常世の国とは?海上遥か彼方にある理想郷!日本神話的「常世國」を徹底解説!

 

常世国とは、海上遥か彼方にある理想郷。

日本神話に登場する異界の一つで、不老長寿を象徴。日本神話的には、多分、現在の三重県熊野灘のはるか向こう。

今回は、そんな「常世の国」について日本神話視点でお届けいたします。

 

常世の国とは?海上遥か彼方にある理想郷!日本神話的「常世國」を徹底解説!

常世国とは?

「常世國」とはどんなところか?

比較的、具体的に記述されているのが、『日本書紀』垂仁天皇条。このお方、第11代の天皇で140歳まで生きたとか生きなかったとか。。

晩年、天皇は田道間守たぢまもりに、常世國に行って「非時香菓ときじくのかくのみ」をとってくるように命じます。

非時香菓ときじくのかくのみ」とは「たちばな」のこと、つまりミカン。「不老長寿の実」として位置づけられていたようです。

  • 天皇は知っていた。常世國があることを。
  • そこには不老長寿の実である「非時香菓ときじくのかくのみ」がある。
  • これを食べる事で永遠の命を。。。???

といった感じで、歴史の記述ながら、かなり神ってます。

その伝承現場がコチラ。

『日本書紀』巻六 垂仁天皇条

 九十年の春二月きさらぎの庚子のつひたち、天皇、田道間守たぢまもりみことおほせて、常世國とこよのくにつかはして、非時香菓ときじくのかくのみを求めしむ。香菓かくのみ、此をば箇倶能未かくのみと云ふ。今たちばなと謂ふは是なり。

 九十九年秋七月ふみづき戊午つちのえうまつひたち、天皇、纏向宮まきむくのみやかむあがりましぬ、時に年百四十歲。

 冬十二月の癸卯みづのとのうの朔壬子みづのえねのひに、菅原伏見すがはらのふしみみささぎはぶりまつる。

 明年の春三月はるやよひ辛未かのとひつじついたち 壬午みづのえうまのひに 田道間守 常世國より至れり。則ちもてまうでいたる物なるは、非時香菓ときじくのかくのみ八竿八縵やほこやかげ田道間守、是に、泣き悲歎きて曰す、おほみこと天朝みかどうけたまはりて、遠く、絶域はるかなるくにまかり、萬里浪とほくなみみて、遥に弱水よわのみづわたる。是の常世國とこよのくには、神仙ひじり秘區かくれたるくにただひといたらむ所に非ず。是を以て、往來ゆきかよあひだに、自づからに十年にりぬ。おもひきや、ひとりたかなみしのぎて、更本土に向むといふことを。然るに、聖帝の神靈に頼りて、僅に還り來ることを得たり。今天皇既に崩りましぬ、復命すこと得ず。臣生けりといえども、亦何の益かあらむ。」乃ち天皇之陵に向りて、叫び哭きて自ら死れり。群臣聞きて皆淚を流す。田道間守は、三宅連の始祖なり。

 九十年春二月庚子朔、天皇命田道間守、遣常世國、令求非時香菓。香菓、此云箇倶能未。今謂橘是也。
 九十九年秋七月戊午朔、天皇崩於纏向宮、時年百卌歲。冬十二月癸卯朔壬子、葬於菅原伏見陵。
 明年春三月辛未朔壬午、田道間守至自常世國、則齎物也、非時香菓八竿八縵焉。田道間守、於是、泣悲歎之曰「受命天朝、遠往絶域、萬里蹈浪、遙度弱水。是常世國、則神仙祕區、俗非所臻。是以、往來之間、自經十年、豈期、獨凌峻瀾、更向本土乎。然、頼聖帝之神靈、僅得還來。今天皇既崩、不得復命、臣雖生之、亦何益矣。」乃向天皇之陵、叫哭而自死之、群臣聞皆流淚也。田道間守、是三宅連之始祖也。

ということで。「常世國」のことが比較的詳しく記述されてる箇所でした。

先にポイントとなる語句解説を。

常世の国から持って帰ってきた「非時香菓八竿八縵ときじくのかくのみやほこやかげ」について。
これは、非時香菓が「八竿八縵やほこやかげ」なので、たくさんの竿、つまり串刺し団子のような感じで串に刺した形のもの、&たくさんの縵、つまり干し柿のような感じでミカンを縄で括り付けた形のもの。

つまり、「ミカンをたくさんの串に刺した形のもの&たくさんのミカンを縄で括り付けた形のもの」のようです。常世の国の名産品???

