【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

藤原宮跡

 

藤原宮跡ふじわらきゅうせきは、

奈良なら橿原かしはら市にある、藤原宮ふじわらのみやの跡地。

今でこそ、

なーんも無い、ただのデカい草原って感じで、寂寞に胸が熱くなるのですが、

とんでもない!

実はココ、

「日本」という国の土台が創られた場所であり、

日本初の本格的な宮城きゅうじょう都市として建設された、激しくゴイスーなスポット。

当サイト的には、

日本神話編纂へんさんの現場として、激しくオススメさせていただきたい場所であります。

神話ファンなら鉄板のビジットスポット。間違いない。

今回は、橿原かしはら市が誇る最高の神話ロマン発生地帯「藤原宮跡ふじわらきゅうせき」の全貌を、周辺施設や跡地と合わせて全部まとめてご紹介します。

 

藤原宮跡|藤原京の中心施設、藤原宮の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

藤原宮跡とは

ここでは、サラッと概要を。

今から遡ること、約1300年前。

大和三山やまとさんざんに囲まれたココ、橿原かしはらの地に、

日本初の本格的な宮城きゅうじょう都市「藤原京ふじわらきょう」が建設されました。

経緯としては、

天武てんむ元年(672年)壬申じんしんらん

この内乱ないらんに勝利した天武てんむ天皇が、律令制度りつりょうせいどにもとづく中央集権ちゅうおうしゅうけん的国家づくりを開始。

それまで、

なんなら飛鳥あすかのど田舎で、

住宅兼用の飛鳥浄御原宮あすかのきよみはらのみや宮都きゅうとレベル)で政治を行なってましたが、、、

必読→ 飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

田舎あかん!

と。

オレ既に全国区!

と、一念発起。

日本のみならず、世界を見据えた国家づくりはじめちゃいます。その一環で、ニューシティ造ろうぜ、

中国ちゅうごく長安ちょうあん並みの、マジなやつ。

要はそんな経緯で、天武てんむ天皇によって計画され、

持統じとう8年(694年)、ダンナの遺志を受けついだ持統じとう天皇の代に完成した次第。

いや、ほんと、

コレは革命かくめいですよ。

今まで村レベルだったのが、
都市レベルまで一気に次元上昇。

推定されている説(大藤原京説だいふじわらきょうせつ)によれば、

藤原京ふじわらきょう
東西5.3km、南北4.8~5.3kmという規模。

とにかくデカい。

京内きょうないの人口は、推定2~3万人。コレまた当時としては異常。

大路おおじ」や「小路こじ」と呼ばれた大小の道路により、整然とした街区がいくに区画され、

みやの近くには、貴族きぞく高官こうかんたちの屋敷やしきが建ちならび、

左京さきょう右京うきょうには国の大寺おおでらである「大官大寺だいかんだいじ」と「本薬師寺もとやくしじ」が建てられて、、、

と、

まースゴイ。

で、

その中央、中心にあったのが、

今回ご紹介する「藤原宮ふじわらのみや」という訳。

 

藤原宮ふじわらのみや」は、東西南北約1km四方のみや

この中に、

  • 大極殿だいごくでん朝堂院ちょうどういんといった国をあげての儀式や政治を行う施設
  • 天皇の住まいである内裏だいり

などがあり、要は、

現在の国会議事堂こっかいぎじどう霞ヶ関かすみがせき官庁街かんちょうがい、さらには皇居こうきょとかを、みんなまとめてドン。

藤原宮資料室の展示映像より

ほんと、スゴイみやこだった訳です。

当サイトとしては、

この藤原宮ふじわらのみやこそ、日本神話編纂へんさんの現場。

激しくオススメしたいスポットであります。

飛鳥浄御原宮あすかのきよみはらのみやにて発令はつれいされた日本書紀にほんしょき古事記こじき編纂へんさん事業。

それは、みやこうつしてココ、藤原宮ふじわらのみやで本格的に進められていきます。

編纂へんさんチームが日夜、議論し、創意工夫し、つくり上げた日本神話。

その原風景がここ、藤原宮跡ふじわらきゅうせきにあるのだ!

