天地開闢。それは混沌としていたが、事象が芽生えようとする兆しを含んでいた。|日本神話が伝える天地開闢 No.2

日本神話で「天地開闢」を読み解く

日本の正史である『日本書紀』をもとに、

日本神話が伝えるメッセージを読み解きます。

 第2回目は「天地開闢(てんちかいびゃく)」の続き。『日本書紀』第一段の内容を、複数回に分けてお届けしています。

 

天地開闢。それは混沌としていたが、事象が芽生えようとする兆しを含んでいた。

日本神話が伝える天地開闢|一番最初の言葉「古」から始まる世界のはじまりのお話

12/28/2015

の続き。

渾沌こんとんにして鶏子とりのこの如く、溟涬めいけいにしてきざしを含めり。

意味

・「渾沌」は「混沌」と同じ意味で、物の未分化な状態の意。

・「溟」「涬」は同義。大河の水の奥深い意から、ほの暗く物の区別ができない様。

・「牙」は「芽」と同じで「兆し」の意。

訳出:

「その様子は混沌こんとんとして、まるでとりの卵のようであり、ほの暗くぼんやりとして、事象が芽生えようとする兆しを内に含んでいた。」

 

 

いかがですか?

古代日本人による「天地開闢」の表現に、彼らの想像力、その感性が表れていると思います。

鶏子とりのこ=鶏の卵」に例えているのがオモシロいですね。

 

注目は、その「状態」です。

「混沌としている、けれど事象が芽生えようとする「兆し」を内に含んでいる。」

と表現している所です。

 

つまり、単に混沌としている訳ではなく、予定されているもの、「兆し」があるということです。

 

理科の話。

受精卵も同様で、一見ただの卵ですが、

実は、中では「どの部分が、将来  頭になる、翅になる・・」など、「分化」する部分が決まっている、つまりプログラムされているという事でした。

卵

▲卵にライトを当ててみた

 

懐かしすぎて、、、((((;゚Д゚)))ガクブル

 

今でこそ、科学の力で明らかになってきたことを、天地開闢の表現として使用していることは注目に値すると言えますね。

 

追って説明していきますが、

この兆したところから天と地に展開していく、という流れになります。

そして最初の神様である「国常立尊(くにのとこたちのみこと)」が化成するところへ続きます。

 

渾沌こんとんにして鶏子とりのこの如く、溟涬めいけいにしてきざしを含めり。」

「混沌にして鶏子(とりのこ)のごとく、溟涬(めいけい)にして牙(きざし)を含めり。」

是非、覚えておきたい言葉ですし、イメージですね。

 

まとめ

「渾沌にして鶏子の如く、溟涬にして牙を含めり。」

  • 日本神話では、天地開闢の状態を卵に例えて表現しています。
  • 混沌としているけれど、その中に様々な事象が発生する兆しを持っている状態。
  • この兆しから、天と地に分かれ、神様が生まれていく流れを組んでいます。

 

続きはコチラ!

日本神話的には、天と地ができた後に神が生まれる|日本神話が伝える天地開闢 No.3

12/29/2015

 

コチラも是非!天地開闢まとめ。現代語訳付き♪

天地開闢とは?『日本書紀』『古事記』が伝える日本神話的天地開闢の全てを語ろうと思う

01/07/2016

 

日本神話の最高神を祭る宮はコチラで☟

伊勢神宮|天照大神を祭る日本最高峰の宮!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

09/28/2016

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

09/26/2016

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    とも

    日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

    日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
    「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
    これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
    文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
    豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
    参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他