高天原(たかあまのはら)とは? 天照大神が世界を統治する至高の場!天の原からさらに高みにある高天原を分かりやすく解説!

高天原

 

日本神話に登場する、重要ワード、重要エピソードをディープに掘り下げる「日本神話解説シリーズ」。

今回は、

高天原

についてディープに解説。

コレ、天にある広大な原っぱ「あまの原」から、一段と高みにある非常に尊い原っぱのこと。

高い + てんの + 原 = 高天原たかあまのはら

「原っぱ」といってバカにしてはいけません。「原」は非常に尊い言葉で、古代、例えば「飛鳥浄御原宮」や「藤原宮」など、天子の住む宮都を建てられるくらい広大で肥沃な土地の事を言います。

「高天原」のポイントは、

世界を統治する最高神「天照大神」の君臨する場所として位置づけられている、って事。それだけ尊い。

ただ、、「高天原たかあまのはら」が実際どういう場所なのか?については、実は、『古事記』のみならず『日本書紀』においても具体的な記述はありません。、

何も伝えないまま、『古事記』では造化三神が「高天原」に成りまし、のちに、天照大御神あまてらすおおかみが統治することになる、といった感じ。『日本書紀』においても似たニュアンスです。

なので、「高天原」について理解するには、様々な文献や用例と合わせてチェックする必要があります。

今回は、そんな不思議空間「高天原」について、『日本書紀』や『古事記』といった文献をもとに、どこよりも分かりやすく解説していきます。

 

高天原(たかあまのはら)とは? 天照大神が世界を統治する至高の場!天の原からさらに高みにある高天原を分かりやすく解説!

「高天原」とは? 

まずは、「高天原」登場の現場をチェック。

どのように伝えてるか?を確認することで、「高天原」の奥ゆかしい雰囲気をつかんでいただければと。

最初に『日本書紀』からお届け。なんせ、日本の歴史書、正史ですから。

国の歴史書に「高天原」が登場するなんて、なんて奥ゆかしい国なんだ!日本!

『日本書紀』巻一(神代上)第一段 一書4

ある書はこう伝えている。天地が初めて分かれ、初めに倶に生まれた(双生の)神がいた。名を国常立尊と言う。次に国狭槌尊。またこうも伝えている。高天原たかあまのはらに生まれた神の名は、天御中主尊あまのみなかぬしのみことと言う。次に高皇産霊尊たかみむすひのみこと。次に神皇産霊尊かむみむすひのみこと

 一書曰、天地初判、始有倶生之神。号国常立尊。次国狭槌尊。又曰、高天原所生神名、曰天御中主尊。次高皇産霊尊。次神皇産霊尊。 (『日本書紀』巻一(神代上)第一段〔一書4〕より一部抜粋)

と。

ポイントは、

  • 「又曰はく」という異伝の中で「高天原たかあまのはら」が初めて登場。でも、、そもそも〔一書4〕が本伝に対する異伝。なので、異伝のなかの異伝として登場してる。
  • そうはいっても、天地開闢てんちかいびゃく伝承として伝えてるので、開闢かいびゃくの初めには「高天原」があった模様。。
  • 実は、「又曰はく」の後は『古事記』と同じ内容。『古事記』的至高神である「造化三神」が誕生した非常に尊い場として位置づけられてる。

ということで、

そうなんす。「高天原」自体は、『日本書紀』第一段の異伝である〔一書4〕、その中でも「又曰はく」という異伝の中で登場してる、つまり、、かなり本流じゃないところで初登場してるんすね。日本神話全体の中で見ると、高天原ってかなりひっそりとした登場なんす。

しかも、オモロー!なのは

『日本書紀』の第一段〔一書4〕の「又曰はく」以降が、『古事記』の冒頭表現と同じになってる。って事。早速『古事記』のほうもチェックしてみましょう。

『古事記』上巻

 天地初めておこりし時に、高天たかあまの原にりませる神の名は、天之御中主あめのみなかぬしの神。次に、高御産巣日たかみむすひの神。次に、神産巣日かみむすひの神。此の三柱みつはしらの神は、みな独神ひとりがみと成りまして、身を隠したまひき。

 天地初發之時、於高天原成神名、天之御中主神。次高御產巢日神、次神產巢日神。此三柱神者、並獨神成坐而、隱身也。 (『古事記』上巻より)

と。

同じですよね。

『日本書紀』:またこうも伝えている。高天原たかあまのはらに生まれた神の名は、天御中主尊あまのみなかぬしのみことと言う。次に高皇産霊尊たかみむすひのみこと。次に神皇産霊尊かむみむすひのみこと

『古事記』: 天地初めておこりし時に、高天たかあまの原にりませる神の名は、天之御中主あめのみなかぬし神。次に、高御産巣日たかみむすひ神。次に、神産巣日かみむすひ神。此の三柱みつはしらの神は、みな独神ひとりがみと成りまして、身を隠したまひき。