必読→ 『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

ちなみに、

藤原京ふじわらきょうみやことしてあったのは、平城京へいじょうきょう遷都せんとまでの16年間。

この短命な感じ、そしてその後の衰退荒廃のストーリーもまた、寂寥をもって心を揺さぶる訳です。後ほど、歌とあわせてご紹介。

 

藤原宮跡の現場

ここからは、藤原宮跡ふじわらきゅうせきの現場をリアルにご紹介。

藤原宮ふじわらのみやは、一辺約1km四方の四角形。

現在のマップにプロットしてみると、ざっくりこんな感じ。

藤原宮ふじわらのみやのメインは以下3つ

  • 高御座たかみくらが据えられ、即位そくい大礼たいれいや国家的儀式が行われた「大極殿院だいごくでんいん
  • 天皇が早朝に政務をみる朝政あさまつりごとや、臣下参列しんかさんれつのもと国儀こくぎ大礼たいれいが行われた「朝堂院ちょうどういん
  • 天皇の住まいである「内裏だいり

以下、

順に現地の様子をご紹介。藤原宮ふじわらのみや正面しょうめん入口、朝集殿院ちょうしゅうでんいんからスタート。

 

朝集殿院跡 周辺

藤原宮ふじわらのみや正面しょうめん玄関げんかんとなる場所。

少し先には、朝堂院ちょうどういん南門なんもん列柱れっちゅうが。そのずっと奥には耳成山みみなしやまが見えます。ココ、すでにロマン発生地帯。

 

朝堂院南門

朝堂院ちょうどういん南門なんもんは、昭和しょうわ13年と14年の発掘調査はっくつちょうさにより、礎石そせきを据えた痕跡こんせきである「栗石ぐりいし」が14か所発見されたことにより確認されました。

南門なんもんの規模は、正面しょうめん24.6m、側面そくめん10.2m。

結構デカい。

こちらの列柱れっちゅう

実は、実際に南門なんもんがあった場所よりも北20mの場所に再現さいげん設置されているもの。

イメージ力、問われてますぞ。見えるよね?南門なんもん。想像して!

 

朝堂院ちょうどういんを北上。ここを日本神話編纂へんさんメンバーも歩いていたに違いない。。。サイコーだ!このロマン感♡

 

何もないからこそ、ロマンは自由に、どこまでも広がります。 それがないとただの草w

 

大極殿院閣門だいごくでんいんこうもん

大極殿院閣門だいごくでんいんこうもん」は、大極殿院だいごくでんいん朝堂院ちょうどういんを区切る門。

基壇きだん最下段の石材せきざいが部分的に発見され確認。

規模は不確定ながら、正面しょうめん約30m、側面そくめん15m。先ほどの、朝堂院ちょうどういん南門なんもんと同規模と想定されてます。

ここで、藤原京ふじわらきょうの栄華を称えた歌をご紹介。

作者不詳ながら「御井みいの歌」として知られた歌。『万葉集まんようしゅう』より。

やすみしし 我ご大君 高照らす 日の皇子 荒栲の 藤井が原に 大御門 始めたまひて 埴安の 堤の上に あり立たし 見したまへば 大和の 青香具山は 日の経の 大御門に 春山と 茂みさび立てり 畝傍の この瑞山は 日の緯の 大御門に 瑞山と 山さびいます 耳成の 青菅山は 背面の 大御門に よろしなへ 神さび立てり 名ぐはし 吉野の山は かげともの 大御門ゆ 雲居にぞ 遠くありける 高知るや 天の御蔭 天知るや 日の御蔭の 水こそば とこしへにあらめ 御井のま清水 (万葉集 52番歌)

