別天神(ことあまつかみ)とは? 天地のはじまりに誕生した独神で身を隠す五柱の神々!『古事記』をもとに別天神を徹底解説!

別天神

 

日本神話に登場する、重要ワード、重要エピソードをディープに掘り下げる「日本神話解説シリーズ」。

今回は、『古事記』をもとに

別天神ことあまつかみ

をお届けします。

『古事記』に独自な神であり、天地の始まりに誕生する5柱の神々。位置づけとしては、「神世七代かみよななよ」の神々に先立って誕生する非常に尊貴な存在。いずれも、独神であり、身を隠す。

別天神ことあまつかみ」ついては、『古事記』単体で解釈するほか『日本書紀』と比較してみると、その存在意義やメッセージがより明確になります。

今回は、そんな「別天神ことあまつかみ」について、『古事記』文献をもとに、『日本書紀』との比較も盛り込みながらディープに解説します。

 

別天神(ことあまつかみ)とは? 天地のはじまりに誕生した独神で身を隠す五柱の神々!『古事記』をもとに別天神を徹底解説!

別天神(ことあまつかみ)とは?『古事記』の登場箇所

まずは、「別天神ことあまつかみ」とはどんな神なのか?について、『古事記』の現場からチェック。

登場するのは、『古事記』上巻の冒頭。天地がはじめてできたところ。天之御中主あめのみなかぬしを筆頭に、5柱の神々が次々に誕生していく様を伝えます。

天地が初めておこった時に、高天原たかあまのはらった神の名は、天之御中主神あめのみなかぬしのかみ。次に、高御産巣日神たかみむすひのかみ。次に、神産巣日神かみむすひのかみ。この三柱みつはしらの神は、みな独神ひとりがみと成りまして、身を隠した。

 次に、国がわかく浮いている脂のように海月クラゲなすただよえる時に、葦牙あしかびのように萌えあがる物に因って成った神の名は、宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ。次に、天之常立神あめのとこたちのかみ。この二柱ふたはしらの神も、みな独神ひとりがみと成りまして、身を隠した。

 かみくだりの五柱の神は、別天神ことあまつかみである。

天地初發之時、於高天原成神名、天之御中主神訓高下天、云阿麻。下效此、次高御產巢日神、次神產巢日神。此三柱神者、並獨神成坐而、隱身也。次、國稚如浮脂而久羅下那州多陀用幣流之時流字以上十字以音、如葦牙、因萌騰之物而成神名、宇摩志阿斯訶備比古遲神此神名以音、次天之常立神。訓常云登許、訓立云多知。此二柱神亦、獨神成坐而、隱身也。上件五柱神者、別天神。  (『古事記』上巻より一部抜粋)

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳|神名を連ねて物語る古事記の天地開闢を分かりやすく解説!

09/16/2016

ということで、

天地のはじまりから5柱の神々が次々に誕生し、最後にそれらを一括して「別天神ことあまつかみ」として位置づけてます。みな独神ひとりがみであり、身を隠したと。

なお、神々についての詳細はコチラから。

⇒「天之御中主神|高天の原の神聖な中央に位置する主君。天地初発の時に高天の原に成りました最初の神。

⇒「高御産巣日神|造化三神の一柱で天之御中主神に次いで2番目に成りました独神で別天つ神。

⇒「神産巣日神|造化三神の一柱で3番目に成りました独神で別天つ神。生命体の蘇生復活を掌る至上神。

⇒「宇摩志阿斯訶備比古遅神|葦芽のように芽生え伸びてゆくものを依代として化成した独神で身を隠した別天神

⇒「天之常立神|国土浮漂のとき、葦芽に依って化成した独神。天空が永久に立ち続ける様子を現す。

ということで、まず確認したい基本事項、

別天神ことあまつかみ」が登場するのは『古事記』上巻の冒頭。天地のはじまりから5柱の神々が次々に誕生し、最後にそれらを一括して「別天神ことあまつかみ」として位置づけてる。みな独神ひとりがみであり、身を隠した神である。

てことで、チェック。

 