『古事記』の方は、異伝的位置づけではなく、本文の中で「高天原」を伝えてます。

いずれにしても、ポイントは、

高天原とは、天地開闢の最初から存在し、非常に尊貴な神々が誕生した、めちゃくちゃ尊い場所である

と言った点。コレ、しっかりチェック。

『日本書紀』、『古事記』いずれも、高天原の最初の登場は、尊い神が誕生した尊い場所なんだってことに集中・特化してる。とにかくそんな位置づけがされてれば良し!的な感じなんですね。

 

高天原が天照大神の統治する場所になった経緯

さて、そんなこんなで誕生した「高天原」ですが、次に登場するのは高天原の統治者を任命するシーン。

『日本書紀』では、高天原誕生からしばらくは、統治者不在の状態が続きます。第一段〔一書4〕の「又曰はく」以降に誕生した三神も、生まれた、と伝えるだけで、高天原の統治者ではない。

『古事記』は特に分かりやすくて、「造化三神」である「天之御中主あめのみなかぬし神、高御産巣日たかみむすひ神、神産巣日かみむすひ」は、誕生してすぐに身を隠してしまう訳です。

身を隠す=不在になる

なので、なんなら高天原は誰もいない状態???

と、、そんなところへ、ある日、統治者任命の「勅命」が下されることになります。

それが、『日本書紀』第五段〔一書6〕。日本神話で有名な、黄泉往来譚よみおうらいたんを伝える巻です。

黄泉から還ってきた伊奘諾尊が、死のけがれを祓うために「檍原」でみそぎをします。そのみそぎのなかで誕生するのが天照大神、月読尊、素戔嗚尊。で、伊奘諾尊はこれら三貴神に、統治領域を任命するんです。

その現場がコチラ。

 そうして後に(伊奘諾尊いざなきのみことは)左の眼を洗った。これによって神を生んだ。名を天照大神あまてらすおおみかみと言う。また右の眼を洗った。これに因って神を生んだ。名を月読尊つくよみのみことと言う。また鼻を洗った。これに因って神を生んだ。名を素戔嗚尊すさのおのみことと言う。合わせて三柱の神である。

 こういう次第で、伊奘諾尊は三柱の御子に命じて「天照大神は、高天原たかあまのはらを治めよ。月読尊は、青海原の潮が幾重にも重なっているところを治めなさい。素戔嗚尊は天下あまのしたを治めなさい。」と言った。

 然後 洗左眼 因以生神 號曰天照大神 復洗右眼 因以生神 號曰月讀尊 復洗鼻 因以生神 號曰素戔嗚尊 凡三神矣 已而伊奘諾尊 勅任三子曰 天照大神者 可以治高天原也 月讀尊者 可以治滄海原潮 之八百重也 素戔嗚尊者 可以治天下也  (『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書6より一部抜粋)

と。

ポイントは、

伊奘諾尊は「勅任」によって命じてる

てことで、、「勅任」とは律令用語。つまり、古代の法律用語。絶対命令。絶対服従の命令ですね。

『日本書紀』では、第一段〔一書4〕で登場してから第五段〔一書6〕まで、「高天原」については一切伝えておりません。その間、神代七代が誕生し、伊奘諾尊・伊奘冉尊の国生み、神生み、万物生みがありと、、、数々の神イベントが発生。で、いよいよ、天や地の統治者を誰にするか、というシーンになって再登場してる次第。

ちなみに、『古事記』も同様の伝承になってます。該当箇所が以下。

 伊耶那伎命いざなきのみことは、いた歓喜よろこんで「は子を生み生みて、生みのはてに三柱の貴い子を得た。」と仰せになって、即ち、御頚珠みくびたまの玉のがゆれ動き珠がふれあってさやかな音をたてるばかりに手に取って揺らせて天照大御神に授けて、詔して「汝命いましみことは、高天原たかまのはらを支配しなさい。」とご委任なされた。 (『古事記』上巻より一部抜粋)

『古事記』でも同様に、伊耶那岐命が「詔勅」により高天原支配を命じてますね。

まとめます。

『日本書紀』『古事記』いずれも、伊奘諾尊(伊耶那岐命)が、「勅任」によって、天照大神を高天原の統治者として任命してる。

しっかりチェック。

 

高天原と地上世界(葦原中国)との関係

  • 「高天原」誕生経緯
  • 「高天原」統治者誕生経緯

が確認できたところで、最後のポイント。

「高天原」が地上世界である「葦原中国」とどういう関係にあるのか? をチェック。

結論から言うと、

「高天原」と「葦原中国」とは一体的につながっている。

先ほど触れた通り、『古事記』冒頭では、造化三神ぞうかさんしんが「高天の原」に成りまし、のちに、「天照大御神あまてらすおおかみ」が統治することになります。

詳細はコチラで☟

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳|神名を連ねて物語る古事記の天地開闢を分かりやすく解説!