訳文: あまねく天下を支配されてらっしゃるわが大君、天高く照らしてらっしゃる日の神の御子なる天皇、その天皇が藤井が原に素晴らしい宮殿を造営され、埴安の池の堤に立ってご覧になると、大和の青々とした香具山は、東面の御門として春山らしく茂っている。畝傍の瑞々しい山は、西面の御門として端山らしくどっしりとしている。耳成の青菅茂る山は、北面の御門として神々しい。名も妙なる吉野の山は、南面の御門のはるか向こう雲の彼方に連なっている。このよき山々に守られた高くそびえる大宮殿、天高くそびえる大宮殿の水こそは、永遠に尽きることなくあれ。この御井の真清水は。

白鳳はくほう文化が花開いた藤原京ふじわらきょう。「御井みいの歌」はその栄華を称えた歌。

一帯に広がる美しい藤原京ふじわらきょうは、大和三山やまとさんざんが取り囲む。東は香具山かぐやま、西は畝傍山うねびやま、北は耳成山みみなしやま、そして南は吉野よしのの山。それらが、みやこを守る「門」として囲んでいると歌ってます。

そして、

みやこを存続させるかなめである井戸の存在。

藤原京ふじわらきょうを、豊富で清冽な井泉せいせんに恵まれた宮都きゅうととして賛美。井戸があれば、みやこも天皇も永遠に続いていくだろうと。なんて麗しい。。。

飛鳥浄御原宮あすかのきよみはらのみやから藤原京ふじわらきょうへの遷都せんとは、それまでの「宮都きゅうと」といった規模感から、本格的な城壁じょうへきを持つ「宮城きゅうじょう」スケールへの大転換でした。

また、

ハード面だけでなく、ソフト、具体的には、律令制度りつりょうせいど歴史書れきししょ編纂へんさん等、日本の仕組み作りの点からも大きな変革が行われた時代でもあります。

本歌は、そうしたなかで育まれていった「日本(日本人)」としての自覚や自負といった意識の拡大を映し出してるんです。

やすみしし 我ご大君 高照らす 日の皇子 荒栲の 藤井が原に 大御門 始めたまひて、、、

確かに、すごいマインドだ!

 

って感じで周りを見渡す。

、、、うん、なんもないねwww草

 

後ろを振り返ると。

彼方に朝堂院ちょうどういん列柱れっちゅう。果てしない、、、

 

ごらん、あれが天香久山あまのかぐやまだよ。あの山は、神代かみよには天にあって岩戸神事いわとしんじが行われたんだ。

 

そして、あれが畝傍山うねびやまだよ。かの地で、神武じんむ天皇が初代しょだい天皇として即位そくいし、日本建国を果たしたんだ。

ここは藤原京ふじわらきょうの中心。ロマンの超過密地帯なんだ。

 

内裏跡

天皇の住まいであった内裏だいり。現在、メインは「醍醐池だいごいけ」となってます。

ポイントは、

鴨!

平城京へいじょうきょう遷都せんとにより、藤原京ふじわらきょうは荒廃の一途を辿るのですが、その栄枯盛衰を、鴨君足人かものきみたりひとが香具山歌として歌っています。

天降あもりつく 天の香具山 霞立つ 春に至れば 松風に 池波立ちて 桜花 木の暗茂くれしげに 沖辺には 妻呼ばひ つ辺に あぢ群騒きももしきの 大宮人の 退り出て 遊ぶ船には 楫棹も なくて寂しも 漕ぐ人なしに

訳文: 天から降ってきたという天の香具山では、霞の立つ春になると、松を渡る風に、埴安の池に波が立ち、桜の花が木陰いっぱいに咲き乱れ、池の沖ではがつがいを求め、岸辺ではあじ鴨の群れが騒がしく、宮仕えの人々が宮殿から退出していつも遊んでいた船には、櫂も棹もなく、物寂しく静まりかえっている。船を漕ぐ人もいないままに。

天香具山あまのかぐやまは、春になれば桜が美しく、池にはたくさんの鴨がいて、大宮人おおみやびとが遊覧に興じていたのに、、、今では、その船も漕ぐ人もいなくて寂しく静まりかえっている、、、と。

かつての賑わいや栄華が嘘のように、見るかげもない有りさまをさらす藤原京ふじわらきょう。。。奈良なら平城京へいじょうきょう遷都せんと後の荒廃を歌う内容。鴨と合わせてチェック。現地で巡り合えたらラッキー鴨!

