厚切りロースとんかつ弁当|ストレート直球勝負のロースとんかつに素直にヤラレた件||東京駅・大阪駅のお弁当

 

大人気の駅弁シリーズ。今回は大阪駅からお届けです。

大阪駅で新幹線に乗る直前、突然に目に飛び込んできた「厚切りロースとんかつ」の文字。飛び込んできてしまったので、仕方ありません。

即購入。そしていただきました。そのドストレートな弁当を。シンプルゆえに己の主張が求められる局面。

心ゆくまでロースと格闘した一部始終をご紹介です。

 

厚切りロースとんかつ弁当|ストレート直球勝負のロースとんかつに素直にヤラレた件

まずは、こちら外装です。

厚切りロースとんかつ弁当 (2)

ドストレート。余計な主張は不要です。

増量。

ただ、それだけで嬉しい。

1,000円という潔いシンプル価格にも、一貫性を感じられて良し。

粗挽きパン粉でサクサク食感ですと?!

ボリュームたっぷりの厚切り一枚肉??!

いいでしょう。魅せていただきます。

厚切りロースとんかつ弁当 (3)

ドーン!

おー!

アツい!

厚い!ロース!

いいじゃないですか!

厚切りロースとんかつ弁当 (6)

なるほど、ご飯の向こうにロースたちを眺めますか。

コンテンツは以下の通り。

  • ご飯
  • トンカツ
  • 茹でキャベツ
  • 梅干
  • よく分からない漬物

ソースかけて!

厚切りロースとんかつ弁当 (8)

美味しそう!

 

それでは行きましょう!

むんずと箸でつかみ、ガブっといただきます。

厚切りロースとんかつ弁当 (9)

う、うまいー!

厚切りロースとんかつ弁当 (11)

新幹線の中~

一人で何をやってるんだ!

厚切りロースとんかつ弁当 (12)

ごはん、しっとりされてますね。もちもちであります。

とにかく、コレはうまいぞ!!

もう、あとは、ロースとんかつ→ごはん→ロースとんかつ→ごはん→ロースとんかつ→キャベツ→ロースとんかつ。。。ループ。

全5切れ。

粗挽きパン粉でサクサク食感、確かに!

ボリュームたっぷりの厚切り一枚肉、確かに!

シンプルが故に真っ直ぐな主張。とんかつ!どや!

以上。

この潔さ、好きです。

 

御馳走様でした。

厚切りロースとんかつ弁当 (1)

 

ということで、参ります。恒例の。

感想(勝手にチェック結果)

勝手にこんな指標でチェック。仕事柄。ビョーキみたいなものです。

栄養バランスが良い(肉・魚系と野菜) 3
ボリュームたっぷり 5
ネーミング・コンセプトとの一貫性を感じる 5
コピーと価格の整合性が取れてる(煽り過ぎてない) 5
コストに対するパフォーマンスが良い 5
コダワリとか想い入れとか愛とか 5
合計 28

※[5]すばらしい、[4]良い、[3]普通、[2]課題有、[1]全然ダメ

ということで、総合評価、達成率93.3%であります!

流石、達成率90%を越えてくるとかなり満足感があります。バランス点が低いのは仕方ないとして、あとは全て振り切ってる感じで潔し!このストレート直球勝負な感じにとても好印象をもちました。

 

まとめ

厚切りロースとんかつ弁当

粗挽きパン粉でサクサク食感は確かにありました。ま、そこまで「サクッ」て音が出るほどではありませんが、その衣(ころも)は十分主張がありました。

ボリュームたっぷりの厚切り一枚肉は全5切れ。ソースをかければ至福タイムの始まりです。欲を言えば、からしが少ないのが難点。

1000円でこのCP、結構アリだと思います。

 

その他、大阪駅の実食ランキングはコチラ!

新大阪駅のオススメ弁当(駅弁)トップ5!新大阪駅利用者に告ぐ!実食してみた結果を独自の指標でランキング化してまとめてみた!

2016.11.14

 

こちらの記事をオカズにどうぞ。旅のお供に日本神話がオススメです。

分かる!神武東征神話|神武の生い立ち|天照大神の第五世代 子孫(来孫・らいそん))であり、海神の孫でもある件

2016.01.20

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。