たこつぼ|昔懐かし&ボリュームの明石焼きがウマすぎる!上品でやさしいダシ汁で心身ともにほっこりできた件

「たこつぼ」さんは石切参道商店街にある老舗明石焼き料理屋さん。

休日の昼時になると行列もできる人気な明石焼き。

昔懐かしの味をいただけるお店ということで前のめりでご紹介いたします。

 

たこつぼ|昔懐かし&ボリュームの明石焼きがウマすぎる!上品でやさしいダシ汁で心身ともにほっこりできた件

場所はコチラ

大阪府東大阪市東石切町 2-7-36

石切神社から徒歩5分くらい。近鉄奈良線「石切駅」からは徒歩10分くらいでしょうか。石切参道商店街の中間くらいにあります。

石切商店街(石切駅~新石切駅) (65) (1024x768)

▲日曜日のお昼どき。行列できてるやん!

 

石切商店街(石切駅~新石切駅) (48) (1024x768)

▲外から見える明石焼き現場。おじいちゃん・おばあちゃんが熟練の技で明石焼きを焼いてくれはります。

 

石切商店街(石切駅~新石切駅) (51) (1024x768)

▲店内はこんな感じで、奥に座敷もあります。小さいお子さん連れも安心。

 

石切商店街(石切駅~新石切駅) (52) (1024x768)

▲見てください!このシンプルさ!潔い(いさぎよい)感じ!

石切商店街(石切駅~新石切駅) (53) (1024x768)

 

迷わず「明石焼きください!」

と、

いうことで。

石切商店街(石切駅~新石切駅) (54) (1024x768)

▲うわー!めっちゃおいしそー!(゚∀゚)

 

石切商店街(石切駅~新石切駅) (55) (1024x768)

▲このふわふわな感じ。ボリューミーな感じ。サイコーだ!

 

石切商店街(石切駅~新石切駅) (57) (1024x768)

▲ダシ汁はいってるたこつぼ。いいじゃない!

 

石切商店街(石切駅~新石切駅) (58) (1024x768) 石切商店街(石切駅~新石切駅) (59) (1024x768)

▲いやー、もうサイコーです!

 

石切商店街(石切駅~新石切駅) (61) (1024x768)

▲箸を入れるとふわっと広がる!なんやこのふんわり感!?

 

お味はもう、ほんと美味しいの一言。昔懐かしい感じ、やさしい感じを遺憾なく発揮しておりました。

石切商店街(石切駅~新石切駅) (62) (1024x768)

▲どないすんねん? あと一個やんけ。。。

 

ということで、

石切商店街(石切駅~新石切駅) (63) (1024x768)

ごちそうさまでした!

 

至福。。。

これは、ホントいいですね。幸せな気持ちになれる。。。なんてステキなんだ!明石焼き!たこつぼ!

 

まとめ

たこつぼ

石切参道商店街にある老舗明石焼き料理屋さんで、休日の昼時になると行列必死の人気ぶり。

上品なだし汁に浮かぶ昔懐かしの明石焼きは、ふんわり美味!石切参道商店街にお立ち寄りの際は是非お試しください!オススメです。

 

たこつぼ

住所:大阪府東大阪市東石切町 2-7-36

大阪府東大阪市東石切町 2-7-36

石切神社から徒歩5分くらい。近鉄奈良線「石切駅」からは徒歩10分くらい。石切参道商店街の中間くらいにあります。

電話:072-982-1390

定休日:9日、19日、29日

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー

石切劔箭神社|「いしきりさん」でお百度参り。腫れ物・病気に効能ご利益で有名な石切劔箭神社は篤い信仰が息づいてます。

2016.02.06

石切参道商店街|石切駅から石切劔箭神社へ続く参道は、懐かしくてあったか~い商店街だった件

2016.02.07

さらに!せんべい、明石焼きと旅のお供に日本神話がオススメです。

分かる!神武東征神話|神武の生い立ち|天照大神の第五世代 子孫(来孫・らいそん))であり、海神の孫でもある件

2016.01.20

日本神話を読み解く|天地開闢まとめ 『日本書紀』第一段本伝からポイントをわかりやすくまとめました(語訳付き)

2016.01.07

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

2016.01.08


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。