別天神(ことあまつかみ)とは?日本神話的に解釈する

別天神ことあまつかみ」の登場場面をチェックできたところで、ココからは、「別天神ことあまつかみ」とは何か?どんな意味があるのか?について突っ込んで解説。

別天神ことあまつかみ」を理解しようとするとき、大きく2つの視点からチェックする必要があります。

  1. 別天神ことあまつかみ」の「記載内容」からの視点
  2. 別天神ことあまつかみ」とそのあとに続く神々を踏まえた「位置づけ」の視点

ということで、

1つ目の「別天神ことあまつかみ」の記載内容からの視点とは、

  1. 「天地初めておこりし時に、高天原たかあまのはらりませる神」と「次に、国がわかく、浮ける脂のごとくして、海月クラゲなすただよへる時に、葦牙あしかびのごとく萌えあがる物によりて成りませる神」とは位置づけが違う神々である。
  2. 独神であり、身を隠す神である。

の2つ。

さらに、「別天神ことあまつかみ」とそのあとに続く神々を踏まえた「位置づけ」の視点とは、

  1. 別天神ことあまつかみ」のあとに誕生する神々を踏まえて位置づけを見てみる
  2. 『日本書紀』との比較を通じて解釈を深めてみる

てことで、

「ディープに解説シリーズ」なんで、以下、それぞれについてディープに分かりやすく解説!

 

1.「別天神ことあまつかみ」の「記載内容」からの視点

まずは、「別天神ことあまつかみ」について伝えてる内容から分かることをチェック。

まず1つ目。

①「天地初めておこりし時に、高天原たかあまのはらりませる神」と「次に、国がわかく、浮ける脂のごとくして、海月クラゲなすただよへる時に、葦牙あしかびのごとく萌えあがる物によりて成りませる神」とは位置づけが違う神々である。

「天地初めておこりし時に、高天原たかあまのはらりませる神」とは、「天之御中主神」「高御産巣日神」「神産巣日神」の三柱の神神であり、いわゆる「造化三神ぞうかさんしん」と呼ばれる神様たち。

「次に、国がわかく、浮ける脂のごとくして、海月クラゲなすただよへる時に、葦牙あしかびのごとく萌えあがる物によりて成りませる神」とは、「宇摩志阿斯訶備比古遅神」「天之常立神」の二柱の神神。

まず理解したいのは、別天神ことあまつかみ」の全5柱の神々は、3+2=5の構成になってるってこと。その違いは、高天原という至高の場所で生まれたかどうか。最初の三神は高天原で誕生し、それ以外は、恐らく天で誕生したと想定されます。

ここで、「造化三神」について。詳細コチラでチェック。

造化三神

造化三神(ぞうかさんしん)とは?|天と地ができた原初の時に、初めて高天原に成りました三柱の神々

10/07/2016

『古事記』では、他のどんな神よりも何よりも、「造化三神」を至高・至尊の存在として位置づけてるんです。コレ、『古事記』独自。

そもそも、『古事記』は国内向けの、天皇家の正当性を打ち出すために、恐らく、編纂当時の政治状況も踏まえて出雲に対して格別の配慮をしながら、それを大和勢力の中に組み込もうとしていた、、ことが伺える内容になってるんです。コレ、神話と歴史が交錯する超絶ロマン地帯。

このため、どこから生まれたかは知らないけれど、すでにある「高天原」という場を用意し、そこに「天之御中主神」「高御産巣日神」「神産巣日神」という3神を登場させてる。

中央・大和側代表の「高御産巣日神」、出雲代表の「神産巣日神」、そしてそれらを取り持ち、融和的に止揚する「天之御中主神」。絶妙な三角バランス。

造化三神の関係

これが「天地初めておこりし時に、高天原たかあまのはらりませる神」ということ。わざわざ、「天地が初めてできる時」と「高天原という場」を限定して伝えてますよね。

一方、続けて登場する2神、「宇摩志阿斯訶備比古遲神」「天之常立神」は、「次に、国がわかく、浮ける脂のごとくして、海月クラゲなすただよへる時に、葦牙あしかびのごとく萌えあがる物によりて成りませる神」ということで、位置づけとしては、次順の存在になるわけです。

