別天神(ことあまつかみ)|神世七代に先立って特別に誕生した五柱の神々。『日本書紀』との比較から眺めることで、その位置づけや解釈に奥行きや深みがでてきます。

 

日本神話に登場するいろいろな言葉、語句を解説します。今回は「別天神ことあまつかみ」です。

『古事記』に独自な神であり、「国之常立神くにのとこたちのかみ」に始まる「神世七代かみよななよ」の神々に先立って誕生する神。

『古事記』の伝承では、この神々が天地(高天原)の始まりに伴って誕生する祖先神ということなります。

この別天神は5柱です。

最初に高天原で誕生する3神と、次に、できたばかりで形の定まらない国に誕生した2神の、都合5柱です。

一覧整理するとこんな感じ。

%e7%a5%9e%e6%a7%98%e4%b8%80%e8%a6%a7

上記は『古事記』伝承ですが、

『日本書紀』の神代紀では、天地の始まりに伴って最初に誕生した「純男じゅんだん」と、続いて誕生した「対偶神(男神と女神の一組)」とを一括して「神世七代かみよななよ」と称しています。

なので、『日本書紀』から眺めると、『古事記』は「神世七代」のさらに前に「別天神ことあまつかみ」を置いていることになります。

ポイントはこの視点で、

「別」とは、まさしく神世七代かみよななよ」に先立って特別に誕生したことを強調する表現であるということ。

現に、最初の始祖神は、天の至尊・至高の場であり、のちに天照大御神が君臨統治する「高天の原」で誕生するわけです。

『古事記』は、こうして『日本書紀』の神代紀が伝える神よりさらに尊貴な神としての特別な地位を別天神に与えている、とも言えて。

そこに、神代紀を向こうにまわしていっそう尊貴な神々の体系を構築しようとした『古事記』のいわば野心的なものが見え隠れする訳です。

一方で、これをいうには『古事記』と『日本書紀』との成立の先後を見極める必要があるのですが。。。

いずれにしても、

『古事記』単体で「別天神ことあまつかみ」のことを理解しようとしても、「神世七代かみよななよより先だって誕生した尊貴な神々」としか言いようがないのですが、『日本書紀』との比較から眺めることで、その位置づけや解釈に奥行きや深みがでてくるのは間違いありません。

神々についての詳細はコチラから。

⇒「天之御中主神|高天の原の神聖な中央に位置する主君。天地初発の時に高天の原に成りました最初の神。

⇒「高御産巣日神|造化三神の一柱で天之御中主神に次いで2番目に成りました独神で別天つ神。「産霊」ならびに「産日」の霊能を発動。

⇒「神産巣日神|造化三神の一柱で3番目に成りました独神で別天つ神。生命体の蘇生復活を掌る至上神。

⇒「宇摩志阿斯訶備比古遅神|国土浮漂のとき、葦芽のように勢いよく芽生え伸びてゆくものを、神の依代として化成した独神で、身を隠していた別天つ神

⇒「天之常立神|国土浮漂のとき、葦芽に依って化成した独神。天空が永久に立ち続ける様子を現す。

 

天地開闢まとめはコチラで!

『古事記』版☟

『古事記』本文より「天地開闢」の語訳とポイント|天に五柱の別天つ神、地に七代の神々出現。神名を連ねる手法で天地初発を物語る。

2016.09.16

『日本書紀』版☟

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

日本神話の概要をコチラで是非☟

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08

日本神話好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮|日本神話から伊勢神宮を紐解く!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。