さるたひこ 「さるたひこ」の記事

お祭り・神事

践祚式(せんそしき)とは?|祚を践む儀式!天皇の証明品「三種の神器」を継承し皇位に即く、それが践祚式です

  「践祚せんそ式」は、御代替わりの一連の儀式の一つで、天皇が皇位に即つく(即位する)儀式のことを言います。 言葉自体は、「祚そを践ふむ(式)」と読み、 「践ふむ」=即つく、即位する 「祚そ」=くらい、天子の位…

用語解説

真床追衾・真床覆衾(まとこおうふすま)とは?天孫の証明品!大嘗祭でも使用?される真床追衾の日本神話的起源をまとめてご紹介!

  「真床追衾まとこおうふすま(真床覆衾)」とは、日本神話に登場する皇孫すめみまの証明品。「衾きん」は布団の事。 ある時は、布団のようなものとして皇孫すめみまを包み、 またある時は、座布団のようなものとして皇孫…

お祭り・神事

斎田点定の儀(さいでんてんていのぎ)|特別な田んぼ「斎田」を亀卜で占う神事!神代から継承された奥ゆかしい儀式を日本神話とあわせてご紹介!

  「斎田さいでん点定の儀」は、 大嘗祭に使われる「特別な稲」を育てる田んぼ(斎田)を、占いによって決める儀式。 大嘗祭では、新天皇と神(天照大神)との「共食」用に「特別なお米」がお供えされるのですが、 この「…

用語解説

悠紀殿(ゆきでん)・主基殿(すきでん)とは?|大嘗宮の中心的神殿!「御親供・御直会の儀」が行われる悠紀殿・主基殿のヒミツを大公開!

  「悠紀殿ゆきでん」「主基殿すきでん」とは、大嘗祭の中心的神殿。二つあわせて「大嘗宮」と呼ばれます。 大嘗祭では、 「悠紀殿ゆきでん」「主基殿すきでん」それぞれで、大嘗祭における中核的儀式「悠紀殿供饌ゆきでん…

お祭り・神事

大嘗宮の儀(悠紀殿供饌の儀・主基殿供饌の儀)(ゆきでんきょうせんのぎ、すきでんきょうせんのぎ)とは?|神に奉る・いただくがセットの共食!天照大神と繋がる大嘗祭の中心儀式

  「悠紀殿供饌ゆきでんきょうせんの儀」と「主基殿供饌すきでんきょうせんの儀」は、大嘗祭の中心的儀式。2つあわせて「大嘗宮だいじょうきゅうの儀」と呼ばれます。 大嘗祭(大嘗宮の儀)は、実質2日間の日程。 初 日…

お祭り・神事

波波迦の木 採取神事|大嘗祭用の斎田を決める「亀卜」に使用する神木採取の儀!神代から継承された奥ゆかしい神事の様子をご紹介!

  2019年1月、奈良県橿原市にある天香山神社で「波波迦の木を採取する神事」が斎行されました。 天香山神社境内に自生する「波波迦の木」から枝を採取する神事で、 採取された枝は、宮内庁へ運ばれ、大嘗祭用の重要儀…

神話伝承地

神武天皇聖蹟 鳥見山中霊畤 顕彰碑|斎場(靈畤)を鳥見山に設けて皇祖天神を祭る!宮中祭祀、大嘗祭発祥の地となった超重要スポット!

  神武東征神話をもとに「東征ルート」を辿り、書紀文献とあわせて検証するシリーズ! 本企画は、 シリーズでお伝えしている神武東征神話、その物語をもとに、 神話からリアルへ、各地の伝承地を巡って「実際のところどう…

お祭り・神事

大嘗祭(だいじょうさい)とは?天皇一代につき一度だけ斎行!日本神話に根ざす大嘗祭の全貌を徹底解説!

  「大嘗祭だいじょうさい」とは、御代替わりの一連の儀式の一つで、天皇一代につき一度だけ斎行される特別なお祭り。 毎年、天皇によって宮中で斎行されてる「新嘗祭しんじょうさい」が、 即位の年だけ、つまり、新天皇が…