うし源本店|榛原駅徒歩5分!地元特産「はいばら肉」高級ランチが美味すぎる件|奈良県宇陀市榛原グルメ

奈良県宇陀市榛原の「うし源本店」をご紹介します。

この日、榛原には午前中に到着。市役所に行って周辺の神社をまわっていたらお昼に、ランチを食べられるお店を探していたら発見!

宇陀は牛肉が特産品ということで、せっかくなので行ってみた。その体験レポをご報告です。

 

うし源本店|榛原駅徒歩5分!地元特産「はいばら肉」高級ランチが美味すぎる件

まずは、お店の外観からご紹介。

お店外観から入口まで

うし源本店

▲うし源本店は、榛原駅から徒歩5分くらい。南口を出て伊勢本街道を左に歩いていくとあります。

うし源本店駐車場

▲駐車場もあるので、車で行く場合も便利♪

 

1階がお肉屋さん。特選高級肉がずらり。

うし源本店1 うし源本店2

 

1階のお肉屋さんを正面にして、左の路地を入った所にうし源本店の入口があります。

うし源本店3

▲入口。ちなみに、この日はお昼過ぎ位に到着。

着いたときは電気が消えていて締まっている風。入口に張り紙があって、「食事希望の方はお店にお声掛けください」との事。なので、お店の人に「食事したいんですけど」と伝えたら、開けてくれた。この日最初のお客だったらしい。

 

うし源本店4

▲中に入るとこんな感じ。

うし源本店5

▲階段、又はエレベーターで3階に上がります。

うし源本店6

 

通された部屋はこんな感じ。高級料亭の風!

うし源本店7

ランチメニューはこんな感じで。

うし源本店9

正直、た、高い。。。が、せっかくなので大奮発!Bセットで!( 0w0)ノ ウェーイ

実は、この日は両親が一緒だったので、父と母は「ステーキランチ」と「ハンバーグ定食」をオーダー。

 

美味すぎる!ランチ

IMG_5542 (800x600)

▲こちらBセット。

 

IMG_5551 (800x600)

▲こちら、ステーキランチ♪

 

IMG_5547 (800x600)

▲こちら、ハンバーグ。あっさりとして美味!

 

うし源本店のことを少しご紹介

創業100年以上の超老舗。

初代「源松」さんが、地元振興のために地場産業として創業されたそうで。畜産施設やセリ市場を一からつくりあげたとか。

その源松さんが苦労を経て育てあげた牛が「はいばら肉」。明治の時代!

IMG_5553 (800x600)

お肉はさっぱりしていて、甘味がありました。そしてタレも超美味!

お値段が少々お高いのがナニだが。できれば1500円くらいで焼肉定食をいただきたかったかなと。

ま、それはそれ、明治からの牛にかける想いを存分に味あわせていただいたのでで感謝!

榛原でランチされるときは是非。

 

うし源本店 お店情報

うし源本店 HPはコチラ!

奈良県宇陀市榛原萩原2482

ジャンル:焼肉、すき焼き、ステーキ

最寄駅:榛原駅から徒歩五分

TEL:0745-82-0017

住所:奈良県宇陀市榛原萩原2482

営業時間:11:30~22:00まで(19時以降は要予約。当日可)、ランチ11:30~15:00まで(L.O.14:00)

定休日:火曜日、祝日

 

こちらの記事もどうぞ。旅とお肉のお供に日本神話がオススメです。

分かる!神武東征神話|神武の生い立ち|天照大神の第五世代 子孫(来孫)であり、海神の孫でもある件

01/20/2016

天地開闢とは?『日本書紀』『古事記』が伝える日本神話的天地開闢の全てを語ろうと思う

01/07/2016

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

01/08/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とも

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他