尊卑先後の序|日本神話を貫く超重要な原理原則!世界の創生当初から存在する原理的次序で、天→地→神という成りたちを導きます。荘子(外篇、天道第十三)

 

日本神話を読み解くにあたってのポイントを個別にまとめてお届けします。

今回は、「尊卑先後そんぴせんごじょ」。

コチラ、特に『日本書紀』の伝える日本神話を読み解くにあたって避けて通れない超重要テーマ。

この世界の創生当初から存在する原理的次序で、これが天→地→神という成りたちを導いた、というもの。

そんな内容をお届けします。是非チェックされてください。

 

尊卑先後の序|日本神話を貫く超重要な原理原則!世界の創生当初から存在する原理的次序で、天→地→神という成りたちを導きます。荘子(外篇、天道第十三)

尊卑先後の序とは?

尊卑先後そんぴせんごじょ」とは、『荘子そうじ(外篇、天道第十三)』に伝える、「原理げんり的順序」のこと。

ちょっとややこしいですが、

荘子そうじ』は、紀元前の中国道教どうきょうの思想家「荘子そうし」さんの思想をまとめた書物の名前。

荘子そうし」さんは、紀元前300年前後に生きたお方で、「道教の始祖の一人」とされる偉ーい偉いお方です。

道教、、、

いつかどっかで教わった、、、社会の時間?

道教は、「中国の三大宗教」といわれる、儒教、仏教、道教、の一つ。で、荘子さんは、その始祖の一人とされてる訳で、超絶スゴイお方なんす。

で、

その思想は、哲学界隈では有名な「無為自然むいしぜん」という言葉に集約されます。

ものすごく簡単に言うと、自然のままに、あるがままに、、、

とにもかくにも俗世間を離れ、無為の世界に生きる、それこそが人間の自然であるといった感じの考え方で。

著書とされる『荘子そうじ』は、内篇7篇、外篇15篇、雑篇11篇もの構成。

全33篇ですよ、、、すごいボリュウミィ。どこが無為自然やねん、どんだけ語りたいねん、という感じですが。

それはさておき、

この『荘子そうじ』の中に、「尊卑先後そんぴせんごじょ」が登場。道教思想の根本理論。当時の最先端自然観、宇宙観といったところ。

以下、重要なところを抜粋。段落分けしてます。

人倫の関係から自然の運行の実例、そして、これらに先後や尊卑の順序があることを説いてます。

(一)    君先而臣従、父先而子従、兄先而弟従、長先而少従、男先而女従、夫先而婦従。

君主は先だち臣下は従い、父は先だち子は従い、兄は先だち弟は従い、年長者は先だち年少者は従い、男は先だち女は従い、夫は先だち妻は従うものである。

 

(二)    夫尊卑先後、天地之行也。故聖人取象焉。天尊地卑、神明之位也。春夏先、秋冬後、四時之序也。

このように、尊いものが先だち、卑しいものがあとに従うのは、天地の運行の法則にもとづくものである。だから 聖人もこの天地自然の法則にかたどって、人間社会の序列を定めたのである。天が尊く、地が卑しいのは、天地という霊妙なものにあらわれた自然の位階である。春夏が先だち、秋冬があとになるのは、四季にあらわれた順序である。万物の変化生成についてみても、植物の芽に曲直の形のちがいがあり、あるいはその生成の過程に盛衰の差別があるのは、すべて自然の変化の流れにもとづくものであり、自然の序列のあらわれである。

 

(三)    夫天地至神而有尊卑先後之序、而況人道乎。

このように、すぐれて霊妙な存在である天地にさえ、 尊卑先後の序がある、いわんや人倫の道においてをや。

出典:『荘子』(外篇、天道第十三)

 

内容を少し解説。

(一)は人倫の関係、(二)は自然の運行の実例を挙げ、これらに先後や尊卑の順序があることを説いてます。さらに、(三)で、天地至神でさえ尊卑先後の秩序があるんだから、まして人の道にはそれが当然、確固として存在することを説く流れ。