 

宮城門(東面中門)

周囲を、「大垣おおがき」と呼ばれる掘立柱塀ほったてばしらべいによって区画されていた藤原京ふじわらきょう

さらに、

東西南北の各辺に、「宮城門きゅうじょうもん」が3つずつ設置されてました。

宮城門きゅうじょうもんは、

基礎に石を用いる礎石型そせきがたの建物。

規模は、間口まぐち25.2m、奥行おくゆき10.1m!デカいぞ

藤原宮ふじわらのみやの東の辺、その中央にあたる場所。

平成へいせい23年の発掘調査はっくつちょうさで、宮城きゅうじょう12門(4辺×3門)の一つである東面とうめん中門ちゅうもんと、コレに取り付く東面とうめん大垣おおがきが発見されました。

東面とうめん中門ちゅうもんでは、礎石そせき据付穴すえつけあなが6基。巨大な組積そせきも2個見つかってます。

現在は、

こうした発掘調査はっくつちょうさ成果をもとに、推定も含めて柱の位置を表示してます。

 

西面大垣南門跡

西面大垣南門跡さいめんおおがきなんもんあとは、

藤原宮ふじわらのみや 西面さいめん大垣おおがきにあった3つの門のうち、一番南にあった門の跡地。

大垣おおがきは太い柱を一列に並べたもので、間を、板か壁で塞いだ構造と考えられています。

 

西南隅

西南隅せいなんすみは、藤原宮ふじわらのみやの西南のすみっこ。

昭和しょうわ56年に発掘調査はっくつちょうさ大垣おおがき内濠うちぼり外濠そとぼりなどのみやの外周を囲む施設が見つかってます。

内濠うちぼりの幅は1.8m、外濠そとぼりは10mとかなり広いつくりですね。

 

90度、L字型の盛り土が、すみっこ感をコレでもかと演出してくれます。

 

で、コチラが外濠そとぼりの跡。

藤原宮跡ふじわらきゅうせきの片隅でロマンを叫ぶ

 

藤原京朱雀大路跡

藤原京ふじわらきょう朱雀大路すざくおおじは、藤原京ふじわらきょう左京さきょう右京うきょうを分けるメインストリート。

ここから、約200m北には、藤原宮ふじわらのみや正面しょうめん玄関げんかんである、南面なんめん中門ちゅうもんである「朱雀門すざくもん」があり。

道の東西両側には、みぞが掘られており、

昭和しょうわ51年の発掘調査はっくつちょうさにより、道路の路面幅は約19m、東西両方の側溝そっこうは約4mという、かなりデカい大路おおじになっていたことが判してます。

 

ここから北を望むと、、、

真正面ましょうめん耳成山みみなしやま。もう、なんか、そのために造ったでしょって感じ満載です。

 

藤原宮跡をより深く知るための施設

ここからは、藤原宮跡ふじわらきゅうせきをよりディープに知るための施設をいくつかご紹介。

奈良文化財研究所ならぶんかざいけんきゅうしょ 藤原宮跡資料室ふじわらきゅうせきしりょうしつ

藤原宮ふじわらのみやの全貌のほか、学術的出土品しゅつどひんなどが復元ふくげん展示されてます。入館料、駐車料、いずれも無料です。

必読→ 藤原宮跡資料室|藤原宮と藤原京の発掘成果を公開中!今なお続けられている発掘調査のマジな研究拠点

住所 〒634-0025 奈良県橿原市木之本町きのもとちょう94−1
電話番号 0744-24-1122
駐車場 あり。無料。
開館時間 9:00~16:30
休館日 年末年始および展示替え期間中

 

藤原京資料室ふじわらきょうしりょうしつ

藤原京ふじわらきょうの全景を示した縮尺1000分の1の模型。巨大なジオラマ!

必読→ 藤原京資料室|藤原京の巨大なジオラマ!リアルな藤原京を堪能できる橿原屈指のおススメスポット!

