太玉命とは?忌部の祖!天岩戸神話で祭祀を担当。日本神話をもとに太玉命を分かりやすく解説します。

 

 

太玉命とは?忌部の祖!天岩戸神話で祭祀を担当。日本神話をもとに太玉命を分かりやすく解説します。

『日本書紀』第七段 現代語訳

〔本伝〕

これによって激怒し、そこで天石窟あまのいはやに入り、磐戸いはとを閉じて籠もってしまった。それゆえ、この世界中が常闇とこやみ(はてしなく続く闇)となり、昼と夜の交代も分からなくなってしまった。

 この時、八十万神やそよろづのかみ天安河辺あまのやすのかはらに会合して、その祈るべき方法を計画した。それゆえ、思兼神おもひかねのかみは深謀遠慮をめぐらせ、遂に常世とこよ(神仙境)の長鳴鳥ながなきどり(鳴き声を長くのばしてあかつきを告げる鶏)を集めて互いに長鳴きさせ、また手力雄神たちからをのかみを磐戸の側に立たせた。そうして中臣連なかとみのむらじ遠祖とほつおや天児屋命あまのこやねのみこと忌部いみべ遠祖とほつおや太玉命ふとたまのみことが、天香山あまのかぐやま五百箇いほつ真坂樹まさかき(神域を画するりっぱな境木さかき)を根こそぎ掘り出し、上の枝には八坂瓊やさかに五百箇御統いほつみすまるをかけ、中の枝には八咫鏡やたのかがみをかけ、あるいは「真経津鏡まふつのかがみ」と云う。下の枝には青和幣あをにきて、「和幣」は「尼枳底にきて」と云う。白和幣しろにきてをかけ、一緒にその祈祷きとうに尽くした。また猨女君さるめきみ遠祖天鈿女命あまのうずめのみことは、手にちがやいたほこを持ち、天石窟戸あまのいはやとの前に立って巧みに俳優わざおき(独特の所作を伴う舞踊。演者を倡優しょうゆうという)をした。また天香山あまのかぐやま真坂樹まさかきかづら(髪飾り)にし、ひかげ蘿蔓ひかげのかずらで、常緑のシダ類)「蘿」は、ここでは「比舸礙ひかげ」と云う。を手繦たすきにして、「手繦」は、ここでは「多須枳たすき」と云う。かがり火を焚き、覆槽うけ(逆さに伏せたおけ)を伏せ置き、「覆槽」は、ここでは「于該うけ」と云う。顕神明之憑談かむがかり(神の憑依ひょういによる神託を顕現すること)した。「顕神明之憑談」は、ここでは「歌牟鵝可梨かむがかり」と云う。

 この時、天照大神あまてらすおおかみはこれを聞いて「私がこのごろ石窟いはやを閉じて籠もっている以上、豊葦原中国とよあしはらのなかつくには必ず長く続く夜であるのに、どうして天鈿女命はこのように大笑いして楽しんでいるのだろうか。」と言い、そこで御手みて磐戸いはとを少しだけ開いてうかがった

 その時とばかり、手力雄神たちからをのかみ天照大神あまてらすおおかみの手を承け奉り、引いて石窟からお出し申し上げた。そこで、中臣神なかとみのかみ忌部神いみべのかみがただちに端出之縄しりくめなは(しめなわ。通常とは逆に左ひねりにわらの端を出したままう)を石窟の入り口に引き渡して境とし、「縄」また「左縄端出」と云う。ここでは「斯梨倶梅儺波しりくめなは」と云う。そこで「二度とお戻りなさってはいけません。」と請い申しあげた

 

〔一書2〕

この時、諸神もろもろのかみたちは憂慮し、そこで鏡作部かがみつくり遠祖とほつおやである天糠戸あまのあらとには鏡を造らせ、忌部いみべの遠祖である太玉ふとたまにはにきてを造らせ、玉作部たますりべの遠祖である豊玉とよたまには玉を造らせた。また山雷やまつち(山の神)には五百箇真坂樹いほつまさかき八十玉籤やそたまくし(神にささげる祭具、玉串たまぐし)を採らせ、野槌のつち(野の神霊)には五百箇野薦いほつのすすきの八十玉籤を採らせた。おしなべてこの諸諸の物が皆来て集まった。その時に中臣なかとみの遠祖である天児屋命あまのこやねのみこと日神ひのかみの祝いことを言葉の限りとなえあげた。ここにおいて、日神はまさに磐戸を開いて出た。この時に鏡をその石窟に入れたので、戸に触れて鏡に小さなきずができてしまった。その瑕は、今もなお残っている。これがつまり、伊勢のあがめ敬う神秘な大神である。

 

〔一書3〕

日神ひのかみ天石窟あまのいはやにとじ籠もるに及んで、諸神もろもろのかみたち中臣連なかとみのむらじ遠祖とほつおやである興台産霊こごとむすひの児の天児屋命あまのこやねのみことを遣わして祈らせた。そこで天児屋命は、天香山あまのかぐやま真坂木まさかきを根ごと掘り出し、その上の枝には、鏡作かがみつくり遠祖とほつおやである天抜戸あまのぬかとの児の石凝戸辺いしこりとべが作った八咫鏡やたのかがみを掛け、中の枝には、玉作たますりの遠祖である伊奘諾尊いざなきのみことみこ天明玉あまのあかるたまが作った八坂瓊やさかに曲玉まがたまを掛け、下の枝には、粟国あはのくに忌部いみべの遠祖である天日鷲あまのひわしが作った木綿ゆふ(木の繊維を糸状にした祭器。さかきに掛け、たすきにして神事に使う)を掛け、そうして忌部のおびとの遠祖である太玉命ふとたまのみことにこの真坂木を手に取り持たせ、壮大・重厚に賛美するたたえごとを祈り申し上げた。時に、日神はこれを聞いて「このごろ人が何度も石窟いはやから出るように誓願するが、いまだこんなにも麗美うるはしい言葉はない。」と言い、そこで磐戸を細めに開けて外をうかがった。この時、天手力雄あまのたちからをが磐戸のかたわらにひかえていたので、ただちに磐戸を引き開けると、日神の光が世界の隅々まで満ちた。

 


朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義のご案内

白熱講義! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っています。 この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。7/30, 8/27, 9/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他