天磐櫲樟船あまのいはくすぶね|鳥磐櫲樟船とりのいはくすぶね|鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ|

天磐櫲樟船 鳥磐櫲樟船 鳥之石楠船神

 

日本神話に登場する、重要ワード、重要エピソードをディープに掘り下げる「日本神話解説シリーズ」。

今回は、

天磐櫲樟船あまのいはくすぶね」「鳥磐櫲樟船とりのいはくすぶね」「鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ

をテーマにお届けします。

『日本書紀』では、「天磐櫲樟船あまのいはくすぶね」「鳥磐櫲樟船とりのいはくすぶね」と伝え、蛭児ひるこを流棄するための「特別な船」として登場。

『古事記』では、神生みの中で「鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ(亦の名は天之鳥船あめのとりふね)」と伝え、のちに国譲りの交渉役として活躍します。

今回は、流すために使われたり、神となって交渉役として活躍したりするスペシャルな船について、日本神話をもとにディープに掘り下げます。

 

天磐櫲樟船、鳥磐櫲樟船 とは

まずは『日本書紀』からご紹介。

『日本書紀』では、「天磐櫲樟船あまのいはくすぶね」「鳥磐櫲樟船とりのいはくすぶね」と伝え、蛭児ひるこを流棄するための「特別な船」として位置づけられてます。

『日本書紀』神代巻一第五段、本伝と〔一書2〕の2箇所に登場。

本伝 磐櫲樟船あまのいはくすぶね の順に放棄 天、風が運んでいく
一書2 磐櫲樟船とりのいはくすぶね の順に放棄 鳥、流で水鳥が運んでいく

いずれも、

放棄用として「流れ」を生み出すものとして、天=風→風の流れ、水鳥=流→水の流れ といった対応関係が設定されている。

天磐櫲樟船あまのいはくすぶね」「鳥磐櫲樟船とりのいはくすぶね」の原義

①「天」「鳥」・・・流棄用の船として、「流れ」を生み出すものとして冠されてます。

  • 天=風 →風の流れ
  • 水鳥=流 →水の流れ

といった対応関係が設定されてます。

②「磐」・・・立派なの意味。

③「櫲樟よしょう」・・・クスノキの別称。常緑樹。

独特な香があり「臭き木(くすしき)」が語源。防虫剤である樟脳しょうのうの原料。古代より、その独特の香りから邪気を払う呪力があるとされてきました。

また、〔一書5〕で、素戔嗚尊が「杉と櫲樟とを「浮宝=船」にすべし」と伝え、船の建造用材としてクスノキがあったことが分かります、また、考古学的調査からは、実際にクスが古代船の船材として多用された発掘も相次いでいます。

 

天磐櫲樟船あまのいはくすぶねの登場箇所『日本書紀』巻第一(神代)第五段 本伝

最初に登場するのは、「天磐櫲樟船あまのいはくすぶね」として。『日本書紀』巻一(神代紀)第五段〔本伝〕です。

伊奘諾尊と伊奘冉尊の協議により「天下之主者(地上世界の統治者)」を生む流れへ。尊の側として位置づけられる日神と月神、卑の側として位置づけられる蛭児と素戔嗚尊。

以下、蛭児誕生の箇所より抜粋。

次に蛭児ひるこを産んだが、三歳になっても脚が立たなかった。それゆえ天磐櫲樟船あまのいはくすぶねに乗せ、風のまにまに棄てた。

次生蛭兒 雖已三歳 脚猶不立 故載之於天磐櫲樟船 而順風放棄 (引用:『日本書紀』巻一(神代紀)第五段〔本伝〕より)

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 本伝 天下之主者生み(神生み)

06/16/2019

ということで。

神生みのなかで生んだ「蛭児ひるこ」は三歳になっても脚が立たなかったので、これを理由として放棄した。その際に使用したのが「天磐櫲樟船あまのいはくすぶね」です

 

