日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

日本書紀 現代語訳

 

『日本書紀』現代語訳。

天地開闢から日本建国までの日本神話をお届けします。

以下記事を参考に、本文を確認いただければ整理しやすくなります。

●参考→ 日本書紀の目的と編纂方法|神代から歴史へ直通!それアリ??『日本書紀』の目的と編纂方法に隠されたヒミツを徹底解説!

●参考→ 日本書紀の一書とは?『日本書紀』神代の本伝と一書の読み解き方法を分かりやすく解説!

 

『日本書紀』巻第一(神代上)

『日本書紀』第一段 現代語訳

〔本伝〕天地開闢と三柱の神の化生

昔々、天と地がまだ分れず、陰と陽も分れていなかった。混沌として、まるで鶏の卵のようであり、ほの暗くぼんやりとして、事象が芽生えようとする兆しを内に含んでいた。

その中の清く明るいものが薄くたなびいて天となり、重く濁ったものがよどみ滞って地となるに及んでは、その軽やかで妙なるものは集まりやすく、重く濁ったものは凝り固まりにくい。だから、まず天ができあがり、その後で地が定まったのである。

そうして天と地が成り立った後に、その天地の中に神が生まれた。

それゆえに、具体的にいえばこういうことになる。天と地ができる初めには、のちにくにとなる土壌が浮かび漂う様は、まるで水に遊ぶ魚が水面にぷかりぷかり浮いているようなものだった。

まさにその時、天地の中に一つの物が生まれた。それは萌え出る葦の芽のような形状であった。そして、変化して神と成った。この神を国常立尊くにのとこたちのみことと言う。次に国狭槌尊くにのさつちのみこと。さらに豊斟渟尊とよくむぬのみこと。あわせて三柱みはしらの神である。天の道は、単独で変化する。だから、この純男、つまり男女対ではない純粋な男神が化生したのである。

『日本書紀』第一段

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝 ~天地開闢と三柱の神の化生~

04/15/2018

 

〔一書1〕体系性を持つ一書群が展開

 ある書はこう伝えている。天地が初めて分かれ、その間のガランとした中に一つの物があった。その物のかたちは言い表しがたい。その中に物が変化して生まれた神があった。名を国常立尊くにのとこたちのみことと言う。また国底立尊くにのそこたちのみこととも言う。その次に国狭槌尊くにのさつちのみことまた国狭立尊くにのさたちのみこととも言う。さらに豊国主尊とよくにぬしのみことまた豊組野尊とよくむののみこととも言う。また豊香節野尊とよかぶののみこと浮経野豊買尊うかぶののとよかふのみこと豊国野尊とよくにののみこと、豊齧野尊、葉木国野尊はこくにののみこと、或いは見野尊みののみこととも言う。

〔一書2〕

 ある書はこう伝えている。昔、国も土地もできて間もなく幼かったころは、例えるなら水に浮かんだ脂の状態で漂っていた。そんな時、国の中に物が生まれた。その形は葦の芽が突き出たようであった。これにより変化して生まれた神があった。その名を可美葦牙彦舅尊うましあしかびひこぢのみことと言う。次に国常立尊。次に国狭槌尊。葉木国は、ここでは「はこくに」という。可美は、ここでは「うまし」という。

〔一書3〕

 ある書はこう伝えている。天と地が混じり合って成った時、初めに神人(神である人、神そのものとも言うべき人)がいた。その名を可美葦牙彦舅尊うましあしかびひこぢのみことと言う。次に国底立尊。彦舅は、ここでは「ひこぢ」という。 

〔一書4〕

 ある書はこう伝えている。天地が初めて分かれ、初めに倶に生まれた(双生の)神がいた。名を国常立尊と言う。次に国狭槌尊。またこうも伝えている。高天原たかまがはらに生まれた神の名は、天御中主尊あまのみなかぬしのみことと言う。次に高皇産霊尊たかみむすひのみこと。次に神皇産霊尊かむみむすひのみこと。皇産霊は、ここでは「みむすひ」という。 

〔一書5〕

 ある書はこう伝えている。天と地がまだ生まれる以前の時、例えるなら海上に浮かんでいる雲に根ざしつながる所がないような様だった。その中に一つの物が生まれた。葦の芽が初めて泥の中に生え出たようである。それが変化して人となった。名を国常立尊と言う。 

〔一書6〕

 ある書はこう伝えている。天地が初めて分かれ、物があった。葦の芽が空中に生じたようであった。これによって変化した神は、天常立尊あまのとこたちのみことと言う。次に可美葦牙彦舅尊。また、物があった。浮かぶ脂が空中に生じたようであった。これによって変化した神は、国常立尊と言う。

『日本書紀』第一段

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 一書第1~6 〜体系性を持つ一書群が本伝をもとに展開〜

05/01/2019

 

『日本書紀』第二段 現代語訳

〔本伝〕男女耦生の八神

 次に現れた神は、泥土煑尊うひぢにのみこと※1沙土煑すひぢに※2。次に現れた神は、大戸之道尊おほとのぢのみこと※3大苫辺尊おほとまべのみこと※4。次に現れた神は、面足尊おもだるのみこと惶根尊かしこねのみこと※5。次に現れた神は、伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみこと

※1:土、これを「うひぢ」と読む。
※2:沙土、これを「すひぢ」と読む。別名は、泥土根尊うひぢねのみこと沙土根尊すひぢねのみこと
※3:ある書では、大戸之辺おほとのべと言う。
※4:または大戸摩彦尊おほとまひこのみこと大戸摩姫尊おほとまひめのみこと大富道尊おほとまぢのみこと大富辺尊おほとまべのみこととも言う。
※5:または吾屋惶根尊あやかしこねのみこと忌橿城尊いむかしきのみこと青橿城根尊あをかしきねのみこと)吾屋橿城尊あやかしきのみことと言う。

※注の1~5は、本来は文中に。ココでは分かり易いように切り出して列挙してます

『日本書紀』第二段

『日本書紀』巻第一(神代上)第二段 本伝 ~男女耦生の八神~

05/02/2019

 

〔一書1〕親が子を生みなすニュージェネレーション登場

 ある書はこう伝えている。この二柱の神は、青橿城根尊あおかしきねのみことの御子である。 

〔一書2〕

 ある書はこう伝えている。国常立尊が、天鏡尊あまのかがみのみことを生んだ。天鏡尊が、天万尊あめよろづのみことを生んだ。天万尊が、沫蕩尊あわなぎのみことを生んだ。沫蕩尊が、伊奘諾尊いざなきのみことを生んだ。沫蕩、これを「あわなぎ」と読む。 

『日本書紀』第二段

『日本書紀』巻第一(神代上)第二段 一書第1,2 親が子を生みなすニュージェネレーション登場

05/04/2019

 

『日本書紀』第三段 現代語訳

〔本伝〕神世七代

 合わせて八柱の神である。これは陰の道と陽の道が入り混じって現れた。それゆえ男と女の性となったのである。そして、国常立尊くにのとこたちのみことから、伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことに至るまでを、神世七代かみよななよと言う。

『日本書紀』第三段

『日本書紀』巻第一(神代上)第三段 本伝 ~神世七代~

05/09/2019

 

〔一書1〕新しい時代へ向けた準備

 ある書はこう伝えている。男女が対になって現れた神は、まず泥土煮尊うひぢにのみこと沙土煮尊すひぢにのみこと。次に角樴尊つのくひのみこと活樴尊いくくひのみこと。次に面足尊おもだるのみこと惶根尊かしこねのみこと。次に伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみこと。樴はくいの意味。 

『日本書紀』第三段

『日本書紀』巻第一(神代上)第三段 一書第1 〜新しい時代へ向けた準備〜

05/16/2019

 

『日本書紀』第四段 現代語訳

〔本伝〕聖婚、洲国生み

 伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみこと二柱ふたはしらの神は、天浮橋あまのうきはしの上に立って共にはかり、「この下の底に、きっと国があるはずだ。」と言った。そこで、天之瓊矛あまのぬほこけいとは玉である。ここではという)を指し下ろして探ってみると海を獲た。そのほこの先から滴り落ちた潮が自然に凝り固まり、一つの嶋と成った。それを名付けて「磤馭慮嶋おのごろしま」といった。

 二柱の神は、ここにその島に降り居ると、共に夫婦となり、国を産もうとした。そこで、磤馭慮嶋おのごろしまを、国の中心である柱(柱、ここでは美簸旨邏みはしらという)とし、陽神をかみは左から巡り、陰神めかみは右から巡った。分かれて国の柱を巡り、同じ所であい会したその時、陰神めかみが先に唱え、「ああ嬉しい、いい若者に会ったことよ。」と言った。(少男、日本では烏等孤をとこという)陽神をかみはそれをよろこばず、「私が男だ。ことわりの上では、まず私から唱えるべきなのだ。どうして女が理に反して先に言葉を発したのだ。これは全く不吉な事だ。改めて巡るのがよい。」と言った。

 ここに、二柱の神はもう一度やり直してあいかいした。今度は陽神をかみが先に唱え、「ああ嬉しい。可愛い少女をとめに会ったことよ。」と言った。(少女、ここでは烏等咩をとめという)。そこで陰神に「お前の身体には、なにか形を成しているところがあるか。」と問うた。それに対し、陰神が「私の身体には女の元のところがあります。」と答えた。陽神は「私の身体にもまた、男の元のところがある。私の身体の元のところを、お前の身体の元のところに合わせようと思う。」と言った。ここで陰陽(男女)が始めて交合こうごうし、夫婦となったのである。

 産む時になって、まず淡路洲あはぢのしまえなとしたが、それはこころに不快なものであった。そのため「淡路洲あはぢのしま」と名付けた。こうして大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしま(日本、日本では耶麻騰やまとという。以下すべてこれにならえ)を産んだ。次に伊予二名洲いよのふたなのしまを産んだ。次に筑紫洲つくしのしまを産んだ。そして億歧洲おきのしま佐渡洲さどのしまを双児で産んだ。世の人に双児を産むことがあるのは、これにならうのである。次に越洲こしのくにを産んだ。次に大洲おほしまを産んだ。そして吉備子洲きびのこしまを産んだ。これにより、はじめて八洲を総称する国の「大八洲国おほやしまぐに」の名が起こった。このほか、対馬嶋つしま壱岐嶋いきのしま、及び所々の小島は、全て潮の泡がり固まってできたものである。また水の泡が凝り固まってできたともいう。

 

〔一書1〕天神ミッションと無知な二神

 ある書はこう伝えている。天神あまつかみ伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことに、「豊かな葦原あしはら永久とわににたくさんの稲穂の実る地がある。お前達はそこへ行き国の実現に向けた作業をしなさい。」と言って、天瓊戈あまのぬほこを下された。そこで二柱の神は、天上の浮橋うきはしに立ち、ほこを投げて地を求めた。それで青海原あをうなはらをかき回し引き上げると、ほこの先からしたたり落ちた潮が固まって島となった。これを磤馭慮嶋おのごろしまと名付けた。

 二柱の神はその島に降り居て、八尋之殿やひろのとのを化し作った。そして天柱あまのみはしらを化し立てた。そして陽神をかみ陰神めかみに、「お前の身体は、どんな形を成しているところがあるのか。」と問うた。それに対して「私の身体に備わっていて、(女)の元と称するところが一カ所あります。」と答えた。そこで陽神をかみは、「私の身体にも備わっていて、(男)の元と称するところが一カ所ある。私の身体の元を、お前の身体の元に合わせようと思う」と言った。

 さっそく天柱あまのみはしらを巡ろうとして約束し、「お前は左から巡れ。私は右から巡ろう。」と言った。さて、二柱の神が分かれて天柱を巡り、半周してあい会すると、陰神めかみは先に唱えて「ああ、なんとすばらしい、いい少男をとこ(若者)ではないか。」と言った。陽神をかみは後に和して、「ああ、なんとすばらしい、いい少女をとめではないか。」と言った。ついに夫婦いもせとなり、まず蛭児ひるこを産んだ。そこで葦船あしふねに載せて流した。次に淡洲あはのしまを産んだ。これもまた子供の数には入れなかった。

 こうしたことから、また天に詣り帰って、こと細かに天神あまつかみに申し上げた。その時、天神は太占ふとまにで占い、「女の言葉が先に揚がったからではないか。また帰るがよい。」と教えた。そして帰るべき日時を定め、二柱の神を降らせた。

 かくて二柱の神は、改めてまたみはしらを巡った。陽神をかみは左から、陰神めかみは右から巡り、半周して二柱の神があい会した時に、今度は陽神が先に唱えて、「ああ、なんとすばらしい、いい少女をとめではないか。」と言った。陰神がその後に和して「ああ、なんとすばらしい、いい少男をとこではないか。」と言った。

 このあと、同じ宮に共に住み、子を産んだ。その子を大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしまと名付けた。次に淡路洲あはぢのしま。次に伊予二名洲いよのふたなのしま。次に筑紫洲つくしのしま。次に億歧三子洲おきのみつごのしま。次に佐渡洲さどのしま。次に越洲こしのしま。次に吉備子洲きびのこしま。これにより、この八洲やしま大八洲国おほやしまのくにと言う。

 瑞、ここでは弥図みづと言う。妍哉、ここでは阿那而恵夜あなにゑやと言う。可愛、ここではと言う。太占、ここでは布刀磨爾ふとまにと言う。

『日本書紀』第四段

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 一書第1 〜天神ミッションと無知な二神〜

06/01/2019

 

〔一書2〕多彩に展開する国生み

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊と伊奘冉尊の二柱の神は天霧の中に立って、「私は国を得ようと思う。」と言い、天瓊矛あまのぬほこを指し下ろして探り、磤馭慮嶋おのごろしまを得た。そこで矛を抜き上げると、喜んで「良かった。国がある。」と言った。

〔一書3〕

 ある書はこう伝えている。伊奘諾・伊奘冉尊の二神は高天原たかまのはらいまして、「国があるはずだ」と言った。そこで天瓊矛あまのぬほこでかきまわして磤馭慮嶋おのごろしまを成した。

〔一書4〕

 ある書はこう伝えている。伊奘諾と伊奘冉の二柱の神は互いに言った。「物がある。浮かんでいる油のようだ。その中に国があると思う」。そこで、天瓊矛あまのぬほこで探って一つの嶋を成した。名付けて「磤馭慮嶋おのごろしま」という。

〔一書5〕

 ある書はこう伝えている。陰神が先に唱えて、「ああ、なんとすばらしい、いい少男をとこではないか。」と言った。その際、陰神が先に言葉を発したので、不吉とした。もう一度改めて国柱くにのみはしらを巡ると、陽神をかみが先に唱え、「ああ、なんとすばらしい、いい少女をとめではないか。」と言った。そしてついに交合しようとしたが、その方法を知らなかった。その時、鶺鴒にはくなぶりが飛んで来て、そのあたまと尾を揺り動かした。二柱の神はそれを見て学び、すぐに交合の方法を得た。

〔一書6〕

 ある書はこう伝えている。二柱の神は交合して夫婦となった。まず淡路洲あはぢのしま淡洲あはのしまえなとして、大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしまを生んだ。次に伊予洲いよのしま、次に筑紫洲つくしのしま、そして億歧洲おきのしま佐渡洲さどのしまとを双児で生んだ。次に越洲こしのしま、次に大洲おほしま、そして子洲こしま

〔一書7〕

 ある書はこう伝えている。まず淡路洲を生んだ。次に大日本豊秋津洲、次に伊予二名洲いよのふたなのしま、次に佐渡洲、次に筑紫洲、次に壱岐洲いきのしま、次に対馬洲つしま

〔一書8〕

 ある書はこう伝えている。磤馭慮嶋を胞(えな)として、淡路洲を生んだ。次に大日本豊秋津洲。次に伊予二名洲。次に筑紫洲。次に吉備子洲きびのこしま。次に億歧洲と佐渡洲を双児で生んだ。次に越洲。

〔一書9〕

 ある書はこう伝えている。淡路洲を胞として、大日本豊秋津洲を生んだ。次に淡洲。次に伊予二名洲。次に億歧三子洲おきのみつごのしま。次に佐渡洲。次に筑紫洲。次に吉備子洲。次に大洲。

〔一書10〕

 ある書はこう伝えている。陰神が先に唱えて、「ああ、なんとすばらしい、いい少男をとこではないか。」と言った。そこで陽神の手を握り、遂に夫婦となって、淡路洲を生んだ。次に蛭児。

『日本書紀』第四段

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 一書第2~10 〜多彩に展開する国生み〜

06/04/2019

 

『日本書紀』第五段 現代語訳

〔本伝〕天下之主者生み(神生み)

 次に海を生んだ。次に川を生む。次に山を生む。次に木のおや句句廼馳くくのちを生む。次に草の祖、草野姫かやのひめを生む。またの名を野槌のつちと言う。

 そして伊奘諾尊・伊奘冉尊は共にはかり、「我々はすでに大八洲国おほやしまぐにをはじめ山川草木さんせんそうもくまで生んでいる。どうして地上世界の統治者を生まないでいようか。」と言った。

 そこで、共に日神ひのかみを生む。名を大日孁貴おほひるめのむちと言う。(大日孁貴、ここでは於保比屢咩能武智おほひるめのむちと言う。孁は、音は力丁りょくていかへしである。ある書には、天照大神あまてらすおほかみと言う。ある書には、天照大日孁尊あまてらすおほひるめのみことと言う。)このは、光り輝くこと明るく色とりどりで、世界の内を隅々まで照らした。それで、二柱ふたはしらの神は喜び「我々の子供は多いけれども、まだこのように霊妙不可思議な子はいない。長くこの国に留め置くのはよくない。すぐに天に送り、天上の事を授けるべきだ。」と言った。この時は、天と地がまだたがいに遠く離れていなかった。それで天柱あまのみはしらを使って、天上に送り挙げたのである。

 次に、月神つきのかみを生んだ。(ある書には、月弓尊つくゆみのみこと月夜見尊つくよみのみこと月読尊つくよみのみことと言う。)その光りの色どりは日神に次ぐものであった。日神とならべて天上を治めさせるのがよいとして、また天に送った。

 次に蛭児ひるこを生んだが、三歳になっても脚が立たなかった。それゆえ天磐櫲樟船あまのいはくすぶねに乗せ、風のまにまに捨てた。

 次に素戔鳴尊すさのをのみことを生んだ。(ある書には、神素戔鳴尊かむすさのをのみこと速素戔鳴尊はやすさのをのみことと言う。)この神は勇ましく残忍であった。そして、いつもくことをわざとしていた。このため、国内の多くの民を早死にさせ、また青々とした山を枯らしてしまった。それゆえ父母の二神は素戔嗚尊に勅して、「お前は、全く道に外れて乱暴だ。この世界に君臨してはならない。当然のこと、はるか遠く根国ねのくにへ行かなければならない。」と命じ、遂に放逐したのである。

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 本伝 天下之主者生み(神生み)

06/16/2019

 

〔一書1〕御寓之珍子生み

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊いざなぎのみことが「私は天下を統治する優れて貴い子を生もうと思う。」と言い、左の手で白銅鏡ますみのかがみを持つと、そこから化し出る神があった。これを大日孁尊と言う。右手に白銅鏡を持つと、また化し出る神があった。これを、月弓尊と言う。また首を廻らせて見たその瞬間に、化す神があった。これを、素戔嗚尊と言う。

 先に化し出た大日孁尊および月弓尊は、ともに性質が明るく麗しかった。それゆえ、伊奘諾尊は両神に天地を照らし治めさせた。素戔嗚尊は、生まれつき残酷で害悪なことを好む性格であった。それで根国に下して治めさせた。

 珍、ここでは「うづ」と言う。顧眄之間、ここでは「みるまさかりに(顧みるまさにその瞬間に)」と言う。

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第1 〜御寓之珍子生み〜

08/07/2019

 

〔一書2〕卑の極まりと祭祀による鎮魂

 ある書はこう伝えている。日と月は既に生まれた。次に蛭児ひるこを産んだ。この子は三年経っても足腰が立たなかった。これは初めに、伊奘諾いざなき伊奘冉尊いざなみのみことが御柱を巡った時に、陰神が先に喜びの声を発したからである。陰陽の原理に背いてしまったのだ。そのせいで今蛭児が生まれた。

 次に素戔鳴尊すさのをのみことが生まれた。この神は、神としての性質が悪く、常にいて怒りをあらわにしてばかりいた。それで国の民がたくさん若死にし、青々とした山は枯れた。そのため父母は、「もしお前がこの国を治めたならば、必ず多くの人々を殺し傷つけるだろう。だからお前はここから遠く離れた根国を治めよ」と命じた。

 次に鳥磐櫲樟橡船とりのいはくすぶねを産んだ。この船に蛭児を乗せ、流れにまかせ棄てた。次に、火神軻遇突智かぐつちを産んだ。しかし、伊奘冉尊はこの時、軻遇突智の火に焼かれかむさった。その、まさに臨終する間、倒れ臥し糞尿を垂れ流し、土神埴山姫はにやまひめと水神罔象女みつはのめを産んだ。

 そこで、軻遇突智かぐつち埴山姫はにやまひめめとって稚産霊わくむすひを産んだ。この神の頭の上に、かいこくわが生じた。また、へその中に五穀が生じた。

 罔象、これを「みつは」という。 

〔一書3〕

 ある書はこう伝えている。伊奘冉尊は火産霊ほむすびを産む時に、子のために焼かれ神退かむさった。又は神避ると言う。その神退る時に、水神 罔象女と土神 埴山姫を生み、また天吉葛あまのよさづらを産んだ。

 天吉葛は「あまのよさづら」と言う。又は「よそづら」とも言う。

〔一書4〕

 ある書はこう伝えている。伊奘冉尊は火神 軻遇突智かぐつちを産もうとした時に、その火の熱に悶絶懊悩もんぜつおうのうした。それにより嘔吐おうとした。これが神に化成した。名を金山彦と言う。次に小便を漏らした。これも神と成った。名を罔象女と言う。次に大便を漏らした。これも神と成った。名を埴山媛と言う。

〔一書5〕

 ある書はこう伝えている。伊奘冉尊は火の神を生んだ時に焼かれ死んだ。そこで紀伊国の熊野の有馬村に葬った。その土地では、習俗としてこの神の魂を祭る時には、花をもって祭り、そして鼓や笛や旗を用いて歌い舞って祭るのである。

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第2,3,4,5 ~卑の極まりと祭祀による鎮魂~

08/19/2019

 

〔一書6〕人間モデル神登場による新たな展開

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことは共に大八洲国おほやしまぐにを生んだ。

 その後に、伊奘諾尊は、「私が生んだ国は朝霧だけがかすんで立ちこめ満ちていることよ。」と言った。そこで吹き払った気が化して神となった。名を級長戸辺命しなとべのみことと言う。また級長津彦命しなつひこのみことと言う。これが、風の神である。また飢えた時に子を生んだ。名を倉稲魂命うかのみたまのみことと言う。また、海神わたのかみ等を生んだ。名を少童命わたつみのみことと言う。山神やまのかみ等は名を山祇やまつみと言い、水門神みなとのかみ等は名を速秋津日命はやあきつひのみことと言い、木神きのかみ等は名を句句迺馳くくのちと言い、土神つちのかみは名を埴安神はにやすのかみと言う。その後に、ことごとくありとあらゆるものを生んだ。

 その火神ひのかみ軻遇突智かぐつちが生まれるに至って、その母の伊奘冉尊はかれ、化去かむさった。その時、伊奘諾尊いざなきのみことは恨み「このたった一児と、私の愛する妻を引き換えてしまうとは。」と言った。そこで伊奘冉尊いざなみのみことの頭の辺りを腹ばい、脚の辺りを腹ばいして、いて激しくなみだを流した。その涕が落ちて神と成る。これが畝丘うねを樹下このもとす神である。名を啼沢女命なきさわめのみことと言う。

 遂に、帯びていた十握剣とつかのつるぎを抜き、軻遇突智かぐつちを三段にった。それぞれ化してその各部分が神と成った。また剣の刃からしたたる血は、天安河辺あまのやすのかはらにある五百箇磐石いほついはむらと成った。これが経津主神ふつぬしのかみおやである。また、剣のつばから滴る血がほとばしって神と成った。名付けて甕速日神みかはやひのかみと言う。次に熯速日神ひのはやひのかみ。その甕速日神は武甕槌神たけみかづちのかみおやである。(または、甕速日命みかはやひのかみ、次に熯速日命ひのはやひのみこと、次に武甕槌神たけみかづちのかみと言う。)また、剣の先から滴る血がほとばしって神と成った。名付けて磐裂神いはさくのかみと言う。次に根裂神ねさくのかみ。次に磐筒男命いはつつのをのみこと(一説には磐筒男命いはつつのをのみこと磐筒女命いはつつのめのみことと言う。)また、剣のつかから滴る血がほとばしって神と成った。名付けて闇龗くらおかみと言う。次ぎに闇山祇くらやまつみ。次に闇罔象くらみつは

