日本神話風「おせち料理レシピ」|「年神様」を迎えて、家族みんなの1年の無事と幸せを願う行事だからこそ、海の幸・山の幸を揃えよう。

 

お正月と言えば「おせち料理」。各地域、各家庭でいろいろなレシピがあると思います。

其の中で、このサイトならではの「日本神話風おせち料理レシピ」をご紹介。

「レシピ」と言っても、神話の時代で、しかも神様の料理なので細かい内容はありませんが、ココは外せない!というポイントがありますので、それをご紹介したいと思います。

 

日本神話風「おせち料理レシピ」|「年神様」を迎えて、家族みんなの1年の無事と幸せを願う行事だからこそ、海の幸・山の幸を揃えよう。

おせち料理とは、年神様を迎え新年をお祝いする料理

そもそも「お正月」というのは、

新年に各家庭にやって来る「年神様」を迎えて、家族みんなの1年の無事と幸せを願う行事。

「年神様」は「歳徳神としとくじん」とも言われ、新年の豊作をもたらし、子孫の繁栄を見守ってくれる神様です。その「年神様」を迎え、お供えをしてから家族でいただくお祝いの料理が「おせち料理」という訳ですね。

さて、

これからご紹介する神話レシピですが、もちろん、神話の時代に「お正月」はありません。

ですが、「おせち料理」に相当する「料理レシピ」が記載されている箇所があるのです。しかも、「(天上の)神様をお迎えして、宴を催す」という、まさにお正月の「お迎え」の意味と同じ場面。

そこから、日本神話が教えてくれる「おせち料理レシピ」のポイントを見てみましょう。

 

海の幸・山の幸をたくさん揃えよう

『日本書紀』第五段(一書の第十一)より。

こんな場面があります。神話の物語なので少しお付き合いください。

伊弉諾尊(いざなきのみこと♂)が、自分が生んだ3神(天照大神、月夜見尊、素戔嗚尊)に対して、彼らが治めるべき・統治すべきところを指示する場面です。

  • 伊弉諾尊いざなきのみことは「天照大神は、高天原を治めよ。月夜見尊つくよみのみことは、日と並んで天を治めよ。素戔鳴尊は、海原を治めよ」と命じた。
  • すでに天照大神は天上にあって、「葦原中国あしはらのなかつくに保食神うけもちのかみがいると聞く。月夜見尊よ、行って見ておいで」と言った。
  • 月夜見尊は、その勅命を受けて地上へ降り、そして保食神のところへ行った。
  • 保食神は陸に向かって口から「飯」を出し、また、海に向かって大小様々な「魚」を出し、また、山に向かって大小様々な「動物」を口から出した。それらのありとあらゆる品物を、数えきれないほどたくさんの机に積み上げ、最高の出迎えの儀礼で饗応した。

と。

いかがでしょうか?

天上から、天神あまつかみである「月夜見尊」が、地上の葦原中國にやってきます。そこで、国神くにつかみである「保食神」は最高の出迎えの儀礼でもって饗応する訳ですね。

ま、その方法が、

  • 陸に向かって口から「飯」を出し、
  • また、海に向かって大小様々な「魚」を出し、
  • また、山に向かって大小様々な「動物」を口から出した。
  • それらのありとあらゆる品物を、数えきれないほどたくさんの机に積み上げた

とのことで、

特に、口から出した。。。って(;゚д゚)ゴクリ

 

国神くにつかみ」からすると「天神あまつかみ」はそれこそ「雲の上のような神」。尊さランキングで別格の存在であります。

そんな尊い天神である「月夜見尊つくよみのみこと」をもてなすため、保食神(うけもちのかみ)は

  1. ご飯
  2. 大小様々な「魚」・・・海の幸
  3. 大小様々な「動物」・・・山の幸

を、かぞえきれないくらいたくさん料理として用意した、という事ですね。

これが、神様をお迎えする「料理レシピ」です。

 

ご飯と海の幸・山の幸を、できる限りたくさん揃える事。

日本神話風の「おもてなし作法」ですね。

 

一般的な「おせち料理」と比較

ということで、一般的に言われる料理レシピと比べてみましょう。

一般的には以下の通り。

【おせちレシピ】

・「黒豆」:子孫繁栄、五穀豊穣、黒く日焼けするほど健康で達者(まめ)に働けるようにとの意味

・「数の子」:ニシンの子で「二親顕在」の意味に通じ、子宝に恵まれるようにとの意味。子孫繁栄を願う。

・「田作り(ごまめ)」:五穀豊穣を祈って「五万米」の字をあて、田の肥料として撒いた事から田作りとも呼ばれる。

・「紅白かまぼこ」:かまぼこは「日の出」を象徴。紅白は平安を意味し、紅はめでたさと喜び、白は神聖を表す。

・「栗きんとん」:「金団」と書き、金銀財宝に恵まれるようにと黄金に見立てた料理。栗は「勝ち栗」に通じる縁起もの。

補足
基本となる「三つ肴(みつざかな)」は「一の重」に、関東では数の子・黒豆・田作り、関西では黒豆がたたきごぼうになります。料理には一つひとつに健康長寿・子孫繁栄などの意味が込められていて、食べる事で一年の幸せと無事を祈ります。

さて、

これまでご紹介した日本神話レシピを踏まえると、上記内容では足りない事が分かりますね。

つまり、「山の幸」。特に「大小さまざまな動物」、肉料理です。

是非、新年のおせち料理は

日本神話が伝えるレシピのポイントを追加してみてください。

「ご飯」の他に「海の幸・山の幸」。

それをできる限りたくさん用意して「年神様」をお迎えしましょう。

きっと良い年になるに違いありません。ご利益間違いなし。

 

まとめ

日本神話風おせち料理

  • 日本神話が伝えるお迎えの料理レシピは「ご飯」の他、「海の幸・山の幸」。
  • できる限りたくさん用意して「年神様」をお迎えしましょう。そうする事で運気アップ。
  • 家族みんなでおせち料理を囲んで、1年の無事と幸せを願いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。