天之御中主神|天地初発に高天原に成りました最初の神。天之御中主神の神名由来、役割を徹底解説!

 

『古事記』を中心に、日本神話に登場する神様について、どこよりもディープにご紹介します。

今回は「天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」です。

『古事記』では、「天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」。『日本書紀』では「天御中主尊あめのみなかぬしのみこと」として登場。

天、高天原の中央に主として座す神として、
同じく高天原に化成した高御産巣日神たかみむすひのかみ神産巣日神かみむすひのかみとのちょうど真ん中に当たる神として位置付けられます。

高御産巣日神たかみむすひのかみは高天原系の神の代表、一方の神産巣日神かみむすひのかみは出雲系の神の代表として、それぞれ活躍。

一方で、高天原系と出雲系は対立的関係でもあり、とは言え、高天原系の神が出雲系の神を支配する関係でもあるので、それゆえに、両神を融和的に止揚する必要があります

この神話的要請に応える存在が天之御中主神あめのみなかぬしのかみです。

今回は、そんな「天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」について詳しく解説していきます。

 

天之御中主神|高天原の神聖な中央に位置する主君。天地初発の時に高天原に成りました最初の神。

天之御中主神の名義

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」の名義から解説。神名に込められたメッセージを読み解きます。

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」とは、

天の中央に主として座す神

あめ」は、「あまつ神」の住む天上界、特に高天原のこと。接頭語として、天上界を賛美する美称として用いられてます。

御中みなか」は、同一平面の中央ではなく、あれこれ対立するものの真ん中の意味。

御中みなか」の用例としては、例えば、
『万葉集』で、富士山を詠んだ歌に「なまよみの甲斐の国、うち寄する駿河の国と、こちごちの国のみ中ゆ、出で立てる富士の高峰は(以下略)」とうたい、この山を、甲斐国(山梨県)と駿河国(静岡県)とあちらこちらの国のちょうど真ん中からそびえ立つものと位置づけています。

「主」は「主人・主君たるお方」という意味の尊称。

つまり、

富士山が四方を見下ろす独立峯であり、それゆえにまた山々の盟主であると同じく、天之御中主神も、神々の主たる位置に立つということです。

この「御中主」の位置が、同じく高天原に化成した高御産巣日神たかみむすひのかみ神産巣日神かみむすひのかみとのちょうど真ん中に当たるという事。この関係はしっかりチェックです。

 

天之御中主神の活動と位置づけ

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」はどんな神なのか、その活動からチェック。

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」は、「参神造化のはじめ」とあり、造化(創造化育)神とされてます。

まず、『古事記』序文で登場し、その後本文で再び登場。

ところが、本文では、天地初発の時に高天の原に化成した最初の神で、独神ひとりがみで身を隠しており、5柱の「別天ことあまつ神」の一柱としているだけで、以後、この神を活動させることは全くありません。

なので、まずは、『古事記』序文をチェック。

序文とは、『古事記』の概略を説明した箇所であります。ココから、「造化三神ぞうかさんしん」部分を抜粋。

乾坤けんこん初めて分かれて、参神造化さんしんぞうかはじめとなり、陰陽ここに開けて、二霊群品のおやとなりき。(『古事記』序文より)

「乾坤」とは、天と地のこと。陰陽とは、男女の両性のこと。群品とは、万物のこと。

なので、訳出すると、

天と地が初めて分かれて、三神が最初に出現した神であり、男女両性がここに開かれ、伊邪那岐・伊邪那美神が万物の祖となった。

といった意味。コレが「造化三神」と呼ばれる神様カテゴリの由来。

で、この「参神さんしん」の中の一神が、「天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」とされてるのです。それは本文を読めば分かる仕掛け。

ということで、

次に、『古事記』本文をチェック。

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」は『古事記』上巻で登場。その中で、特に「造化三神」に関する部分を抜粋します。

天地初めて發りし時に、高天たかあまの原に成りませる神の名は、天之御中主あめのみなかぬしの神。次に、高御産巣日たかみむすひの神。次に、神産巣日かみむすひの神。此の三柱みつはしらの神は、みな独神ひとりがみと成りまして、身を隠したまひき。

●必読→ 『古事記』本文より「天地開闢」の語訳とポイント|天に五柱の別天つ神、地に七代の神々出現。神名を連ねる手法で天地初発を物語る。

ということで、「天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」についてポイント5つ。

  1. 天地開闢の最初に誕生した神である
  2. 高天たかあまの原に成りました神である
  3. 三柱の神である
  4. 独神である
  5. (成ってすぐに)身を隠した。

まー、いろいろあります。

各ポイントの詳細はコチラでしっかりチェック。

●必読→ 高天原(たかまがはら)とは? 天の原からさらに上、世界を統治する至尊神の君臨する場所

●必読→ 造化三神(ぞうかさんしん)|天と地ができたその原初の時に、高天原に成りました三柱の神神。あとに誕生する神神に、彼らが活躍する世界を譲り、自らは立ち退く立場を取る奥ゆかしすぎる神神。