住所 〒634-0073 奈良県橿原市縄手町なわてちょう178-1
開室時間 9時~17時(最終入室16時30分)
休室日 毎週土曜日(祝祭日の場合その翌日)、年末年始(12/27~1/4)
入室料 無料
駐車場 あり

 

藤原宮跡周辺の神話ロマンスポット

藤原宮跡ふじわらきゅうせき周辺の神話ロマンスポットも併せてご紹介。

関連する日本神話についてはコチラで。

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝 ~天地開闢と三柱の神の化生~

04/15/2018

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

なんと言っても、建国神話のゴール地点、それが藤原京ふじわらきょうのあった橿原かしはらなんだもん。

 

橿原神宮かしはらじんぐう

必読→ 橿原神宮|日本建国の地!初代「神武天皇」が即位した地「橿原神宮」を徹底解説!

 

天香久山あまのかぐやま

必読→ 【保存版】天香久山|あもりつく天香具山。天香久山の歴史、歌、神社、散策コースなど総まとめ!

 

四季折々の花

藤原宮跡ふじわらきゅうせきでは、季節ごとに美しい花が植えられ、

菜の花やコスモス、キバナコスモス、ハスなど色とりどりの花を楽しむことができます。

ちなみに、平成へいせい23年6月には、

藤原宮跡ふじわらきゅうせきからの大和三山やまとさんざんの稜線の眺めが、「重要眺望景観じゅうようちょうぼうけいかん」に指定。絶好の眺望スポットとして、古代ロマンと合わせてチェックされてください。

オススメは、春と秋。醍醐池だいごいけ周辺は、桜並木になってますので、めっちゃキレイ。秋は秋でコスモス畑が広がります。

 

まとめ

藤原宮跡

奈良なら橿原かしはら市にある、藤原宮ふじわらのみやの跡地。

「日本」という国の土台が創られた場所であり、

日本初の本格的な宮城きゅうじょう都市として建設された、激しくゴイスーなスポット。

当サイト的には、

日本神話編纂へんさんの現場として、激しくオススメさせていただきたい場所

神話ファンなら鉄板のビジットスポットであります。

橿原かしはら市が誇る最高の神話ロマン発生地帯「藤原宮跡ふじわらきゅうせき」。周辺施設や跡地と合わせてチェックされてください。

 

藤原宮跡へのアクセス

さて、ここからは

藤原宮ふじわらのみやへのアクセス方法をさらっと。

藤原宮跡への車でのアクセス

藤原宮跡ふじわらきゅうせきへ行くのは、車が一番。

南阪奈みなみはんな道路→大和高田やまとたかだバイパスから国道165号へ。

バイパス降りてから5分ちょっとで宮跡きゅうせき駐車場に到着。

藤原宮跡への電車&バスでのアクセス

電車&バスの場合は、

近鉄大阪線「大和八木やまとやぎ駅」利用。

コミュニティバスで4つ目「橿原市藤原京資料室前かしはらしふじわらきょうしりょうしつまえ」で下車。約20分ほどです。

藤原宮跡への徒歩でのアクセス

徒歩でも行けます。

最寄りは、

JR桜井線「畝傍うねび駅」、近鉄大阪線「耳成みみなし駅」、近鉄橿原線「畝傍御陵前うねびごりょうまえ駅」。

オススメは、

近鉄橿原線「橿原神宮前かしはらじんぐうまえ駅」下車→藤原宮跡ふじわらきゅうせき天香久山あまのかぐやま→近鉄大阪線「耳成みみなし駅」といった一日散策ルート。

 

この記事を読まれたアナタ!絶対コレを読んでお帰りください!必読です!

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝 ~天地開闢と三柱の神の化生~

04/15/2018

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

そして、当然、コチラに行かれてください!

橿原神宮|日本建国の地!初代「神武天皇」が即位した地「橿原神宮」を徹底解説!

01/18/2016

さらに!

御代替りとは?日本神話に根ざす御代替りの全貌を徹底解説!

10/20/2019

是非!

 

藤原宮跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とも

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他