ま、現代の感覚からすると相当ぶっ飛びすぎですが、当時の、そして、道教という哲学世界での一つの考え方ということで置いといてください。ここでは、『荘子』ではそういう考え方を伝えてる、物事には順序があるんだね、というくらいで押さえていただければと思います。

ちなみに、こうした言説は、易を解説した権威ある文献『繋辞上伝』の冒頭に規定する「天尊地卑」に通じる考え方でもあって、当時の最先端自然観、それは宇宙論にも広がる壮大なスケールの理論体系なわけです。

 

日本神話を貫く「尊卑先後の序」

さて、

そんなこんなの「尊卑先後そんぴせんごじょ」。

古代日本人は、これを上手に使って、駆使して、神話の物語の中に理論体系として組み込んだ、というのをしっかりチェック。

そのまま使っても単なる真似でしかない訳で、日本独自に創意工夫。当サイトとして伝えたいのはまさにココで。私たち日本人にはそういうDNAというか、創意工夫の血というものがあるんじゃないかと思ったりします。

なんでこんなめんどくさい事を?分かりにくいことを?

だって、

『日本書紀』、日本の正史ですから、きちんとした理論体系を組み込んでおかないと説得力がないですよね。背景に「知ってるよ」というのがあるないでは、伝わり方、説得力、迫力が全然違うわけです。

こんなにすごい神話、歴史をもってるんだぜ日本、という自負を背負ってますから。

で、

まさにこの理論体系を、例えば、『日本書紀』神代紀の冒頭、第一段〔本伝〕に持ってくるわけです。最初にぶち込んでくるイメージ。

前半を締めくくる「天成而地後定」という言葉、これはまさに背景に「尊卑先後の序」という理論体系があるからこそ。同じく、第一段〔本伝〕後段の「乾道独化」も同様で。天の道は、その尊さゆえに、坤道、つまり地の道よりも先に、しかも単独で形を成す訳です。

『荘子』はじめ、当時の最先端宇宙論を知ってる人が読めば、「お、こいつ分かっとんやん♡」という反応になるわけで、見る目は変わりますよね。

リスペクトまではいかないまでも、少なくとも好印象ゲットの巻。

と、

尊卑先後そんぴせんごじょ」は日本神話を貫く超重要理論のため、切り出してお届けしましたが、『日本書紀』は万事が万事、こんな調子なんです。

他にも歴史書、哲学書、法律、易といった膨大な知の体系をもって、そこに独自の創意工夫を入れながら日本の神話として物語を編んでいってます。

その事実を、その努力を、その創意工夫を、是非知っていただきたいと思います。

 

まとめ

尊卑先後そんぴせんごじょ

『日本書紀』の伝える日本神話を読み解くにあたって避けて通れない超重要テーマ。

この世界の創生当初から存在する原理的次序で、これが天→地→神という成りたちを導いた、というもの。

元ネタは、紀元前の思想家「荘子そうし」さんの哲学をまとめた『荘子そうじ』。この外篇、天道第十三で、世界を天地を人倫をすべてに働いている「原理的順序」として登場します。道教思想の根本でもあります。

古代日本人は、これを上手に使って、駆使して、神話の物語の中に理論体系として組み込みました。

そのまま使っても単なる真似でしかない訳で、日本独自に創意工夫。ここを激しくチェックです。

知ってる人が読めば「お、こいつ分かっとんやん♡」という反応に。

『日本書紀』、日本の正史なんで、きちんとした理論体系を組み込んでおかないと説得力がない。背景に「知ってるよ」というのがあるないでは、伝わり方、説得力、迫力が全然違うわけです。

こんなにすごい神話、歴史をもってるんだぜ日本、という自負を背負ってるからこその創意工夫、是非チェックされてください。

『日本書紀』の読み解きシリーズです。コチラ、必ずチェックされてください↓

『日本書紀』巻第一(神代上)第一段 本伝 ~天地開闢と三柱の神の化生~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。