀』とは?『日本書紀』が伝える日本神話を分かりやすく解説!

『日本書紀』編纂事業

『日本書紀』編纂の時代背景を。

契機は、壬申の乱(672年)。

古代史最大の内乱、てか皇位継承を巡る戦い。

これに勝利した大海人皇子が、天武天皇として即位。

ココから、天皇中心の中央集権国家ビルディングがスタート。ムキムキマッチョ化計画です。

律令の整備と歴史書の編纂。

この2つを両輪として、ムキムキのジャパンビルディング。

天武天皇から持統天皇へ、そして以降の天皇に引き継がれながら、天皇中心とした国家体制づくりが進められました。

『飛鳥浄御原律令』(689年)施行、藤原京遷都(694年)、『大宝律令』(701年)施行、平城京遷都(710年)、『風土記』(全国の国情や古老の伝承などを記録して国に報告した地誌)編纂などなど。

中でも、律令整備とあわせて、国家を挙げて取り組んだのが『日本書紀』『古事記』編纂。つまり、歴史書の編纂事業です。

対内・対外的にも主張できる「国家のアイデンティティ」を、「己の正当性」を、歴史書にして構築しようと目論んだ訳で。

スゴくないすか?このモチベーション。

川島皇子、忍壁皇子の2人の皇子を中心とする12人の皇族・豪族・官吏により編纂されたのが『日本書紀』。

当時の精鋭集団、スーパーエリートの皆さんによる、「国家事業としての歴史書編纂」という訳です。

議論し、取捨選択し、創造し、世界の成りたちからはじまって、日本の歴史書を作っていく。。。

途方もないくわだてですよね。

日本てスゴイぜ!こんなに豊かで多様な伝承、神話があるぜ!マジやばいぜ。

そんな主張を、自負を。そして、そのための根拠、ロジックを随所にちりばめていく訳で。

この世界の原初にまでさかのぼってしまう日本という国の、その歴史の凄さ&多彩さ、国家統治の正当さ、を示すのが目的なんで、
そのためのロジック構築には最高の頭脳による最大の力が注ぎ込まれている訳です。言葉一つ一つに意味がある。

ま、それを私たちが今、こうして読み解こうとするわけで、並大抵の作業ではございません。分からないことだらけ。だからこそ学会学術の世界でもいまだに議論が続けられてるんです。

 

『日本書紀』編纂の詔

【日本書紀 天武10年3月】

丙戌、天皇御于大極殿以詔、川嶋皇子・忍壁皇子・廣瀬王・竹田王・桑田王・三野王・大錦下上毛野君三千・小錦中忌部連子首・小錦下阿曇連稻敷・難波連大形・大山上中臣連大嶋・大山下平群臣子首、令記、定帝紀、及上古諸事。大嶋・子首、親執筆以録焉。

「丙戌(17日)に、天皇、大極殿に御(おわしま)して、川(かわ)嶋(しま)皇子・忍(おさ)壁(かべ)皇子・広(ひろ)瀬(せ)王・竹(たけ)田(だ)王・桑(くわ)田(た)王・三(み)野(の)王・大(だい)錦(きん)下(げ)上(かみ)毛(つけ)野(の)君(きみ)三(み)千(ちぢ)・小錦中忌(いん)部(べの)連(むらじ)子(お)首(びと)・小錦下阿(あ)曇(づみ)連稻(いな)敷(しき)・難(なに)波(わ)連大(おお)形(かた)・大山上中(なか)臣(とみの)連(むらじ)大(おお)嶋(しま)・大山下平(へぐ)群(りの)臣(おみ)子(こ)首(びと)に詔して、帝紀及び上古の諸(もろもろの)事(こと)を記し定めたまう。大(おお)嶋(しま)・子(こ)首(びと)、親(みずから)ら筆を執(と)りて以(も)て録(しる)す。」

 

『古事記』編纂経緯

【古事記 序文①】

於是天皇詔之、朕聞、諸家之所賷、帝紀及本辭、既違正實、多加虚僞。

當今之時、不改其失、未經幾年、其旨欲滅。斯乃、邦家之經緯、王化之鴻基焉。

故惟、撰録帝紀、討覈舊辭、削僞定實、欲流後葉。

「ここに(天武)天皇詔(の)りたまひしく、『朕聞きたまへらく、諸家の賷(もた)る帝紀及び本辞、既に正実に違(たが)い、多く虚僞を加ふ、といへり。今の時に当たりて、その失(あやまり)を改めずは、未だ幾年をも経ずして、その旨(むね)滅びなむとす。これすなわち、邦家の経緯(国家組織の原理)、王化の鴻(こう)基(き)(王制政治の根本)なり。故(かれ)これ、帝紀を撰(せん)録(ろく)し、旧辞を討(とう)覈(かく)(訪ね調べ)して、僞(いつわ)りを削り実を定めて、後葉(のちのよ)に流(つた)へむと欲(おも)ふ』とのたまひき。」