まとめます。

別天神ことあまつかみ」の全5柱の神々は、「造化三神」と呼ばれる高天原で誕生した3神と、天で誕生した次順の存在たる2神の、2つに分かれる。5=3+2。

ということでチェック。

②独神であり、身を隠す神である。

別天神ことあまつかみ」の伝承内容から分かること、その2。

別天神ことあまつかみ」は、全て「独り神と成りまして、身を隠したまひき(独神成坐而隠身也)」とあるように、独神であり身を隠す神とされてます。

で、コレ、実は、「独神ひとりがみ」は「隠身かくしみ」とセットで使われる『古事記』独特の組み合わせなんです。ココがポイント!

独神ひとりがみ」については、単独で誕生し、男女の対偶神を指す「双神たぐへるかみ」と対応する神のこと。で、天地開闢においては、まず「独神ひとりがみ」が誕生し、続いてその後に「双神たぐへるかみ」が誕生するという流れ・順番。

独神

独神とは? 単独で誕生し身を隠す神々。双神の活躍を導き助力する「独神」を日本神話的に徹底解説!

09/12/2016

それを受けての、「身を隠す」という内容。

で、重要なのは、この「隠身」で。

「隠身」といえば、、、国譲りを迫られた大国主神がった処身方法で。天孫に国を譲り、わが身は表の世界から立ち退くことを言います。

『古事記』ではこれを、

この葦原の中つ国は、みことのまにまにすでに献らむ。ただあが住所すみかのみは、 (中略) 底つ石根いはね宮柱太みやばしらふとしり、高天の原に氷木高ひぎたかしりて治めたまはば、百足ももたらず八十坰手やそくまで隠りてはべらむ。 (『古事記』より一部抜粋)

と伝えます。

ちなみにこれは、『日本書紀』神代紀でも

天孫あめみまし此のほこて国を治めたまはば、必ず平安さきくましましなむ。今、我は当に百足ももたらず八十隈やそくまで隠去かくなむ。 (『日本書紀』より一部抜粋)

と共通する内容を伝えています。

このように、

大国主神の場合、天孫に国を譲り、わが身は表の世界から立ち退くことを「隠身」と言ってる訳で。そして、身を隠しながらも、天孫が治める国を陰からサポートする役割を担うってことでもあります。

これをもとに考えると、つまり、

独神ひとりがみ」として身を隠すとは、「双神たぐへるかみ」に、彼らの活躍する世界を譲り、自らは立ち退くこと、をいう訳です。

双神たぐへるかみ」の代表格は、伊耶那岐と伊耶那美神。まさに世界を創生する2神。国生みも神生みも、この世界を形作ったのは双神たぐへるかみ御業みわざで。それだけでも十分すぎるほど尊い話なんですが、それよりさらに尊い存在がいるってなれば、、、これはもう、、、よく分からない感じが必要で。

独神のあとに続けて誕生する「双神たぐへるかみ」に、彼らが活躍する世界を譲り、自らは立ち退く立場を取っている、というのは、まさにこの激しく奥ゆかしく神秘的な雰囲気が必要だから、とも言えますよね。やはり、、尊い存在はなかなか表には出てこないのです。。。だからこそ、なんかスゲーってなるんです。

ということで、

別天神ことあまつかみ」の記載内容からの視点で、2つ。

  1. 別天神ことあまつかみ」の全5柱の神々は、「造化三神」と呼ばれる高天原で誕生した3神と、天で誕生した2神の2つに分かれる。
  2. 独神ひとりがみ」として身を隠すとは、「双神たぐへるかみ」に彼らの活躍するこの世界を譲り、自らは立ち退くこと。この奥ゆかしいスタンスは、非常に尊貴な神ならでは。