●必読→ 独神(ひとりがみ)|単独で誕生し、男女の対偶神「双神」と対応する神。双神が生みなしたこの世界と神々とに関わり、その活躍を導き助力する存在

でだ、

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」については、これ以上は何も伝えていません。なので、正直よく分からないのが実際の所であります。

ただ、神名にある通り、「真ん中の主」としての神である訳で、

ということは、一緒に誕生した高御産巣日神たかみむすひのかみ神産巣日神かみむすひのかみをチェックすることで理解が深まります。

ということで、

●必読→ 高御産巣日神|造化三神の一柱で、2番目に化成した独神。「産霊」ならびに「産日」の霊能を発動。

●必読→ 神産巣日神|造化三神の一柱で、3番目に化成した独神。生命体の蘇生復活を掌る至上神。

でだ、

名義のところで解説したように、「御中=あれこれ対立するもののその真ん中」という意味から、天之御中主あめのみなかぬし単体で解釈するのではなく、高御産巣日神たかみむすひのかみ神産巣日神かみむすひのかみとの関係を踏まえて理解する必要あり。

国や神々が誕生したあとの世界で、高御産巣日神たかみむすひのかみは高天原系の神の代表、一方の神産巣日神かみむすひのかみは出雲系の神の代表として、それぞれ活躍します。

この両神が対立的関係のもとに、それぞれ役割を分担。

一方で、対立的な関係とは言え実質的には、高天原系の神が出雲系の神を支配する関係でもあるため、それゆえに、両神を融和的に止揚する必要があるのです。

この神話的要請に応える存在が、まさに天之御中主神あめのみなかぬしのかみなのです。

天之御中主神あめのみなかぬしのかみについては、往々にして『古事記』冒頭の位置を占め、またその名義にも見られるように、「諸神の中心的な存在であるこの神が、再び登場することが無いのは不審である」と評されますが、存在そのものにこそ、この神の意義があると言えます。

活動すれば高御産巣日神たかみむすひのかみ神産巣日神かみむすひのかみの役割分担に干渉しかねないばかりか、調和的な両神の関係を破りかねません。

その意味で、両神の活動と役割分担を保証し、裏打ちする存在が天之御中主神あめのみなかぬしのかみと言えるのです。

 

天之御中主神を始祖とする氏族

後代において、中臣氏の遠祖とおつおやとして系譜づけられるようになりました。(『続紀』天応元年7月16日の条)

 

天之御中主神の登場箇所

天御中主尊『日本書紀』神代

天之御中主神『古事記』上

天御中主尊逸文『伊勢風土記』

 

まとめ

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ

天の中央に主として座す神

『古事記』では「天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」。『日本書紀』では「天御中主尊あめのみなかぬしのみこと」として登場。

天、高天原の中央に主として座す神として、
同じく高天原に化成した高御産巣日神たかみむすひのかみ神産巣日神かみむすひのかみとの、ちょうど真ん中に位置する神。

『古事記』本文では、

  1. 天地開闢の最初に誕生した神である
  2. 高天たかあまの原に成りました神である
  3. 三柱の神である
  4. 独神である
  5. (成ってすぐに)身を隠した。

と伝えています。

ポイントは、「天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」単体で理解するのではなく、神名の通り関係性の中で整理すること。

同時に誕生した高御産巣日神たかみむすひのかみ神産巣日神かみむすひのかみ

高御産巣日神たかみむすひのかみは高天原系の神の代表、一方の神産巣日神かみむすひのかみは出雲系の神の代表として、それぞれ活躍。

一方で、高天原系と出雲系は対立的関係でもあり、とは言え、高天原系の神が出雲系の神を支配する関係でもあるので、それゆえに、両神を融和的に止揚する必要がありますこの神話的要請に応える存在が天之御中主神あめのみなかぬしのかみということ。

両神との調和的な関係の中で、もっというと、高天原と出雲との調和的な関係の中で、主として存在しているところに「天之御中主神あめのみなかぬしのかみ」の中心的な役割と意味があります。

 

参考文献:新潮日本古典集成 『古事記』より 一部分かりやすく現代風修正。

天地開闢まとめはコチラで!

『古事記』版☟

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳、解説!神名を連ねる手法で天地開闢を物語る。

09/16/2016

『日本書紀』版☟

天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016

日本神話の概要をコチラで是非☟

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

01/08/2016

日本神話好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮|天照大神を祭る日本最高峰の宮!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

09/28/2016

出雲大社|幽界(神事)を司る大国主を祀る!幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

10/23/2016

橿原神宮|日本建国の地!初代「神武天皇」が即位した地「橿原神宮」を徹底解説!

01/18/2016

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

05/06/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他