と。

『日本書紀』と『古事記』の違いをまとめるとこんな感じ。

 項目 日本書紀 古事記
編纂 720年 712年
位置づけ 日本の正史 天皇家の私的な歴史書
目的  国際的に国家成立・歴史の正当性を示す 国内向けに天皇家の歴史と正当性を示す
内容 天地開闢~41代持統天皇 天地開闢~33代推古天皇
構成 全30巻 全3巻(上巻・中巻・下巻)
編者 川島皇子、忍壁皇子の2人の皇子を
中心とする
12人の皇族・豪族・官吏
天武天皇の勅命を受けて
稗田阿礼の誦習する帝紀と旧辞を
太安万侶が撰録

この中で、

「日本神話」として記載されているのが、

  • 『日本書紀』は、最初の「巻1」と「巻2」。そして神武紀の「巻3」。
  • 『古事記』は、最初の「上巻」。神武紀は「中巻」の冒頭。

いずれも、神武紀の最後、神武天皇が橿原で初代天皇として即位した後は、天皇の即位年を起点として、例えば「神武天皇◎年◎月◎日(日は十干十二支の組み合わせによる)」と表示されるようになります。

つまり、「歴史の記録」がこれにより始まるので、神武天皇の即位が歴史と歴史以前とを分かつ画期となる訳です。

なので、当サイトとしては、

  • 神代・・・神話の時代
  • 神武紀・・・神話と歴史の時代
  • 即位以降・・・歴史の時代

として区別。ただ、大別すれば、神代~即位までとそれ以降とに二分し、便宜的にですが、前者を神話、後者を歴史と規定することにしています。

 

『日本書紀』巻第一

→「『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝

→「『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 一書第1~6

→「『日本書紀』巻第一(神代上)第二段 本伝

→「『日本書紀』巻第一(神代上)第二段 一書第1,2

→「『日本書紀』巻第一(神代上)第三段 本伝

 

→「『日本書紀』の「一書」とは?『日本書紀』本伝と一書の読み解き方法を徹底解説!

 

『日本書紀』巻第三(神武紀)

神武の生い立ち

東征発議と旅立ち

東征順風・戦闘準備(日向~高嶋の宮)|半年かけて岡山まで移動して3年じっくり準備した件

難波碕から白肩の津へ|生駒山の白い崖を目印にドキドキしながら進軍した件

孔舎衛坂激戦、敗退|スネの長い関西人に初戦敗退。神策めぐらし紀伊半島を迂回することにした件

長兄「五瀬命」の死|「ますらお」なのに復讐できず無念すぎたので、東征に復讐を追加した件

熊野灘海難と兄の喪失|なぜ!?兄達は暴風雨の中で歎き恨み逝ってしまった件

熊野荒坂で全軍昏倒|神の毒気にヤラレて意識不明の重体に!?天照による危機救援は「葦原中國平定」再現の意味があった件

頭八咫烏の導きと熊野越え|山で迷って進退窮まる!?天照による2度目の救援は「天孫降臨」の再現だった件

兄猾と弟猾|弟は聡く帰順したが、兄は謀(はかりごと)を企んだのでさらして斬った件

吉野巡幸|先は敵ばっかりなので、まずは南の境界を固めようと思い立った件

宇陀から磐余一帯の敵布陣図|高倉山に登ってみたら敵ばっかり!マジ腹が立ったからワシは寝る件

香具土採取と顕斎|天神憑依!スーパーサイヤ人状態になって敵を撃破しようとした件

国見丘の戦いと忍坂掃討作戦|すごいぞスーパー彦火火出見!敵軍撃破!残党掃討!そのパワーほんと流石な件

兄磯城討伐|やっとだよ。。。やっとたどり着いた大和平野(中洲)。感慨に浸る暇なく目の前の敵に集中するでござるの巻

兄磯城討伐・磐余制圧②|これで大和の東を全て制圧!日を背に戦うと不思議なくらい勝ててしまう件

兄磯城討伐・磐余制圧③|戦う前に意思確認?臣下献策まま実行?それはきっと神武の成長と分かってきた感覚の件

金鵄飛来=祥瑞応見|「瑞(みつ)」は王の聖徳に天が応えて示す「しるし」。古代にはそれなりのもんげー制度があった件

長髄彦最終決戦|分からんちんども とっちめちん!手前勝手な理屈ばかりで道理無しのスネ長(すねなが)男をイテこました件

中洲平定と事蹟伝承|大和平野各地の土蜘蛛さんを叩いて平定完了!あとは東征の事蹟を伝えておきたい件

宮殿造営宣言|東征開始から6年が経過した今、天照から始まる神々の系譜や政治を踏まえ素晴らしい国をつくろうとした件

十干・十二支を使った暦日と神武東征神話|暦の最初は「甲寅」。そして「辛酉」の年には革命が起きると考えた件

橿原宮即位と東征完結|歴史はココから始まる。橿原宮で即位し世界最古の国「日本」をつくった件

正妃蹈韛五十鈴媛命|現妻さしおき新たに正妃をお迎えす。イヤ、これには深~い理由(ワケ)があって、、、の件

事代主神の子、媛蹈韛五十鈴姫命の出自|フツーではない交わり方で孕んだ子だからこそフツーではないお姫様になった件

論功行賞と国見|エピローグ!論功行賞を行い、国見をして五穀豊饒の国「秋津洲(あきづしま)」を望み見た件

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです! 日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。 「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信中。最新の学術情報を踏まえしっかりとした日本神話解釈をお届け。是非チェックしてくださいね。