「尊貴」って言葉をテーマに、その意味をしっかりチェック。

続けて、チェックすべき2つ目。

2.「別天神ことあまつかみ」とそのあとに続く神々を踏まえた「位置づけ」の視点

記載内容だけでなく、その他の神や、なんなら『日本書紀』と比較することが分かることがあるんです。コレ、2つあって、

  1. 別天神ことあまつかみ」のあとに誕生する神々を踏まえて位置づけを見てみる
  2. 『日本書紀』との比較を通じて解釈を深めてみる

てことで、

こちらも順に解説。

①「別天神ことあまつかみ」のあとに誕生する神々を踏まえて位置づけを見てみる

実は、『古事記』版天地開闢には、「別天神ことあまつかみ」の誕生の続きがありまして、、、それが「神世七代かみよななよ」と呼ばれる神様たちの誕生です。

神世七代

神世七代とは? 天地開闢に次々と誕生した尊貴な神様カテゴリ!『日本書紀』『古事記』をもとに神世七代を徹底解説!

09/23/2016

で、これら、神世七代かみよななよも含めた神様たちを一覧化したのがコチラ。

『古事記』天地開闢で誕生した神々

と、す、すごい世界観、、、

あとに誕生する神々を踏まえて、その位置づけを見てみると、「別天神ことあまつかみ」はかなーり尊い存在なんだな、、てことが分かりますよね。

少なくとも、神世七代かみよななよよりも、上というか、尊貴というか。。

で、これが次の2つ目のポイントにつながります。

②『日本書紀』との比較を通じて解釈を深めてみる

『古事記』単体で「別天神ことあまつかみ」の位置づけを理解しようとしても、「神世七代かみよななよより先だって誕生した尊貴な神々」としか言いようがないのですが、『日本書紀』との比較から眺めることで、奥行きや深みがでてくるんです!

まず、比較対象の『日本書紀』について。対応する箇所は、『日本書紀』巻第一(神代上)第三段 本伝

『日本書紀』第三段

『日本書紀』巻第一(神代上)第三段 本伝 ~神世七代~

05/09/2019

『日本書紀』の神代紀では、天地の始まりに伴って最初に誕生した「純男じゅんだん」と、続いて誕生した「対偶神(男神と女神の一組)」とを一括して「神世七代かみよななよ」と称しています。

なので、

『日本書紀』から眺めると、『古事記』は「神世七代かみよななよ」のさらに前に「別天神ことあまつかみ」を置いていることになります。

ポイントはこの視点で、

「別」とは、まさしく「神世七代かみよななよ」に先立って特に誕生したことを強調する表現である

ということ。

現に、最初の始祖神は、天の至尊・至高の場であり天照大御神が君臨統治する「高天原」で誕生するわけです。

『古事記』は、こうして『日本書紀』の神代紀が伝える神よりさらに尊貴な神としての「特別な地位」を別天神に与えている、とも言えて。

そこに、神代紀を向こうにまわして、いっそう尊貴な神々の体系を構築しようとした『古事記』のいわば野心的なものが見え隠れする訳です。

いずれにしても、

『古事記』単体で「別天神ことあまつかみ」のことを理解しようとしても、「神世七代かみよななよより先だって誕生した尊貴な神々」としか言いようがないのですが、『日本書紀』との比較から眺めることで、その位置づけや解釈に奥行きや深みがでてくるのは間違いありません。

まとめます。

別天神ことあまつかみ」とそのあとに続く神々を踏まえた「位置づけ」としては

  1. 『日本書紀』から眺めると、『古事記』は「神世七代かみよななよ」のさらに前に「別天神ことあまつかみ」を置いていることになる
  2. 「別」とは、まさしく「神世七代かみよななよ」に先立って特別に誕生したことを強調する表現である

の2点、その意味も含めてしっかりチェック。

 

3.「別天神ことあまつかみ」という神カテゴリ、序列を支える理論、思想

最後に、「別天神ことあまつかみ」や神世七代かみよななよ」といった神カテゴリ設定、序列的なものを作ろうとする価値観、そのバックグランドとなる思想体系について補足解説。

『古事記』でも、全体を通して臭いたつ「スゲー区別したいぜ感」を支えている理論があるんです。

それが、

尊卑先後そんぴせんごの序

コレ、実は、日本神話を貫く超重要な原理原則で。

やわらかく言うと、物事には優先順位があるよ、ということ。なんだかんだと、この基本概念をもとに神話世界が構成されてるんです。コレ、特に『日本書紀』との比較を通じて見えてくることだったりします。

