十割そば森本屋|那智勝浦のランチにおススメ!古民家でいただく極上の蕎麦と新鮮まぐろ丼がマジで美味い!紀伊勝浦駅から徒歩10分の近さも魅力の地元和食料理店|和歌山県那智勝浦

「十割そば森本屋」さんは、和歌山県の那智勝浦町にある和食のお店。

ココ、もとは1日2組限定のお宿「森本屋」が母体。2003年の秋からおそば屋の営業も開始。それが「十割そば森本屋」。

南紀勝浦の新鮮な海の幸を使った料理はレベル高すぎで、しかも、古民家活用で雰囲気がとってもいい感じ♪

今回は、那智勝浦にある超おススメのお蕎麦屋さんをご紹介します。

 

十割そば森本屋|那智勝浦のランチにおススメ!古民家でいただく極上の蕎麦と新鮮まぐろ丼がマジで美味い!紀伊勝浦駅から徒歩10分の近さも魅力の地元和食料理店。

森本屋の外観とか

勝浦港の通りから一本入ったところにあります。

蕎麦森本屋 (30) (1024x768)

▲古民家!とっても味のある外観で素晴らしいです。

 

蕎麦森本屋 (32) (1024x768)

▲無駄に近撮。こちら「ピン玉」と呼ばれるガラスの玉。キレイですねー

ピン玉とは、漁に使う網を浮かせたり目印にする漁具のこと。マグロの延縄漁はえなわりょうにも使われていたそうです。

 

蕎麦森本屋 (31) (1024x768)

▲一つひとつ演出に工夫が凝らしてあって、ほんと好印象です。

 

駐車場もあるので、お車でお越しの際はご利用ください。こちら、お店の隣にあります。蕎麦森本屋 (1) (1024x768)

 

中に入ると、、、

蕎麦森本屋 (2) (1024x768)

とか

蕎麦森本屋 (4) (1024x768)

とか

蕎麦森本屋 (27) (1024x768)

とか!もう、こういうの大好きな人にはビンビンに感じるスポットなのではなかろうか。。。

食事をいただく前におなか一杯です。なんて。

 

今回は家族で行きまして、通していただいたのは奥の部屋。

蕎麦森本屋 (7) (1024x768)

▲なんかね、田舎の実家に帰ってきたような感じなんですよ。ホント。くすぐり方がお上手です。

 

店舗コンセプトも、

昔風の個人的な御宿として、古めかしい家族的な雰囲気を保ち、昔ながらの安らげる佇まいで、皆様のお越しをお待ちしております。

とのことで、その一貫性をもった展開が素晴らしいのです。

 

お蕎麦とまぐろ丼

 まずはお蕎麦をご紹介。

ざるそばをオーダー。700円。

蕎麦森本屋 (15) (1024x768)

からの、、、

蕎麦森本屋 (18) (1024x768)

▲見てください!この瑞々しい美味しそうな蕎麦!サイコーです! 

コチラのお店は、その名のとおり「十割蕎麦」が売り。

これは小麦のつなぎを使わない蕎麦のことで、色は通常の蕎麦より黒っぽい感じになります。

香りや風味が強くでる一方、つなぎがないので作業に手間がかかるのです。蕎麦の強い風味に負けない濃いめの出汁を使うことが多いようですね。

 では、

いただきます!

蕎麦森本屋 (23) (1024x768)

う、うまーーーーーーーーーーーーーーー!

キレがあって、蕎麦の香りがしっかりいたします。スゴイ、レベル高いぞ!

 

そして丼!

まぐろ丼をオーダー。900円。

蕎麦森本屋 (8) (1024x768)

からの、、、

蕎麦森本屋 (10) (1024x768)

どーーーん!!! おいしそー!!!!!

だって目の前漁港だし。勝浦はマグロで有名だし。外す要素が無いですよね。

蕎麦森本屋 (21) (1024x768)

 う、うまうまーーーーーーーーーーーーーーー!

本日2回目!!

いやーこれは美味しいです。ホント。ランチはココで間違いない!

 

あっという間に完食です!ごちそうさまでした!

 

そして、、、

蕎麦森本屋 (24) (1024x768)

はい。そうします。

 

まとめ

十割そば森本屋

和歌山県の那智勝浦町にある和食のお店。

もとは民宿「森本屋」が母体で、2003年の秋からおそば屋の営業も開始。

南紀勝浦の新鮮な海の幸を使った料理はレベル高すぎで、しかも、古民家活用で雰囲気がとってもいい感じです♪

那智勝浦にお越しの際は、是非。ランチも超おススメの蕎麦屋さんです。

 

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦451

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦451

営業時間:11時から14時 ・ 17時から20時

定休日:第2火曜日 ・ 第4火曜日

電話:0735-52-4578

駐車場 :あり(無料)5台分

JR紀勢本線「紀伊勝浦駅」から徒歩7~10分。

TEL 0735-52-4578  FAX 0735-52-7481

HPはコチラから!十割蕎麦森本屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。