 こうした後に、伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことを追って黄泉よもつくにに入り及びいたって共に語った。その時、伊奘冉尊は「私の愛しい夫よ、どうして来るのがこんなに遅かったのですか。私は黄泉よもつくにで煮炊きした物をすでに食べてしまったのです。でも、私はこれから寝ようと思います。お願いですから、けっして私をご覧にならないでください。」と言った。伊奘諾尊はそれを聴かず、こっそり湯津爪櫛ゆつつまぐしを取り、櫛の端の雄柱をばしらを引き折り松明たいまつとして見ると、うみがわき、蛆虫がたかっていた。今、世の人が夜に一つを灯すことをみ、また夜に投げ櫛をすることを忌むのは、これが由縁ゆえんである。

 その時、伊奘諾尊はおおいに驚き、「私は、思いもよらず何と嫌な汚穢きたない国に来てしまったことだ。」と言い、すぐに急いで走り帰った。その時、伊奘冉尊は恨んで「どうして約束を守らず私に恥をかかせたのか。」と言い、泉津醜女よもつしこめ(一説では泉津日狭女よもつひさめと言う)八人を遣わし、追い留めようとした。ゆえに、伊奘諾尊は剣を抜き、後ろ手に振りながら逃げた。さらに、黒い蔓草つるくさの頭飾りを投げた。これがたちまち葡萄ぶどうと成った。醜女しこめはこれを見て採って食べた。食べ終えると、更に追った。伊奘諾尊はまた湯津爪櫛ゆつつまぐしを投げた。たちまち竹の子に成った。醜女はまたも、これを抜いて食べた。食べ終えるやまた追ってきた。最後には、伊奘冉尊もまた自ら来て追ってきた。この時には、伊奘諾尊はすでに泉津平坂よもつひらさかに至っていた。(一説では、伊奘諾尊が大樹に向かって小便をした。するとこれがすぐに大河と成った。泉津日狭女がその川を渡ろうとしている間に、伊奘諾尊はすでに泉津平坂に至った、という。)そこで、伊奘諾尊は千人力でやっと引けるくらいの大きないわでその坂路を塞ぎ、伊奘冉尊と向き合って立ち、遂に離縁を誓う言葉を言い渡した。

 その時、伊奘冉尊は「愛しい我が夫よ、そのように言うなら、私はあなたが治める国の民を、一日に千人くびり殺しましょう。」と言った。伊奘諾尊は、これに答えて「愛しい我が妻よ、そのように言うならば、私は一日に千五百人生むとしよう。」と言った。そこで「これよりは出て来るな。」と言って、さっと杖を投げた。これを岐神ふなとのかみと言う。また帯を投げた。これを長道磐神ながちわのかみと言う。また、衣を投げた。これを煩神わずらいのかみと言う。また、はかまを投げた。これを開齧神あきぐひのかみと言う。また、くつを投げた。これを道敷神ちしきのかみと言う。その泉津平坂よもつひらさか、あるいは、いわゆる泉津平坂はまた別に場所があるのではなく、ただ死に臨んで息の絶える間際、これではないか、とも言う。

 伊奘諾尊は黄泉から辛うじて逃げ帰り、そこで後悔して「私は今しがた何とも嫌な見る目もひどいけがらわしい所に行ってしまっていたものだ。だから我が身についたけがれを洗い去ろう。」と言い、そこで筑紫つくし日向ひむか小戸をどたちばな檍原あはぎはらに至り、禊祓みそぎはらえをした(身のけがれを祓い除いた)。

 こういう次第で、身の穢れをすすごうとして、否定的な言いたてをきっぱりとして「上の瀬は流れが速すぎる。下の瀬はゆるやかすぎる。」と言い、そこで中の瀬ですすいだ。これによって神を生んだ。名を八十枉津日神やそまがつひのかみと言う。次にその神のまがっているのを直そうとして神を生んだ。名を神直日神かむなおひのかみと言う。次に大直日神おほなほひのかみ

 また海の底に沈んで濯いだ。これによって神を生んだ。名を底津少童命そこつわたつみのみことと言う。次に底筒男命そこつつのおのみこと。また潮の中に潜ってすすいだ。これに因って神を生んだ。名を中津少童命なかつわたつみのみことと言う。次に中筒男命なかつつのおのみこと。また潮の上に浮いて濯いだ。これに因って神を生んだ。名を表津少童命うわつわたつみのみことと言う。次に表筒男命うわつつのおのみこと。これらを合わせて九柱の神である。その中の底筒男命・中筒男命・表筒男命は、これが住吉大神すみのえのおおかみである。底津少童命そこつわたつみのみこと中津少童命なかつわたつみのみこと表津少童命うわつわたつみのみことは、安曇連あずみのむらじらが祭る神である。

 そうして後に左の眼を洗った。これによって神を生んだ。名を天照大神あまてらすおおみかみと言う。また右の眼を洗った。これに因って神を生んだ。名を月読尊つくよみのみことと言う。また鼻を洗った。これに因って神を生んだ。名を素戔嗚尊すさのおのみことと言う。合わせて三柱の神である。

 こういう次第で、伊奘諾尊は三柱の御子に命じて「天照大神は、高天原たかあまのはらを治めよ。月読尊は、青海原の潮が幾重にも重なっているところを治めなさい。素戔嗚尊は天下あまのしたを治めなさい。」と言った。

 この時、素戔嗚尊はすでに年が長じていて、また握りこぶし八つもの長さもあるひげが生えていた。ところが、天下を治めようとせず、常に大声をあげて哭き怒り恨んでいた。そこで伊奘諾尊が「お前はどうしていつもそのように哭いているのだ。」と問うと、素戔嗚尊は「私は根国ねのくにで母に従いたいのです。だから、哭いているだけなのです。」と答えた。伊奘諾尊は不快に思って「気のむくままに行ってしまえ。」と言って、そのまま追放した。

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第6 ~人間モデル神登場による新たな展開~

12/11/2020

 

〔一書7〕激烈なシーンで化成する激烈な神

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊はつるぎを抜き軻遇突智かぐつちを斬り、三つに刻んだ。そのうちの一つは雷神いかづちのかみとなった。もう一つは大山祇神おおやまつみのかみと成り、一つは高龗たかおかみと成った。

 また別の言い伝えではこう伝えている。軻遇突智を斬った時に、その血がほとばしり、天八十河中あまのやそのかはらにあった五百箇磐石いほついはむらを染めた。それによって神が化成した。名付けて磐裂神いはさくのかみと言う。次に根裂神ねさくのかみ、次に磐筒男神いはつつのをのかみ、次に磐筒女神いはつつのめのかみ、そして経津主神ふつぬしのかみ

 倉稲魂、これを「うかのみたま」と読む。少童、これを「わたつみ」と読む。頭辺、これを「まくらへ」と読む。脚辺、これを「あとへ」と読む。熯は火のことである。音は「じぜん」の反。龗これを「おかみ」と読む。音は「りょくてい」の反。吾夫君、これを「あがなせ」と言う。泉之竈、これを「よもつへぐい」と読む。秉炬、これを「たひ」と読む。不須也凶目汚穢、これを「いなしこめききたなき」と読む。醜女、これを「しこめ」と読む。背揮、これを「しりへでにふく」と読む。泉津平坂、これを「よもつひらさか」と読む。尿、これを「ゆまり」と読む。音は「だいちょう」の反。絶妻之誓、これを「ことど」と読む。岐神、これを「ふなとのかみ」と読む。檍、これを「あはき」と読む。 

〔一書8〕

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊は軻遇突智命を斬り、五つにばらした。これがそれぞれ五つの山祇やまつみに化成した。一つは首で大山祇おほやまつみと成った。二つは身体で中山祇なかやまつみと成った。三つは手で麓山祇はやまつみと成った。四つは腰で正勝山まさか やまつみ祇と成った。五つは足で䨄山祇しぎやまつみと成った。

 この時、斬った血がほとばしり流れ、石や礫、樹や草を染めた。これが草木や砂礫がそれ自体に火を含み燃えるようになった由縁である。

 麓は、山のふもとのことを言う。これを「はやま」と読む。正勝、これを「まさか」と読む。ある書では「まさかつ」とも読まれる。䨄これを「しぎ」と読む。音は烏含の反。 

第五段〔一書7、8〕

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第7,8 ~激烈なシーンで化成する激烈な神~

12/18/2020

 

〔一書9〕一方的な絶縁スタイル

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊は妻に会いたくなり、殯斂のところへ行った。すると伊奘冉尊は、まだ生きているかのように、伊奘諾尊を出迎え共に語った。そして伊奘諾尊に、「私の愛しい夫よ、どうかお願いです、私を決して見ないで下さい。」と言った。そう言い終わると忽然と姿が見えなくなった。このとき暗闇となっていた。伊奘諾尊は一つ火を灯してこれを見た。すると、伊奘冉尊の身は膨れあがっていて、その上に八色やくさの雷がいた。

 伊奘諾尊は驚き逃げ帰った。その時、雷達が皆起きあがり追いかけてきた。すると、道端に大きな桃の樹があった。伊奘諾尊はその樹の下に隠れ、その実を採って雷に投げると、雷達はみな退き逃げていった。これが、桃で鬼を追い払う由縁である。そして、伊奘諾尊は桃の木の杖を投げつけ、「これよりこちら側には、雷は決して来るまい。」と言った。この杖を岐神ふなとのかみと言う。元の名は来名戸之祖神くなとのさへのかみと言う。

 いわゆる八色の雷とは、首にいたのは大雷おほいかづちといい、胸にいたのは火雷ほのいかづちといい、腹にいたのは土雷つちのいかづちといい、背にいたのは稚雷わかいかづちといい、尻にいたのは黒雷くろいかづちといい、手にいたのは山雷やまのいかづちといい、足の上にいたのは野雷ののいかづちといい、ほとの上にいたのは裂雷さくいかづちという。

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段〔一書第9〕 一方的な絶縁スタイル

12/20/2020

 

〔一書10〕黄泉との完全なる断絶

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊いざなきのみことは後を追って、伊奘冉尊いざなみのみことのいる所に至った。

 そして語って、「お前を失った事が切なく悲しくてやって来たのだ。」と言った。伊奘冉尊は、「親族のあなたよ、どうか私を見ないで下さい。」と答えた。伊奘諾尊はそれには従わず伊奘冉尊を猶も見た。それ故、伊奘冉尊は恥じ恨んで、「あなたは私の様子を見てしまった。私もあなたの様子を見る。」と言った。このとき伊奘諾尊も自らを恥じた。

 そこで、そこを出て帰ろうとした。この時、ただ黙って帰らず、ちかって「必ず離縁しよう」と言った。そしてまた「親族のお前には負けない。」と言った。そこで誓いを固めるために唾を吐いた。その唾から生まれた神を、名付けて速玉之男はやたまのをと言う。次に、次に、これまでの事柄を一掃したことから生まれた神を、泉津事解之男よもつことさかのをという。合わせて二柱の神である。

 その妻と泉平坂で相戦う時になって、伊奘諾尊は、「始め、私が親族のお前のために悲しみ、また慕ったのは、私が弱かったからだ。」と言った。すると、泉守道者よもつちもりひとが、「伊奘冉尊のお言葉があります。『私はすでにあなたと国を生みました。どうしてさらに生きる事を望みましょうか。私はこの国に留まります。あなたと一緒にこの国を去ることはしません。』と仰いました。」と言った。この時、菊理媛神くくりひめのかみからも言葉があった。伊奘諾尊はそれを聞いて褒めた。そして、去って行った。

 しかし、伊奘諾尊は自ら泉国を見た。これは全く良くないことだった。この穢れを濯ぎ払おうと思い、すぐに粟門あわのと速吸名門はやすいなとを見に行った。しかしこの二つの海峡は潮の流れが非常に速かった。それ故、橘小門たちばなのをどに帰り、穢れを濯ぎ払った。

 その時に、水に入って磐土命いはつつのみことを吹き生んだ。水から出て、大直日神おほなほびのかみを吹き生んだ。また入って、底土命そこつつのみことを吹き生んだ。水を出て、大綾津日神おほあやつひのかみを吹き生んだ。また入って、赤土命あかつちのみことを吹き生んだ。そして水から出て、大地・海原の諸々の神々を吹き生んだ。

 不負於族、これを「うがらまけじ」と読む。 

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段〔一書10〕 黄泉との完全なる断絶

01/11/2021

 

〔一書11〕天照大神の天上統治と農業開始

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊は、三柱みはしらの子それぞれに「天照大神は、高天原を治めよ。月夜見尊は、日と並んで天を治めよ。素戔嗚尊は、海原を治めよ。」と勅任した。

 こうしてすでに天照大神は天上にあり、月夜見尊に対して「葦原中国に保食神うけもちのかみがいると聞く。月夜見尊よ、そこに行き様子をうかがってきなさい。」と言った。

 月夜見尊がその勅命を受けて降り、保食神うけもちのかみのもとに到ると、保食神はさっそく首を巡めぐらし、国に向かえば口から飯を出し、また海に向かえば大小さまざまな魚を口から出し、また山に向かえば大小さまざま獣を口から出した。それらのありとあらゆる品物を備え、数え切れないほどたくさんの机に積み上げて饗応した。この時、月夜見尊は怒りをあらわにして、「なんと汚らわしい、卑しい。口から吐いた物なんかを、敢えて私に喰わせてよいはずはないだろう。」と言い、剣を抜いて打ち殺した。

 そうして後に復命して詳しくこの事を報告した。この時、天照大神は激怒し、「汝は悪い神だ。もう顔など見たくもない。」と言った。こうして、天照大神は月夜見尊と、日と夜と時を隔てて住んだ。

 この後に、天照大神は天熊人あまのくまひとを遣わし、往って様子を看させた。この時、保食神うけもちのかみは実際すでに死んでいた。ただ、その神の頭頂部は化して牛馬と成り、額の上に粟が、眉の上に蚕が、眼の中に稗が、腹の中に稲が、陰には麦と大豆、小豆が生じていた。天熊人はそれを全て取って持ち去り、天照大神に奉った。

 時に天照大神は喜び、「この物は、この世に生を営む人民が食べて活きるべきものである。」と言って、粟・稗・麦・豆を陸田(畑)の種とし、稲を水田の種とした。またこれにより天邑君あまのむらきみ(村長)を定めた。そこでさっそくその稲の種を、天狭田と長田に始めて植えた。その秋には、垂れた稲穂が握りこぶし八つほどの長さにたわむほどの豊作であり、たいへんここちよい。また、口の中に蚕を含み、糸をき出すことができた。これをとり始めて養蚕の道がひらけたのである。

保食神、ここでは「うけもちのかみ」と言う。顕見蒼生、ここでは「うつしきあをひとくさ」と言う。

『日本書紀』第五段一書11

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段〔一書11〕 天照大神の天上統治と農業開始

01/11/2021

 

『日本書紀』第六段 現代語訳

〔本伝〕

 そこで(根国への追放処分を受け)、素戔嗚尊は伊奘諾尊に請い、「私はいま勅命を奉じて根国ねのくにに行こうとしています。ですから、しばらく高天原たかまのはらに出向き、姉(天照大神)とお会いしてその後、永久にこの世界から退去することにしたいと思います。」と言った。伊奘諾尊はこの請願を勅許した。そこで、素戔嗚尊は天に昇り、天照大神のもとに詣でたのである。

 この後、伊奘諾尊は、はかり知れない仕事をすでにやり遂げ、霊妙な命運がうつるべきであった。それでついの住みとなる幽宮かくれのみやを淡路のくにに構え、ひっそりと身をとこしえに隠したのである。またこうした伝えもある。伊奘諾尊は、その仕事がすでに行き届き、德も偉大であった。そこで天に登り、天神あまつかみに報告した。これにより、日の少宮わかみやに留まりむのである。少宮、ここでは「倭柯美野わかみや」と云う。

 はじめ素戔嗚尊が天に昇った時、大海がそれで激しく波打って揺れ動き、山岳はそのため鳴りとどろいた。これは、神の本性の雄々おおしく猛々たけだけしいことがそうさせているのである。天照大神は、もとよりその神の暴悪を知っていた。素戔嗚尊の天に昇って来るさまを聞くに及んで顔色をにわかに変えて驚き、「私の弟の来るのは、よもや善意ではあるまい。思うに、きっと国を奪う意志があるはずではないか。そもそも父母がすでにどの子をも任じ、だからそれぞれが統治する境界をもっている。それなのにどうして赴くべき国を棄て置き、ことさら此処ここ(高天原)を奪い取ろうなどとするのか。」と言った。そこで防禦ぼうぎょすべく、髪を結ってみづら(男の髪型)とし、(女の上下組み合わせた衣と裳、裳は腰から下をおおう衣服)を縛ってはかまとした上で、八坂瓊やさかに五百箇御統いほつみすまる(大きな玉をいくつもひもで通してつなげた玉飾り)で、(御統 ここでは「美須磨屢みすまる」と云う)そのみづらかづら(髪飾り)および腕に巻き付け、また背には千箭ちのり(数多くの矢)(千箭 ここでは「知能梨ちのり」と云う)のゆき(矢を入れる武具)と五百箭いほのりの靫を負い、ひじ稜威いつ(相手を恐れさせる強盛な威力)(稜威 ここでは「伊都」と云う。)の髙鞆たかとも(弓を射るさい弦の当たるのを防ぐ一方、当たって高い音を出すために左手首の内側に巻き付ける武具)をけ、弓彇ゆはずつるをかける弓の両端部。上端を末弭うらはず、下端を本弭もとはずという)を振りたて、剣のつかを力強く握りしめて、堅い大地を踏んでまたまでのめり込ませ、そのまま淡雪のように蹴散けちらかし、(蹴散 ここでは「倶穢簸邏邏箇須くゑはららかす」と云う)稜威いつ雄詰をたけび(相手を威圧する雄壮な声)(雄詰 ここでは「烏多稽眉をたけび」と云う)を奮わせ、稜威の嘖譲ころひ(責め叱りたてる言葉)を発して、面と向かい問い詰めた。

 素戔嗚尊は、これに対して「私には、もともと邪悪な心(具体的には高天原の乗っ取り)はない。ただ、すでに父母ちちははの厳しい勅命があり、永久に根国に行こうとしているのです。それでもし姉にお会いしなければ、私はどうしてあえてくことができるでしょう。それですから雲や霧のなかを跋渉ばっしょうし、遠路はるばる参り来たのです。姉上が喜ぶどころか、厳しいお怒りの顔をなさるとは思いもしませんでした。」と答えた。その時、天照大神がまた「もしそうだとしたら、何をもってなんじきよき心(潔白)を証明しようとするのか。」と問うと、これには「姉と共にうけひ(事前に決めておいた通りの結果になるか否かをもって、神意を判定する占い)することをお願いします。この誓約うけひの中では、(誓約之中 ここでは「宇気譬能美難箇うけひのみなか」と云う)必ずや子を生むでしょう。もし私の生むのが女であれば、濁きこころがあるとしてください。もし男であれば、清き心があるとしてください。」と答えた。

 そこで、天照大神が素戔嗚尊の十握剣とつかのつるぎ(握はこぶし一つの幅。大剣)を索め取り、これを三段に打ち折り、あま真名井まない(神聖な井)に濯いで、噛みに噛んで(○然咀嚼 ここでは「佐我弥爾加武さがみにかむ」と云う)砕き、吹き棄てた息吹いぶきによってできた細かな霧に(吹棄気噴之狭霧 ここでは「浮枳于都屢伊浮歧能佐擬理ふきうつるいふきのさぎり」と云う)生まれた神が、名を田心姫たごりひめと言う。次に湍津姫たぎつひめ、次に市杵嶋姫いちきしまひめ。合わせて三女である。今度は、素戔嗚尊が天照大神のみづらかづらおよび腕にいている八坂瓊やさかに五百箇御統いほつみすまるを乞い取り、これを天の真名井に濯いで、噛みに噛んで砕き、吹き棄てた息吹の細かな霧に生まれたのが、名を正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊まさかあかつかちはやひあまのおしほみみのみことと言う。次に天穂日命あまのほひのみこと、是は出雲臣いづものおみ土師連はじのむらじおやである。次に天津彦根命あまつひこねのみこと。是は凡川内直おほしかふちのあたひ山代直やましろのあたひ等の祖である。次に活津彦根命いくつひこねのみこと。次に熊野櫲樟日命くまののくすひのみこと。合わせて五男である。

 この時、天照大神は勅して「その物実ものざね(子としてうまれるそのもとの根源)をたづねると、八坂瓊の五百箇御統は、間違いなく私の物である。だから、そちらの五男神はすべて私の子である。」と言い、そうして引き取って子として養育した。また勅して「その十握剣は、まぎれもなく素戔嗚尊の物である。だから、こちらの三女神はすべて爾の児である。」と言い、素戔嗚尊に授けた。三女神は、筑紫つくし胸肩君むなかたのきみの祭る神がこれである。

 

〔一書1〕

 ある書はこう伝えている。日神ひのかみは、もともと素戔嗚尊に勇猛で物を突き抜けてその上に出るようなこころのあることを知っていた。その天に昇り至るに及んで、思うようは、「弟の来たわけは、決して善意ではあるまい。必ずやわたしのあまはらを奪うに違いない。」と。そこで大夫ますらをの武の装備をととのえ、身には十握剣・九握剣ここのつかつるぎ八握剣やつかつるぎを帯び、背にゆきを負い、またひじには稜威いつ髙鞆たかともけ、手に弓とをつかみ、みずから迎え防禦した。この時素戔嗚尊が日神に告げて「私はもともと悪い心(国を奪い取る反逆心)などありません。ただ姉とお会いしたいと思い、ただそれだけで少しの間来たに過ぎないのです。」と言った。そこで日神は、素戔嗚尊と共に向き合って誓を立て「もし爾の心が明浄で、国を力づくで奪い取る意志がないのならば、汝の生む児は、必ず男のはずだ。」と言い、そう言い終わると、先に身に帯びている十握剣とつかのつるぎを食べて児を生んだ。名を瀛津島姫おきつしまひめと言う。また九握剣ここのつかのつるぎを食べて児を生んだ。名を湍津姫たぎつひめと言う。また八握剣やつかのつるぎを食べて児を生んだ。名を田心姫たごりひめという。合わせて三女神である。

 そうしたあと今度は素戔嗚尊がそのくびにかけている五百箇御統いほつみすまる(数多くの玉を数珠つなぎした美玉)を天渟名井あまのぬない、またの名は去来いざ真名井まないに濯いで食べ、そうして子を生んだ。名を正哉吾勝勝速日天忍骨尊まさかあかつかちはやひあまのおしほねのみことと言う。次に天津彦根命あまつひこねのみこと。次に活津彦根命いくつひこねのみこと。次に天穂日命あまのほひのみこと。次に熊野忍蹈命くまののおしほみのみこと。合わせて五男神である。

 それゆえ、素戔嗚尊はすでに勝のしるし(証拠)を得た。そこで、日神は、素戔嗚尊にもともと悪意がなかったことをまさに知り、そこで日神の生んだ三女神を筑紫つくしくにくだした。これにより、三女神に教えて「なんじ三神は、道中みちなか(〔一書 第三〕に「海の北の道中」という海路をいう。この玄界灘げんかいなだの沖ノ島に沖津宮おきつみや、大島に中津宮なかつみや宗像むなかた返津宮へつみやがある)に降り居て、天孫てんそん(後に降臨する火瓊瓊杵尊ほのににぎのみこと)を助け奉り、天孫に祭られなさい。」と言った。

 

〔一書2〕

 ある書はこう伝えている。素戔嗚尊が天に昇ろうとする時に、名を羽明玉はあかるたまという神が迎え奉り、めでたいしるしの八坂瓊曲玉やさかにのまがたま(大きな美しいたまの湾曲した玉)を進呈した。それで、素戔嗚尊はその瓊玉たまを持って天上に到ったのである。