尊卑先後の序

尊卑先後の序|日本神話を貫く超重要な原理原則!世界の創生当初から存在する原理的次序で、天→地→神という成りたちを導きます。荘子(外篇、天道第十三)

05/09/2018

区別してるところを列挙すると、、

  • 「別天神」という神神を、それ以降の神々、世代と区別
  • 「別天神」の中でも、造化三神と他2神を区別
  • 「独神」という神神を、それ以降の神々、双神と区別
  • 「神世七代」という神神を、それ以降の神々、世代と区別
  • 「神世七代」の中でも、独神2代と双神5代を区別

と、まー区別の嵐。

『古事記』版天地開闢の実態は、神々の区別、区分けであり、すべて、原理原則をもとにした神様カテゴリになってる。

で、そこには、

この世界の始まりの時代を、それ以降とは区別して「理想の世(聖代)」とする歴史観がある。

コレ、しっかりチェック。

繰り返しになりますが、この世界をカタチ作ったのは双神であり神世七代カテゴリ。これ以降の神々とは区別して、この世界の始まりの時代を理想的な、非常に尊貴なものとして位置付けようとしたのが別天神という神カテゴリてことなんすね。まさに特別、格別、、

 

まとめ

別天神ことあまつかみ

『古事記』本文をもとに、『日本書紀』との比較も踏まえて「別天神ことあまつかみ」を解説してきましたが、いかがでしょうか?

改めて、「別天神ことあまつかみ」とは、別天神ことあまつかみ」が登場するのは『古事記』上巻の冒頭。天地のはじまりから5柱の神々が次々に誕生し、最後にそれらを一括して「別天神ことあまつかみ」として位置づけてる。みな独神ひとりがみであり、身を隠した神である。

別天神ことあまつかみ」を伝える内容から分かるのは、

  1. 別天神ことあまつかみ」の全5柱の神々は、「造化三神」と呼ばれる高天原で誕生した3神と、天で誕生した2神の2つに分かれる。
  2. 独神ひとりがみ」として身を隠すとは、「双神たぐへるかみ」に彼らの活躍するこの世界を譲り、自らは立ち退くこと。この奥ゆかしいスタンスは、非常に尊貴な神ならでは。

の2点。

さらに、

  1. 『日本書紀』から眺めると、『古事記』は「神世七代かみよななよ」のさらに前に「別天神ことあまつかみ」を置いていることになる
  2. 「別」とは、まさしく「神世七代かみよななよ」に先立って特別に誕生したことを強調する表現である

の2つもしっかりチェック。

特に、位置づけについては重要で、『古事記』は、『日本書紀』の神代紀が伝える神よりさらに尊貴な神としての「特別な地位」を別天神に与えている、こと、しっかりチェック。

『古事記』版天地開闢の実態は、区別、区分けの嵐。つまり、神々の序列化を重要視してる訳ですね。

で、そこには、この世界の始まりの時代を、それ以降とは区別して「理想の世(聖代)」とする歴史観がある、ってこと含めてチェックされてください。

 

別天神の次に誕生する神様カテゴリもしっかりチェックしておかないと!

神世七代

神世七代とは? 天地開闢に次々と誕生した尊貴な神様カテゴリ!『日本書紀』『古事記』をもとに神世七代を徹底解説!

09/23/2016

 

天地開闢まとめはコチラで!

『古事記』版☟

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳|神名を連ねて物語る古事記の天地開闢を分かりやすく解説!

09/16/2016

『日本書紀』版☟

『日本書紀』第一段

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝 ~天地開闢と三柱の神の化生~

04/15/2018

本記事監修:(一社)日本神話協会理事長、佛教大学名誉教授 榎本福寿氏
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)、他

コチラ必読!どこよりも分かりやすい日本神話解説!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく徹底解説!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!東征ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

01/08/2016

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

追加開催決定!!朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義(秋冬)のご案内 10/29, 11/26, 12/24

日本神話講座

白熱講義 追加開催決定! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っている!? この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。10/29, 11/26, 12/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


別天神

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他