簡単!しかも効果あり!「大祓」で心と体の大掃除をしよう

 

1年のなかで6月と12月になると、全国の神社で「大祓(おおはらえ)」という神事が行われます。

大祓おおはらえ」は、日常の中で付着する穢れや災い、もしくは犯した罪や過ちなどを祓い、清める儀式。

年2回行われていて、6月と12月。

6月は夏を越えていくので「夏越なごしの祓」、12月は年越しなので「年越の大祓」と呼ばれてます。

年2回、心身の大掃除。

半年の間にやってしまった過ちは全てリセット、再び元気な状態でスタートしよう、というなんとも前向きな神事。今回はそんな大祓の概要をご紹介します!

 

簡単!しかも効果あり!「大祓」で心と体の大掃除をしよう

大祓とは?

大祓の茅の輪

まずは「大祓(おおはらえ)」とは何か?をご紹介。

大祓とは、日常の中で付着する穢れや災い、もしくは犯した罪や過ちなどを祓い、清める儀式です。

年2回行われていて、6月と12月。

6月は夏を越えていくので「夏越なごしの祓」、
12月は年越しなので「年越の大祓」と呼ばれてます。

ちなみに、新年の初詣ですが、実は旧年12月のうちに大祓を済ませ、心身ともにキレイになったうえで神社に詣でるのが〇。

ま、年2回、心身の大掃除をしましょうと、それが大祓であり、半年の間にやってしまった過ちは全てリセット、再び元気な状態でスタートしよう、というなんとも前向きなイベントという訳です。

 

大祓の方法

とても簡単。

一般的には、神社で配られる「形代かたしろ」で心身を清めます。

「形代」は、人の形をしていて、和紙でつくられてます。要は、自分の分身、身代わりですね。この「形代」に、自分に代わって穢れや罪を清めてもらう、という訳。

大祓の人形のご案内

▲こちら、住吉大社の大祓「人形」。住吉大社の御祭神は祓え清めパワーが超絶です(神話的に)。

一般的には、

  1. 「形代」に、自分の名前や年齢を書く
  2. その「形代」で体のあちこちを撫でて、体に付着した穢れを移す
  3. 最後に、息を吹きかけて、心の穢れとあわせて自分の身代わりとする

すると、あら不思議、「形代」に自分の穢れや罪が移されます。

で、この「形代」を神社で清めてもらいます。

これで、半年の間の「やっちまったな!」的なことが全てリセットされるのです!

簡単すぎる!!!

 

6月には「茅の輪くぐり」

▲こちら丹生川上神社の茅の輪。

6月の「夏越の祓」になると、「茅(ちがや)」を編んでつくった大きな「茅の輪ちのわ」が登場。多くは神社の参道に設置されます。

要は、

これをくぐれば心身ともにキレイになると同時に、悪霊退散・疫病退散といった効果がある

という訳です。

その昔、夏場は暑さで体力が落ち、疫病の流行が恐れられていました。

そこで、「茅の輪を腰につけていれば疫病にかからない」という「蘇民将来そみんしょうらい」の伝説にちなんで、茅の輪くぐりが行われていた、という訳。

この「蘇民将来」の伝説、『備後国風土記』逸文にあります。

簡単に言うと、

①ある村に、お金持ちの「巨旦将来こたんしょうらい」と貧しい「蘇民将来そみんしょうらい」の二人がいました。

②ある夜、「武塔神むとうしん」なる神様が一夜の宿を求めてきました。

③お金持ちの「巨旦将来こたんしょうらい」は断り、貧しい「蘇民将来そみんしょうらい」は宿を貸してあげた。この時、「蘇民将来そみんしょうらい」は「武塔神むとうしん」から「茅の輪」をつける事を教わります。

④その後、村に疫病が大流行。茅の輪をつけていた「蘇民将来そみんしょうらい」は疫病から逃れ、「巨旦将来こたんしょうらい」は死んでしまいます。

⑤その後、再び「武塔神むとうしん」が現れ、自分は「須佐之男命すさのおのみこと」である事、そして「腰に茅の輪を付けていれば疫病にかからない」と教えてくれました。

語句解説
「茅(ちがや)」はイネ科の植物で、葉先がとがっていて「矛」に似ています。なので、茅は悪霊を取り除くとされていた事が背景にあるようです。

この「茅の輪を腰につけていれば疫病にかからない」という伝承が全国に広まっていき、時代を経て今のような形になった次第。

それにしても、「須佐之男命すさのおのみこと」が絡んでいたなんて、、、

須佐之男命すさのおのみこと」はもとはといえば、人間に害悪を与える凶悪な神。だからこそ、疫病から逃れる方法も知っていた訳ですね。元をたどれば日本神話に行きつく。めっちゃオモロー!ですね。

 

日本神話では、「穢れたら祓う」

と、いうことで、このような現代の「大祓」。辿っていくと日本神話にいきつく訳ですが、、

実は、日本神話では、現在行われているような「定期的に祓う」という考え方はありません。

日本神話的には、
「穢れたら祓えばいい」のです。

伊弉諾尊いざなきのみこと(♂)が、黄泉よみ=死の穢れを取り除くため、

筑紫日向小戸橘之樟原つくしのひむかのおどのたちばなのあはぎはら」で身を濯いだ神話が「みそぎはらい」の起源ですが、

これは、まさに「死の穢れが付着したから祓った」という事。つまり、祓いを行うのは、何かしらの穢れが身に付着したときだけ。

なので、日本神話的にいけば、

「穢れている場合は、祓ってもらいましょう」という事になります。

もし、自分が良い状態・アゲアゲの状態にあるなら、特に祓う必要はありません。

もし、良くない状態にある、または過去に「いろいろやっちまった」という事であれば祓ってもらいましょう。

実際、「定期的に祓う形」になったのは、平安時代以降。

これには、「藤原摂関政治=秩序と安定が最重要視された事」があります。定期的に祓うという「周期」と「儀式」を作り出すことで穢れをできる限り除去しようとした訳ですね。

ま、

このあたりは、人それぞれの考え方かと思いますので、その中での「大祓」の活用でよろしいかと思います。

個人的には、「祓うとキレイになれる」というのは日本独特の考え方であり、

どんな人でも、「祓う」だけで、これまでの穢れや罪といったネガティブな要素が消えて無くなるというのは、とてもオープンで清々しいと思っています。

つまり、「神様は人を問わない」って事。

なので、

年2回、「大祓」を通じて
気持ちが少しでも晴れやかに、前向きになれるのであれば、この機会を活用すべきかと。

とくに、大みそかとか、家の大掃除とあわせて、自分の心と体の大掃除もいいと思います♪

 

まとめ

  • 「大祓(おおはらえ)」は、日常の中で付着する穢れや災い、もしくは犯した罪や過ちなどを祓い、清めるものです。
  • 年2回開催。6月は夏「夏越(なごし)の祓」で「茅の輪くぐり」が有名。12月は「年越しの大祓」。
  • これまでの穢れや「やっちまったな!」的過ちは全てリセット。気分一新。再び元気な状態でスタートできます♪

 

こちらの記事もどうぞ。オススメ関連エントリー。

天地開闢とは?『日本書紀』『古事記』が伝える日本神話的天地開闢の全てを語ろうと思う

01/07/2016

神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016

『日本書紀』と『古事記』の違いに見る「日本神話」の豊かさとか奥ゆかしさとか

01/08/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他