 この時、天照大神は、弟に悪い心(国を奪い取る邪悪な心)があることを疑い、軍兵を動員して問い詰めた。素戔嗚尊はこれに対して「私の来た理由は、実際に姉とお会いしたいと思ったからです。また珍宝たから瑞八坂瓊曲玉みずのやさかにのまがたまを献上しようとしただけです。それ以外にことさら意図などありません。」と答えた。この時また天照大神が「汝のその言葉が嘘かまことか、何をしるし(証拠)とするのか。」と問うと、答えて「私が姉と共に誓約うけひを立てることを要請します。この誓約の間に、女を生めば黒心きたなきこころ(国を奪い取る謀反の心)であり、逆に男を生んだら赤心きよきこころ(潔白な心)です。」と答えた。そこであまの真名井まない三処みところ掘り、ともに向き合って立った。

 この時、天照大神が素戔嗚尊に向かって「私のびる剣を、今汝に奉ろう。汝の持っている八坂瓊曲玉やさにのまがたまを私に授ければよい。」と言った。このように約束し、共に所持品を交換して取った。そうしたあと天照大神は八坂瓊曲玉を天真名井に浮かべ寄せて、の端を噛んで断ち切り、口から吹き出した気息いきの中に神を化生した。名を市杵嶋姫命いちきしまひめのみことという。これが大海の遠い沖(沖津宮おきつみや)に居る神である。また瓊の中ほどをかんで断ち切り、口から吹き出した

気息いきの中に神を化生した。名を田心姫命たこりひめのみことという。これが中ほどの沖あい(中津宮なかつみや)に居る神である。また瓊の尾(尻に当たる部分)をかんで断ち切り、口ちから吹き出した気息いきの中に神を化生した。名を湍津姫命たぎつひめのみことという。これが浜辺(辺津宮へつみや)に居る神である。合わせて三女神である。

 そこで今度は素戔嗚尊が持っている剣を天(あまの)真(ま)名井(ない)に浮かべ寄せて、剣の末(すえ)(切っ先)をかんで断ち切り、口ちから吹き出した気息の中に神を化生した。名を天穂日命あまのほひのみことという。次に正哉吾勝勝速日天忍骨尊まさかあかつかちはやひあまのおしほねのみこと。次に天津彦根命あまつひこねのみこと。次に活津彦根命いくつひこねのみこと。次に熊野櫲樟日命くまのくすひのみこと。合わせて五男神であると、しかう(「爾」が以上の記述全体を指す。「一書曰」に対応する締め括り辞)。

 

〔一書3〕

 ある書はこう伝えている。日神ひのかみは素戔嗚尊と天安河あまのやすのかはを隔てて向き合い、そこで誓約うけひを立て「なんじにもし姧賊之心あたなふのこころ(国を奪い取る邪悪な心)がないのであれば、汝の生む子は必ず男である。もし男を生めば、私は子として天原あまのはらを治めさせる。」と明言した。さてそこで、日神が先にその帯びている十握剣とつかのつるぎを食べて児の瀛津嶋姫命おきつしまひめのみことを化生した。またの名を市杵嶋姫命いちきしまひめのみことという。また九握剣ここのつかのつるぎを食べて児の湍津姫命たぎつひめのみことを化生した。また八握剣やつかのつるぎを食べて児の田霧姫命たきりひめのみことを化生した。

 そうして今度は素戔嗚尊がその左手のみづらきつけている五百箇統いほつみすまるを口に含み、吐き出して左手の掌中にけて男を化生した。そこでこれをたたえて「なんとまさしくも、私が勝ったのだ。」と言った。だから、それによって名付け、勝速日天忍穂耳尊かちはやひあまのおしほみみのみことと言う。また右の髻の瓊を口に含み、吐き出して右手の掌中に著け、天穂日命あまのほひのみことを化生した。またくびにかけている瓊を口に含み、吐き出して左ひぢの中に著け、天津彦根命あまつひこねのみことを化生した。また右臂の中から活津彦根命いくつひこねのみことを化生した。また左足の中より熯之速日命ひのはやひのみことを化生した。また右足の中から熊野忍蹈命くまののおしほみのみことを化生した。亦の名を、熊野忍隅命くまののおしくまのみことという。その素戔嗚尊の生んだ児は、皆まさに男である。

 それゆえに、日神ひのかみはまさに素戔嗚尊にもともと赤心きよきこころ(潔白な心)があったことを知った。そこでその六男を引き取って日神の子とし、天原あまのはらを治めさせた。同時に、日神の生んだ三女神みはしらのひめかみは、葦原中国あしはらのなかつくに宇佐嶋うさのしまくだしてらせた。今、海の北の道中みちなかに在って、名を道主貴みちぬしのむちと言う。これは、筑紫つくし水沼君みぬまのきみの祭る神がこれである。「熯」は、「かん」である。ここでは「」と云う。

 

『日本書紀』第七段 現代語訳

〔本伝〕

 この後には、素戔嗚尊の行うことが、甚だ常軌を逸脱したものであった。何かといえば、天照大神は天狭田あまのさだ長田ながた御田みたとしていたが、その時、素戔嗚尊が春にはその御田のすでに種子を播いた上にさらに種子を播き、「重播種子」は、ここでは「璽枳磨枳しきまき」と云う。しかもまたそのあぜを壊しなどする。秋には、天斑駒あまのふちこまを放ち、稲の実る田の中に伏せさせ、また天照大神が新嘗にひなへ(新穀を神に供えかつ食する祭祀)をする時を見計らっては、新造した宮(新嘗を行う殿舎)にこっそりくそを放ちかける。また天照大神がまさに神衣かむみそを織って斎服殿いみはたどの(機を織る神聖な殿舎)に居るのを看ると、天斑駒の皮をぎ、その殿おほとのいらか穿うがって投げ込んだ。この時、天照大神は驚愕して、織り機ので身を傷つけてしまった。これによって激怒し、そこで天石窟あまのいはやに入り、磐戸いはとを閉じて籠もってしまった。それゆえ、この世界中が常闇とこやみ(はてしなく続く闇)となり、昼と夜の交代も分からなくなってしまった。

 この時、八十万神やそよろづのかみ天安河辺あまのやすのかはらに会合して、その祈るべき方法を計画した。それゆえ、思兼神おもひかねのかみは深謀遠慮をめぐらせ、遂に常世とこよ(神仙境)の長鳴鳥ながなきどり(鳴き声を長くのばしてあかつきを告げる鶏)を集めて互いに長鳴きさせ、また手力雄神たちからをのかみを磐戸の側に立たせた。そうして中臣連なかとみのむらじ遠祖とほつおや天児屋命あまのこやねのみこと忌部いみべ遠祖とほつおや太玉命ふとたまのみことが、天香山あまのかぐやま五百箇いほつ真坂樹まさかき(神域を画するりっぱな境木さかき)を根こそぎ掘り出し、上の枝には八坂瓊やさかに五百箇御統いほつみすまるをかけ、中の枝には八咫鏡やたのかがみあたは開いた手の親指と中指の間の長さ)をかけ、あるいは「真経津鏡まふつのかがみ」と云う。下の枝には青和幣あをにきて、「和幣」は「尼枳底にきて」と云う。白和幣しろにきてをかけ、一緒にその祈祷きとうに尽くした。また猨女君さるめきみ遠祖天鈿女命あまのうずめのみことは、手にちがやいたほこを持ち、天石窟戸あまのいはやとの前に立って巧みに俳優わざおき(独特の所作を伴う舞踊。演者を倡優しょうゆうという)をした。また天香山あまのかぐやま真坂樹まさかきかづら(髪飾り)にし、ひかげ蘿蔓ひかげのかずらで、常緑のシダ類)「蘿」は、ここでは「比舸礙ひかげ」と云う。を手繦たすきにして、「手繦」は、ここでは「多須枳たすき」と云う。かがり火を焚き、覆槽うけ(逆さに伏せたおけ)を伏せ置き、「覆槽」は、ここでは「于該うけ」と云う。顕神明之憑談かむがかり(神の憑依ひょういによる神託を顕現すること)した。「顕神明之憑談」は、ここでは「歌牟鵝可梨かむがかり」と云う。

 この時、天照大神はこれを聞いて「私がこのごろ石窟いはやを閉じて籠もっている以上、豊葦原中国とよあしはらのなかつくには必ず長く続く夜であるのに、どうして天鈿女命はこのように大笑いして楽しんでいるのだろうか。」と言い、そこで御手みて磐戸いはとを少しだけ開いてうかがった

 その時とばかり、手力雄神たちからをのかみが天照大神の手を承け奉り、引いて石窟からお出し申し上げた。そこで、中臣神なかとみのかみ忌部神いみべのかみがただちに端出之縄しりくめなは(しめなわ。通常とは逆に左ひねりにわらの端を出したままう)を石窟の入り口に引き渡して境とし、「縄」また「左縄端出」と云う。ここでは「斯梨倶梅儺波しりくめなは」と云う。そこで「二度とお戻りなさってはいけません。」と請い申しあげた

 その後諸神もろもろのかみたち罪過つみとがを素戔嗚尊に帰して、千座置戸ちくらおきと(物を置く数多くの場所。そこに置く莫大な賠償品)を科し、遂に督促して徴収した。これに応じないため、髪を抜いてその罪をあがなわせるに至った。また別に、その手足の爪を抜いて購ったと言う。こうしたあと、遂に放逐して降したのである。

 

〔一書1〕

 ある書はこう伝えている。誓約うけひの後に、稚日女尊わかひるめのみこと齊服殿いみはたどのいまして神の御服みそを織っていた。素戔嗚尊はこれを見ると、生きたまま班駒ふちこま逆剥さかはぎ(尻のほうから皮をぐこと)に剥いで、その殿内おほとののうちに投げ入れた。稚日女尊は、これに驚いてはたから墜ち、持っていたで体を傷つけて死去した。それゆえ、天照大神は素戔嗚尊に対して「なんじはやはり黒心きたなきこころがある。汝と会おうとは思わない。」と言い、そこで天石窟あまのいはやに入り、磐戸いはとを固く閉じてしまった。ここにおいて天下は常に闇となり、昼と夜の交替も無くなってしまった。

 それゆえ、八十万神やそよろずのかみ天高市あまのたけち(交易する市のように神の集う小高い場所)に会し(主語を明示しない)、善後策を問うた。この時、高皇産霊尊たかみむすひのみことの子息の思兼神おもひかねのかみという者がいた。思慮の智があったので、思いをめぐらして「あの神のみかたをかたち造って、招きいのたてまつるのがよい。」と申しあげたのである。それゆえさっそく石凝姥いしこりどめを鍛冶工とし天香山あまのかぐやまかねを採って日矛ひほこを作った。また真名鹿まなか愛子まなごで、愛らしい鹿)の皮を丸剥まるはぎにして天羽鞴あまのはぶき(火を起こすさい風を送る道具、ふいご)を作った。これらを用いて天照大神の像を造り奉った神が、紀伊国きのくにに鎮座する日前神ひのくまのかみである。「石凝姥」は、ここでは「伊之居梨度咩いしこりどめ」と云う。「全剥」、ここでは「宇都播伎うつはぎ」と云う。

 

〔一書2〕

 ある書はこう伝えている。日神尊ひのかみのみこと天垣田あまのかきた御田みたとしていた。この時、素戔嗚尊は、春にはその田のみぞを埋め、あぜを壊し、また秋の穀物がすでに成熟すれば、横取りあるいは収穫を妨害するため勝手に絡縄あぜなは(丈夫な縄)をその田に引き渡した。また日神が織殿はたどのに居た時には、班駒ふちこまを生きたまま皮を剥いでその殿内おほとののうちに投げ込んだ。おしなべてこの諸事もろもろのわざは、ことごとくが暴虐ぼうぎゃくであった。そうではあっても、日神は、情け深い親愛のこころがあり、怒らず恨まずに、すべて穏やかな心で容認した。

 それでも、日神が新嘗にひなへに当たっている(新穀を神に供え、神と共食する神聖な行事のさなか)時に及ぶと、素戔嗚尊はそれを見計らってその新嘗を行う新宮にひなへのみやの日神の御席みましの下にひそかにくそをした。日神は、なにも知らないまま、じかにその席の上にすわった。これにより、日神は全身が病んでしまった。それゆえ、たいそう怒り恨み、ただちに天石窟に籠もってその磐戸を閉じた。

 この時、諸神もろもろのかみたちは憂慮し、そこで鏡作部かがみつくり遠祖とほつおやである天糠戸あまのあらとには鏡を造らせ、忌部いみべの遠祖である太玉ふとたまにはにきてを造らせ、玉作部たますりべの遠祖である豊玉とよたまには玉を造らせた。また山雷やまつち(山の神)には五百箇真坂樹いほつまさかき八十玉籤やそたまくし(神にささげる祭具、玉串たまぐし)を採らせ、野槌のつち(野の神霊)には五百箇野薦いほつのすすきの八十玉籤を採らせた。おしなべてこの諸諸の物が皆来て集まった。その時に中臣なかとみの遠祖である天児屋命あまのこやねのみこと日神ひのかみの祝いことを言葉の限りとなえあげた。ここにおいて、日神はまさに磐戸を開いて出た。この時に鏡をその石窟に入れたので、戸に触れて鏡に小さなきずができてしまった。その瑕は、今もなお残っている。これがつまり、伊勢のあがめ敬う神秘な大神である。

 そうしたあと、罪を素戔嗚尊に科して、その罪をはらうためのものを出させた。こうして手端たなすゑ吉棄物よしきらひもの(祓えの具として切った手の爪)、足端あしすゑ凶棄物あしきらひもの(祓えの具として切った足の爪)があり、またつば白和幣しろにきて(唾液の供え物)とし、はな青和幣あをにきて(鼻水の供え物)とし、これらを用いて解除はらへ罪穢つみけがれを除去する祓え)をやり終え、遂に神逐かむやらひ(神の追放)の理によって追放した。「送糞」は、ここでは「俱蘇摩屢くそまる」と云う。「玉籤」は、ここでは「多摩俱之たまくし」と云う。「祓具」は、ここでは「波羅閉都母能はらへつもの」と云う。「手端吉棄」はここでは「多那須衛能余之岐羅毘たなすゑのよしきらひ」と云う。「神祝祝之」は、ここでは「加武保佐枳保佐枳枳かむほさきほさきき」と云う。「逐之」は、ここでは「波羅賦はらふ」と云う。

 

〔一書3〕

ある書はこう伝えている。この後に([一書 第一]と同じ書き出しのかたちをとるが、誓約うけひの後ではなく、先行する内容は不明)、日神ひのかみの田は三カ所あった。名を天安田あまのやすだ天平田あまのひらた天邑并田あまのむらあわせたという。これは皆良田であった。長雨ながあめ干魃かんばつに見舞われても、損なわれたり壊れたりなどしない。一方、その弟の素戔嗚尊の田も、また三カ所あった。名を天樴田あまのくひだ天川依田あまのかはよりだ天口鋭田あまのくちとだ という。これは、どこも土地がやせて狭小であり、石も多い。雨が降れば流れ、またひでりであればけてしまう。それゆえ、素戔嗚尊は姉の田を妬んで害を加えた。春には、田の用水路をだめにし、溝を埋め、あぜを壊し、またすでに種子たねを播いた上に重ね播きする。秋には、収穫前の田に串を刺して自分のものとしたり、馬を入れて腹這はらばいにさせたりする。すべてこの悪事の止む時がまったく無かった。それにもかかわらず、日神は怒らず、いつも穏やかで思いやりの心で容認していた。云云うんぬん。(省略を表す語。その省略は、日神の天石窟閉居を導く素戔嗚尊の悪辣あくらつな行為を主な内容とする先行[一書 第二]を前提とする)。

 日神ひのかみ天石窟あまのいはやにとじ籠もるに及んで、諸神もろもろのかみたち中臣連なかとみのむらじ遠祖とほつおやである興台産霊こごとむすひの児の天児屋命あまのこやねのみことを遣わして祈らせた。そこで天児屋命は、天香山あまのかぐやま真坂木まさかきを根ごと掘り出し、その上の枝には、鏡作かがみつくり遠祖とほつおやである天抜戸あまのぬかとの児の石凝戸辺いしこりとべが作った八咫鏡やたのかがみを掛け、中の枝には、玉作たますりの遠祖である伊奘諾尊いざなきのみことみこ天明玉あまのあかるたまが作った八坂瓊やさかに曲玉まがたまを掛け、下の枝には、粟国あはのくに忌部いみべの遠祖である天日鷲あまのひわしが作った木綿ゆふ(木の繊維を糸状にした祭器。さかきに掛け、たすきにして神事に使う)を掛け、そうして忌部のおびとの遠祖である太玉命ふとたまのみことにこの真坂木を手に取り持たせ、壮大・重厚に賛美するたたえごとを祈り申し上げた。時に、日神はこれを聞いて「このごろ人が何度も石窟いはやから出るように誓願するが、いまだこんなにも麗美うるはしい言葉はない。」と言い、そこで磐戸を細めに開けて外をうかがった。この時、天手力雄あまのたちからをが磐戸のかたわらにひかえていたので、ただちに磐戸を引き開けると、日神の光が世界の隅々まで満ちた。

 それゆえ、諸神は大いに喜び、さっそく素戔嗚尊に千座置戸ちくらおきと解除はらへ(罪けがれを祓うためのもの、祓えの)を科し、手の爪を吉爪棄物とし、足の爪を凶爪棄物あしきらひものとした。そこで、天児屋命あまのこやねのみことにその解除のこの上なく荘重・厳粛な祝詞のりとつかさどり、唱えさせた。世人よのひとが自分の爪を慎重に収めるのは、これがその縁(ことの起こり)なのである。

 そうしたあと、諸神は素戔嗚尊を責めとがめて「なんじが所行は甚だ常軌を逸している。だから天上に住んではならない。また葦原中国あしはらのなかつくににも居てはならない。今すぐに底根之国そこつねのくにに往くがよい。」と言い、そこで共に天上からい降りかせた。

 ちょうどこの時、霖雨が降っていた。素戔嗚尊は青草を結い束ねて笠や蓑とし、宿を多くの神に乞うた。神神は「汝は、みずからの所行が濁って悪辣だから追い払われ流されるのだ。それなのに、どうして宿を私に乞うのか。」と言い、結局みな同じように拒絶した。そこで、風雨は甚だしかったけれども、留まり休むことができずに、つらく苦しみながら降った。それ以来、世の人では、笠やみのを着けたまま他人の家の屋内に入ることをむのである。また束ねた草を負って他人の家の内に入ることも諱む。これを犯す者があれば、必ず解除はらへ(祓えの具)を出してつぐなわさせる。これは、太古から残されてきたきまり・制度である。

 この後に、素戔嗚尊は「諸神もろもろのかみたちが私を追放した。私は、今ここから永久に去ろうと思うけれども、どうして姉と会うことも無く、自分勝手にただちに去ることができようか。」と言い、また天地を揺るがして天に昇った。この時、天鈿女あまのうずめが見て、日神ひのかみに報告した。日神は「私の弟が天に昇って来る理由は、決して好意ではない。必ず我が国を奪おうとしているのではないか。私は婦女だが、どうして避けようか。」と言い、みずから戦いのそなえを身に装った。云云うんぬん(省略を表す語。前出)。

 そこで素戔嗚尊はうけひをして「私がもし善くない心を懐いて再度ここに昇って来たのであれば、私がいま玉を噛んで生む児は、必ずや女であるはずです。そうだとしたら、この女の児を葦原中国に降すことができます。もし清い心があるのであれば、必ずや男を生むはずです。そうだとしたら、この男の児に天上を統治させることができます。また姉の生むのも(生む児の男女とその処遇との対応)、またこの誓いと同じです。」と言った。ここにおいて、日神が先に十握剣とつかのけんを噛み、云云。

 素戔嗚尊は、そこでもくるくるとその左のみずらいている五百箇統いほつみすまるの緒を解き、瓊の触れ合う音もさやかに天渟名井あまのぬないすすぎ浮かべ、その瓊の端を噛み、吐き出して左のたなごころに置いて児の正哉吾勝勝速日天忍穂根尊まさかあかつかちはやひあまのおしほねのみことを生んだ。また右の瓊を噛み、吐き出して右の掌に置いて、児の天穂日命あまのほひのみことを生んだ。これが、出雲臣いずものおみ武蔵国造むさしのくにのみやつこ土師連等はじのむらじら遠祖とほつおやである。次に天津彦根命あまつひこねのみこと。これが、茨城国造うばらきのくにのみやつこ額田部連ぬかたべのむらじの遠祖である。次に活目津彦根命いくめつひこねのみこと。次に熯速日命ひのはやひのみこと。次に熊野大角命くまののおほすみのみこと。合わせて六男むはしらのひこかみである。そこで素戔嗚尊は日神に「私の再び天上に昇って来た理由は、多くの神神が私を根国ねのくにに追放処分したことです。今そこに退去しなければならず、もし姉とお会いしなければ、とうてい別離にたえられません。それゆえ、本当に清い心で再び昇って来ただけなのです。今はもうお目見えもすみました。多くの神神の意向に従い、これより永久に根国に赴くべきなのです。どうか姉上には天国あまつくに(語構成上は天の国であり、高天原たかあまはらとみるのが通説だが、存疑。天上と葦原中国との対応上は、天地に通じる天と国との熟合の可能性もある)に照臨しょうりん(四方を照らし、君臨すること)し、おのずから平安でおられるのがよろしい。私は、清い心で生んだ児らもまた姉上に奉ります。そうしたあと、再び、葦原中国に還り降った。「廃渠槽」は、ここでは「秘波鵝都ひはがつ」と云う。「捶籤」は、ここでは「久斯社志くしざし」と云う。「興台産霊」はここでは「許語等武須毘こごとむすひ」と云う。「太諄辞」はここでは「布斗能理斗ふとのりと」と云う。「○轤然」はここでは「乎謀苦留留爾おもくるるに」と云う。「瑲瑲」は、ここでは「奴儺等母母由羅爾ぬなとももゆらに」と云う。

 

『日本書紀』第八段 現代語訳

〔本伝〕

 この時(諸神に追放されて高天原を降る時)、素戔嗚尊は天より降り、出雲国いずものくにかわほとりに至った。その際、川の上に死をいたんできさけぶような声がするのを聞いたので、その声を尋ね求めて往けば、老翁おきな老婆おうなが中に少女を置いてでながら哭いていた。素戔嗚尊が「なんじらは誰か、どうしてそんなありさまで哭いているのか。」と問うと、これに対して「私は国神くにつかみで、名を脚摩乳あしなづちと申します。私の妻は手摩乳てなづちと申します。この童女をとめは私の児で、奇稲田姫くしいなだひめと申します。哭く理由というのは、過去に私の児は八人の少女をとめがいましたが、年ごとに一人ずつ八岐大蛇やまたのをろちに呑み込まれてしまいました。今、この少女が大蛇をろちに呑み込まれようとしています。なんともがれる手立てがありません。それで(この少女の死を)悲しみいたんでいるのです。」と答えた。素戔嗚尊がちょくして「もしそうだとするならば、汝はむすめを私にたてまつるか。」と言うと、「勅に従って奉ります。」と答えた。

 それゆえ、素戔嗚尊はたちまち奇稲田姫を湯津爪櫛ゆつつまくし(神聖な爪を立てた形状の櫛(くし))に化身させて、御髻みみずらした。そこで脚摩乳と手摩乳に八醞やしほをりの酒(醸造を何度もくり返した強い酒)を造り、あわせて仮庪さずき(桟敷)を八間やま(八つの仮の棚)作り、「仮庪」は、ここでは「佐受枳さずき」と云う。そのおのおのに一つの酒桶さかおけを置いて酒をそれに盛らせ、大蛇の到来を待ったのである。

 その時期に至ると、はたして大蛇が姿を現した。頭と尾は、それぞれ八岐やまたに分かれ、眼は赤酸醤あかかがち(ほうずき)のようであり、「赤酸醤」は、ここでは「阿箇箇鵝知あかかがち」と云う。松や柏(かや。常緑高木)がその背に生えて、八つの丘、八つの谷の間に蛇体をいわたらせていた。酒を得ると、八岐の頭をそれぞれ酒桶に突っ込んで飲み、酔っててしまった。この時を見はからって、素戔嗚尊はびていた十握剣とつかのつるぎを抜き、細かくその大蛇を斬り刻んだ。尾に至ったところで、その剣の刃が少し欠けた。それでその尾を切り裂いて見れば、中に一振りの剣があった。これが、いわゆる草薙剣くさなぎのつるぎである。「草薙剣」は、ここでは「俱裟那伎能都留伎くさなぎのつるぎ」と云う。ある書には、「もとは名を天叢雲剣あまのむらくものつるぎという。思うに、大蛇のいる上には、常に雲気うんきがただよっている。それゆえに、そう名付けたのではないか。日本武皇子やまとたけるのみこに至って、名を改めて草薙剣という」とつたえている。素戔嗚尊は「是は神剣あやしきけんである。私がどうしてあえて自分のものとして置こうか。」と言い、そこで天神あまつかみに献上したのである。