09/16/2016

そして、この「高天の原」に来訪した「須佐之男命すさのおのみこと」の乱暴な行為によって、天照大御神が「天の石屋いわや」に隠れてしまうと、「高天の原みな暗く、葦原中国あしはらのなつくにことごとくくらし」と伝えます。

ココから言えるのは、

「高天の原」と「葦原中国」とは一体的につながっている、ということ。

そして、だからこそ、

天照大御神の統治が「高天の原」のみならず世界の隅々に及んでいる

というロジックになる訳です。コレ超重要。

しっかりチェックです。

 

「高天原」の世界観 宮があり田んぼがあり養蚕所もある

世界を統治する至尊神が、都を造営して統治するに相応ふさわしい場所

それが高天原。

実際に、日本神話世界では、天照大神が世界を統治するのに相応しいものが用意されてます。

代表的なところでは

  1. 田んぼ
  2. 養蚕所・機織り殿

コレ、神話世界では、統治用三点セットというべき重要事項。

ココから、以下2点ポイント解説。

  1. 地上を支配する天皇が「宮」や「宮殿」を居所とするように、天照大神にもそれに相当する居所があることを想定
  2. 田んぼを営み、養蚕を業として行っていた

まずは、宮の話をお届け。

①地上を支配する天皇が「宮」や「宮殿」を居所とするように、天照大神にもそれに相当する居所があることを想定

まず、大前提として、

天皇と天照大神は、葦原中国と高天原で重ねられていた

この点をチェック。

天皇が地上世界(葦原中国)の統治を、天照大神が高天原で世界の統治を、それぞれ同じような形で行っていたということです。

天照大神は「勅」を発します。

例えば、第五段〔一書11〕で、高天原にいる天照大神が、弟神である月夜見尊に、地上世界にいる保食神を見に行ってこい、と「勅」を発します。

これを受けての表現がコチラ。

月夜見尊はその勅命を受けて中原へ降った。 

月夜見尊受 勅而降。 (『日本書紀』第五段〔一書11〕より)

「勅」を発することができるのは、統治者のみ。

地上世界では、天皇のみ。天上世界では、天照大神のみ。

天皇は、宮に住んでいるわけで、当然、天照大神も宮を居所としてる、という話になるわけです。

拠り所として「唐律」があります。「十悪」の「謀大逆」の疏議に説く次の一節がそれ。

宮は、天に紫微宮があり、人君はこれに則る。居住するところは、ゆえに宮という。 (原文:宮者、天有 紫微宮 、人君則之。所居之処、故曰宮。) 「十悪」「謀大逆」の疏議より

人君の「宮」を、天の「紫微宮しびきゅう」にのっとるものとしてます

紫微宮しびきゅう」は「紫宮」ともいい、星座の名。なおかつそこを天帝や天子の居所とみなす考え・思想がありました。

「紫宮垣十五星、其西蕃七、東蕃八、在 北斗北 。一曰 紫微 。大帝之座也。天子之常居也。」(『晋書』「天文志上」)

と。

紫微宮=天帝や天子の居所

天にまず紫微宮があり、それに人君の宮が則る

この関係は、天上を支配する天照大神と、地上を支配する天皇との居所をめぐる関係にそのまま当てはまるわけですね。

天照大神、結構スゴい宮殿に住んでいたと思われます。高天原にそびえたつ統治者のための宮殿、非常にきらびやかな宮だったのでしょう。

次!

②田んぼを営み、養蚕を業として行っていた

 稲は水田の種とした。またそこで農耕の民の長を定めた。その稲を、民に先んじ自ら耕し、天狭田あまのさなだ長田ながたに植えた。すると秋には垂れた稲穂は、握り拳八つほどの大きさにたわむほどの豊作であり、たいへん喜ばしいものであった。また、蚕は口の中に繭を含み、糸を引くことができた。これにより、民に先んじて自ら桑の葉を採り蚕に与えた。養蚕の道が拓けたのである。

天熊人悉取持去而奉進之。于時天照大神喜之曰。是物者則顕見蒼生可食而活之也。乃以粟・稗・麦・豆為陸田種子。以稲為水田種子。又因定天邑君。即以其稲種、始殖于天狭田及長田。其秋垂穎八握莫莫然。甚快也。又口裏含繭。便得抽糸。自此始有養蚕之道焉。 (『日本書紀』巻一(神代上)第五段〔一書11〕より一部抜粋)

と。

高天原では、稲作と養蚕が行われてるんですね。

 

「高天原」の元ネタ「天原」

「高天原」は日本神話の中で登場することを見てきましたが、

実は、「高天原」の元ネタとなる言葉があったりします。

それが、

天の原

古代、「天の原」という言葉は、「天空の広大な広がり」を表す言葉として使われていました。

そう、

「天の原」がまずあって、そこよりさらに高いところ、尊い場所、といったニュアンスを加えたのが「高天原」って事です。

●参考:→天之瓊矛/天沼矛|矛で嶋を成す?国生みで二神が使用した特殊な矛「天之瓊矛/天沼矛」を徹底解説!

