ヨネスケのこだわり天むす|5種類の天むすが楽しめる楽しい一品。ヨネスケがプロデュースするこだわりの天むすが美味なお弁当|羽田空港のお弁当|669円

 

「ヨネスケのこだわり天むす」は、千葉県市原市出身の落語家でタレントの「ヨネスケ氏」プロデュースのお弁当。

数ある空弁の中でもタレント全面押しのお弁当はコレだけ、というレアなポジショニングを確保しております。

中身は、5種類の天むすが楽しめる内容で、それぞれ個性的な味を楽しめます。そうは言っても天むすなんですけどね。

今回は、そんなヨネスケさんがプロデュースしたんだからきっと美味しいだろうお弁当をご紹介です。

 

ヨネスケのこだわり天むす|5種類の天むすが楽しめる楽しい一品。ヨネスケがプロデュースするこだわりの天むすが美味なお弁当

ゲットした場所

いつもの羽田空港第二ビル

Bゲート

IMG_5255 (800x600)

からの

ARTDELI!

IMG_5256 (800x600)

相当好きだね。

s__6242330

▲お店の外の目立つところに陳列。ヨネスケさん、「こだわり天むす」に飽き足らず、「ロースカツサンド&天むす」も出されたようです。流石商売上手でございます。

 

s__6242333

▲2015年モンドセレクションの銀賞受賞とのことで、スゲーっす。それが620円(税込み669円)カモン!

さっそく、機内で、、、

オープン!!!

%e3%83%a8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e5%a4%a9%e3%82%80%e3%81%99-2

▲って、外装と同じ図柄が中にも! こだわり天むすは分かったから! チラシみたいな紙が中に入っておりまして、どんだけのこだわりかを存分に説明してくれる訳です。

 

%e3%83%a8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e5%a4%a9%e3%82%80%e3%81%99-3

▲ヨネスケさん登場。落語もマエセツが大事ということで、もったいぶりながら期待感を高めてくれるわけですね。

 

お弁当の中身

%e3%83%a8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e5%a4%a9%e3%82%80%e3%81%99-5

つくだ煮が、やや散らばっておりますが、一口サイズの天むすが5つ並んでおります!

コンテンツは以下。

  • ほたて天むす:ほのかに香る「ゆず」と「青のり」
  • えび天むす:ぷりぷりのえび天
  • えび胡椒天むす:特製天つゆジュレとスパイシーな黒胡椒
  • れんこん天むす:しゃきしゃきれんこん天しょうが風味
  • とり天むす:梅ペーストの隠し味

一つひとつ確認してまいりましょう。

ほたて天むす:ほのかに香る「ゆず」と「青のり」

%e3%83%a8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e5%a4%a9%e3%82%80%e3%81%99-10

お気づきになりましたか。ほのかに香る「ゆず」と「青のり」がベストマッチング。こだわりの隠し味です。

とのことでしたが、ま、確かにゆずの香りがいたしました。ま、フツーに美味しいです。

手軽に天むす、意外にイイかも!

 

えび天むす:ぷりぷりのえび天

%e3%83%a8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e5%a4%a9%e3%82%80%e3%81%99-12

ぷりぷりのえび天と心地よいごはん加減。お口いっぱいにうまさ広がる恵比寿顔。

とのことですが、こちらも、ま、フツーに美味しいです。

 

えび胡椒天むす:特製天つゆジュレとスパイシーな黒胡椒

%e3%83%a8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e5%a4%a9%e3%82%80%e3%81%99-6

特製「天つゆジュレ」と黒胡椒の相性が抜群です。

とのことですが、黒胡椒がもうちょっと効いててもいいかなと、、ま、フツーに美味しいです。

 

れんこん天むす:しゃきしゃきれんこん天しょうが風味

%e3%83%a8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e5%a4%a9%e3%82%80%e3%81%99-11

しょうがの風味でさっぱりといただけます。「先を見通す」縁起もの。皆々さまにご多幸あれ。

とのことですが、ま、生姜はホントに風味と言った感じで、ま、フツーに美味しいと思います。

 

とり天むす:梅ペーストの隠し味

%e3%83%a8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e5%a4%a9%e3%82%80%e3%81%99-7

やわらかいとりのささみ肉に隠し味の梅ペーストが旨味と酸味を引き立てます。お気に入りの一品です。

とのことですが、ま、こちらが個人的には一番美味しいと感じました。

と、

いうことで、

%e3%83%a8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e5%a4%a9%e3%82%80%e3%81%99-1

ごちそうさまでした!!!!

5つの天むす、あっという間に完食です!

ということで、参りましょう。

恒例の。

感想

勝手にこんな指標でチェック。仕事柄、こんなのが出てきてしまうのです。

栄養バランスが良い 3
ボリュームたっぷり 3
ネーミング・コンセプトとの一貫性を感じる 4
コピーと価格の整合性が取れてる(煽り過ぎてない) 4
コストに対するパフォーマンスが良い 4
コダワリとか想い入れとか愛とか 4
合計 22

※[5]すばらしい、[4]良い、[3]普通、[2]課題有、[1]全然ダメ

ということで、総合評価、達成率73.333%であります!

ま、なんというか、無難な感じのお弁当という感じかなと。「空弁・駅弁を食べつくしたヨネスケ」というコピーが事前期待を上げてしまっていたからかもしれません。。。(;´・ω・) 食べつくしてきたんなら、もうちょっとなんかあるでしょ?とツッコみたくなるのをぐっとこらえてフィニッシュでした。ま、この辺は是非皆さんもご自身でお確かめの上で。

IMG_8747 (1024x768)

 

まとめ

ヨネスケのこだわり天むす

千葉県市原市出身の落語家でタレントの「ヨネスケ氏」プロデュースのお弁当。

数ある空弁の中でもタレント全面押しのお弁当はコレだけ、というレアなポジショニングを確保しております。中身は、5種類の天むすが楽しめる内容で、それぞれ個性的な味を楽しめます。ま、そうは言っても、最初から最後まで天むすなんですけどね。

「空弁・駅弁を食べつくしたヨネスケ」さんがプロデュースしたんだからきっと美味しいだろう、というこで期待感が膨らみますが、中身のほどは是非ご自身でチェックされてください。

 

弁当と神社好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮|天照大神を祭る日本最高峰の宮!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

09/28/2016

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

10/23/2016

橿原神宮|日本建国の地!初代「神武天皇」が即位した地「橿原神宮」を徹底解説!

01/18/2016

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

05/06/2016

こちらもスル―禁止!お弁当シリーズまとめ!

羽田空港のオススメ弁当(空弁)15選!空港利用者に告ぐ!これが羽田空港でゲットできる弁当(空弁)たちだ!

06/06/2016

東京駅のオススメ弁当(駅弁)10選!東京駅利用者に告ぐ!実食結果を独自指標でランキング化してまとめてみた!

06/06/2016

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

とも

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他