不老橋|和歌浦の象徴!?江戸時代にアーチ型石橋は超レア!雲を文様化した勾欄のレリーフが特徴的な橋|和歌山県和歌山市

 

不老橋は、和歌山県和歌山市和歌浦にある橋。

こちら、江戸時代につくられたそうで、紀州東照宮の和歌祭りと関係あり。

アーチ型の石橋は、雲を文様化した勾欄のレリーフが特徴的で、その佇まいは美しい和歌浦に絶妙にマッチしています。

今回は、和歌浦の象徴?とも噂される不老橋をご紹介します。

 

不老橋|和歌浦の象徴!?江戸時代にアーチ型石橋は超レア!雲を文様化した勾欄のレリーフが特徴的な橋

 不老橋とは

嘉永4年(1851)、徳川治宝が建造したアーチ型の石橋

徳川家康を祀る紀州東照宮の祭礼である「和歌祭」の時に、徳川家の皆さんや東照宮関係の人々が「御旅所おたびしょ」に向かうために通行した「お成り道」に架けられたもの。

御旅所おたびしょ」とは、和歌祭りの神輿にのせたご神体が休憩する場所。神輿の前で相撲などが執り行われます。

不老橋への道

▲御旅所に向かう渡御行列(和歌山県立博物館蔵)より

 

橋は和歌山市指定文化財に指定。

和歌山県指定史跡・名勝「和歌の浦」(2008年6月15日指定)および国の名勝「和歌の浦」(2010年8月5日指定)の構成要素でもあります。

不老橋 (3) 不老橋 (11)

江戸時代のアーチ型石橋は九州地方以外では非常に珍しいらしいです。

雲を文様化した勾欄のレリーフが独特。

橋台のアーチ部分は肥後熊本の石工集団の施工、勾欄部分は湯浅の石屋忠兵衛の施工と推定されています。

 

不老橋 (6)

▲橋の中央から、紀州東照宮方面を望む。こちらの川は「市町川」。御手洗池まで伸びてますが、実は干潟の痕跡。結構奥まで深く入り込んでいたようですね。

 

そして!反対側!

IMG_1043 (1024x768)

左手、名草山に朝日昇るの図から、、、美しい和歌の浦です。

IMG_1042 (1024x768)

右手、これから朝日が照らしていく世界へ。

この静謐な、透き通った空気感。素晴らしいです!

 

朝。日の出の時間帯。超おススメです!

 

ちなみに、現在修復工事中です。

不老橋 (4)

▲平成28年の秋に修復完成予定です。

 

まとめ

不老橋

和歌山県和歌山市和歌浦にある橋。

こちら、江戸時代につくられた石橋で、紀州東照宮の和歌祭りと関係があります。

徳川家康を祀る紀州東照宮の祭礼である「和歌祭」の時に、徳川家の皆さんや東照宮関係の人々が「御旅所おたびしょ」に向かうために通行した「お成り道」に架けられた次第。

橋は和歌山市指定文化財に指定されていて、和歌山県指定史跡・名勝「和歌の浦」(2008年6月15日指定)、国の名勝「和歌の浦」(2010年8月5日指定)の構成要素でもあります。

2016年現在、一部工事中。平成28年秋ごろをめどに修復されるようです。和歌浦を訪れた際には是非合わせてチェックされてください。

34.186695, 135.172658

 

和歌浦のまとめ記事はコチラ!

和歌浦観光おススメスポットまとめ|『万葉集』にも詠まれた古代からの風光明媚な景勝地!その歴史と主要スポットをまとめてご紹介!

2016.07.19

 

和歌山にお立ち寄りの際はコチラも是非!

竈山神社|神武の長兄「五瀬命」薨去の地!「理想」を追う東征に「報復」が追加された超重要スポット!!|和歌山県和歌山市

2016.06.08

水門吹上神社|紀州の「十日戎」発祥の地!ですが神話的には神武の長兄「五瀬命」が雄叫び上げた地として重要な神社|和歌山県和歌山市

2016.06.08

神武天皇聖蹟名草邑顕彰碑|発見ほぼ無理!どこから登って良いかわからない小山の上にひっそりと建っていた件|和歌山県和歌山市

2016.06.22

万葉好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮(皇大神宮・内宮)|伊勢神宮を日本神話から紐解く!伊勢神宮の魅力を全部まとめてご紹介!

2016.09.28

出雲大社|幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

2016.10.23

橿原神宮|日本神話から入る橿原神宮の魅力をまとめてご紹介!

2016.01.18

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

2016.05.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、さるたひこです!読んでいただきありがとうございます。「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として日本神話関連情報、題して「日本神話がおもしろい!」を発信していきます。どうぞよろしくお願いします。ちなみに、ネーミングは、天孫降臨の折、瓊瓊杵尊を道案内した国津神「猿田彦命」にあやからせていただいてます。ただ、神様の名前をそのまま使うのは畏れ多いので「さるたびこ」の「び」を「ひ」に変えております。