 その後、素戔嗚尊は奇稲田姫くしいなだひめと結婚するのに最適な場所を求めて探し訪ね、その果てに遂に出雲の清地すがに到った。「清地」は、ここでは「素鵝すが」と云う。そこで「私の心は清清すがすがしい」と言い、この次第で、今この地を「すが」と言う。その場所に宮を建てた。ある説には、時に武素戔嗚尊たけすさのをのみことが「八雲やくもたつ出雲いづも八重垣やへがき 妻籠つまごめに 八重垣作る その八重垣ゑ」と歌ったと伝えている。そこで結婚して児の大己貴神おほあなむちのかみを生んだ。これにより、勅して「私の児の宮を管理するつかさ(司長)は、脚摩乳と手摩乳である。」と言い、それで、この二神ふたはしらのかみに名号を賜り、稲田宮主神いなだのみやぬしのかみと言うのである。そうしたあと、素戔嗚尊は根国ねのくにに行った。

 

〔一書1〕

 ある書はこうつたえている。素戔嗚尊は天から降り、出雲のの川のほとりに到った。そうして稲田宮主簀狹之八箇耳いなだみやぬしすさのやつみみの子女、稲田媛いなだひめに会い、そこで奇御戸くみど(隠処、寝所)に睦事むつごとを始めて児を生み、清之湯山主三名狹漏彦八嶋篠すがのゆやまぬしみなさもるひこやしましのと名付けた。一説に清之繫名坂軽彦八嶋手命すがのゆひなさかかるひこやしまでのみことと云う。また一説に、清湯山主三名狹漏彦八嶋野すがのゆやまぬしみなさもるひこやしまのと云う。この神の五世の孫が大国主神おほくにぬしのかみである。「篠」は「小竹ささ」である。ここでは「斯奴しの」と云う。

 

〔一書2〕

 ある書はこうつたえている。この時、素戔嗚尊は天から下り、安芸国あきのくに可愛の川のほとりに到ったのである。そこに神がいた。名を脚摩手摩あしなづてなづと言う。その妻は名を稲田宮主簀狹之八箇耳いなだのみやぬしすさのやつみみと言う。この神はまさに妊娠中であった。夫と妻は共に愁え、そこで素戔嗚尊に「私の生んだ児は多かったのですが、生むたびに、八岐大蛇が来て呑み込んでしまい、一人も生き残ることができていません。いま私は児を産もうとしていますが、おそらくはまた呑まれてしまいます。それで悲しみいたんでいるのです。」と告げた。

 素戔嗚尊はそこで二神ふたはしらのかみに教えて「汝は多くの木の実で酒を八甕やかめ醸造したらよい。私が汝のためにをろちを殺してやる。」と言った。二神はこの教えどおり、酒を設けそなえた。いよいよ産む時に至ると、確かにあの大蛇をろちが戸につき当たって児を呑みこもうとした。素戔嗚尊は蛇に勅して「汝は恐れ敬うべき神だ。是非とも酒を供えてもてなさなければならない。」と言い、そこで八つのかめの酒を、大蛇の八つの口ごとに注ぎ込んだ

するとその蛇は、酒に酔っててしまった。素戔嗚尊は剣を抜いて斬った。尾を斬る時に至ったところで、剣の刃が少し欠けた。尾を割いて見れば、中に剣があった。名を草薙剣と言う。これがいま尾張国おはりのくに吾湯市村あゆちのむらにある。熱田祝部あつたはふり管掌かんしょうする神がこれである。その蛇を断ちきった剣は、名を蛇之麁正おろちのあらまさと言う。これが、今は石上いそのかみにある。

 この後、稲田宮主簀狹之八箇耳いなだのみやぬしすさのやつみみの生んだ児、真髪触奇稲田媛まかみふるくしいなだめを出雲のの川のほとりに遷し置き、養育して、成長させた。そうした後に素戔嗚尊が妃となして生んだ児の六世の孫が、名を大己貴命おほあなむちのみことと言うのである。「大己貴」は、ここでは「於褒婀名娜武智おほあなむち」と云う。

 

〔一書3〕

 ある書はこうつたえている。素戔嗚尊が奇稲田媛をめとろうと思って乞うた。脚摩乳あしなずち手摩乳てなずちはこれに答えて「どうか先にあのをろちを殺して下さい。その後に娶るというのであればよろしいでしょう。あの大蛇をろちは、頭ごとにそれぞれ岩松いはまつがあり、両脇ふたつのわきに山があって、甚だ恐るべきです。なにで殺すのでしょうか。」と言った。

 素戔嗚尊は、そこで計略をめぐらし、毒酒あしきさけを醸造して大蛇に飲ませた。蛇は酔って睡ってしまった。素戔嗚尊は、そこで蛇韓鋤之剣をろちのからさひのけんで頭を斬り、腹を斬った。その尾を斬る時に、剣の刃が少し欠けた。それゆえ尾を裂いて見ると、別に一振ひとふりの剣があった。名を草薙剣とした。この剣は、昔は素戔嗚尊のもとにあったが、今は尾張国をはりのくににある。その素戔嗚尊が蛇を断ち斬った剣は、今は吉備きび神部かむとものを(神職)のもとにある。出雲の簸の川のほとりの山がこれである。

 

〔一書4〕  

 ある書はこうつたえている。素戔嗚尊の所業が暴虐極まりなかった。それゆえ、諸神は千座置戸(罪過を贖う莫大な賠償品)を素戔嗚尊に科して、遂に天上から追放した(第七段 [本伝]の抄録)。

 この時、素戔嗚尊は子の五十猛神いたけるのかみをひき連れて新羅国しらぎのくにに降り到って、その曽尸茂梨そしもり(現在の韓国ソウルに当たる地域)という所に居住した。そこで声高こわだかに言葉を発して「この地は、私は居たいとは思わない。」と言い、遂に埴土はにで舟を作り、これに乗って海を東に渡り、出雲国いずものくにの川のほとりに所在する鳥上とりかみたけに到った。まさにこの時、そこには人を呑み込む大蛇をろちがいた。素戔嗚尊はそこで、天蠅斫之剣あまのははきりのつるぎでその大蛇を斬った。その際、蛇の尾を斬ったところで、刃が欠けた。すぐに裂いてよく見ると、尾の中に一振りの神剣あやしきけんがあった。素戔嗚尊は「これは、私が自分一人だけで使用してはならないものだ。」と言い、そこで、五世の孫に当たる天之葺根神あまのふきねのかみを遣わして天に献上した。これが、今にいう草薙剣くさなぎのつるぎである。

 当初、五十猛神いたけるのかみが素戔嗚尊に伴って天降あまくだった時に、多く木の種を持って下った。しかし韓地からくに(新羅)にはそれを一切植えることなく、全て東渡の際に持ち帰り、遂に筑紫つくしから始め大八洲国おほやしまのくにの国内すべてのところにき植え、ことごとく青山あをやまに成した。このはたらき、功績により、五十猛命いたけるのみこと有功之神いさをしのかみと称するのである。すなわち紀伊國きのくにに鎮座する大神おほかみ(和歌山市伊太祈曾いたきそ伊太祁曾神社いたきそじんじゃ)がこれである。

 

〔一書5〕

 ある書はこうつたえている。素戔嗚尊が「からくに(地方)に所在する嶋には金銀がある。もし私の児(第八段[本伝]に「生児大己貴神おほあなむちのかみ」と伝える)の支配する国に浮く宝(船)がなければ、それは良くない(金銀のある嶋に渡れない)と言い、そこであごひげほほひげを抜いて播いた。すると、それがたちまち杉に成った。また胸の毛を抜いて播くと、これがひのきに成った。尻の毛はまきに成り、眉の毛が櫲樟くすに成った。そうして、あとでその用途を定めた。そこで「杉および櫲樟くすは、二つの樹とも浮く宝(船)にすべきだ。ひのきは、瑞宮みづみや(宮殿)の用材とすべきだ。まきは、顕見蒼生うつしきあをひとくさ(現にこの世に生きる民草たみくさ。人民)の奧津棄戸おきつすたへ(墓所)に臥す具(棺)とすべきだ。さて食用にすべき八十木種やそこだね(数多くの果実の種)は、どれも播いて生かすことができた。」ととなえた。

 この時、素戔嗚尊のみこ(児とは違う)は名を五十猛命いたけるのみことと言い、その妹は大屋津姫命おほやつひめのみことであり、次が枛津姫命つまつひめのみことである。みなこの三柱みはしらの神も、木の種を広く播いた。そこで紀伊国きのくにに渡し奉ったのである。そうした後、素戔嗚尊は熊成峰くまなりのたけに居住し、遂に根国ねのくにに入ったのである。「棄戸」は、ここでは「須多杯すたへ」と云う。「柀」は、ここでは「磨紀まき」という。

 

〔一書6〕

 ある書はこうつたえている。大国主神おほくにぬしのかみは、また大物主神おほものぬしのかみと名付け、また国作大己貴命くにつくりのおほあなむちのみことごうし、また葦原醜男あしはらのしこをと言い、また八千戈神やちほこのかみと言い、また大国玉神おほくにたまのかみと言い、また顕国玉神うつしくにたまのかみと言う。その子は、全部で百八十神いる。

 そもそも大己貴命おほあなむちのみことは、少彦名命すくなひこなのみことと力を合わせ心を一つにして天下あめのしたを経営した。また顕見蒼生うつしきあをひとくさおよび家畜のためには、その病を治療する方法を定め、また鳥獣とりけだもの昆虫はふむしの災害(わざわい、害悪、変異現象)を払い除くためには、その災難やたぶらかしを押さえとどめる(呪禁じゅきん)方法を定めた。これにより、人民は今に至るまでみなこの恩恵をこうむっている。

 かつて大己貴命が少彦名命に向かって「われらの造った国は、どうして善くできたといえるだろうか。」と言った。少彦名命はこれに対して「あるいはできたところがある。またあるいはできていないところもある」と答えた。この両者のかたりは、思うに深遠なおもむきがある。その後、少彦名命は熊野くまのの岬まで行き至ったところで、遂に常世郷とこよのさとってしまった。またこれとは別に、淡嶋あはのしまに至って、あはの茎をよじ登れば、弾かれて常世郷に渡り至ったという。

 これより後に、国内のまだ造り終えていない所は、大己貴神おほあなむちのかみが一人で巡り造りあげて、遂に出雲国に到った。そこで声高こわだかに言葉を発して「そもそも葦原中国あしはらのなかつくには、もとは荒れて広々とした状態であり、岩石いはほ草木くさきに至るまでみな強暴であった。しかし私がすでにそれらをくだき伏せてしまい、すっかりおとなしく従順になっている。」と言い、遂には、それで「今この国を治めるのは、ただ私一人だけである。さて私と共に天下を治めることのできる者が、はたしているだろうか」と言った。

 その時、神神こうごうしい光が海を照らし、忽然として浮かんで寄り来る者がいて、「もし私がいなかったらならば、汝はどうしてこの国を平定することができただろうか。私がいたことによって、それで汝はその国を平定するという大きな功績をうちたてることができたのだ。」と言った。この時に、大己貴神は「そうだとすれば、汝は誰なのか。」と問い、これに対して「私は、汝の幸魂さきみたまさいわいをもたらす魂)・奇魂くしみたま(霊妙なはたらきの魂)である。」と答えた。大己貴神が「まさしくそうだ。なるほど汝は私の幸魂・奇魂であることが分かる。今どこに住みたいのか。」と言うと、これに応じ、「私は日本国やまとのくに三諸山みもろのやま(奈良県桜井市の三輪山)に住みたいと思う。」と言った。それゆえ、さっそく宮殿をその地に造営し、そこに行き住まわせた。これが大三輪おほみわの神である。この神の子が、甘茂君かものきみたち大三輪君おほみわのきみたちであり、また姫蹈鞴五十鈴姫命ひめたたらいすずひめのみことである。

 また次のように伝えている。事代主神ことしろぬしのかみ八尋熊鰐やひろくまわに(「ひろ」は広げた両手の幅。巨大なさめ)に化(変身)し、三嶋溝樴姫みしまのみぞくひひめに通じて、あるいは玉櫛姫たまくしひめと云う。児の姫蹈鞴五十鈴姫命ひめたたらいすずひめのみことを生んだ。これが神日本磐余彦火火出見天皇(神武天皇)の后である。

 はじめ大己貴神が国を平定するに際して、行き巡り出雲国いずものくに五十狹狹いささ小汀をはまに到って飲食しようとした。この時、海上に忽然と人の声がした。そこで驚いて探し求めたけれども、全くなにも見当たらない。しばらくすると、一人の小男をぐな白薟かがみ(カガイモまたヤブカラシ)の皮を舟として、鷦鷯さざき(ミソサザイ)の羽を着衣とし、潮流に乗って浮かび到った。大己貴神はさっそく取り上げ掌中に置いてもてあそんでいると、飛び上がってほおを噛んだ。そこでその小男の形状を怪しんで、使いを遣わして天神あまつかみに申しあげた。その時、高皇産霊尊たかみむすひのみことはその報告を聞き、それで「私の産んだ児は全部で千五百はしらいる。その中の一児は最悪で、教え育てようにも従わない。私の指の間から漏れ墜ちたのが、きっとそのものだ。可愛がって養育すれば良い。」と云った。少彦名命すくなひこなのみことがこれである。「顕」は、ここでは「于都斯うつし」と云う。「蹈鞴」は、ここでは「多多羅たたら」と云う。「幸魂」は、ここでは「佐枳弥多摩さきみたま」と云う。「奇魂」は、ここでは「俱斯美侘磨くしみたま」と云う。「鷦鷯」は、ここでは「裟裟岐さざき」と云う。

 

『日本書紀』巻第二(神代下)

『日本書紀』第九段 現代語訳

〔本伝〕

天照大神の子の正哉吾勝勝速日天忍穂耳まさかあかつかちはやひあめのおしほみみ尊は、高皇産霊たかみむすひ尊の娘の栲幡千千姫たくはたちぢひめを娶り、天津彦彦火瓊瓊杵あまつひこひこほのににぎ尊を生んだ。そこで皇祖みおや高皇産霊たかみむすひ尊は特に愛情を注いで貴んで養育した。こうして皇孫すめみま天津彦彦火瓊瓊杵あまつひこひこほのににぎ尊を立てて、葦原中國の君主にしようと考えた。しかし、その国には蛍火のようにあやしく光る神や、五月ごろの蝿のようにうるさく騒ぐ邪神がいた。また、草や木さえもが精霊を持ち、物を言って不気味な様子であった。そこで、高皇産霊尊は多くの神々を召し集めて、問われるには「私は葦原中國の邪神どもを除き平定させようと思う。誰を遣わしたらよかろう。汝ら諸神よ、知っていることを隠さずに申せ。」と言った。皆は、「天穂日あめのほひ尊は傑出した神です。この神を使わしてみてはいかがでしょうか。」と言った。そこで、高皇産霊尊はこれら諸神の意見に従って天穂日尊を葦原中国の平定のために遣わせることにした。ところが、この神は大己貴神におもねり媚びて、三年たってもいっこうに報告しなかった。そこで、その子の大背飯三熊之大人おおせいみくまのうし――またの名は武三熊之大人たけみくまのうし――を遣わした。これもまた、その父に従って、とうとう報告に戻らなかった。

そこで高皇産霊尊は、さらに諸神を集めて、遣わすべき神を尋ねた。皆は、「天國玉あまつくにたまの子の天稚彦あめのわかひこは勇壮です。試してみるべきでしょう。」と言った。そこで、高皇産霊尊は天稚彦に天鹿児弓あめのかごゆみ天羽羽矢あめのははやを授けて遣わした。だが、この神もまた誠実ではなかった。葦原中国に到着するや顕國玉うつしくにたまの娘の下照姫したてるひめ<またの名は高姫たかひめ。またの名は稚國玉わかくにたま>を娶って、そのまま住み着いて、「私もまた葦原中國を統治しようと思う。」と言って、報告に戻らなかった。

さて、高皇産霊尊は天稚彦が久しく報告に来ないことを不審に思い、無名雉ななしきぎしを遣わして様子を窺わせた。そのきじは飛び降って、天稚彦の門の前に植わっていた神聖な杜木かつらの梢にとまった。すると、天探女あまのさぐめがこれを見つけて、天稚彦に「不思議な鳥が来て、杜の梢にとまってます。」と言った。天稚彦は、高皇産霊尊から授かった天鹿児弓と天羽羽矢を手に取り、きじ射殺いころした。その矢は雉の胸を深く貫き通って、高皇産霊尊の御前に届いた。すると、高皇産霊尊はその矢を見て「この矢は昔、私が天稚彦に授けた矢である。見ると血が矢に染みている。思うに、これは国神くにつかみと戦って血が付いたのだろうか。」と言った。そして、矢を取って下界に投げ返した。その矢は落下して、そのまま天稚彦の仰臥している胸に命中した。その時、天稚彦は新嘗にひなへの祭事をして仰眠しているところだった。その矢が命中してたちどころに死んだ。これが、世の人が「反矢かへしや恐るべし」と言うことの由縁である。

天稚彦の妻の下照姫が大声で泣き悲しみ、その声は天に届いた。この時、天國玉あまつくにたまはその泣く大声を聞いて、天稚彦がすでに死んでしまったことを知り、疾風はやちを遣わして、屍を天上に持ってこさせ、さっそく喪屋を造ってもがりを行った。

そして川雁かわかり持傾頭者きさりもち持帚者ははきもちとした。<一説には、鶏を持傾頭者とし、川雁を持帚者としたと言う>。また、雀を舂女つきめとした。<一説には、川雁を持傾頭者とし、また持帚者とした。そに(かわせみ)を尸者ものまさとした。雀を舂女とした。鷦鷯さざき哭者なきめとした。とび造綿者わたつくりとした。からす宍人者ししひととした。すべて諸々の鳥にもがりの所役に任命したと言う>。そのようにして八日八夜の間、大声で泣き悲しんで歌い続けた。

これより前、天稚彦が葦原中國にいた頃、味耜高彦根あぢすきたかひこね神と親交があった。そこで、味耜高彦根あぢすきたかひこね神は天に昇って喪を弔った。その時、この神の顔かたちは、まさに天稚彦の生前の容貌そのままであった。そこで、天稚彦の親族や妻子はみな、「我が君は死なずに、なお生きていた。」と言って、帯にすがりつき、喜んだりひどく泣いたりした。その時、味耜高彦根あぢすきたかひこね神は激怒して顔を真っ赤にして、「朋友の道として弔うのが道理だ。だからこそ、穢らわしいのもいとわず、遠くからやってきて哀悼の意を表しているのだ。その私を、どうして私を死人と間違えるのか。」と言って、即座に帯びていた剣の大葉刈おほはがり<またの名は神戸劒かむどのつるぎ>を抜いて、喪屋を斬り倒した。これがそのまま落ちて山となった。今の美濃國みののくに藍見川あゐみのかはの川上にある喪山が、これである。世の人が、生者を死者と間違えることを忌むのは、これがその由縁である

この後、高皇産霊たかみむすひ尊はさらに神々を招集して、葦原中國に遣わすべき者を選定した。皆は、「磐裂いはさく根裂ねさく神の子の磐筒男いはつつのを磐筒女いはつつのめが生んだ子、經津主ふつぬし神がよいでしょう。」と言った。この時、天石窟あめのいはやに住む神である稜威雄走いつのをはしり神の子に甕速日みかはやひ神がいて、その甕速日神の子に熯速日神ひはやひのかみがいて、その熯速日神ひはやひのかみの子に武甕槌たけみかづち神がいた。この神が進み出て、「どうして經津主神だけがひとり立派で、私は立派ではないのか」と言った。その語気は非常に激しかった。そのため、經津主神にこの神を副えて、葦原中國の平定に遣わした。

經津主ふつぬし神と武甕槌たけみかづち神の二神は、出雲國の五十田狭之小汀いたさのをばまに降って来て、十握劒とつかのつるぎを抜いて逆さに大地に突き立てると、その剣の切っ先にあぐらをかいて座り、大己貴神に問うて「高皇産霊尊が皇孫すめみまを降らせ、この国に君臨させようと思っている。そこで、まず我ら二神を遣わし、邪神を駆除はらい平定させることとなった。あなたの考えはどうだ、国を譲るか否か。」と言った。すると大己貴おほあなむち神は「我が子に尋ね、その後で返事をしましょう。」と答えた。この時、その子の事代主ことしろぬし神は、出雲國の三穂之碕みほのさきにいて魚釣りを楽しんでいた。――あるいは、鳥の狩りをしていたとも言う。

そこで、熊野諸手船くまののもろたふね<またの名は天鴿船あめのはとふね>に、使者の稲背脛いなせはぎを乗せて遣わした。そうして高皇産霊たかみむすひ尊のみことのり事代主ことしろぬし神に伝え、その返事を尋ねた。そのとき、事代主神は使者に、「今、天神あまつかみの御下問の勅がありました。我が父はお譲りするでしょう。私もまたそれと異なることはありません。」と言った。そこで、海中に幾重もの蒼柴籬あおふしかきを造り、船の舳先へさきを踏み傾けて退去した。使者はそういう次第で、戻ってこのことを報告すると、大己貴おほあなむち神は我が子の言葉をもって二柱の神に、「私が頼りにしていた子もすでに国を譲りました。そこで、私もまたお譲りしましょう。もし私が抵抗すれば、国内の諸神もきっと同じように抵抗するでしょう。今私がお譲りすれば、誰ひとりとして従わない者はいないでしょう。」と申し上げた。そして大己貴おほあなむち神は、かつてこの国を平定した時に用いた広矛ひろほこを二神に授け、「私はこの矛で、国の平定という功を成し遂げました。天孫あめみまがもしこの矛を用いて国を治めたならば、きっと天下は平安になるでしょう。今から私は、もも足らず八十隈やそくまでに隠れましょう。」と言って、言い終わるやとうとう隠れてしまった。

そして、二柱の神は帰順しない諸々の邪神たちを誅伐し、<一説には、二神はついに邪神や物を言う不気味な草・木・石の類を誅伐して、すっかり平定し終えた。唯一、従わない神は星神ほしのかみ香香背男かかせをだけであった。そこで倭文神しとりがみである建葉槌たけはつち命を遣わして服従させた。そして二神は天に昇ったと言う>、ついに報告に戻った。

さて、高皇産霊尊は、真床追衾まとこおふふすまで皇孫の天津彦彦火瓊瓊杵あまつひこひこほのににぎ尊を覆って降臨させた。皇孫は天磐座あまのいはくらを押し離し、また天の八幾雲を押し分けて、威風堂々と良い道を選り分けて、日向ひむか高千穂峯たかちほのたけに天降った。こういう次第で、そこから皇孫の出歩いた様子は、串日くしひ二上ふたかみの天浮橋から、浮島の平らなところ降り立ち、その痩せて不毛の国を丘伝おかづたいに良い国を求めて歩き、吾田あたの長屋の笠狭碕かささのみさきに辿り着いた、というものであった。

その地に一人の人がいて、自ら事勝國勝長狭ことかつくにかつながさと名乗った。皇孫すめみまが、「国があるかどうか。」と尋ねると、「ここに国があります。どうぞ御心のままにごゆっくりなさってください。」と答えた。そこで皇孫はそこに滞在した。その時、その国に美人たをやめがいた。名を鹿葦津姫かしつひめと言う。<またの名は神吾田津姫かむあたつひめ。またの名は木花之開耶姫このはなのさくやびめ>。皇孫がこの美人に、「おまえは誰の子か」と尋ねると、「私は天神あまつかみ大山祇おほやまつみ神を娶って生んだ子です。」と答えた。そこで皇孫が召すと、この姫は一夜にして懐妊した。皇孫はこれを疑い、「たとえ天神であっても、どうしてたった一晩で身重にさせることができるだろうか。お前が身ごもったのは、きっと私の子ではあるまい。」と言った。これを聞いて、鹿葦津姫かしつひめは怒り恨んで、さっそく戸のない産屋を造り、その中に籠って誓約うけいをして、「私の身ごもった子が、もし天孫の御子でなければ、きっと焼け死ぬでしょう。もし本当に天孫の御子であれば、火もその子を害することはできないでしょう。」と言って、火をつけて産屋を焼いた。初め、燃え上がった煙の先から生まれ出た御子は、火闌降ほのすそり命と言う。<これは隼人はやひと等の始祖である>。次に火の熱を避けて生れ出た御子を彦火火出見ひこほほでみ尊と言う。次に生まれ出た子を火明ほのあかり命と言う。<これは尾張連をはりのむらじ等の始祖である>。併せて三柱の御子である。

