明太牛たん丼|辛子明太子と牛たんのハーモニー?異色の取り合わせは確かに博多の街の雑多な風を感じるような気がした件|1150円|羽田空港お弁当

「明太牛たん丼」は羽田空港第二ビル、いつものARTDELIでゲットしたお弁当。

明太子と牛タン???

なんだそれは!?

博多では当たり前なのか!?

 

ということで、疑問と興味先行で手を伸ばしてしまった一品。

これはアリなのか!?

是非おしえていただければと思います。

 

明太牛たん丼|辛子明太子と牛たんのハーモニー?異色の取り合わせは確かに博多の街の雑多な風を感じるような気がした件|羽田空港お弁当

ゲットした場所

いつもの羽田空港第二ビル

Bゲート

IMG_5255 (800x600)

からの

ARTDELI!

IMG_5256 (800x600)

相当好きだね。

明太牛たん丼 (2)

▲高級感のある外装です。でも、その実態は「明太子と牛たん」。。。 税込1150円!

 

お弁当の中身

明太牛たん丼 (8)

▲機内にて。どーんと迫力のある風情。

それではオープンです!

明太牛たん丼 (10) 明太牛たん丼 (11)

▲おー!こ、これが、明太牛たん。。。めんたいぎゅうたん!

 

明太牛たん丼 (12)

▲明太アップ!てらってらですな!

 

明太牛たん丼 (13)

▲牛タンアップ!こちらも、てらってら!

 

明太牛たん丼 (15)

▲牛たん越しに明太子を眺めてみる

 

ヒマか?

 

では、いざ実食!

明太牛たん丼 (17)

▲まずは牛タンから!明太子からだと全部メンタイコになっちゃうからな!

 

うん、牛タンだね。

 

次!

 

明太牛たん丼 (19)

▲メンタイコ! 機内でめっちゃメンタイ臭! 周りの皆様、申し訳ございませんでした。

 

うん、メンタイコ。

次!

 

明太子と牛タンを一緒に食べてみて、、、

 

なんだかよく分からない味。。。(;・∀・)

中身は、

  • 牛タン焼
  • 辛子明太子
  • 玉子焼き
  • 金平牛蒡
  • 高菜醤油漬

麦入りご飯。。。気づかなかった。。。汗

 

とかなんとか言いながら

 

明太牛たん丼 (1)

ごちそうさまでした! ←完食しとる

 

感想(勝手にチェック結果)

勝手にこんな指標でチェック。仕事柄。ビョーキみたいなものです。

栄養バランスが良い 2
ボリュームたっぷり 4
ネーミング・コンセプトとの一貫性を感じる 5
コピーと価格の整合性が取れてる(煽り過ぎてない) 3
コストに対するパフォーマンスが良い 3
コダワリとか想い入れとか愛とか 3
合計 20

※[5]すばらしい、[4]良い、[3]普通、[2]課題有、[1]全然ダメ

ということで、総合評価、達成率66.7%であります。

うーん、これは好みの世界やね。最後までよく分からない感じでフィニッシュしました。

たいめいけん ハンバーグ弁当 羽田空港お弁当 (27)

 

まとめ

明太牛たん丼

明太子と牛タンの異色のとりあわせ。

牛タン焼は、冷たくなってしまうとやっぱり微妙な感じ否めず。これは加工方法ではなく素材選択の話。

ご当地自慢は分かりますが、牛タンなのかな?

ま、でも九州博多の街の雰囲気は確かにこんな感じの雑多な風なので、ご当地的にはいいのかもしれません。。。

しかし、最終的に辛子明太子と高菜の印象が強く残るお弁当でした。

 

 

こちらの記事もどうぞ。旅とお弁当のお供に日本神話がオススメです。

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

2016.01.13

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08

 

こちらもスル―禁止!お弁当シリーズまとめ!

羽田空港のオススメ弁当(空弁)15選!空港利用者に告ぐ!これが羽田空港でゲットできる弁当(空弁)たちだ!

2016.06.06

東京駅のオススメ弁当(駅弁)10選!東京駅利用者に告ぐ!実食結果を独自指標でランキング化してまとめてみた!

2016.06.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。