日本神話で磨くビジネススキル リーダーが持つべき神レベルの心構え編

「日本神話で磨くビジネススキル」シリーズ

このスキルを実践すれば、神レベルのビジネスパーソンに変身すること請け合いである。

第2回目は、「リーダーとしての心構え」について取り上げる。

 

昨今は、「あるべきリーダー」を説くビジネス本が数多く出版されているようだ。なんでも読めば本物のリーダーになれるとか。しかしよく見れば、そうした書籍の多くが欧米系の心理学やロジックをベースに書かれている。しかし私は、少なくとも私は「欧米」ではないし、ツッコミをいれるなら「日本か!」といったところだ。古いか。そう、私にある、いや、私たちにあるのは日本神話だ。ここから学ばずしてどこから学ぶというのか?

 

大三輪神社 創建神話から学ぶ神レベルのリーダー像

 

大三輪神社創建にまつわる神話を御存知だろうか?

 

詳しい経緯は以下の通り。

本件「国造り神話」から始まるため、しばしお付き合い願いたい。

尚、「大三輪神社」という表記は、『日本書紀』による。現在の「大神神社」は『万葉集』から採られた名称による。

 

プレーヤーは以下

・大己貴神(おおあなむちのかみ)=別名:大国主命(おおくにぬしのみこと)

・少彦名命(すくなひこなのみこと)

・大物主大神(おおものぬしのおおかみ)

の3神である。

 

①始め、大己貴神(大国主命)は少彦名命と協力して国造りをしていた。

②数々の困難を克服し天下を経営。人・家畜の病気の治療法や、鳥獣・昆虫の災害を祓い除く方法も定めた。

③ところが、少彦名命は常世の国へ行ってしまい、以後、大己貴神は自力で国造りを進めることとなった。

④出雲の国にたどり着いたとき、大己貴神は興言を行う。「国を平定したのは私一人だ。でも、私と一緒に天下を治める者はいるだろうか?」と。

読み
※興言(ことあげ)・・・いざという時に言霊(ことだま)の力を借りて言い立てること。ここでは少彦名命に代わる協力者を求めての事。

⑤その時、神々しい光が海を照らし、こつ然と浮かんでくる神があった。曰く、「私がいたからこそ、あなたは国を平定するという偉大な事を成し遂げられたのだ。」と。

⑥大己貴神が素性を訪ねたところ、「私は、あなたの幸魂・奇魂だ。」と言う。これが大物主大神である。

読み
※幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)・・・神の持つ霊魂。神様の場合、必ず「みたま」と敬語を付けて言う。詳しくは別の機会にお話しする。

⑦大己貴神は納得。そして「どこに住みたいか?」と聞くと「三諸山(三輪山)に住みたい。」と言うので、さっそく宮を造営した。これが大三輪神社である。

 

 ツッコミどころはいくつかあると思う。

何故消えた少彦名命!?

忽然と海から浮かんできた神?怪しすぎる!

「私はあなたの魂だ」って、大己貴神さん即納得ですか!?

。。。等々

 

 

 

今は、そういうのは置いておいてほしい。

 

上記①~⑦を簡単にまとめると、

多くの苦難を伴う「国造り」をたった1神で進めることになった大己貴神が、「協力者はいないか?」と独りごちた時に現れた神(大物主大神)は、意外にも自分の「幸魂・奇魂=魂」であった。

「国造り」は1人で行っているのではない、自分の「魂」という協力者が常にあることを教えられ、気付きを得た。

だから自分の「幸魂・奇魂=魂」が住みたいと言ってるところに住まわせてあげた、それが大三輪神社。という話。

 

さらにまとめると、

苦難のなか自問自答した大己貴神は、自分の「魂」こそが協力者であり、決して一人ではない事を自覚したというお話。

 

 

さて、ここであなたに問いたい。

あなたは、困難や苦難に直面したとき、どのような心構えをもって対処しているだろうか?

 

 

 

考えていただいただろうか?

その上で、以下読み進めてもらいたい。

 

日本神話的考え方、リーダーとしての心構えとは

 

真の協力者とは自身の中にある。それは自分の「魂」そのもの。自問自答を重ね、自分の本当の「魂」を見つけ出せ。

 

という事だ。

「魂」とは、「志」「良心」等と言い換えても良い。

 

 

あなたが成し遂げたい事とは何だろうか?

 

私たちは、困難に直面すると、どうしてもその困難そのものに意識を向けてしまう。

そうすると、私たちの意識や思考は「困難」だらけになり、他の事が考えられなくなってしまう。視野狭窄、余裕を失う。

そして、つい自分の魂を置き去りにしてしまうのだ。

最後には嘆く。誰も理解してくれない。誰も助けてくれないと。

 

私もそうだった。

会社組織に属し、初めて部門を束ねる役職をもらったときの事、部下が言うことを聞いてくれない、部門業績が上がらない、数々の「思い通りにいかないこと」に全く余裕を失ってしまった。思考は全て「できないこと」だらけ。そしてお決まりのセリフを吐いた。「なんでこうなるんだ」と。

 

 

日本神話は、そうではない、と教える。

誰も理解してくれないのではない。誰も助けてくれないのではない。

 

協力者はいつも自分の中にある。

自分の「魂」こそがあなたの最大の支援者だ

と教えているのだ。

 

真のリーダーとは、自分の魂を最大の協力者として奮い立つ。

魂が求めるものを、それだけを信じて突き進むのだ。

 

 

再度問いたい。

あなたの魂とは何だろうか?

あなたが心の底から望み、求め、得たいと思うものは何だろうか?

 

もし、今、あなたが何かしらの困難に直面し、悩み、不安におびえているならば、

もう一度、自分に問い直してもらいたい。そして自分の魂を見出してもらいたい。

 

この国を造った偉大な英雄であり、リーダーである大己貴神は、

「大物主大神」という「幸魂・奇魂」を見出した。そして彼の求めるままに「大三輪神社」を創建したのである。

魂は常に自分と供にあると理解したのだ。

 

是非、この日本神話が教えるリーダーとしての心構えをもって、奮起していただきたい。

あなたが神レベルのリーダーになる事を心から期待している。それにはまず神話的リーダーの心構えを理解するところからだ。

より詳しく知りたければ『日本書紀』第8段一書6を参照されたい。

 

まとめ

  • 真の協力者とは自分自身の中にある。それは、自分の「魂」そのものである。
  • 自問自答を重ね、自分の本当の「魂」を見つけ出そう。

 

これで皆さんも、きっと今日から「日本神話的ビジネスパーソン」として最高のパフォーマンスを発揮できるようになるはずだ。

本稿をもとに、皆さんが真のリーダーとして結果を出していかれることを心からお祈り申し上げる。

 

こちらもどうぞ!オススメ関連エントリー

大神神社の創建経緯|「日本国の三諸山(三輪山)に住まむ。」by大物主神

2015.12.20


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。