 それからしばらくして天津彦彦火瓊瓊杵あまつひこひこほのににぎ尊が崩御された。そこで筑紫の日向の可愛之山陵えのみささぎに葬った。

 

〔一書1〕

ある書ではこう伝えている。天照大神は天稚彦あめのわかひこみことのりして、「豊葦原中國とよあしはらのなかつくには我が子が君主たるべき国である。しかしながら、思うに残忍凶暴な邪神どもがいる様子だ。そこで、まずお前が行って平定しなさい。」と言った。そして天鹿児弓あめのかごゆみ天眞鹿児矢あめのまかごやを授けて遣わした。天稚彦は勅を受けて豊葦原中国にくだり、國神くにつかみの娘たちを次々に娶り、八年の歳月が過ぎても復命しなかった。

そこで天照大神は思兼おもひかね神を召して、天稚彦が帰って来ない事情を問うた。すると思兼神は熟慮して、「また雉を遣わして尋ねさせましょう」と告げた。そこで、その神の策に従って、さっそく雉を遣わして様子をうかがわせた。その雉は飛び下りると、天稚彦の門の前の神聖な杜樹かつらの梢に止まって、「天稚彦よ、どうして八年の間、復命しないのか」と鳴いて問うた。その時、國神で天探女あまのさぐめという名の者がいた。その雉を見て、「鳴き声の悪い鳥がこの樹の上にとまっています。射殺しなさい。」と言った。天稚彦は、そこで天神から賜った天鹿児弓あめのかごゆみ天眞鹿児矢あめのまかごやを取り、すぐに射殺してしまった。その矢は雉の胸を貫き、ついに天神の御前にまで届いた。その時、天神はその矢を見て、「これは昔、私が天稚彦に授けた矢である。今になってどうして飛んできたのだろう」と言って、矢を取り呪いをかけて「もし悪心きたなきこころで射たのならば、天稚彦はきっと災いに遭うだろう。もし平心きよきこころで射たのならば、無事でいるだろう。」と言い、矢を投げ返すと、その矢は中国に落ちて天稚彦の仰臥している胸に命中し、たちどころに死んでしまった。これが世の人が「返矢かへしや恐るべし」と言うことの由縁である。

そこで、天稚彦の妻子たちが天から降って来て、柩を持って天に昇っていき、天上に喪屋を造ってもがりをして大声で泣いた。これより前、天稚彦は味耜高彦根あぢすきたかひこね神と親友であった。そこで、味耜高彦根神は天に昇って喪を弔い、大声をあげて泣いた。その時、この神の容貌は、もともと天稚彦と同じといってもよいほど似ていた。そのため、天稚彦の妻子たちはこの神を見て喜び、「我が君は死なずにまだ生きていた。」と言って、その帯にとりすがって離そうとしなかった。その時、味耜高彦根神は怒り、「親友が亡くなった。だから私はすぐに弔いに来たのだ。どうして死者と私を間違えるのか」と言って、十握劒を抜いて喪屋を斬り倒した。その小屋が落ちて山となった。これが美濃國みののくにの喪山である。世の人が死者を自分と間違えることを忌むのは、これがその由縁である。

時に、味耜高彦根神は容姿端麗で、二つの丘、二つの谷にわたって照り輝いた。そこで、喪に集まった人が歌を詠んだ。――ある伝えに、味耜高彦根神の妹の下照媛したてるひめが、集まった人たちに、丘や谷に照り輝くのは味耜高彦根神であることを知らせようと思った。それで詠んで、と言う。

天なるや 弟棚機おとたなばたの うながせる 玉の御統みすまるの 穴玉あなだまはや み谷二渡ふたわたらす 味耜高彦根あぢすきたかひこね

(天上にいる若い機織女はたおりめの首にかけている連珠の美しい穴玉よ。そのように麗しく谷二つに渡って輝いている味耜高彦根神よ。)

また、歌を詠んで、

天離あまさかる ひなつ女の い渡らす迫門せと 石川片淵いしかはかたふち 片淵かたふちに 網張り渡し 目ろ寄しに 寄し寄り来ね 石川片淵いしかはかたふち

(天から遠く離れた田舎の娘が渡る狭門せとの石川の片淵。その片淵に鳥網を張り渡し、その網目にたぐり寄せられるように、鳥たちはこちらに寄せられ、そのように寄っておいで。この石川の片淵で。)

といった。

この二首の歌は今、夷曲ひなぶりと言う。

こういう次第で、天照大神は、思兼神の妹の萬幡豊秋津媛よろづはたとよあきつひめ命を正哉吾勝勝速日天忍穂耳まさかあかつかちはやひあめのおしほみみ尊に娶らせて妃とし、葦原中國に降らせた。この時、勝速日天忍穂耳かちはやひあめのおしほみみ尊は天浮橋に立って見下ろし、「あの国はまだ平定されていない。気に入らず心に染まない見る目も穢れた国であるよ。」と言って、再び天上に還り昇り、天降りしなかった理由を詳しく述べた。

そこで天照大神はまた武甕槌たけみかづち神と經津主ふつぬし神とを遣わして、まずそこへ行き悪神どもを駆除させた。そのとき、二柱の神は出雲に降り着き、さっそく大己貴神に「汝はこの国を天神に献上するかどうか。」と尋ねた。すると、「我が子の事代主が鳥猟に行って、三津之碕みつのさきにいます。今、それに尋ねて返事をしましょう。」と答えた。そこで使者を遣わして訪問させた。すると、「天神の望まれるところであれば、どうして奉らないことがありましょう。」と答えた。そこで大己貴神はその子の言葉どおりに二柱の神に報告した。二神は天に昇って復命をして、「葦原中國はみなすっかり平定しました。」と報告した。そこで、天照大神は勅を下して「もしそうであれば、今まさに我が子を降臨させよう。」と言った。まさに天降ろうとしていた間に、皇孫すめみまが生まれた。名を天津彦彦火瓊瓊杵あまつひこひこほのににぎ尊と言う。その時に、天忍穂耳尊の奏上があって、「この皇孫を代わりに降臨させようと思う」と言った。そこで天照大神は、天津彦彦火瓊瓊杵尊に八坂瓊曲玉やさかにのまがたま八咫鏡やたのかがみ、草薙劒の三種宝物みくさのたからを授けた。

また、中臣なかとみの祖神である天児屋あめのこやね命、忌部いみべの祖神である太玉ふとたま命、猿女さるめの祖神である天鈿女命、鏡作かがみつくりの祖神である石凝姥いしこりどめ命、玉作たまつくりの祖神である玉屋たまのおや命、併せて五部神々をお供として付き従わせた。そして皇孫に勅して、「葦原千五百秋之瑞穂國あしはらのちいほあきのみつほのくには、我が子孫が君主たるべき地である。汝、皇孫よ、行って治めなさい。さあ、行きなさい。天祚あまつひつぎの栄えることは、天地とともに窮まることがないであろう。」と言った。

こういう次第で皇孫が降ろうとしている間に、先駆の者が引き返してきて、「一人の神がいます。天八達之衞あまのやちまたにいます。その鼻の長さは七咫ななあた、座高は七尺ななさかあまり、身長はまさに七尋ななひろと言うべきでしょう。また口や尻が明るく光っています。眼は八咫鏡のようで、照り輝いているさまは赤い酸漿ほおずきのようです。」と言った。そこでお供の神を遣わして、行って尋ねさせた。その時、八十萬神やそよろづのかみであったが、だれも皆、眼力で相手を圧倒して尋ねることができなかった。そこで特に天鈿女あめのうずめ命に勅して、「汝は眼力が勝れ相手を威圧する力をもっている。行って尋ねてきなさい。」と命じた。天鈿女命はその胸乳をあらわにし、裳の紐をへその下に押し垂らして、呵々大笑して向かい立った。そのとき、衢神ちまたのかみが尋ねて、「天鈿女よ、汝がそうするのはどういう理由からか。」と言う。天鈿女は答えて「天照大神の御子が進む道に、このように立ちふさいでいるお前こそ誰だ。反対に尋ねたい。」と答えた。衢神は、「天照大神の御子が今、降臨すると聞いた。それで、お迎えしようと待っているのだ。私の名は猿田彦さるたびこ大神だ。」と言った。そこで天鈿女命が再び、「汝が私を先導するか、それとも私が汝より先に行くか。」と尋ねると、「私が先に立ってご案内しよう。」と言った。天鈿女命がさらに、「汝はどこへ行こうというのか、皇孫はどこに着くことになるのか。」と尋ねると、「天神の御子は、筑紫の日向ひむか高千穂串触之峯たかちほのくじふるのたけに着くだろう。私は伊勢の狭長田さなだ五十鈴川いすずのかはの川のほとりに着くことになる。」と答え、そして、「私を世に現出せしめたのは汝である。だから、汝は私を送り届けるべきだろう。」と言った。

天鈿女命は天に還って報告をした。そこで、皇孫は天磐座あめのいはくらを押し離し、天の幾重もの雲を押し分け、威風堂々とよい道を選り分け選り分けて天降った。はたして、先の約束通り、皇孫は筑紫の日向の高千穂串触之峯に辿り着いた。

その猿田彦神は伊勢の狭長田の五十鈴川の川のほとりに着き、天鈿女命は猿田彦神の願い通り、ついに伊勢まで送っていった。そのとき、皇孫は天鈿女命に勅して、「汝が世に現出せしめた神の名を姓氏うぢとせよ。」と言った。これによって猿女君さるめのきみの名を賜った。それで猿女君らの男女は皆、相手を「君」と呼ぶ。これがその由縁である。

 

〔一書2〕

ある言い伝えには、天神は經津主ふつぬし神と武甕槌たけみかづち神とを遣わして葦原中國を平定させた。その時、二柱の神は、「天に悪神がいます。名を天津甕星あまつみかほし、またの名を天香香背男あめのかかせをと言います。どうかまずこの神を誅して、その後に降って葦原中國を平定しましょう。」と言った。この時、天津甕星あまつみかほしを誅するための斎主の神がおり、この神を斎之大人いはひのうしと言う。この神は今、東國あづまのくに楫取かとりの地に鎮座している。

そうして二柱の神は出雲の五十田狭之小汀いたさのをばまに天降ってきて、大己貴神に「おまえはこの国を天神に献上するかどうか。」と尋ねた。すると、「あなた方、二柱の神は、本当に私のもとに来られたのではないように思われる。だから、申し出を許すことはできない。」と答えた。そこで經津主神は天に還り昇って報告した。

その時、高皇産霊たかみむすひ尊は二神を出雲に戻し遣わして、大己貴神に勅して、「今お前が言うことを聞くと、深く通にかなっている。そこで、さらに条件を提示しよう。あなたが治めている現世の仕事は、我らの子孫が治めよう。あなた改めて一つ一つについて勅をしよう。そもそも、お前が治めている現世の政事は、我が皇孫が治めるのだ。お前は、幽界の神事をつかさどれ。また、おまえが住む天日隅宮あめのひすみのみやは、今、造営してやろう。千尋もある長い𣑥縄たくなわで、しっかり結んで百八十結びに造り、その宮を建てるのに、柱は高く太く、板は広く厚くしよう。また、御料田を提供しよう。また、おまえが往来して海で遊ぶ備えのために、高い橋や浮橋、天鳥船あめのとりふねも造ろう。また、天安河あめのやすのかはにも打橋を造ろう。また、繰り返し縫い合わせたじょうぶな白楯を造ろう。まら、お前の祭祀をつかさどる者は、天穂日あめのほひ命である。」と伝えた。そこで大己貴おほあなむち神は、「天神あまつかみの申し出は、かくも懇切である。どうして勅命に従わないことがありましょうか。私が治めている現世の政事のことは、今後は皇孫が治めさてください。私は退いて神事を司りましょう。」と答えた。そうして岐神ふなとのかみを二柱の神に推薦して、「この神が、私に代わって皇孫にお仕えするでしょう。私はここで退きましょう」と言って、瑞之八坂瓊みつのやさかにを身につけて永久とこしえに隠れた。

そこで經津主神は岐神ふなとのかみを国の先導役とし、周囲を巡りながら平定していった。反抗する者がいれば斬り殺し、帰順する者には褒美を与えた。この時に帰順した実力者が大物主おほものぬし神と事代主神である。そして八十萬神を天高市あめのたけちに集め、これらをひきいて天に昇り、その柔順に至ったことを示した。

この時、高皇産霊たかみむすひ尊は大物主おほものぬし神に、「おまえがもし國神くにつかみを妻とするのならば、私はなお、おまえに迷いの心があると思うだろう。そこで今、私の娘の三穂津姫みほつひめをおまえに娶わせて妻とさせる。八十萬神を率いて、永遠に皇孫を守って差し上げよ」と命じ、帰り降らせた。そして紀國の忌部いみべの祖神の手置帆負たおきほおひ神を笠作りと定めた。彦狭知ひこさち神を盾作りとした。天目一箇あめのまひとつ神を鍛冶とした。天日鷲あめのひわし神を木綿ゆふ作りとした。櫛明玉くしあかるたま神を玉作りとした。そして太玉ふとたま命の弱い肩に太いたすきをかけ、代表者とした。このようにしてこの神を祭るようになったのは、これが起源である。

また、天児屋あめのこやね命は神事の根本を掌る神であったため、太占ふとまにの占いによって仕えさせた。高皇産霊尊は、「私は天津神籬あまつひもろき天津磐境あまついはさかを造り立てて、皇孫のために祭祀をしよう。おまえたち、天児屋命と太玉命は、天津神籬を持って葦原中國に降り、また皇孫のために祭祀をしなさい」と命じ、二神を遣わして天忍穂耳あめのおしほみみ尊に従わせて降らせた。この時、天照大神は手に宝鏡たからのかがみを持ち、天忍穂耳あめのおしほみみ尊に授けて、「我が子よ、この宝鏡を見るのには、まさに私を見るようにしなさい。ともに床を同じくし、御殿をともにし、祭祀の鏡としなさい」と祝いを述べた。また、天児屋あめのこやね命と太玉命に、「おまえたち二神も、ともに御殿の内側にはべり、よくお守りをしなさい」と命じた。また、「私が高天原に所有する斎庭之穂ゆにはのいなのほを我が子に持たせなさい」と命じた。そして、高皇産霊尊の娘、名は萬幡姫よろづはたひめ天忍穂耳あめのおしほみみ尊に娶らせてみめとさせ、降らせた。そして、その途中に大空において生まれた子を天津彦火瓊瓊杵あまつひこほのににぎ尊と言う。このため、この皇孫を親に代わって降らせようと考え、天児屋あめのこやね命と太玉命、及び諸氏族の神々をことごとく授け、また、衣服等の物もそれらと同様に授けた。そうした後に天忍穂耳あめのおしほみみ尊は天に再び帰った。

そこで、天津彦火瓊瓊杵尊は日向の串日高千穂峯くしひのたかちほのたけに降り立ち、不毛の地を丘づたいに国を求めて通り、浮島のある平らな土地に立った。そして、國主くにのぬし事勝國勝長狭ことかつくにかつながさを呼んで尋ねると、「ここに国があります。どうぞご自由に」と答えた。そこで皇孫は宮殿を立て、そこで休息した後、海辺に進んで一人の美人をとめを見かけた。皇孫が、「おまえは誰の子か」と尋ねると、「私は大山祇おほやまつみ神の子です。名は神吾田鹿葦津姫かむあたかしつひめ、またの名は木花開耶姫このはなのさくやびめです」と答え、さらに、「また、私には姉の磐長姫いはながひめがいます」と申し上げた。皇孫が、「私はあなたを妻にしようと思うがどうか」と尋ねると、「私には父の大山祇おほやまつみ神がいます。どうかお尋ねください」と答えた。皇孫がそこで大山祇神に、「私はあなたの娘を見かけた。妻としたいと思う」と語ると、大山祇神は二人の娘に多くの飲食物を載せた机を持たせて進呈した。すると皇孫は、姉の方は醜いと思って招くこともなく、妹の方は美人であったので招いて交わった。すると一夜にして身籠った。そこで磐長姫は大いに恥じ、「もし天孫が私を退けずに招いていたら、生まれる子は長寿で、堅い岩のように長久とこしえに繁栄したことでしょう。今そうではなく妹だけを一人招いたので、生まれる子はきっと木の花のように散り落ちることでしょう」と呪詛を述べた。――あるいは、磐長姫は恥じ恨んで、唾を吐いて泣き、「この世の人々は木の花のように儚く移ろい、衰えることでしょう」と言った。これが世の人が短命であることの発祥であると言う。

この後、神吾田鹿葦津姫かむあたかしつひめが皇孫を見て、「私は天孫の子を娠みました。自分だけで生むべきではありません」と言うと、皇孫は、「たとえ天神の子であっても、どうして一夜にして人を娠ませられるのか。もしや我が子ではないのではないか」と言った。木花開耶姫このはなのさくやびめは大いに恥じ恨んで、戸口のない小屋を作り、誓を立てて、「私が娠んだのがもし他の神の子ならば、きっと不幸になるでしょう。本当に天孫の子ならば、きっと無事に生まれるでしょう」と言って、その小屋の中に入り、火をつけて小屋を焼いた。

その時、炎が立ち昇りはじめた時に生まれた子を火酢芹ほすせり命と言う。次に、火の燃え盛る時に生まれた子を火明ほあかり命と言う。次に、生まれた子を彦火火出見ひこほほでみ尊と言う。または火折ほをり尊と言う。

 

〔一書3〕

最初に炎が明るい時に生まれた子が火明ほあかり命である。次に、炎が燃え盛る時に生まれた子が火進ほすすみ命である。――または火酢芹ほすせり命と言う。次に、炎が鎮まった時に生まれた子が火折彦火火出見ほをりひこほほでみ尊である。この併せて三子は火の害を受けることもなく、母もまた少しも害を受けなかった。そして竹の刀でその子の臍の緒を切った。その捨てた竹の刀が後に竹林となった。そこで、その地を竹屋と言う。その時に神吾田鹿葦津姫かむあたかしつひめが占いで定めた田を狭名田と言う。その田の稲で天の美酒を醸してにひなへを催した。また、渟浪田ぬなたの稲を用いて飯を作って嘗を催した。

 

〔一書4〕

高皇産霊たかみむすひ尊は、真床覆衾まとこおふふすま天津彦國光彦火瓊瓊杵あまつひこくにてるひこほのににぎ尊に着せて、天磐戸あめのいはとを引き開けて、天の幾重もの雲を押し分けて降らせた。この時、大伴連おほとものむらじの祖神である天忍日あめのおしひ命が、来目部くめべの祖神である天串津大来目あめくしつのおほくめを率い、背には天磐靫あめのいはゆきを背負い、腕には威力のある高鞆たかともをつけ、手には天梔弓あめのはじゆみ天羽羽矢あめのははやを取り、八目鳴鏑やつめのかぶらを取り揃え、また頭槌劒かぶつちのつるぎを帯びて、天孫あめみまの前に立って進み降り、日向の襲之高千穂そのたかちほ串日くしひの二つの頂のある峯に辿り着き、浮島のある平らな土地に立ち、不毛の地を丘伝いに国を求めて通り、吾田あたの長屋の笠狭之御碕かささのみさきに辿り着いた。

すると、その地に一人の神がいた。名を事勝國勝長狭ことかつくにかつながさと言う。そこで天孫あめみまがその神に、「国があるか」と尋ねると、「あります」と答え、さらに、「お言葉のままに奉りましょう」と言った。そこで天孫はその地に留まり住んだ。その事勝國勝長狭は伊奘諾尊の子である。またの名は塩土老翁しほつつのをぢ

 

〔一書5〕

天孫は大山祇神の娘の吾田鹿葦津姫あたかしつひめを娶った。一夜にして身籠り、四人の子を生んだ。そこで吾田鹿葦津姫あたかしつひめは子を抱いてやって来て、「天神あまつかみの子をどうして自分だけで育てられるでしょう。なので、そのことを申し上げてお聞かせします」と言った。この時、天孫はその子たちを見て嘲笑い、「なんとまあ、我が子たちがこんなにも生まれたと聞くとは」と言った。そこで吾田鹿葦津姫あたかしつひめが怒って、「どうして私を嘲笑うのですか」と言うと、天孫は、「本心では疑っているから嘲笑ったのだ。なぜなら、たとえ天神の子であっても、どうして一夜の間に人を身籠らせることができるだろうか。本当は私の子ではあるまい」と言った。これを聞いて吾田鹿葦津姫はますます恨み、戸口のない小屋を作ってその中に入り、誓いを立てて、「私が娠んだのがもし天神の子でなければ、きっと亡くなるでしょう。これがもし天神の子であれば、害を受けることはないでしょう」と言って、火をつけて小屋を焼いた。

その火の明るくなりはじめた時に、子が勇ましく進み出て、自ら、「私は天神の子。名は火明ほあかり命。我が父上はどこにおられるか」と名乗った。

次に、火の燃え盛った時に、子が勇ましく進み出て、「私は天神の子。名は火進ほすすみ命。我が父上と兄上はどこにおられるか」とまた名乗った。

次に、炎の衰えた時に、子が勇ましく進み出て、「私は天神の子。名は火折ほをり尊。我が父上と兄上たちはどこにおられるか」とまた名乗った。

  次に、火の熱が鎮まった時に、子が勇ましく進み出て、「私は天神の子。名は彦火火出見ひこほほでみ尊。我が父上と兄上たちはどこにおられるか」とまた名乗った。

 そうした後に、母の吾田鹿葦津姫あたかしつひめが焼け跡の中から出て来て、言葉に出して、「私が生んだ子も私の身も、自ら火に向かったのに少しも害を受けませんでした。天孫あめみまはこれをご覧になりましたか」と言うと、「私は最初から我が子であるとわかっていたのだよ。ただ、一夜にして身籠ったことを疑う者がいるだろうと思ってだな、人々にこれらが我が子であり、また天神が一夜にして娠ませることがあるのだと知らせようと思ったのだ。また、おまえが奇異な威力を持っていてだな、子たちもまた人を超越した気配を持っていることをだな、明らかにしようと思ったのだ。だから先日のように嘲笑う言葉を言ったのだ」と答えた。

 

〔一書6〕

天忍穂根あめのおしほね尊は、高皇産霊たかみむすひ尊の娘の栲幡千千姫萬幡姫たくはたちぢひめよろづはたひめ命――または高皇産霊たかみむすひ尊の子の火之戸幡姫ほのとはたひめの子、千千姫ちぢひめ命と言う――を娶った。そして子の天火明あめのほあかり命を生んだ。次に天津彦根火瓊瓊杵根あまつひこねほのににぎね尊を生んだ。その天火明あめのほあかり命の子の天香山が尾張連をはりのむらじ等の祖神である。

皇孫の火瓊瓊杵ほのににぎ尊を葦原中國に降臨させることになり、高皇産霊尊は多くの神々に、「葦原中國は岩の根や木の株、草の葉までがよく文句を口にする。夜は火の粉のようにやかましく、昼は蝿のようにわきあがる」と述べた――と、云々。

その時、高皇産霊尊は、「昔、天稚彦あめのわかひこを葦原中國に遣わしたが、今に至るまで長く戻って来ないのは、國神に強靭な者がいるからだろうか」と述べ、無名雄雉ななしをのきぎしを遣わして見に行かせた。この雉は降りて来るなり粟畑や豆畑を見て、そこに留まって帰らなかった。これが世に言う、雉頓使きぎしのひたつかひの発祥である。

そこで、また無名雌雉ななしめのきぎしを遣わした。この鳥は降りて来るなり天稚彦に射られ、その矢に射上げられることで戻って報告をした――と、云々。

さて、高皇産霊尊は真床覆衾まとこおふふすまを皇孫の天津彦根火瓊瓊杵根あまつひこねほのににぎね尊に着せて、天の幾重もの雲を押し分けて、降らせた。そこで、この神を称して天國饒石彦火瓊瓊杵あめくににぎしひこほのににぎ尊と言う。その時に降り立った所を日向の襲之高千穂そのたかちほ添山峯そほりのやまのたけと言う。その進む時になり――と、云々。

吾田あた笠狭之御碕かささのみさきに辿り着き、長屋の竹嶋たかしまに登った。その地を眺め回すと、そこに人がいた。名を事勝國勝長狭ことかつくにかつながさと言う。天孫あめみまがそこで、「ここは誰の国か」と尋ねると、「ここは長狭ながさの住む国です。しかし今は天孫に奉りましょう」と答えた。天孫がまた、「あの波立っている上に広い御殿を立てて、糸玉をゆらゆらと機を織っている少女は誰の娘か」と尋ねると、「大山祇おほやまつみ神の娘たちで、姉を磐長姫いはながひめと言い、妹を木花開耶姫このはなのさくやびめと言い、または豊吾田津姫とよあたつひめと言います」と答えた――と、云々。

