天之御中主神|高天の原の神聖な中央に位置する主君。天地初発の時に高天の原に成りました最初の神。

 

『古事記』を中心に登場する神様をご紹介します。今回は「天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」です。

『古事記』では、「天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」。『日本書紀』では「天御中主尊あめのみなかぬしのみこと」として登場。

名義

天の中央に主として座す神

あめ」は、「あまつ神」の住む天上界、またその天上界を賛美する心から美称として用いられます。

御中みなか」は、同一平面の中央ではなく、あれこれ対立するもののその真ん中の意味。

『万葉集』で、富士山を詠んだ歌に「なまよみの甲斐の国、うち寄する駿河の国と、こちごちの国のみ中ゆ、出で立てる富士の高峰は(以下略)」とうたい、この山を、甲斐国(山梨県)と駿河国(静岡県)とあちらこちらの国のちょうど真ん中からそびえ立つものと位置づけています。

富士山が四方を見下ろす独立峯であり、それゆえにまた山々の盟主であると同じく、天之御中主神も、神々の主たる位置に立つということです。

この「御中主」の位置が、同じく高天原に化成した高御産巣日神たかみむすひのかみ神産巣日神かみむすひのかみとのちょうど真ん中に当たるという事。この関係はしっかりチェック。

「主」は「主人・主君たるお方」という意味の尊称。

活動と位置づけ

「参神造化のはじめ」とあり、造化(創造化育)神とされており、『古事記』本文では天地初発の時に高天の原に化成した最初の神で、独神ひとりがみで身を隠しており、5柱の「別天ことあまつ神」の一柱としているだけで、以後、この神を活動させることは全くありません。

⇒「造化三神(ぞうかさんしん)|天と地ができたその原初の時に、高天原に成りました三柱の神神。あとに誕生する神神に、彼らが活躍する世界を譲り、自らは立ち退く立場を取る奥ゆかしすぎる神神。

⇒「独神(ひとりがみ)|単独で誕生し、男女の対偶神「双神」と対応する神。双神が生みなしたこの世界と神々とに関わり、その活躍を導き助力する存在

⇒「別天神(ことあまつかみ)|神世七代に先立って特別に誕生した五柱の神々。『日本書紀』との比較から眺めることで、その位置づけや解釈に奥行きや深みがでてきます。

で、誕生してすぐ身を隠す、

つまり、活動させない・しない理由については以下の通り。

名義のところで解説したように、「御中=あれこれ対立するもののその真ん中」という意味から、天之御中主あめのみなかぬし単体で解釈するのではなく、高御産巣日神たかみむすひのかみ神産巣日神かみむすひのかみとの関係を踏まえて理解する必要があります。

国や神々が誕生したあとの世界で、高御産巣日神たかみむすひのかみは高天原系の神の代表、一方の神産巣日神かみむすひのかみは出雲系の神の代表として、それぞれ活躍します。

→参考:「高御産巣日神|造化三神の一柱で、天之御中主神に次いで二番目に化成した独神で別天つ神。「産霊」ならびに「産日」の霊能を発動。

→参考:「神産巣日神|造化三神の一柱で3番目に高天の原に化成した独神。生命体の蘇生復活を掌る至上神。

この両神が対立的関係のもとに、それぞれ役割を分担し、一方で、対立的な関係とは言え実質的には、高天原系の神が出雲系の神を支配する関係でもあるので、それゆえに、両神を融和的に止揚する必要があります

この神話的要請に応える存在がまさに天之御中主神あめのみなかぬしのかみなのです。

天之御中主神あめのみなかぬしのかみについては、往々にして『古事記』冒頭の位置を占め、またその名義にも見られるように、「諸神の中心的な存在であるこの神が、再び登場することが無いのは不審である」と評されますが、存在そのものにこそ、この神の意義があると言えます。

活動すれば高御産巣日神たかみむすひのかみ神産巣日神かみむすひのかみの役割分担に干渉しかねないばかりか、調和的な両神の関係を破りかねません。

その意味で、両神の活動と役割分担を保証し、裏打ちする存在が天之御中主神あめのみなかぬしのかみと言えるのです。

始祖とする氏族

後代において、中臣氏の遠祖とおつおやとして系譜づけられるようになりました。(『続紀』天応元年7月16日の条)

登場箇所

天御中主尊『日本書紀』神代

天之御中主神『古事記』上

天御中主尊逸文『伊勢風土記』

参考文献:新潮日本古典集成 『古事記』より 一部分かりやすく現代風修正。

 

天地開闢まとめはコチラで!

『古事記』版☟

『古事記』本文より「天地開闢」の語訳とポイント|天に五柱の別天つ神、地に七代の神々出現。神名を連ねる手法で天地初発を物語る。

2016.09.16

『日本書紀』版☟

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

日本神話の概要をコチラで是非☟

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08

日本神話好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。