言表と行為|神様の行動パターン。神はまず、言表し、そして行為に及ぶ。

言表と行為

 

言表げんぴょうと行為」とは、神の行動パターン。フレーム。

言表げんぴょうとは、「言葉で言い表すこと」。

神はまず、言表し、そして行為に及ぶ。ということです。

コレ、「言興ことあげ」とも通じる内容で、言霊信仰が背景にあります。言葉そのものに霊力が宿っているという考え方で、ある言葉を口に出すとその内容が実現すると(いう信仰)。

今回は、日本神話をもとに神様の行動のクセ、いやもっというと、神様コンピテンシー(行動特性)とも言うべき行動パターンをご紹介します。

 

言表と行為|神様の行動パターン。神はまず、言表し、そして行為に及ぶ。

言表と行為の例①磤馭慮嶋をかきなす

まず最初の例は、国生み神話から。

 伊弉諾尊いざなきのみこと伊弉冉尊いざなみのみこと二柱ふたはしらの神は、天浮橋あまのうきはしの上に立って共にはかり、「この下の底に、きっと国があるはずだ。」と言った。そこで、天之瓊矛あまのぬほこけいとは玉である。ここではという)を指し下ろして探ってみると海を獲た。そのほこの先から滴り落ちた潮が自然に凝り固まり、一つの嶋と成った。それを名付けて「磤馭慮嶋おのごろしま」といった。

伊弉諾尊・伊弉冊尊、立於天浮橋之上、共計曰、底下豈無国歟。廼以天之瓊〈瓊〉玉也。此云努。〉矛、指下而探之。是獲滄溟。其矛鋒滴瀝之潮、凝成一嶋。名之曰磤馭慮嶋。 (『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝より引用)

と。

「この下の底のほうに、きっと国があるはずだ。」という言葉。これが言表です。言い表す。

その上で、矛で指し下ろし嶋を形成していく行為が続く。という流れ。

 

言表と行為の例①磤馭慮嶋での聖婚

次も国生み神話から。磤馭慮嶋での結婚儀礼から。

 ここに、二柱の神はもう一度やり直してあいかいした。今度は陽神をかみが先に唱え、「ああ嬉しい。可愛い少女をとめに会ったことよ。」と言った。(少女、ここでは烏等咩をとめという)そこで陰神に「お前の身体には、なにか形を成しているところがあるか。」と問うた。それに対し、陰神が「私の身体には女の元のところがあります。」と答えた。陽神は「私の身体にもまた、男の元のところがある。私の身体の元のところを、お前の身体の元のところに合わせようと思う。」と言った。ここで陰陽(男女)が始めて交合こうごうし、夫婦となったのである。

 於是、二神却更相遇。是行也、陽神先唱曰、憙哉、遇可美少女焉〈少女、此云烏等咩。〉。因問陰神曰、汝身有何成耶。対曰、吾身有一雌元之処。陽神曰、吾身亦有雄元之処。思欲以吾身元処、合汝身之元処。於是、陰陽始遘合、為夫婦。 (『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝より引用)

大枠では、「ああ嬉しい。可愛い少女をとめに会ったことよ。」から始まる一連の問答が。直接的には、陽神の「私の身体にもまた、男の元のところがある。私の身体の元のところを、お前の身体の元のところに合わせようと思う。」という言葉が、言表に相当。

その上で、交合こうごうし、夫婦となる、といった行為が続きます。

 

まとめ

言表げんぴょうと行為」とは、神の行動パターン。フレーム。

言表げんぴょうとは、「言葉で言い表すこと」。

神はまず、言表し、そして行為に及ぶ。ということです。

背景にあるのが、言霊信仰。

言葉そのものに霊力が宿っているという考え方で、ある言葉を口に出すとその内容が実現するということ。

日本神話に登場する神様の行動のクセ、いやもっというと、神様コンピテンシー(行動特性)とも言うべき行動パターンであります。

言表と行為は、私たちにも応用できる考え方だと思います。何かやるときはまずは言表、そして行動する。是非活用してみてくださいね。これで神化の一歩を踏み出せます。。。

 

 

 

 

言表と行為

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他