常世の国へ渡るときに通る「弱水」について。
これは、鳥の毛すら浮いてしまうくらい比重がめちゃくちゃ軽い特別ゾーンのこと。漢籍『玄中記』には「崑崙には弱水があり、鳥の毛すら載せられない(有崑崙之弱水、鴻毛不能載)」と伝えます。フツーでは渡れない超特殊ゾーンであります。

さて、

この伝承から言えるのは以下。

  • 田道間守たじまのもりを常世國へ派遣して「非時香菓ときじくのかくのみ」を求めさせた。
  • 10年後、ようやく帰還。その時、持って帰ってきたのは、非時香菓ときじくのかくのみ八竿八縵やほこやかげ
  • 常世國は海上の絶域はるかなるくににあり、多くの波を越え、さらに遥な弱水よわのみづを渡る。
  • しかも、神仙ひじりの「秘區かくれたるくに」であって、フツーの人が行けるような場所じゃない
  • 往復で10年かかる、遠いだけかもしれんけど、もしかすると流れる時間速度も違うかも

ロマンだよね。

スゲーロマンだ。まずはこの世界観をしっかりチェック。

 

日本神話における常世國とは?

常世の国のイメージをチェックしたところで、
ココからは、実際に日本神話で登場する「常世國」をご紹介。ココから神話世界でどのような設定になっていたかを読み解きます。

神話世界で登場する「常世國」は2箇所。

国造り神話と建国神話。登場神は、少彦名神と三毛入野命。

ついでに、おまけとして、歴史時代ですが天照大神の伊勢神宮創始伝承もお届けします。

まずは神話世界から2つ。

『日本書紀』第八段〔一書6〕:国造り神話の中で伝える常世郷

大己貴神が少彦名命と力を合せて国作りの業を終えた後、少彦名命は「熊野の御碕」に行き、そこから」常世郷」に渡ったと伝えます。

 その後、少彦名命は熊野の岬まで行き至ったところで、遂に常世郷とこよのさとってしまった。またこれとは別に、淡嶋あはのしまに至って、粟の茎をよじ登れば、弾かれて常世郷に渡り至ったという。

 其後少彦名命行至熊野之御碕。遂適於常世郷矣。亦曰。至淡嶋、而縁粟茎者。則弾渡而至常世郷矣。

先にポイントとなる語句解説を。

「熊野之御碕」は、和歌山県熊野灘周辺にある岬。

淡嶋。この島を鳥取県米子市の上粟島や下粟島とする説(『釈紀』所引『伯耆風土記』)もあるのですが、日本海や瀬戸内海周辺で探すことができ、どれがどこと、比定できないようです。

ということで、

和歌山県熊野灘にある「熊野之御碕」から「常世郷」に往ったと。なので、常世の國は熊野灘からさに海上方面に往ったところにあるってことですね。

『古事記』上巻の記述も、国を作り固めた後で少彦名神は常世の国に渡ったとあります。

 

『日本書紀』神武紀:建国神話の中で伝える常世郷

三毛入野命は神武天皇の兄。神武天皇は四人兄弟。三毛入野命は三男であります。で、東征に従軍していたのですが、熊野灘で暴風雨に遭い、嘆きごとを言いながら常世郷に往く、、、

三兄の「三毛入野命みけいりののみこと」 もまた、「我が母と姨とは共に海神である。それなのにどうして波濤を立てて溺らせるのか。」と恨み言を言い、波の先を踏んで常世とこよの郷に往ってしまった。