皇孫がそこで豊吾田津姫とよあたつひめを招くと、一夜にして身籠った。皇孫は疑った――と、云々。そして火酢芹ほすせり(命を生んだ。次に火折ほをり尊を生んだ。または彦火火出見ひこほほでみ尊と言う。

母の誓いがはっきりと示した。本当に皇孫の子であったと。

しかし豊吾田津姫とよあたつひめは皇孫を恨んで口をきかなかった。皇孫は愁えて歌を詠んだ。

沖つ藻は 邊へには寄れども さ寝床も 与はぬかもよ 濱つ千鳥よ

沖の海藻は浜辺に打ち寄せられるのに、私はともに寝ることもできない。浜の千鳥よ。

 

〔一書7〕

高皇産霊たかみむすひ尊の娘に天萬栲幡千幡姫あまよろづたくはたちはたひめがいた。――あるいは、高皇産霊尊の子の萬幡姫よろづはたひめの子の玉依姫たまよりびめ命と言う。この神が天忍骨あめのおしほね命の妃となって、子の天之杵火火置瀬あめのぎほほおきせ尊を生んだ。――あるいは、勝速日かちはやひ命の子の天大耳あめのおほしみみ尊が丹潟姫にくつひめを娶って、子の火瓊瓊杵尊を生んだと言う。――あるいは、神皇産霊尊の娘の栲幡千幡姫たくはたちはたひめが、子の火瓊瓊杵尊を生んだと言う。――あるいは、天杵瀬命が吾田津姫を娶って、子の火明命を生んだ。次に火夜織ほより命。次に彦火火出見ひこほほでみ尊。

 

〔一書8〕

正哉吾勝勝速日天忍穂耳まさかあかつかちはやひあめのおしほみみ尊が高皇産霊たかみむすひ尊の娘の天萬栲幡千幡姫あまよろづたくはたちはたひめを娶って妃とし、子を生んだ。天照國照彦火明あまてるくにてるひこほあかり命と言う。これは尾張連をはりのむらじ等の祖神である。

次に天饒石國饒石天津彦火瓊瓊杵あめにぎしくににぎしあまつひこほのににぎ尊。この神は大山祇神の娘の木花開耶姫このはなのさくやびめ命を娶って妃とし、子を生んだ。火酢芹ほすせり命と言う。次に彦火火出見ひこほほでみ尊。

 

『日本書紀』第十段 現代語訳

〔本伝〕

兄の火闌降ほすそり命には自づから海幸があり、弟の彦火火出見ひこほほでみ尊には自づから山幸があった。はじめに兄弟二人は語り合い、「試しに道具を取り換えう」と言って交換したが、どちらも獲物を得ることができなかった。兄は悔やんで弟の弓矢を返し、自分の釣針を求めた。弟はその時すでに兄の釣針を失っていて、探し出すことができなかった。そこで別に新しい釣針を作って兄に渡したが、兄は許さず、その元の釣針を要求した。弟は悩み、自分の刀から新しい釣針を作り、に山盛りにして渡したが、兄は怒って、「私の元々の釣針でなければ、多くても受け取らない」と言って、ますます激しく求めた。そこで彦火火出見ひこほほでみ尊はとても深く悩み苦しみ、海辺に行って口籠っていた。すると、塩土老翁しほつつのをぢと出会った。老翁をぢが、「どうしてこんなところで悩んでおるのか」と尋ねたので、その事情を答えると、老翁は、「悩むことはない。私があなたのために計らってあげよう」と言って、無目籠まなしかたまを作り、彦火火出見ひこほほでみ尊を籠の中に入れて海に沈めた。すると自然に美しい小浜に着いた。そこで籠を捨てて進むと、すぐに海神わたつみの宮に行き着いた。

その宮は垣根が立派に整っていて、御殿は光り輝いていた。門の前には一つの井戸があり、井戸のほとりに清浄な桂の木があって枝を広げていた。彦火火出見尊がその木の下に進んで、うろうろと歩いていると、しばらくして一人の美人が扉を開けて出て来た。そして綺麗なお椀に水を汲もうとしたので、目でじっと見つめた。そこで驚いて帰り戻り、その父母に、「一人の珍しいお客がいます。門の前の木の下にいます」と申し上げた。海神わたつみはそこで、多くの畳を重ね敷いて招き入れ、座につかせて、その来た理由を尋ねた。そこで彦火火出見ひこほほでみ尊はその事情を詳しく答えた。そこで海神が大小の魚を集めて問いただすと、皆は、「知りません。ただ赤女あかめ<赤女は鯛の名である>が近頃、口に怪我をして、来ません」と言った。呼んでその口を探すと、やはり失った釣針が見つかった。

そうして彦火火出見ひこほほでみ尊は海神の娘の豊玉姫とよたまびめを娶り、海の宮に留まり住んで三年が経った。そこは安らかで楽しかったが、やはり故郷を思う心があり、たまにひどく溜息をつくことがあった。豊玉姫とよたまびめはそれを聞いて、その父に、「天孫が悲しんでいて、しばしば嘆くことがあります。もしかすると、陸地を懐かしんで悩んでいるのでしょうか」と語った。海神は彦火火出見尊を招くと、「天孫がもし国に帰りたいと思うのなら、私が送って差し上げよう」と丁寧に語り、すぐに探し出した釣針を渡して、「この釣針をあなたの兄に渡す時、こっそりとこの釣針に『貧鉤まぢち』と言ってから渡しなさい」と教えた。また、潮満瓊しほみちのたま潮涸瓊しほひのたまを授けて、「潮満瓊を水に浸すと、潮がたちまち満ちるでしょう。これであなたの兄を溺れさせなさい。もし兄が悔やんで救いを求めたら、潮涸瓊しほひのたまを水に浸せば、潮は自然と引くでしょう。これで救いなさい。このように攻めて悩ませれば、あなたの兄も自ら平伏すでしょう」と教えた。そして帰ろうとする時になり、豊玉姫は天孫に、「私はすでに妊娠していて、もうすぐ産まれます。私は波風の速い日にきっと浜辺を訪れますので、どうか私のために産屋を作って待っていてください」と語った。

彦火火出見ひこほほでみ尊は元の宮に帰り、まるごと海神の教えに従った。すると兄の火闌降ほすそり命は困り果てて自ら平伏し、「今より後、私はあなたの俳優之民わざをきのたみになりましょう。どうか、情けをかけて生かしてほしい」と言った。そこで、その願いの通りについに許した。その火闌降命は、吾田君小橋あたのきみをばし等の本祖とほつおやである。

その後、豊玉姫は前の約束通り、その妹の玉依姫たまよりびめを連れて、波風に逆らって海辺にやって来て、産む時が迫ると、「私が産む時に、どうか見ないでください」と頼んだ。天孫が我慢できず、こっそり訪れて覗くと、豊玉姫は産もうとして龍に姿を変えていた。そして大いに恥じて、「もし私を辱しめることがなかったら、海と陸とは通じていて、永久に隔絶することはなかったでしょう。今すでに辱しめを受けました。どうして睦まじく心を通わせることができるでしょうか」と言って、草で子を包んで海辺に捨て、海への道を閉じてすぐに去った。

そこで、その子の名を彦波瀲武盧茲草葺不合ひこなぎさたけうかやふきあへず尊と言う。

その後、しばらくして彦火火出見尊が亡くなられた。日向の高屋山上陵たかやのやまのうへのみはかに埋葬した。

 

〔一書1〕

兄の火酢芹ほすせり命はよく海幸を得て、弟の彦火火出見ひこほほでみ尊はよく山幸を得た。ある時、兄弟はお互いの道具を取り換えようと思った。そこで兄は弟の呪的な弓を持ち、山に入って獣を探したが、ついに獣の足跡さえ見つからなかった。弟も兄の呪的な釣針を持ち、海に行って魚を釣ったが、全く釣れず、しかもその釣針を失ってしまった。この時、兄が弟の弓矢を返して自分の釣針を求めると、弟は悩み、帯びていた刀で釣針を作り、箕に山盛りにして兄に渡した。兄はこれを受け取らず、「やはり自分の呪的な釣針が欲しい」と言った。そこで彦火火出見尊は、どこを探していいかもわからず、ただ悩み口籠ることしかできなかった。そして海辺に行き、たたずんで嘆いていると、一人の老人がたちまちにして現れた。自ら塩土老翁しほつつのをぢと名乗り、「君は誰か。どうしてここで悩んでおるのか」と尋ねたので、彦火火出見ひこほほでみ尊は詳しくその事情を話した。老翁が袋の中の櫛を取り、地面に投げつけると、茂った竹林となった。そこでその竹を取って大目麁籠おほまあらこを作り、火火出見ほほでみ尊を籠の中に入れて海に投げ入れた。――あるいは、無目堅間まなしかたまで浮かぶ木舟を作り、細い縄で彦火火出見尊を結びつけて沈めたと言う。堅間かたまと言うのは、今の竹の籠のことである。

すると、海の底に美しい小浜があり、浜に沿って進むと、すぐに海神の豊玉彦とよたまびこの宮に辿り着いた。その宮は城門が飾られ、御殿は美しかった。門の外には井戸があり、井戸のほとりに桂の木があった。そこで木の下に進んで立っていると、しばらくして一人の美人が現れた。容貌は世にまたとないほどで、従えていた侍女たちの中から出て来て、綺麗な壺に水を汲もうとして彦火火出見ひこほほでみ尊を仰ぎ見た。そこで驚いて帰り、その父の神に、「門の前の井戸のほとりの木の下に、一人の立派なお客がいます。体格は普通ではありません。もし天から降りてきたなら、天のおーらがあるはずです。地上から来たのなら、地上の垢があるはずです。本当にこれは奇妙な美しさです。虚空彦そらつひこと言う者でしょうか」と申し上げた。――あるいは、豊玉姫とよたまびめの侍女が綺麗な瓶に水を汲もうとしたが、満たすことができなかった。井戸の中を覗き込むと、逆さまに人の笑顔が映っていた。そこで仰ぎ見ると、一人の美しい神がいて、桂の木に寄り立っていた。そこで帰り戻ってその王に申し上げたと言う。

 そこで豊玉彦とよたまびこが人を遣わして、「おたくはどなたか。どうしてここにやって来たのか」と尋ねると、火火出見ほほでみ尊は、「私は天神の孫である」と答えて、そのやって来た理由を語った。すると海神わたつみは出迎えて拝み、招き入れて丁重に慰め、そして娘の豊玉姫を妻とさせた。そして海の宮に留まり住んで三年が経った。

 その後、火火出見尊はしばしば溜息をつくことがあった。豊玉姫とよたまびめが、「天孫はもしや故郷に帰りたいとお思いですか」と尋ねると、「そうだ」と答えた。豊玉姫は父の神に、「ここにおられる立派なお客が、地上の国に帰りたいと思っておられます」と申し上げた。海神がそこで、海の魚たちをすべて集め、その釣針を求め尋ねると、一尾の魚がいて、「赤女――あるいは赤鯛と言う――が長いこと口に怪我をしています。もしやこれが呑んだのでしょうか」と答えた。そこで赤女を呼んでその口を見ると、釣針がまだ口の中にあった。すぐにこれを取り、彦火火出見ひこほほでみ尊に渡して、「釣針をあなたの兄に渡す時に、呪詛をかけて、『貧窮之本まぢのもと飢饉之始うゑのはじめ困苦之根くるしみのもと』と言ってから渡しなさい。また、あなたの兄が海に出ようとした時に、私が必ず波風を起こし、それによって溺れさせて苦しめましょう」と教えた。そして火火出見尊を大鰐わにに乗せて、元の国に送り届けた。

これより前、別れる時になり、豊玉姫とよたまびめは、「私はすでに身籠っています。波風の速い日に海辺を訪れますので、どうか私のために産屋を作って待っていてください」と丁寧に語った。その後、豊玉姫はやはりその言葉通りにやって来て、火火出見尊に、「私は今夜、子を産みます。どうか見ないでください」と申し上げた。火火出見尊はそれを聞かず、櫛に火を灯して覗いた。すると豊玉姫は八尋大熊鰐やひろのわにに姿を変え、もぞもぞと這い回っていた。そこで辱しめを受けたことを恨み、ただちに海の国に帰ったが、その妹の玉依姫たまよりびめを留めて子を育てさせた。

子の名を彦波瀲武盧茲草葺不合ひこなぎさたけうかやふきあへず尊と呼ぶ理由は、その浜辺の産屋の屋根を、すべて鵜の羽を草のように用いてこうとしたのに、それが終わらないうちに子が生まれたため、そう名付けたのである。

 

〔一書2〕

門の前に一つの良い井戸があり、井戸のほとりに枝の繁った桂の木があった。そこで彦火火出見ひこほほでみ尊は飛び跳ねてその木に登り立った。すると海神わたつみの娘の豊玉姫とよたまびめが手に綺麗なお椀を持ってやって来て、水を汲もうとした。人の姿が井戸の中にあるのを見て、仰ぎ見るや、驚いてお椀を落とした。お椀は砕け散ったが、かまわずに帰り戻り、父母に、「私は人が井戸のほとりの木の上にいるのを見ました。顔はとても美しく、容貌は涼やかです。普通の人ではありません」と語った。すると父の神はこれを聞いて奇妙に思い、多くの畳を重ね敷いて迎え入れ、座についてからやって来た理由を尋ねた。その事情をあるがままに答えると、海神はすぐに憐れみの心を抱き、ことごとくひれの大きな魚や鰭の小さな魚を呼んで尋ねた。皆は、「知りません。ただ、赤女あかめだけが口に怪我をしていて来ていません」と言った。――または、口女くちめが口に怪我をしていた。急いで呼んでその口を探すと、失った釣針がたちどころに見つかった。そこで海神は、「やい口女め。これから先、おまえは餌を口にしてはならない。また天孫の御膳に加わってもならない」と禁じた。口女〔クチメ〕の魚を御膳に出さないのは、これがその発祥である――と言う。

彦火火出見ひこほほでみ尊が帰ろうとする時になり、海神は、「今まで天神の孫がかたじけなくも私のところにおられた。その喜びはいつまでも忘れないだろう」と申し上げた。そして思うがままの潮溢之瓊しほみちのたまと思うがままの潮涸之瓊をその釣針とともに奉り、「皇孫よ。遥か遠くに隔たっていても、どうか時には思い出し、捨て置かないでくれよ」と言って、そして、「この釣針をあなたの兄に渡す時に、『貧鉤まぢち滅鉤ほろびち落薄鉤おとろへち』と言葉に出し、言い終わってから後ろの手で投げ捨てて渡しなさい。正面から渡してはなりません。もし兄が怒って反抗しようとしたら、潮溢瓊しほみちのたまを出して溺れさせなさい。もし苦しんで救いを求めたら、潮涸瓊を出して救いなさい。このように攻めて悩ませれば、自づから臣従しんじゅうするだろう」と教えた。

そこで彦火火出見ひこほほでみ尊はその玉と釣針とを受け取り、元の宮に帰って来て、まるごと海神の教えた通りに、まずその釣針を兄に渡した。兄は怒って受け取らなかった。そこで弟が潮溢瓊を出すと潮が大いに満ち、兄は溺れて、「私はあなたに仕えて下僕となりましょう。どうか助けてほしい」と懇願した。弟が潮涸瓊を出すと潮は自然と引き、兄は元の状態に戻った。そうしたところ、兄は前言を改め、「私はおまえの兄だ。どうして人の兄でありながら弟に仕えるのか」と言った。弟はそこで溢瓊みちのたまを出した。兄はこれを見て高い山に逃げ登ったが、潮は山もまた沈めた。兄は高い木に登ったが、潮は木もまた沈めた。兄は追い詰められて逃げ去る所もなくなり、平伏して、「私の過ちだった。これから先は、私の子孫の末代まで、常にあなたの俳人わざひと――あるいは狗人いぬひとと言う――になりましょう。どうか、お情けを」と言った。弟が涸瓊ひのたまを出すと潮は自然と引いた。そこで兄は弟に神々しい威力があることを知り、ついにその弟に平伏した。

こういうわけで、火酢芹ほすせり命の末裔の様々な隼人はやひとたちは、今に至るまで天皇すめらみことの宮の垣根のそばを離れず、代々吠える番犬のように仕えているのである。世の人が失った釣針を催促しないのは、これがその発祥である。

 

〔一書3〕

兄の火酢芹ほすせり命はよく海幸を得たので海幸彦と呼ばれ、弟の彦火火出見ひこほほでみ尊はよく山幸を得たので山幸彦と呼ばれた。兄は風雨のたびにその道具を失ったが、弟は風雨であってもその道具をなくさなかった。ある時、兄が弟に、「私は試しにおまえと道具を取り換えようと思う」と語り、弟も承諾して交換した。そこで兄は弟の弓矢を持ち、山に入って獣を狩り、弟は兄の釣針を持ち、海に入って魚を釣ったが、ともに獲物を得られず、手ぶらで帰って来た。兄は弟の弓矢を返し、自分の釣針を求めたが、その時、弟はすでに釣針を海中に失っていて、探し出すことができなかった。そこで、別に新しい釣針を千本作って渡したが、兄は怒って受け取らず、元の釣針を激しく求めた――と、云々。

そこで弟が浜辺に行ってうなだれ、悩み口籠っていると、川雁かわかりがいて、罠にかかって苦しんでいた。哀れに思い、罠を解いて放してやると、しばらくして塩土老翁しほつつのをぢが現れた。そして無目堅間まなしかたまの小舟を作り、火火出見ほほでみ尊を乗せて海の中へと押し出した。すると自然に沈み、たちまち良い潮路に出くわした。そこで流れのままに進むと、自然と海神の宮に辿り着いた。すると、海神わたつみが自ら迎えて招き入れ、多くの海驢みちの皮を重ね敷いてその上に座らせ、さらに多くの品々を載せた机を用意し、主人としての礼を尽くした。そして、「天神の孫がどうして、忝くも参られたのでしょうか」――あるいは、「近頃、我が子が来て、天孫が浜辺で悩んでいると語っていた。本当かどうかわからなかったが、もしや本当であったのか」――と丁寧に尋ねた。彦火火出見尊は詳しく事情を述べた。そして留まり住んで、海神の子の豊玉姫を妻とし、睦まじく愛し合い、そして三年が経った。

帰ることになり、海神が鯛女たひめを呼んでその口を探すと、釣針が見つかった。そこでその釣針を彦火火出見ひこほほでみ尊に進呈し、「これをあなたの兄に渡す時に、『大鉤おほぢ踉旁鉤すすのみぢ貧鉤まぢち痴矣鉤うるけぢ』と言葉に出し、言い終わってから後ろの手で投げ渡しなさい」と教えて差し上げた。そして鰐魚わにを呼び集めて、「天神の孫が、今帰ろうとしている。おまえたちは何日でお送りできるか」と尋ねると、様々な鰐魚が、それぞれの体長に応じてその日数を申し出た。その中に一尋鰐ひとひろのわにがいて、自ら、「一日のうちに送りましょう」と申し出た。そこでその一尋鰐魚を遣わして、送って差し上げた。また、潮満瓊しほみちのたま潮涸瓊しほひのたまの二種の宝物を進呈し、玉の使用法を教えた。また、「兄が高地に田を作ったら、あなたは窪地に田を作りなさい。兄が窪地に田を作ったら、あなたは高地に田を作りなさい」と教えた。海神はこのようにして誠を尽くして助けて差し上げたのである。

そこで彦火火出見ひこほほでみ尊は帰って来て、まるごと神の教えの通りに行動した。その後、火酢芹ほすせり命は日に日にやつれて悩み、「私はすでに貧しくなった」と言って、弟に平伏した。弟が潮満瓊しほみちのたまを出すと、兄は手を上げて溺れ苦しみ、反対に潮涸瓊を出すと元に戻った。

これより前、豊玉姫とよたまびめ天孫あめみまに、「私はすでに妊娠しています。天孫の子を海の中で産むべきではないので、産む時には必ずあなたのところを訪れましょう。私のために海辺に産屋を作って待っていてくれることを願います」と申し上げた。そこで彦火火出見尊は国に帰ると、鵜の羽で屋根を葺いて産屋を作ったが、屋根を未だ葺き終えないうちに、豊玉姫が大亀に乗り、妹の玉依姫たまよりびめを連れ、海を照らしながらやって来た。すでに臨月を迎えていて、出産が目前に迫っていた。そこで葺き終えるのを待たずにただちに入り、天孫に、「私が産むのをどうか見ないでください」と丁寧に語った。天孫が内心その言葉を怪しみ、こっそりと覗くと、八尋熊鰐やひろのわにに姿を変えていた。しかも、天孫が覗いたことに気づいて深く恥じ、恨みを抱いた。

すでに子が生まれた後、天孫が訪れて、「子の名を何と名付ければよいだろうか」と尋ねると、「彦波瀲武盧茲草葺不合ひこなぎさたけうかやふきあへず尊と名付けてください」と答えたが、そう言い終わると、海を渡ってただちに去ってしまった。そこで彦火火出見尊は歌を詠んだ。

沖つ鳥 鴨著かもづく嶋に 我が率寝ゐねし 妹は忘らじ 世のことごと

(鴨の寄り着く島で、私が共寝をした妻のことは、決して忘れないだろう、生きている限り。)

――または、彦火火出見尊は婦人を募り、乳母ちおも湯母ゆおも、及び飯嚼いひかみ湯坐ゆゑびととし、すべて様々に準備をして育てた。その時、母親の代わりに他の婦人の乳によって皇子を育てた。これが世間で乳母を決めて子を育てることの発祥である――と言う。

この後、豊玉姫はその子が端正なことを聞いて、大いに憐れみの心を募らせ、また帰って育てたいと思ったが、道義的にかなわなかった。そこで妹の玉依姫を遣わして、育てに行かせた。その時、豊玉姫は玉依姫に託して返歌を奉った。

赤玉の 光はありと 人は言へど 君が装し 貴くありけり

(赤い玉は輝いていると人は言いますが、あなたの姿はそれ以上に立派に思えます。)

この二首の贈られた歌を挙歌と言う。

 

〔一書4〕

兄の火酢芹ほすせり命は山幸を得て、弟の火折ほをり尊は海幸を得た――と、云々。

弟が悩み、口籠って浜辺にいると、塩筒老翁しほつつのをぢに出会った。老翁をぢが、「どうしてそのように悩んでおるのか」と尋ねたので、火折尊が答えた――と、云々。

老翁が、「心配なさるな。私が計らおう」と言って、計らい、「海神わたつみの乗る駿馬は八尋鰐やひろのわにで、その背鰭せびれを立てて橘之小戸たちばなのをどにいる。私が彼とともに策を考えよう」と言った。そして火折を連れて、ともに見に行った。すると鰐魚は策を考え、「私が八日のうちに天孫を海の宮にお送りしましょう。ただし、我が王の駿馬は一尋鰐魚ひとひろのわにです。これは一日のうちに必ずお送りすることでしょう。そこで、今私が帰って、彼を来させましょう。彼に乗って海に入りなさい。海に入ると、海の中に美しい小浜があります。その浜に沿って進めば、きっと我が王の宮に辿り着くでしょう。宮の門の井戸のほとりに清浄な桂の木があります。その木の上に登っていてください」と言って、言い終わるや海に入り去った。そこで天孫は鰐の言った通りに留まり、待って八日になった。しばらくして一尋鰐魚ひとひろのわにがやって来たので、乗って海に入り、どれも以前の鰐の教えに従った。

すると、豊玉姫とよたまびめの侍女がいて、綺麗なお椀に水を汲もうとした。人の姿が水底にあるのを見て、汲み取ることができず、そこで天孫あめみまを仰ぎ見た。そして戻ってその王に、「私は、我が王一人が最も美しいと思っていましたが、今一人のお客がいて、遥かに勝っています」と告げた。海神わたつみはこれを聞いて、「ためしに見てみよう」と言って、三つの床を設けて招き入れた。すると天孫は、端の床でその両足を拭き、中の床でその両手を押さえ、内の床の眞床覆衾まとこおふふすまの上にゆったりと座った。海神はこれを見て、天神の孫であることを知り、ますます崇めた――と、云々。