高天原の位置

ということで、

まずは「天の原」の用例をチェックしてみましょう。古代人の世界観を是非。

あまはら」は『万葉集』に例あり。いくつか抽出。

天の原 降りけ見れば 天の川 霧立ちわたる 君は来ぬらし 

天原  振放見者  天漢  霧立渡  公者来良志 (2068番)

 

天の原 雲なき よひにぬばたまの 宵度よわたる月の 入らまく惜しも

天原  雲無夕尓  烏玉乃  宵度月乃  入巻ね毛(1712番)

 

天の原 富士の柴山 この暗の 時ゆつりなば 逢はずかもあらむ 

安麻乃波良 不自能之婆夜麻 己能久礼能 等伎由都利奈波 阿波受可母安良牟(3355番)

と。

ちなみに、古代では、

  • 「原」は「広く平らなところ」
  • 「野」は「山裾のゆるい傾斜地」

をそれぞれ指していました。

なので、「天の野」といった例は無く、
「天の原」が天空の広大な広がりを表す言葉として使われていたわけです。

尚、

「地上」の「原(はら)」には川が流れ、こうしたところにしばしば都を造営しています。

『万葉集』には、久迩(京都府相楽郡加茂町から木津町山城町にまたがる地域)の新京を讃めた長歌があります。

(前略) あなあはれ 布当ふたぎ、 いと貴大宮たふとおほみやところ、 うべしこそ我が大君は、 君ながら 聞かしたまひて、 さす竹の大宮 ここと定めけらしも(1050番)

広大な原に木津川が流れる場所、まさに都造営にふさわしい場所だったのでしょう。

尚、この「久迩京」は、天平16年2月、難波遷都に伴い、未完成のまま荒墟こうきょと化します、。。

要は、

都造営にふさわしい広大な「原(はら)」を、天空に想定したのが「天の原」という訳で、その広がりやイメージをつかむことが重要です。

そこに「高」をつけているので、「高い」「天の原」。

つまり、「天の原」という広大な天空の広がりをもとに、それより一段と高い領域として設定しているって事。それが「高天原」なんですね。

そしてそこは、

まさに
世界を統治する至尊神が都を造営して統治するに相応しい場所

このイメージをしっかりチェック。

ちなみに、「高天の原」には「安の河」も流れていますし、八百万神やほろよづかみが集い神事も行います。

いわば、古代人の理想的な世界像をぎゅっと凝縮した場、それが「高天の原」。とも言えますね。

 

高天原伝承地

そんな高天原ですが、なんと私たちが暮らすこの地上に、伝承地があるんです!そんなバカな!?

場所は、我らの奈良。日本神話編纂の地。日本発祥の地であります。以下、2か所ご紹介!

● 高天原史跡

〒639-2336 奈良県御所市高天350

 

● 高天原(阿紀神社旧社地)

〒633-2165 奈良県宇陀市大宇陀中庄143

 

是非、現地へ!そこではみんなが天照大神になれる、、、??

 

まとめ

「高天の原」

  • 「高天原」誕生経緯
  • 「高天原」統治者誕生経緯
  • 「高天原」と地上世界との関係

の3つを中心にお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

「高天の原」と「葦原中国」とは一体的につながっていて、それゆえに、天照大御神の統治が高天の原のみならず世界の隅々に及んでいるという話。

実際の場所的なところは、

「天の原の、さらに高い場所・領域」といったイメージで。

「天の原」という広大な天空の広がりをもとに、それより一段と高い領域として位置づけてますし、そこには、都(=世界の主者が住む場所)を造営して統治するに相応しい場所である、といった意味も込められてるんですね。

 

天地開闢まとめはコチラで!

『古事記』版☟

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳|神名を連ねて物語る古事記の天地開闢を分かりやすく解説!

09/16/2016

『日本書紀』版☟

天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を、日本書紀や古事記をもとに分かりやすく徹底解説!

01/07/2016

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく徹底解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
古事記 現代語訳

古事記 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を、日本書紀や古事記をもとに分かりやすく徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

青梅佐藤財団主催 日本神話講義のご案内

いつものお米が10倍ありがたくなる講座!日本神話に伝える「稲」の行方を追うことで、古代日本人が稲に込めた信仰や思想が見えてくる!全3回の白熱講義!激しくオススメです!



6/25 朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義のご案内

白熱講義! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っています。 この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。激しくオススメです!!


高天原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他