三毛入野命、亦恨之曰「我母及姨並是海神。何爲起波瀾、以灌溺乎。」則蹈浪秀而往乎常世鄕矣。

暴風雨の中で往ってしまう訳で、その方向はやはり海上、太平洋方面になります。

『古事記』では何も伝えず上巻末尾の鵜草葺不合命の子を並べたところに、御毛沼命は波の穂を跳みて常世の国に渡ったとだけ伝えてます。

以上が、神代における常世の國の記述。なんか見えてきましたね。

おまけとして、以下。

『日本書紀』巻六 垂仁天皇条:天照大神の伊勢選択の理由

垂仁天皇条において、天照大神が伊勢の地を選んだ理由として、

この神風の伊勢国は、常世の浪の 重浪しきなみ する国なり。傍国の 可怜うまし国なり。是の国に 居らむと欲ふ。

「この神風が吹く伊勢国は、理想郷から打ち寄せてくる波が幾重にも重なって次々に打ち寄せる国。宮中から遠く離れた国だけれど、とても美しい国だ。この国に居ることにしよう。」

と伝えます。

「(伊勢は)常世とこよの浪が幾重にも重なって次々に打ち寄せる国だ」と。「常世とこよの浪」とは、「常世の郷から打ち寄せて来る波」。

ということで、

伊勢の国は、そんな理想郷からの波がおしよせる美しい国、だからここに住みます、と宣言した天照大神。コレも同じ場所を指してますよね。

 

日本神話的「常世の國」の場所

これまでご紹介した3つの伝承から、日本神話的「常世の國」がどこにあるのか?考えてみます。

  • 少彦名命は「熊野の御碕=和歌山県熊野灘周辺の岬」まで行き至ったところで、常世郷とこよのさとってしまった。
  • 三兄の「三毛入野命みけいりののみこと」 は熊野周辺で暴風雨に遭遇、なんでやねんと恨み言を言いつつ、波の先を踏んで常世とこよの国に往ってしまった。
  • 伊勢国=三重県は、常世國からの波が押し寄せる所。

すべて、紀伊半島の南東、熊野灘より海上遙か彼方を指していることが分かりますよね。

ということで、コチラ!

距離的には往復10年かかるらしいので、相当遠いイメージで。「非時香菓ときじくのかくのみ」、食べてみたいなー

 

まとめ

常世国とは、海上遥か彼方にある理想郷。

日本神話に登場する異界の一つで、不老長寿を象徴。日本神話的には、多分、現在の三重県熊野灘のはるか向こう。

日本神話的には、

  • 常世國は海上の絶域はるかなるくににあり、多くの波を越え、さらに弱水よわのみづという特殊ゾーンを渡る必要がある。
  • 神仙ひじりの「秘區かくれたるくに」であって、フツーの人が行けるような場所じゃない。
  • 往復で10年かかる、遠いだけかもしれんけど、もしかすると流れる時間速度も違うかも
  • 不老長寿をもたらす「非時香菓ときじくのかくのみ」がある。
  • 伊勢の海岸には、この常世國から波が押し寄せている。。。

ということで、

そんな世界感を是非チェックです。

 


開催中!大阪よみうり文化センター天満橋教室
御代替わりの祭儀をめぐる日本神話との関わり

日本神話.comの神話記事監修をしていただいている佛教大学名誉教授榎本先生の講座が大阪の天満橋で開催中です!代替わりの節目となる年。「古事記」「日本書紀」「万葉集」などの文献に沿って天皇との関わりや即位をめぐる歴史・制度の変遷をたどり、古代~近代日本の本質について読み解きます。骨太な熱血講義でお届け中!
月1回開催。3000円前後。途中からのご参加も可能です。詳しくは大阪よみうり文化センター天満橋教室へお問い合わせください。ぜひお気軽にご参加くださいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです! 日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。 「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信中。最新の学術情報を踏まえしっかりとした日本神話解釈をお届け。是非チェックしてくださいね。