たいめいけん洋食やポークジンジャー重|昭和6年創業の老舗洋食屋さんがつくるポーク肉が美味!肉厚のポークがお弁当全体にのさばる感じでインパクト大なお弁当。|980円

 

「たいめいけん洋食やポークジンジャー重」は、東京は日本橋にある洋食屋「たいめいけん」さんプロデュースのお弁当。

「たいめいけん」さんは、昭和6年創業の洋食屋さん。1階は洋食レストラン、2階は本格・高級洋食レストランといった構成で、昭和の時代からずっと洋食の味を守り続けてこられたお店です。

目立つ黄色のカラーが印象的なポークジンジャー重の中身は、肉厚のポークさんがお弁当全体にのさばる感じで胸を熱くしてくれる内容になっております。

今回は、そんな老舗洋食屋さんが繰り出す「ポークジンジャー!」弁当をご紹介です。

 

たいめいけん洋食やポークジンジャー重|昭和6年創業の老舗洋食屋さんがつくるポーク肉が美味!肉厚のポークがお弁当全体にのさばる感じでインパクト大なお弁当。

ゲットした場所

場所は、羽田空港Bゲート

IMG_5255 (800x600)

からの

IMG_5256 (800x600)

ARTDELI!

からの

ポークジンジャー重!m9( ゚Д゚) ドーン

 

お弁当の中身

コンテンツは以下の通り。

  • 白飯(国産)
  • 豚肉&ジンジャーソース&ソテーオニオン
  • ナポリタンスパゲッティ
  • 玉子焼き
  • しば漬け

 

▲見てください!この圧倒的にのさばるポーク!!!態度デカすぎだ!

 

▲洋食屋さんならではの、スパゲティがうれしい。。。( TДT) 炭水化物に炭水化物のオカズ攻撃であります。

それでは、、、

いただきます!

って、(゚д゚)ウマー

 

そして、

うん、フツーのスパゲティだね。

 

これでどうだ!三枚重ね!

 

って、

(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー

 

あっという間に、、、

ごちそうさまでした!

 

と、いうことで、いきましょう。

恒例の。

感想(勝手にチェック結果)

勝手にこんな指標でチェック。仕事柄。ビョーキみたいなものです。

栄養バランスが良い(肉・魚系と野菜) 3
ボリュームたっぷり 4
ネーミング・コンセプトとの一貫性を感じる 4
コピーと価格の整合性が取れてる(煽り過ぎてない) 4
コストに対するパフォーマンスが良い 4
コダワリとか想い入れとか愛とか 4
合計 23

※[5]すばらしい、[4]良い、[3]普通、[2]課題有、[1]全然ダメ

ということで、総合評価、達成率76.7%であります。

うーん。。。ちょっと厳しめな感じに出ましたか?もしかすると、ハンバーグ弁当の記憶が基準になってしまったから、かもしれません。。ポークジンジャー、、、名前はオモシロいんだけど、やっぱり豚肉は冷えるとカタめになるしぱさぱさ感がでてきちゃいますよね、、、この課題をどう解決するかが今後の、、、って、このあたりは実際に試してみていただければと。

 

まとめ

「たいめいけん洋食やポークジンジャー重」

東京は日本橋にある洋食屋「たいめいけん」さんプロデュースのお弁当。

「たいめいけん」さんは、昭和6年創業の洋食屋さん。1階は洋食レストラン、2階は本格・高級洋食レストランといった構成。昭和の時代からずっと洋食の味を守り続けてこられたお店です。

目立つ黄色のカラーが印象的なポークジンジャー重の中身は、肉厚のポークさんがお弁当全体にのさばる感じで胸を熱くしてくれる内容。是非チェックされてください!

 

羽田空港のお弁当はコチラでまとめてます!是非!

羽田空港のオススメ弁当(空弁)15選!空港利用者に告ぐ!これが羽田空港でゲットできる弁当(空弁)たちだ!

2016.06.06

 

弁当と神社好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮|日本神話から伊勢神宮を紐解く!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本建国の地!日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。