牛肉どまん中|牛丼風!山形県産米「どまんなか」の上にたっぷりのったジューシー牛肉がおいしすぎる件|1150円|東京駅のお弁当

駅弁をこよなく愛するさるたひこです。

東京駅の「SouthCourt ecute」で発見したお弁当がおいしすぎたので勢いそのままに前のめりでご紹介です。

 場所は、東京駅の八重洲中央南の新幹線乗り換え口近くにある「SouthCourt ecute」内。

お弁当牛肉どまん中 (8)

▲新幹線乗換口の目の前

お弁当牛肉どまん中 (6)

▲SouthCourt ecuteの左奥にお店があります。

お弁当牛肉どまん中 (4)

▲いっぱいお弁当が並んでます。駅弁好きにはたまらない空間。。。(*´Д`)ハァハァ

お弁当牛肉どまん中 (2)

▲人気No.1であります。

 「牛肉どまん中」

シンプルにど真ん中を訴求しようとするその姿勢が、粋(いき)。

プロデュースは「新杵屋(しんきねや)」さん。

山形県米沢市で大正10年創業。歴史と伝統のある会社です。未だに「有限会社」というところも好感度をアゲてくれます。

 このお弁当、山形新幹線開業にあわせて開発され、人気を呼び今では全国展開する駅弁になった経緯あり。

その美味しさの秘密はコチラで! 

ポイントは2つ。

  • 山形県産米「どまんなか」を使用。ふっくら炊き上げ
  • 特製のタレで味付けした牛そぼろと牛肉煮

流石でございます。

 

東京駅のお弁当|牛肉どまん中|牛丼風!山形県産米「どまんなか」の上にたっぷりのったジューシー牛肉がおいしすぎる件

まずは外装チェック。

お弁当牛肉どまん中 (9) お弁当牛肉どまん中 (11)

▲オープン!

お弁当牛肉どまん中 (12)

▲いいですね!色使いとか、全体のバランスとか、とってもあったかいものを感じます。

お弁当牛肉どまん中 (14)

▲すごい!深く降りつもった雪のような、、、、、、、、肉!

お弁当牛肉どまん中 (13)

▲しつこいか!でもおいしそー

お弁当牛肉どまん中 (15)

▲おかず越しに、、、

 

ということでいただきます!

お弁当牛肉どまん中 (18)

▲ふっくら!う、うまーい!!!

お弁当牛肉どまん中 (19)

▲そぼろも良い感じ!ほんとふっくらです。

 

 

ということで、

お弁当牛肉どまん中 (1)

ごちそうさまでした!

 

賛否両論お弁当 (26)

▲晴れてよかったなー

 

至福。。。

 

と、いうことで、いきましょう。

恒例の。

感想

勝手にこんな指標でチェック。仕事柄、こんなのが出てきてしまうのです。

栄養バランスが良い 4
ボリュームたっぷり 5
ネーミング・コンセプトとの一貫性を感じる 5
コピーと価格の整合性が取れてる(煽り過ぎてない) 5
コストに対するパフォーマンスが良い 5
コダワリとか想い入れとか愛とか 5
合計 29

※[5]すばらしい、[4]良い、[3]普通、[2]課題有、[1]全然ダメ

キター!!総合評価、達成率96.7%であります!!!!!

なんかね、温かいんですよ。このお弁当。流れてる風が。しかも美味い!オススメの一品です。

 

まとめ

 「牛肉どまん中」

山形県産米「どまんなか」をふっくら炊き上げ、その上に特製のタレで味付けした牛そぼろと牛肉煮をのせた牛丼風のお弁当。

シンプルにど真ん中を訴求しようとするその姿勢が、粋(いき)。

プロデュースは山形県米沢市出身の「新杵屋(しんきねや)」さん。大正10年創業!

 山形新幹線開業にあわせて開発され、人気を呼び今では全国展開する駅弁になった経緯あり。

  • 山形県産米「どまんなか」を使用。ふっくら炊き上げ
  • 特製のタレで味付けした牛そぼろと牛肉煮

は、ほんとうにあったかい風が流れていて美味しかったです。オススメの一品。

 

こちらの記事もどうぞ。旅とお弁当のお供に日本神話がオススメです。

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

2016.01.13

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08

 

こちらもスル―禁止!お弁当シリーズまとめ!

東京駅のオススメ弁当(駅弁)10選!東京駅利用者に告ぐ!実食結果を独自指標でランキング化してまとめてみた!

2016.06.06

羽田空港のオススメ弁当(空弁)15選!空港利用者に告ぐ!これが羽田空港でゲットできる弁当(空弁)たちだ!

2016.06.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。