海神が赤女あかめ口女くちめを呼んで尋ねると、口女が口から釣針を出して奉った。赤女は赤鯛のことで、口女はいなのことである。すると海神は、釣針を彦火火出見ひこほほでみ尊に渡して、「兄に釣針を返す時に、天孫は、『おまえの子孫の末代まで、貧鉤まぢち狭狭貧鉤ささまぢち』と言いなさい。言い終わったら三度唾を吐いて渡しなさい。また兄が海に入って釣りをする時には、天孫は風招をしなさい。風招とは、ふーっと息を吹き出すことです。このようにすれば、私が沖の風や浜辺の風を起こし、激しい波で溺れさせて悩ませましょう」と教えた。

火折ほをり尊は帰って来ると、細部まで神の教えに従った。兄が釣りをする日になり、弟は浜辺でふーっと息を吹き出した。すると疾風がたちまちに吹いて、兄は溺れて苦しみ、助かる見込みもなかった。すぐに遠くにいる弟に頼んで、「おまえはしばらく海原にいた。きっと良い術を持っていることだろう。どうか救ってほしい。もし私を生かしてくれたら、私の生む子の末代まで、おまえの垣根のそばを離れず、俳優之民わざをきのたみとなろう」と言った。そこで弟が息を吹き出すことを止めると、風もまた止んだ。そこで兄は弟の威力を知り、自ら平伏した。ところが、弟は怒った表情のまま口をきかなかった。そこで兄はふんどしをし、赤土を手に塗り、顔に塗り、その弟に、「私はこの通り、身を汚した。永久にあなたの俳優わざをきとなろう」と告げた。そして足を上げて踏み込み、その溺れ苦しんだ様子を演じた。

はじめに潮が足を浸した時には爪先立ちをした。膝に至った時には足を上げた。股に至った時には走り回った。腰に至った時には腰に手を置いた。腋に至った時には手を胸にあてた。首にまで至った時には手を上げて掌をひらひらさせた。それより今に至るまで、これは絶えたことがない。

これより前、豊玉姫がやって来て、産もうとする時に皇孫にお願いを言った――と、云々。皇孫は従わなかった。豊玉姫は大いに恨んで、「私の言葉を聞かず、私に恥をかかせた。なのでこれから先、私の奴婢つかひびとがあなたの元に行っても、返すことはありません。あなたの奴婢が私の元に来ても、返しませんので」と言って、真床覆衾まとこおふふすまと草でその子を包んで渚に置くと、海に入り去った。これが海と陸とが通じなくなったことの発祥である。――あるいは、子を渚に置いたのではなく、豊玉姫命自身が抱いたまま去った。しばらくして、「天孫の子を海の中に置いておくべきではない」と言って、玉依姫に抱かせて送り出したと言う。

さて、豊玉姫が別れ去る時に、しきりに恨みを口にした。そこで火折ほをり尊は、再び会うことはないと知り、歌を贈った。これはすでに上で述べた。

 

『日本書紀』第十一段 現代語訳

〔本伝〕

彦波瀲武盧茲草葺不合ひこなぎさたけうかやふきあへず尊は、そのおば玉依姫たまよりびめみめとして、彦五瀬ひこいつせ命を生んだ。次に稲飯いなひ命。次に三毛入野みけいりの命。次に神日本磐余彦かむやまといはれびこ尊。併せて四人の男を生んだ。

しばらくして彦波瀲武盧茲草葺不合ひこなぎさたけうかやふきあへず尊は西洲之宮にしのくにのみやで亡くなられた。そこで日向ひむか吾平山上陵あひらのやまのみはかに埋葬した。

〔一書1〕

まず彦五瀬ひこいつせ命を生んだ。次に稲飯いなひ命。次に三毛入野みけいりの命。次に狭野さの尊。または神日本磐余彦かむやまといはれびこ尊と言う。狭野というのは、年少の時の名である。後に天下を平定して八洲やしまを治めた。そのため、名を加えて神日本磐余彦かむやまといはれびこ尊と言う。

〔一書2〕

まず五瀬いつせ命を生んだ。次に三毛野みけの命。次に稲飯いなひ命。次に磐余彦いはれびこ尊。または神日本磐余彦火火出見かむやまといはれびこほほでみ尊と言う。

〔一書3〕

まず彦五瀬ひこいつせ命を生んだ。次に稲飯いなひ命。次に神日本磐余彦火火出見かむやまといはれびこほほでみ尊。次に稚三毛野わかみけの命。

〔一書4〕

まず彦五瀬ひこいつせ命を生んだ。次に磐余彦火火出見いはれびこほほでみ尊。次に彦稲飯ひこいなひ命。次に三毛入野みけいりの命。

 

『日本書紀』巻第三(神武紀)

『日本書紀』神武紀 現代語訳

1. 神武天皇の家系図

神日本磐余彦天皇かんやまと いわれひこ の すめらみこと」は、「彦火火出見ひこほほでみ」をいみなとし、彦波激武鸕鷀草葺不合尊ひこなぎさたけ うがやふきあえずの みことの4番目の子である。母は玉依姫たまよりひめで、海神の娘である。

 彦火火出見ほほでみは生まれついて聡明で、何事にも屈しない強い心を持っていた。十五歳で皇太子となり、さらにちょうじて、日向国の吾田邑あたむら吾平津媛あひらつ ひめめとって妃とし、手研耳命たぎしみみ のみことを生んだ。

神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016

 

2. 東征発議と旅立ち

(彦火火出見ほほでみが)四十五歳になったとき、兄達や子供等に建国の決意を語った。

 「昔、我が天神あまつかみである高皇産霊尊たかみむすひのみこと大日孁尊おおひるめのみことは、この豊葦原瑞穂とよあしはらのみずほの国のすべてを我が天祖である彦火瓊瓊杵尊ひこ ほのににぎ の みことさずけた。 そこで火瓊々杵尊は、天のせきをひらき、雲の路をおしわけ、日臣命ひのおみのみことらの先ばらいを駆りたてながらこの国へ来たり至った。これは、遙か大昔のことであり、世界のはじめであって暗闇の状態であった。それゆえ諸事に暗く分からない事も多かったので、物事の道理を養い、西のはずれの地を治めることとした。 我が祖父と父は霊妙な神であって物事の道理に精通した聖であった。彼らは素晴らしいまつりごとにより慶事けいじを重ね、その徳を輝かせてきた。そして多くの歳月が経過した。 天祖が天から降ってからこのかた今日まで、179万2470有余年が過ぎたが、遠く遥かな地は、いまだ王の徳のもたらす恵みとその恩恵をうけていない。その結果、国には君が有り、村には長がいて、各自が支配地を分け、互いに領土を争う始末だ。 さて、一方で塩土老翁しおつちのおじ からはこんな話を聞いた。『東に、美しい土地があって、青く美しい山が四方を囲んでいる。そこに天磐船あまのいわふねに乗って飛びその地に降りた者がいる。』と。 私が思うに、かの地は豊葦原瑞穂とよあしはらのみずほの国の平定と統治の偉業を大きく広げ、王の徳を天下のすみずみまで届けるのにふさわしい場所に違いない。きっとそこが天地四方の中心だろう。そこに飛んで降りた者とは「饒速日にぎはやひ」という者ではないだろうか。私はそこへ行き都としたい。」

諸々の皇子は、「なるほど、建国の道理は明白です。我らも常々同じ想いを持っていました。さっそく実行すべきです。」と賛同した。この年は、太歳たいさい)甲寅きのえとら(紀元前667年)であった。

その年の冬10月5日に、彦火火出見ほほでみは、自ら諸皇子や水軍を率いて、東へ進発した。

東征発議と旅立ち

東征発議と旅立ち|東征の動機とか意義とか建国の決意とかをアツく語った件 神武東征神話No.2

01/20/2016

 

3. 東征順風・戦闘準備

速吸之門はやすいなのとに到る。

この時、一人の漁人つりびとが小舟に乗ってやって来た。彦火火出見ほほでみはその者を招き、「お前は誰か」と問うた。その者が答えて、「私は国神くにつかみです。名を『珍彦うづひこ』と言います。湾曲した入江で魚を釣っています。天神あまつかみの子が来ると聞き、それですぐにお迎えに参りました。」と言った。彦火火出見ほほでみが「おまえは私を先導することができるのか?」と問うたところ、「先導いたします。」と答えた。そこで彦火火出見ほほでみは詔をくだし、その漁師に「椎の木の竿の先」を授けて執らせ、そして舟に引き入れ「海路の先導者」としたうえで、特別に「椎根津彦しいねつひこ」という名前を下された。(これが「倭直部(やまとのあたいら) 」の始祖である。)

さらに進み、筑紫の国の菟狭うさに到る。

その時、菟狭の国造くにのみやつこの祖先がいた。名を「菟狭津彦うさつひこ」「菟狭津媛うさつひめ」という。その者達は、菟狭川のほとりに一柱騰宮あしひとつあがりのみやを建て、彦火火出見ほほでみに饗宴を奉りおもてなしをした。そこで彦火火出見ほほでみみことのりをくだし、従臣の「天種子命あまのたねこのみこと」に「菟狭津媛」を妻として下された。(「天種子命」は中臣氏の遠祖である。)

11月9日に、筑紫の国の岡水門おかのみなと に到る。

12月27日に、安芸の国に到る。埃宮えのみやに居住する。

乙卯きのとうの年(紀元前666年)、春3月6日に、安芸の国から移動し、吉備の国に入る。行宮かりのたちを建て居住。これを「高嶋宮たかしまのみや」と言う。3年の間、軍船を整備し、兵達の食糧を備蓄して、一挙に天下を平定しようとした。

東征順風・戦闘準備

東征順風。臣下を得て戦闘準備|半年かけて岡山まで移動。3年じっくり準備した件 分かる!神武東征神話No.3

01/20/2016

 

4. 大和上陸!難波碕から白肩の津へ

戊午つちのとうまの年(紀元前663年)、春2月の11日に、東征軍は遂に東に向けて出発した。前の船の「とも」と、後ろの船の「さき」が互いに接するほど多くの船が続く。いよいよ「難波のみさき」に到ると、非常に速い潮流に遭遇した。そこで、その国を名付けて「浪速なみはやの国」という。(また「浪花なには」ともいう。今、「難波なにわ」と言うのは、なまりである。)

 3月10日に、その急流をさかのぼり、河内の国の草香くさかの邑の青雲の白肩しらかたの津に到る。

難波碕から白肩の津へ

大和上陸!難波碕から白肩の津へ|激しい潮流に難儀しながら生駒山の白い崖を目印に進軍した件|分かる!神武東征神話No.4

01/21/2016

 

5. 孔舎衛坂激戦、敗退

夏4月9日に、東征軍は兵を整え、徒歩で龍田たつたに向かった。

しかし、その路は狭くて険しく、人が並んで行くことさえできなかった。そこで引き返し、改めて東へ胆駒山いこまやまを越えて中洲ちゅうしゅうに入ろうとした。

その時、長髄彦ながすねびこがこれを聞きつけ、「天神子あまつかみこ等がこの大和に来る理由は、我が国を奪おうとするためだろう」と言い、配下の兵をことごとく起こし、「孔舎衛坂くさえさか」で遮り激しい戦闘となった。この時、流れ矢が五瀬命いつせのみことひじすねに当たった。

東征軍は先に進むことができなかったので、彦火火出見は、この状況を憂えて、胸中に神策をめぐらした。

「今、私は日神ひのかみの子孫でありながら、日に向って敵を攻撃している。これは、日を敵にまわしているのと同じで「天の道」に逆らうことだ。 ここは引き返して、かなわないと見せかけ、神祇ちぎを敬い祭り、日神ひのかみの神威を背に負い、自分の前にできる影に従って襲いかかり、敵を圧倒するのがよいだろう。 こうすれば、少しも血を流さずに、敵は必ず自ら敗れるはずだ。」

この秘策に対し、皆は「まさにそのとおりです」と賛同した。

そこで全軍に対し「しばらくとどまれ。これ以上、進軍してはならない」と軍命を下し、さらに軍を引いて引き返した。敵もまた、敢えて追ってはこなかった。

退却して草香津くさかのつに到り、盾を立てて雄誥おたけびをする。これにより、その津の名を改めて「盾津たてつ」という。(今、「蓼津たでつ」というのは、訛りである。)

はじめに、この「孔舎衛の戦い」において、大樹に隠れて難を免れ得た者がいて、その樹を指して「ご恩は母のようだ」と言った。(当時の人は、その地を名付けて「母木邑おもきのむら」といった。今、「悶廼奇おものき」というのは訛りである。)

孔舎衛坂激戦、敗退

孔舎衛坂激戦、敗退|スネの長い関西人に初戦敗退。神策めぐらし紀伊半島を迂回することにした件|分かる!神武東征神話No.5

01/22/2016

 

6. 長兄「五瀬命」の死

5月8日に、東征軍は茅淳ちぬの「山城水門やまきのみなと」 に到る。(またの名は「山井水門やまいのみなと」)

この時、長兄「五瀬命いつせのみこと」は、孔舎衛で受けた矢傷の痛みが甚だしく、そこで剣の柄に手をかけて雄誥おたけびをあげた。「なんといまいましいことだ!武勇に優れていながら、敵の手によって傷を負い、報復もせずに死ぬとは!」(当時の人は、それでこの地を名付けて「雄水門おのみなと」といった。)

さらに進軍し、紀国きのくに竃山かまやまに到ったとき、ついに五瀬命いつせのみことは軍中にて薨じられた。よって竃山に葬った。

長兄「五瀬命」の死

長兄「五瀬命」の死|「ますらお」なのに復讐できず無念すぎたので、東征に復讐を追加した件|分かる!神武東征神話No.6

01/23/2016

 

7. 熊野灘海難と兄の喪失

6月23日、東征軍は「名草邑なぐさむら」 に到った。そこで「名草戸畔なぐさとべ」 という女の首領に誅伐ちゅうばつを加える。

ついに 狭野さのを越えて熊野の「神邑みわのむら」 に至る。そして「天磐盾あまのいわたて」に登る。そのとき、前方にあるただならぬ気配を察知、そこで軍を引いて徐々に進む。

ところが海中で、突然暴風に遭い 、一行の舟は木の葉のように揺れ漂った。

その時、次兄の「稲飯命いなひのみこと」 が、「ああ、私の祖先は天神で、母は海神である。それなのにどうして私を陸で苦しめ、また海でも苦しめるのか。」と嘆いた。言い終ると、剣を抜き荒れ狂う海に身を投じて「鋤持神さいもちのかみ」 となった。

三兄の「三毛入野命みけいりののみこと」 もまた、「我が母と姨とは共に海神である。それなのにどうして波濤を立てて溺らせるのか。」と恨み言を言い、波の先を踏んで常世とこよの国に往ってしまった。

熊野灘海難と兄の喪失|なぜ!?兄達は暴風雨の中で歎き恨み逝ってしまった件|分かる!神武東征神話No.7

01/24/2016

 

8. 熊野荒坂で全軍昏倒

彦火火出見ひこほほでみ」は、たった独りで皇子の「手研耳尊たぎしみみ のみこと」 と軍を率いてさらに進み、熊野の「荒坂あらさか」に到った。そこで「丹敷戸畔にしきとべ」という者に誅罰を加えた。

この時、熊野の神が毒気を吐き、この毒気により将兵はみな正気を失い、気力を奮い起こすことができなくなってしまった。

丁度そのころ、熊野の「高倉下たかくらじ」 という者がいて、その者がこのような夢をみた。

(夢のなかで)「天照大神」は「武甕雷神たけみかづちのかみ」に伝えた。『葦原中國あしはらのなかつくにはなお騒然として、うめき苦しむ声が聞こえてくる。武甕雷神たけみかづちのかみよ、お前がまた[6]かの国へ行き征伐してくるがいい』。

すると武甕雷神たけみかづちのかみは答えて、『私が直接行かなくても、私が国を平定した剣を下せば、国はおのずと平安をとりもどすでしょう。』と申し上げたところ、天照大神は、『よろしい。ではそうするがいい。』と承諾した。

そこで武甕雷神たけみかづちのかみは、さっそく高倉下たかくらじに伝えた。『私の「韴靈ふつのみたま」という剣を、今、お前の倉に置こう。これを取って天孫に献じるがよい。』。高倉下たかくらじは「畏まりました」と申し上げた。

そこで目が覚めた。

明くる朝、高倉下たかくらじは夢に見た教えに従って「倉」をあけてみると、夢の通り天から落ちてきた剣があって、倉の底の板に逆さまに突き立っていた。

高倉下たかくらじはさっそくこの剣を取って、彦火火出見ひこほほでみに奉った。

その時、彦火火出見ひこほほでみは横になっていたが、たちまちに意識を取り戻し、「私はどうしてこんなに長く寝ていたのか。」と言った。続いて毒気にあたっていた兵士たちもみな意識を取り戻し、目を覚まして起き上がった。

熊野荒坂で全軍昏倒|神の毒気にヤラレて意識不明の重体に!?天照による危機救援は「葦原中國平定」再現の意味があった件|分かる!神武東征神話No.8

01/25/2016

 

9. 頭八咫烏の導きと熊野越え

東征一行はいよいよ世界の中心である「中洲ちゅうしゅう」に向かおうとした。

しかし、熊野の山道は険しく、途中で道がなくなってしまい、いよいよ進むことができなくなってしまった。あちこち探しても、この深く険しい山を越えていく所が分からない。

まさにそのような状況の時。ある夜、彦火火出見ひこほほでみは夢をみた。その中で、天照大神が現れこのように伝えた。「今から「頭八咫烏やたがらす」を遣わそう。この烏を道案内とするがよい。」

果たして、その「おしえ」通り、頭八咫烏やたがらすが空から飛んできて舞い降りた。

「この烏の飛来は、めでたい夢のとおりだ。(皇祖の威徳の)なんと偉大なことよ、輝かしいことよ。皇祖の天照大神が、東征の大業を成し遂げようと助けてくれたのだ。」と、彦火火出見ひこほほでみは感嘆の声をあげた。

そこで、臣下の「日臣命ひのおみのみこと」は山を踏みわけ道を通しながら、烏の飛び行く先を尋ね、仰ぎ見て追っていった。

日臣命ひのおみのみこと」は、大伴氏の遠祖で、勇猛果敢な軍隊(大来目おおくめ)と大きな戦車を率いる将軍である。この熊野において、中洲ちゅうしゅうへの突破口を見出し、山道を穿うがち、一行が通る道の整備を行った。

そうしてついに、菟田うだ下県しもつあがたに到着した。(道を穿うがちながら進んだので、これにより、その到達した所を名付けて菟田の「穿邑うがちのむら」という。)

この時、彦火火出見ひこほほでみ日臣命ひのおみのみことに詔をくだし、大いに褒め称えて言った。「お前は、忠実で勇猛な臣下だ。その上、よく導いてくれた。この功績をもとに、お前の名を改めて、以後『道臣みちのおみ』とせよ。」

頭八咫烏の導きと熊野越え|山で迷って進退窮まる!?天照による2度目の救援は「天孫降臨」の再現だった件|分かる!神武東征神話No.9

01/26/2016

 

10. 兄猾と弟猾

秋、8月2日に、「彦火火出見ひこほほでみ」は、「兄猾えうかし」と「弟猾おとうかし」という者を召し出させる。この二人は「菟田県うだのあがた」を支配下に置く首領である。

兄の「兄猾えうかし」は姿を見せず、弟の「弟猾おとうかし」はすぐにやってきた。弟猾おとうかしは軍門を拝し、告げて言う。「私の兄「兄猾えうかし」が反逆をくわだてております。天孫(彦火火出見)がこの地にたどり着こうとしている事を聞き、直ちに兵を起こして襲おうとしていたところ、東征軍の威勢をはるかに望み見て、まともには戦えないと怖れたのです。そこで企てを案じ、兵をひそかに伏せ、仮の新しい宮を造り、その建物の内に「人を圧殺するからくり機」を用意しております。それで饗宴に招待すると偽って誘い出し、待ち構えて殺そうとしているのです。どうかこの偽りと企てを知り、しっかりと備えてください。」

彦火火出見は道臣命みちのおみのみことを遣わし、その反逆の企ての始終を確認させた。

道臣命みちのおみのみこと」は「兄猾えうかし」には確かに彦火火出見ひこほほでみを殺害しようとする「心」があるのを知って激怒し、「こいつめ!うぬが造った宮に、うぬが自分で入ってみろ!」と荒々しい声で叱責した。さらに剣の柄をぎゅっと固く握り、弓を強く引きしぼり、兄猾えうかしを追いたてた。

兄猾えうかしは、天によって罰を受けるのと同じようにどうにも言い訳ができなくなり、そこで自ら中に入りからくり機を踏み、圧死したのである。

それから道臣命みちのおみのみこと兄猾えうかしの屍を引き出し、さらしてバラバラに斬った。流れ出る血はくるぶしまで達した。それゆえ、その地を「菟田血原うだのちはら」という。

兄猾反抗のケリがつき、弟猾は、今まで見た事のないような酒や肴を取り揃え、饗を催し彦火火出見ひこほほでみをねぎらった。彦火火出見はその酒肴しゅこうを兵士達に分け与え、そこで「御謡みうた」を詠んだ。

菟田の猟場である「高城たかき」に「鴫罠しぎなわ」をかけた。獲物がかかるのを待っていると、しぎはかからず、なんとくじらがかかった。先に娶った妻がさかなを所望すれば、ソバグリのような実のほとんどないものをいっぱい(与えておこう)、後添えの妻が所望すれば、イチサカキのような実の多いものをいっぱい(与えてやろう)。

これを来目歌くめうた と言う。今、「楽府うたのつかさ 」でこの歌を演奏するときは、大小の手の動きと、太細の声とがある。これは古式が今に残ったものである。

兄猾と弟猾|弟は聡く帰順したが、兄は謀(はかりごと)を企んだのでさらして斬った件|分かる!神武東征神話No.10

01/27/2016

 

11. 吉野巡幸

その後、「彦火火出見ひこほほでみ」は吉野の地を視察しようとして、菟田の穿うがちの邑から、自ら軽装の兵を従えて巡幸した。

吉野に到着すると、井戸の中から出てくる者がいた。体は光り、尾がある。

彦火火出見は、「お前は何者だ」と問うた。「臣 (私)は国神で、名を「井光いひか」という者だ。」と言う。これは吉野の首部の始祖である。

さらに少し進むと、岩を押し分けて出てくる者がいた。

彦火火出見が「お前は何者か。」と問うと、その者は、「臣(私)は磐排別いわおしわくの子だ。」と言った。これは吉野の国楳くず らの始祖である。

川に沿って西に行くと、また、「やな」を設けて魚を取る者がいる。

彦火火出見が問うと、答えて、「臣(私)は「苞苴担にえもつ」の子だ。」と言う。これが阿太あだ養鸕うかい らの始祖である。

吉野巡幸|先は敵ばっかりなので、まずは南の境界を固めようと思い立った件|分かる!神武東征神話No.11

02/04/2016

 

12. 香具土採取と顕斎

9月5日に、彦火火出見ひこほほでみ菟田うだにある高倉山たかくらやまの頂きに登り、中洲ちゅうしゅうをはるかに望み見た。

すると、その手前、国見くにみの丘にはたくさんの勇猛な敵戦士(八十梟帥やそたける)がいて、女坂めさか には「女軍めいくさ」を、男坂おさかには「男軍おいくさ」を配置し、墨坂すみさかには真っ赤におこっている炭を置いて士気を高めていた。女坂・男坂・墨坂の名が、これによって起こる。また、磐余邑いわれのむらには「兄磯城えしき軍」があふれるほど多く集まっていた。これらの賊軍が陣を布くところは、どこも要害の地で、そのため道路が遮断しゃだんされてふさがり、通れるところが無い。

彦火火出見ひこほほでみはこれを憎悪し、この夜、自ら祈って寝た。すると夢に天つ神が現れ、このようなことを教えた。「天香山にある社の土を取って、『あま平瓮ひらか』 八十枚と『厳瓮いつへ』をつくるのだ。それらの祭器で天つ神・国つ神を敬い祭り、さらに潔斎けっさいし呪いの儀式を行え。そうすれば、賊は自ら平伏するだろう。」

彦火火出見ひこほほでみつつしんで夢の教えを承り、夢の通りに実行しようとした。

ちょうどその時、弟猾もまたこのようなことを申し上げた。「倭国やまとのくにの、磯城しきむらに『磯城しき八十梟帥やそたける』がおります。また高尾張のむらに『赤銅あかがね八十梟帥やそたける』がおります。この連中はみな天孫を拒絶して戦おうとしています。戦況は厳しく臣下の私はひそかに憂慮しています。今、まさに天香山の「はに」を取って『天の平瓮ひらか』を造り、それで天社国社あまつやしろ・くにつやしろの神を祭るべきです。その後、賊を攻撃すれば排除しやすいはずです。」彦火火出見ひこほほでみは、すでに夢の教えを吉兆としていたが、今、弟猾おとうかしの言葉を聞いて、ますます心のうちに喜んだ。

