日本神話的には、天と地ができた後に神が生まれる|日本神話が伝える天地開闢 No.3

日本神話で「天地開闢」を読み解く

日本の正史である『日本書紀』をもとに、

日本神話が伝えるメッセージを読み解きます。

 第3回目は「天地開闢」の続き。『日本書紀』第一段の内容を、複数回に分けてお届けしています。

 

日本神話的には、天と地ができた後に神が生まれる件

天地開闢。それは混沌としていたが、事象が芽生えようとする兆しを含んでいた。|日本神話が伝える天地開闢 No.2

2015.12.28

の続きです。

 

その清陽せいようなるものは、薄靡たなびきて天になり、重濁じゅうだくなるものは、淹滞とどこほりて地になるに至りて、精妙せいみょう合搏がふせんすること易く、重濁じゅうだく凝竭ぎょうけつすること難し。ゆえ、天りて地あとに定まる。しかして後に、神聖しんせい其の中にれり。

意味
・「薄靡」は薄くたなびくの意。
・「淹滞」は「凝滞」と同じ、停滞する意。
・「精妙」は、清く澄んだ気の意。
・「合搏」は「合専」と同義。「搏」は一か所に集まるの意。
・「凝竭」は「凝固」「凝結」の意。「竭」は「尽きる」の意。

訳出:

その中の、『清く明るいもの』が薄くたなびいて『天』となり、『重く濁ったもの』がよどみ滞って地となるに及んでは、その妙なるものは集まりやすく、重く濁ったものは凝り固まりにくい。これは原理に則った現象であり、だから、まず『天』ができあがり、その後で『地』が定まったのである。そうして『天』と『地』が成り立った後に、その天地の中に『神』が生まれた。

 

 

いかがでしょうか?

少し難しくなってきましたが、以下、簡単に説明します。

 

一言で言うと、

「天と地ができあがってから、その間に神が生まれた」

という事です。

 

「天と地ができあがった」のは、

  1. 混沌の中で兆しを含んでいたが、
  2. やがて清く明るいものが薄くたなびいて天となり、
  3. 重く濁ったものがよどみ滞って地となった、から

 

また、その理由を

「妙なるものは集まりやすく、重く濁ったものは凝り固まりにくい」から。

と説明しているのです。

 

とても合理的に組み立てられていると思いませんか?

 

注目は、その「順番」です。

例えば、本シリーズ①で触れた「聖書」とは真逆です。

「聖書」では、まず「神」があって、その後、神が天地を創造する順番。

「日本神話」では、まず「混沌」があって、天地ができて、その後、神が生まれる順番。

 

「神」が先ではなく、「天地(自然)」が先。

自然があってこそ神が生まれる、宿る、ということですね。「八百万の神々」にもつながります。

 

このように、人知では計り知れない「自然」や「世界」についての認識や考え方、捉え方が、特に西洋とは全く逆である事、ここにも日本人独特の世界観や価値観が表れていると言えます。

 

  • はじまりの起点を示すところは曖昧に、
  • でも、その後の天地生成と神の過程は理由をもって合理的に組み立てられている。

是非覚えておきたいポイントです。

 

「天りて地あとに定まる。しかしてのちに、神聖しんせい其の中にれり。」

この言葉、天地開闢の順番は是非チェックしておきましょう。

 

まとめ

天先づ成りて地後に定まる。然して後に、神聖其の中に生れり。

  • もとはといえば、「混沌」があって、でもその中に「兆すもの」があったからこそ天地生成へつながります。
  • 「兆し」の中から、「清なるもの」が天へ、「重く濁ったもの」が地へ展開し天地ができました。
  • 天地ができて、そのあと、天地の間に神が生まれた、という順番に日本人ならではの世界観・価値観が投影されています。

 

続きはコチラ!

葦のような形のものが神に化為る(なる)。コレ、国常立尊と申す件|日本神話が伝える天地開闢 No.4

2016.01.05

 

コチラも是非!天地開闢まとめ。現代語訳付き♪

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

 

日本神話の最高神を祭る宮はコチラで☟

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

2016.09.26

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。