鳥磐櫲樟船とりのいはくすぶねの登場箇所『日本書紀』巻第一(神代)第五段〔一書2〕

次に登場するのは、「鳥磐櫲樟船とりのいはくすぶね」として。神代紀の、同じく第五段〔一書2〕から。

第五段〔一書2〕は、第四段〔本伝〕の一部要約からスタート。柱巡りの際に、原理を違えて陰神が先唱。これが原因で、蛭子や素戔嗚尊が生まれたとしてます。

ある書はこう伝えている。日と月は既に生まれた。次に蛭児を産んだ。この子は三年経っても脚が立たなかった。

これは初めに、伊奘諾・伊奘冉尊が御柱を巡った時に、陰神が先に喜びの声を発したからである。陰陽の原理に背いてしまったのだ。そのせいで今蛭児が生まれた。ー中略ー

次に鳥磐櫲樟橡船とりのいはくすぶねを産んだ。この船に蛭児を乗せ、流れにまかせ棄てた。

一書曰。日月既生。次生蛭児。此児年満三歳、脚尚不立。初伊奘諾・伊奘冉尊、巡柱之時。陰神先発喜言。既違陰陽之理。所以今生蛭児。ー中略ー 次生鳥磐櫲樟橡船。輙以此船載蛭児、順流放棄。 (引用:『日本書紀』巻一(神代紀)第五段〔一書2〕より)

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第2,3,4,5 ~卑の極まりと祭祀による鎮魂~

08/19/2019

ということで。

第五段〔本伝〕同様、三年経っても脚が立たない障害をもつ児であったので「鳥磐櫲樟橡船」を生んで、この船に載せ流したと伝えます。

 

天磐櫲樟船、鳥磐櫲樟船 のポイント

天磐櫲樟船、鳥磐櫲樟船は、

なぜ流すのか?

という理由理解が不可欠。この理由が分かれば、そのためのツールとして船が使用されたことが見えてきます。

結論から。

「不祥」の結果というのは「穢悪」な存在であり、
本来的に「濯除」など、水による濯滌・除去を必要とするものだから。そんな考え方があるから。

蛭児とは、「不祥の子」なんです。

第四段〔本伝〕で、伊奘諾尊が「吾是男子、理当 先唱 。如何婦人反先 言乎。事既不祥。」と述べてましたが、まさにコレ。「陰神先唱」にかなりキレてました。

この「不祥」については、類例があって、

ただし、伊奘諾尊は自ら泉国を見てしまった。これはまったく良くないことであった。それで、その穢れを濯ぎ除こうと思った。

但親見 泉国 。此既不祥。故欲 濯除 其穢悪 。 (引用:『日本書紀』巻一(神代上)第五段〔一書10〕より)

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段〔一書10〕 黄泉との完全なる断絶

01/11/2021

つまり、

「不祥」の結果というのは「穢悪」な存在であり、
本来的に、水による濯滌・除去を必要とする、という考えがあるんです。

コレ、大事。

不祥=穢れてる、だから水で流す、除去する。

そういう概念があるからこそ、

流れにまかせて棄てた「順 流放棄」という表現になってる。

そこには水による穢れの除去、祓いの意味が込められてるってこと。

周到な処分を行ったと解釈すべきというのも合わせてチェックです。

 

『古事記』の鳥之石楠船神

『古事記』では、神生みの中で伝えてます。

次に生んだ神の名は、鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ、亦の名は天之鳥船あめのとりふねという。次に大宜都比売神おほげつひめのかみを生んだ。次に火之夜芸速男神ひのやぎはやをのかみを生んだ。亦の名は火之炫毘古神ひのかかびこのかみと謂う、亦の名は火之迦具土神ひのかぐつちのかみという。

ということで。

いわのように固い楠材の船の神。

「鳥」を冠するのは、天空を飛翔する鳥と海洋を航行する船とが結びつくほか、天と海とが水平線で一続きになるから。万葉集でも「天の海に雲の波立ち月の船 星の林に榜ぎ隠る見ゆ」(詠天1068番)とあります。

 


追加開催決定!!朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義(秋冬)のご案内 10/29, 11/26, 12/24

日本神話講座

白熱講義 追加開催決定! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っている!? この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。10/29, 11/26, 12/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


天磐櫲樟船 鳥磐櫲樟船 鳥之石楠船神

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他