 そこで、椎根津彦しいねつひこ弟猾おとうかしを集め、椎根津彦しいねつひこにはヨレヨレになった衣服を着せ、蓑笠みのがさかぶらせて「老夫おきな」に姿を変えさせた。また、弟猾には箕を被らせ「老婆おみな」に姿を変えさせた。そして、勅して言った。「お前たち二人は天香山まで行って、ひそかにその頂の土を取って戻って来るのだ。東征の大業が成就するか否かは、お前たちが土を取って来れるか否かで占うことにしよう。努力し慎重に。」

この時、賊兵は香具山へ行く道にあふれていて行き来することが難しかった。そこで、椎根津彦は「うけい」 をして言った。「我が君がこの国を平定することができるならば、行く道は自ら通れるだろう。もし平定できないのであれば、賊が必ず道行を阻止するだろう。」言い終ると直ちに向かって行った。

その時、賊どもは、この二人を見て、大いに笑い「なんと醜い、じじいとばばあだ。」と言って、誰もが道を開いて二人を行かせた。二人は香具山にたどり着くことができ、土を取って帰って来た。

彦火火出見は大いに喜び、この香具山で採取した土で八十枚の「平らな皿」と「天の手抉たくしり」八十枚、「厳瓮いつへ」を作り、丹生川のほとりに出て、天神地祇てんじんちしんを祭った。すると、菟田川の朝原で水の泡のようにフツフツとかしり着くところがある。

彦火火出見はそれで「うけい」をして言った。「私は今、八十平瓮やそひらかで、水を使わずに『たがね』を作ろうとするが、もし飴ができれば、私は武器の威力を借りずに、居ながらにして天下を平定するはずだ。」そこで、飴を作ろうとすると、自然にできあがった。

またうけいをして言う。「私は今、厳瓮いつへを丹生川に沈めようとするが、もし魚がその大小にかかわらず、皆酔って流れる様子が、ちょうどまきの葉が水に浮いて流れるようであるならば、私は必ずこの国を平定することができるだろう。もしそうでないならば、結局それは成就しないだろう。」そこで厳瓮いつへを川に沈めた。するとその口が下に向く。しばらくすると、魚が皆浮き上がってきて、流れながら口をぱくぱくさせた。

椎根津彦しいねつひこはこれを見て報告申し上げたところ、彦火火出見は大いに喜んだ。

そこで、丹生の川上の「五百箇真坂樹いほつまさかき」を根っこごと抜き取り、諸神を祭った。この時から、祭祀に厳瓮の置き物が始まる。

その時、天皇は道臣に勅して言う。「これから『高皇産霊尊たかみむすびのみこと』を祭神として、私自身が『顕斎うつしいはい』 を執り行う。お前を斎主として、『厳媛いつひめ』の名を授ける。そして、そこに置く埴瓮はにへを『厳瓮いつへ』と名付け、また火を『嚴香來雷いつのかぐつち』、水を『嚴罔象女いつのみつはのめ』、食べものを『厳稲魂女いつのうかのめ』、薪を『厳山雷いつのやまつち』、草を『厳野椎いつのつち』と名付けよう。」

香具土採取と顕斎|天神降臨!守護パワーゲットによりスーパーサイヤ人状態になって敵を撃破しようとした件|分かる!神武東征神話No.13

02/12/2016

 

13. 国見丘の戦いと忍坂掃討作戦

冬、10月1日に、「彦火火出見」は、その厳瓮いつへに盛った神饌を口にして、兵を整えて出陣した。

まず、敵の主力部隊を国見丘 で攻撃し、打ち破って斬る。

この戦いでは、彦火火出見は必ず勝つという志を持っていた。そこで御謡みうたを詠んだ。

神風が吹く伊勢の海の大石に這いまわる細螺しだたみの如き吾が兵士よ、細螺のように国見丘を這いまわって、徹底的に(敵を)撃ちのめしてやれ(撃ちてし止まむ 撃ちてし止まむ)。

歌の意は、国見丘を大石に譬えたものである。

その後でも、打ち破った八十梟帥の残党がなお多数いて、情勢は予断を許さない。

そこで、彦火火出見は振り返って道臣命に命じた。「お前は大来目部おおくめらを率いて、忍坂邑に大きな家を造り、盛大に饗宴を催し、賊をおびき寄せて討ちとれ。」

道臣命はこの密命を受け、忍坂に地面に穴ぐらを掘り、大来目部の勇猛な兵を選び、賊と一緒に混じらせておいた。そして、ひそかに手筈をきめ、命じた。「酒宴が盛りをすぎたあと、わしは立ち上がって歌う。お前たちは私の歌う声を聞いたと同時に、一斉に賊を刺すように。」

いよいよ皆が座り酒盛りとなった。賊はわが軍に陰謀があることをも知らず、心にまかせて 酔いしれた。

その時、道臣命は起ち上がって歌った。

忍坂の大きな室屋に、敵の者どもが大勢いても、勇猛な「来目くめ」の若者が、 頭槌くぶつちの太刀、石槌いしつつの太刀を持って、敵を撃ちのめしてしまおうぞ

来目の戦士たちはこの歌を聞き、一斉に頭槌の剣を抜き、一気に賊を斬り殺す。賊の中に 生き残る者は一人もいなかった。

東征軍は大いに喜び、天を仰いで笑う。そこでこのように歌った。

今はもう、今はもう、ああしやを今だけでも 吾が戦士たちよ 今だけでも 吾が戦士たちよ (大いに笑おう)

来目部が歌った後に大いに口をあけて笑うのは、これがその由縁である。

また歌う。

蝦夷えみしを一人が百人にあたる(強敵)と人は言うけれども、来目部の戦士の前には手向かいもしないぞ。

これら三首 は、すべて彦火火出見の密命を受けて歌ったもので、自分勝手に歌ったものではない。

その時に彦火火出見が言う。「戦いに勝っても驕ることがないのは、良将の行いだ。今、強力な賊はすでに滅びているが、乱れ騒ぐ悪人どもがまだ数多く残っている。そして、その動向は計り知れない。いつまでも同じところにとどまらず、変化する事態を未然に防ぐ手立てを講じるべきだ。」そこで移動し、陣営を別の所に設けた。

『日本書紀』神武紀

国見丘の戦いと忍坂掃討作戦|すごいぞスーパー彦火火出見!敵軍撃破!残党掃討!そのパワーほんと流石な件|分かる!神武東征神話 No.14

02/21/2016

 

14. 兄磯城討伐・磐余制圧

11月7日に、東征軍は大挙して「磯城彦しきひこ」を攻撃しようとした。

先ず、使者を派遣して「兄磯城えしき」を呼び寄せた。ところが兄磯城はその命に従わない。そこで、今度は頭八腿烏やたがらすを派遣して呼び寄せた。

烏は兄磯城の軍営に到り、このように鳴いた。「天神の子が、お前に参上せよと言っている。さあ、さあ(招きに応じよ)。」

兄磯城は、これを聞いて激怒し、「天圧神あまおすのかみが来たと聞き、今まさに憤慨している時に、どうして烏めがこんな風に嫌な鳴き方をするのか。」と言い、弓を引きしぼって烏めがけて射た。烏はたちまちに逃げ去った。

次に、頭八咫烏は「弟磯城おとしき」の家にやってきて鳴いた。「天神の御子が、お前に参上せよと言っている。さあ、さあ。」

この時、弟磯城は恐れ畏まって言った。「臣である私は、天圧神がやってくると聞き、朝に晩に大変かしこまっておりました。とても素晴らしいことだ、烏よ。お前がこんな風に鳴くとは!」さっそく葉盤ひらで八枚を作って、食べ物を盛って使者の烏を饗応した。

そして、烏に従って彦火火出見の軍営に到り告げて言った。「私の兄の兄磯城が、天神の子が来たと聞き、八十梟帥を集め武器を準備して、決戦を挑もうとしている。早急に対応を練った方がいいでしょう。」

彦火火出見は、そこで諸将を集め問うた。「今、兄磯城にはやはり逆賊の意がある。召しても来ない。どうしたらいいだろうか。」

諸将は、このように答えた。「兄磯城は悪がしこい賊です。まず弟磯城を派遣してしっかりと諭し、併せて兄倉下と弟倉下の兄弟も説得させたらよろしいかと存じます。もしそれでも帰順しないようであれば、その後に兵を挙げて攻めても遅くはありません。」

 そこで弟磯城を兄のもとに遣わし、利害を明らかに示して分からせようとした。しかしながら、兄磯城はなお愚かなはかりごとに固執し、どうしても承服しない。

 その時、「椎根津彦しいねつひこ」が計略をめぐらせて言った。「この上は、まず我が女軍めいくさを遣わして、忍坂の道から出陣させましょう。これを賊が見れば必ず精鋭部隊を残らずそちらに向かわせるはずです。私は潜兵を駆使して直ちに墨坂を目指し、菟田川の水を取って八十梟帥が墨坂に置く炭火に注ぎ、その火を消し不意をつけば、敵の敗北は間違いありません。」

 彦火火出見はその計略を「良し」とし、そこで女軍を出陣させて敵の動向をうかがった。果たして賊は大軍がすでに押し寄せて来たと思い込み、総力を挙げて待ち受けた。

ところで、これより前のことであるが、東征軍は攻めては必ず敵の陣地を取り、戦っては必ず勝利してきた。しかし兵士たちは、疲弊しないわけではなかった。

こうした経緯もあり、彦火火出見は「御歌みうた」を作って、将兵の心を慰撫した。 

楯並たたなめて 伊那瑳いなさの山の 木のゆも い行き見守まもらひ 戦えば 我はやぬ 島つ鳥 鵜飼うかひとも 今助けに来ね

宇陀の伊那佐山から転戦してきて、もう私は腹が減ったよ。鵜飼うかいのものどもよ、うまい鮎をさし入れてくれ。そしたら兵士たちと一緒に食べてしばし休息でもしよう!

 このように戦意を鼓舞した上で、ついに男軍おいくさ(強兵)を率いて墨坂を越え、先に出陣させた女軍と後方から挟み撃ちにして賊を破り、その首領の兄磯城らを斬り殺した。

『日本書紀』神武紀

兄磯城討伐・磐余制圧③|戦う前に意思確認?臣下献策まま実行?それはきっと神武の成長と分かってきた感覚の件|分かる!神武東征神話 No.17

03/11/2016

 

15. 長髄彦最終決戦

12月4日に、東征軍はついに長髄彦を攻撃。ところが、続けて幾度となく戦っても勝利を得ることができない。

この時、突然、空がかき曇りひょうが降ってきた。そこに金色の霊妙なとびが飛来し、彦火火出見の弓の「はず」 に止まった。その鵄は盛んに光り輝き、そのさまは稲妻のようであった。この光に打たれ長髄彦軍の兵卒たちはみな、迷い目がくらみ、もはや反撃して戦うことができなくなった。長髄というのは 本来、むらの名である。それを人の名前にもしたのだった。東征軍が金鵄の「みつ」を得たことで、時の人は、この地を「鵄邑とびむら」と名付けた。今、「鳥見とみ」というのは、それが訛ったものである。

昔、孔舎衛の戦いで、「五瀬命いつせのみこと」が矢に当って亡くなった。彦火火出見ひこほほでみは、このことを心に深く留め、常に憤りや怨みをいだいていた。そのため、この長髄彦との戦いにおいては、徹底的に誅伐ちゅうばつを加えようとした。

そこで御歌をつくり歌う。

 みつみつし 来目くめの子らが 垣本かきもとに 粟生あわふには 臭韮かみら一本ひともと 其のがもと 其根芽そねめつなぎて 撃ちて止まむ

来目の勇猛な戦士たちの、垣根のもとに粟が生えたなかに、くさい韮が一本。その粟に隠れて見えない韮の芽を見つけ出すように敵をどこまでも追い尋ね、徹底的に撃ち敗かしてやろう。

 また歌を詠むことに、

 みつみつし 来目くめの子らが 垣本かきもとに 植ゑしはじかみ口びひく 我は忘れず 撃ちてし止まむ

来目の勇猛な戦士たちの、垣根の元に植えたはじかみ 。その実を食べると 口がひりひりして(いつまでも忘れないように)、私はあの孔舎衙阪くさえさかの痛手を忘れず、徹底的に撃ち敗かしてやろう。

 と歌った。

これら諸々の御歌は、みな来目歌くめうたという。これは歌う者(来目くめ)をさして名付けたものである。 これにより戦意を高揚させ、また兵卒を放って敵を急襲した。

この時、長髄彦は「行人つかい」を遣わして、彦火火出見ひこほほでみに告げた。『かつて、天神の子が「天磐船あまのいわふね」に乗って、天から降ってきた者がいた。名を「櫛玉饒速日命くしたまにぎはやひのみこと」と言う。このみことが私の妹の「三炊屋媛みかしきやひめ」を娶り、御子をもうけた。名を「可美真手命うましまでのみこと」と言う。それ故、我れは、饒速日命にぎはやひのみことを主君として仕えている。いったい天神の子にお二方もおられるだろうか?おられるはずがない。どうして「天神子あまつかみこ」と称して、他人の土地を奪おうとするのか?これではとうてい真実とみなすことはできない。』

彦火火出見ひこほほでみはこれに応えて言った。「天神子あまつかみこといっても大勢いる。お前の主君とする者が本当に天神あまつかみの子ならば、必ずそれを表す物があるはずだ。それを見せよ。」

長髄彦ながすねびこは早速、饒速日命にぎはやひのみことの「天羽羽矢あめのははや」 一本と「歩靫かちゆき」 とを取って、彦火火出見ひこほほでみに見せた。彦火火出見はそれをよく見て、「間違いない。」と言い、今度は身に付けていた「天羽羽矢あめのははや」一本と「歩靫かちゆき」とを長髄彦に下し示した。

長髄彦はその「天表あまつしるし」を見て、いよいよ敬いかしこまる気持ちを懐いた。

しかし、すでに刃を向け、その勢いは途中で止めることができなかった。しかも尚、彦火火出見を倒そうとするはかりごとに固執し、少しもその決意を改めようとしなかった。

饒速日命にぎはやひのみことは、もともと「天神あまつかみ」が深く心にかけて「天孫=彦火火出見」だけに加勢していることを知っていた。しかも、かの長髄彦ながすねびこは生来の性質がねじ曲がっていて、天と人との分際(身のほど)をわきまえることができないのを見てとって、そこで長髄彦を殺し、その配下の兵卒どもを率いて帰順した。

彦火火出見ひこほほでみは、初めから饒速日命にぎはやひのみことが天から降った者であることを聞いていて承知していたため、今、はたして忠義の功を立てたので、これを褒めて寵愛ちょうあいした。これが物部氏の遠祖である。

『日本書紀』神武紀

長髄彦最終決戦|分からんちんども とっちめちん!手前勝手な理屈ばかりで道理無しのスネ長(すねなが)男をイテこました件|分かる!神武東征神話 No.19

03/28/2016

 

16. 中洲平定と事蹟伝承

己未つちのとひつじの年、春2月20日、「彦火火出見ひこほほでみ」は諸将に命じて士卒(上官と兵卒)を教練させた。

この時、層富県の波哆の丘岬 に「新城戸畔にいきとべ」という者がいた。また、和珥わに坂下さかもとに「居勢祝こせのはふり」という者が、臍見ほそみ長柄ながら丘岬おかさきには「猪祝いのはふり」という者がいた。この三か所の「土蜘蛛」は、みな己の勇猛強力をたのみにし、あえて帰順しなかった。彦火火出見はそこで、一部隊を分けて派遣し、ことごとく誅殺させた。

また、高尾張たかおわりの邑にも土蜘蛛がいて、その体つきは、身の丈が低く手足が長くて侏儒しゅじゅに似ていた。東征の軍は、くずで網を結い、急襲して一挙に殺した。これにより、その邑の名を改めて「葛城かつらぎ」という。

そもそも、「磐余いわれ」の地は、旧名を「片居かたい」、または「片立かたたち」ともいう。東征の軍が賊を打ち破ったとき、たくさんの兵卒が集まりその地に満ちあふれた。それにより地名を改め「磐余」とした。

あるいは次のように言う。「彦火火出見は昔、厳瓮いつへに盛った神饌を食し、西方を征討した。この時に、磯城の八十梟帥らが、その地に大勢たむろしていた。案の定、彦火火出見と大いに戦い、ついに滅ぼされた。それゆえ磐余の邑と名付けた」。

また東征の軍が雄叫びをあげた所を「猛田たけた」といい、を造った所を「城田きた」という。また、賊衆が戦死し、累々と転がっている死骸でひじを枕にした所を「頰枕田つらまきた」という。

彦火火出見は前年の秋九月に、ひそかに天香山の埴土はにつちを取って八十平瓮を作り、自ら斎戒さいかいして諸神を祭り、ついに天下を平定することができた。それゆえ土を取った所を名付けて「埴安はにやす」という。

『日本書紀』神武紀

中洲平定と事蹟伝承|大和平野各地の土蜘蛛さんを叩いて平定完了!あとは東征の事蹟を伝えておきたい件|分かる!神武東征神話 No.20

04/06/2016

 

17. 橿原宮造営と八紘一宇

3月7日、彦火火出見は命令を下した。

『私が自ら東征を開始してからここに六年の月日が経過した。天神あまつかみの神威により、凶暴な賊どもは誅殺ちゅうさつされた。遠く辺境の地はいまだ静まらず、人を惑わす妖怪はなお勢いが強いが、中洲ちゅうしゅうの地は少しも騒乱がない。今、まさしく、天皇の都を造営し大きく広げ、大壮たいそうに則るべきだ。ただ、今は世がこの屯蒙ちゅんもうに属し、民心は粗朴である。彼らは穴に住み、未開の風習が常である。そもそも、聖人が制度を定めれば、義は必ず時勢に合うものである。いやしくも民に利益を与える事があれば、聖人による宮殿の造営を妨げるものはなにもない。今こそ、山林を伐り開き、宮殿を造営し、つつんで皇位に即し、人民を治めなければならない。上にあっては天神あまつかみがこの国を授けた徳に答え、下にあっては皇孫こうそんが正義を養育した心をおしひろめる。そして全世界を合わせて一つにし、都を開き、天下をおおって一家とするのだ。なんと素晴らしいことではないか。はるか見渡せば、あの畝傍山うねびやまの東南の橿原の地は、思うに国の奥深くにある安住の地であろう。ここに都を定めよう。』

この月に、さっそく役人に命じて宮殿の造営を開始した。

『日本書紀』 巻第三(神武紀)

橿原宮造営と八紘一宇|東征開始から6年が経過した今、天照から始まる神々の系譜や政治を踏まえ素晴らしい国をつくろうとした件|分かる!神武東征神話 No.21

04/06/2016

 

18. 正妃蹈韛五十鈴媛命

庚申かのえさるの年、秋8月16日、彦火火出見は正妃を立てようとして、広く貴族のむすめを求めた。

その時、ある者がこのように奏上した。「事代主神ことしろぬしがみが、三島溝橛耳神みしまのみぞくいみみのかみむすめである「玉櫛媛たまくしひめ」と一緒に生んだ子で、名を「媛蹈韛五十鈴媛命ひめたたらいすずひめのみこと」と言う者がおります。この方は国中で一番麗しい娘です。」彦火火出見はこれを喜ぶ。

9月24日、媛蹈韛五十鈴媛命ひめたたらいすずひめのみことを宮中に召し入れて正妃とした。

『日本書紀』 巻第三(神武紀)

正妃蹈韛五十鈴媛命|現妻さしおき新たに正妃をお迎えす。いや、コレには深~い理由(ワケ)があって、、、の件|分かる!神武東征神話 No.22

04/07/2016

 

19. 橿原宮即位と東征完結

辛酉かのととりの年の春、正月1日彦火火出見ひこほほでみ橿原宮かしはらのみやで即位した。

この年を天皇すめらみことの元年とし、正妃を尊んで皇后きさきとした。皇后は皇子の神八井命かむやいのみこと神淳名川耳尊かむぬなかわみみのみことを生んだ。

そこで、古伝承に天皇すめらみことを讃えて、「畝傍の橿原に、大地の底の岩に宮柱をしっかりと立て、高天原に千木をそそり立たせて、初めて国を治めた「始馭天下之天皇はつくにしらすめらみこと」と伝え、名付けて「神日本磐余彦火火出見天皇かむやまといわれびこほほでみのすめらみこと」と言う。

初めて天皇が天つ日嗣あまつひつぎの大業を草創した日、大伴氏の遠祖である道臣命みちのおみのみこと大来目部おおほくめらを率いて秘策を承り、諷歌そえうた倒語さかしまごととを巧みに用いて、災いや邪気を全て払った。倒語さかしまごとが用いられるようになった起りはここに始ったのである。

『日本書紀』 巻第三(神武紀)

橿原宮即位と東征完結|歴史はココから始まる。橿原宮で即位し世界最古の国「日本」をつくった件|分かる!神武東征神話 No.24

04/12/2016

 

20. 論功行賞と国見

二年春二月二日、神武天皇は論功行賞ろんこうこうしょうを行われた。

道臣命には、宅地を与え築坂邑つきさかのむらに居所を与えられて、ことに寵愛ちょうあいされた。また大来目おおくめには、畝傍山うねびやまより西の川辺の地に居所を与えられた。今、来目邑くめむらというのは、これがその由縁である。そして、珍彦うづひこ倭国造やまとのくにのみやつことされた。また弟猾えうかし猛田邑たけたのむらを与えられた。それで猛田県主たけたのあがたぬしとされた。これは菟田主水部うだのもひとりらの遠祖である。弟磯城おとしき、名は黒速くろはや磯城県主しきのあがたぬしとされた。また剣根つるぎねという者を葛城国造かずらきのくにのみやつことされた。また、頭八腿烏やたからすも恩賞にあずかった。その子孫は葛野主殿県主部かずののとのもりのあがたぬしらである。

四年春月の二十二日、みことのりして仰せられた。「我が皇祖の御霊みたまが天からくだりご覧になって、我が身を照らし助けてくださった。今、すでに諸々の賊を平定し、天下は何事もなく統治されている。そこで天神あまつかみ郊祀まつって、大孝たいこうの志を申しあげよう。」

そこで、斎場を鳥見山とみのやまの中に設けて、その地を名付けて上小野うえつおの榛原はりはら下小野したつおの榛原はりはらといい、もって皇祖である天神を祭られた。

三十一年夏四月一日に、天皇すめらみことは国中を巡幸じゅんこうされた。その時、腋上わきがみ嗛間丘ほほまのおかに登って、国の状況を眺めめぐらせ、「ああ、なんと美しい国を得たことよ。内木綿うつゆうの本当に狭い国ではあるが、あたかも蜻蛉あきづが交尾している形のようでもある。」と仰せられた。これによって初めて「秋津洲あきづしま」という名が生じたのである。

昔、伊奘諾尊いざなきのみことがこの国を名付けて、「日本やまと浦安うらやすの国、細戈くわしほこ千足ちだる国、磯輪上しわかみ秀真国ほつまくに」(→日本やまとは、心が穏やかに平安で、国生みのときに使われた瓊矛ぬほこのように細く美しいほこ(呪具)が充分にあり、たくさんの石で囲んだ高い祭壇を持つ国。政治的にも文化的にも最もすぐれた国である。)と仰せられた。

また大己貴大神おおなむちのおおかみは名付けて、「玉牆たまかきの内つ国(美しい青垣に囲まれた大和の国)」と言われた。饒速日命にぎはやひのみことは、天磐船あまのいわふねに乗って虚空おおぞらを飛翔して、この国を見おろして天降あまくだったので、名付けて、「虚空見そらみ日本やまとの国」と言われた。

四十二年春正月の三日に、皇子の神淳名川耳尊かむぬなかわみみのみことを立てて皇太子とされた。

七十六年春三月十一日、天皇すめらみことは橿原宮で崩御された。時に御年百二十七であった。翌年秋九月十二日に、畝傍山東北陵うしとらのみささぎに葬りまつった。

『日本書紀』 巻第三(神武紀)

論功行賞と国見|エピローグ!論功行賞を行い、国見をして五穀豊饒の国「秋津洲(あきづしま)」を望み見た件|分かる!神武東征神話 No.25

04/18/2016

 

本シリーズの目次はコチラ!

日本神話とは

天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021
日本書紀 現代語訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他