『古事記』国生み原文と現代語訳と解説|伊邪那岐命と伊邪那美命の聖婚と大八嶋国誕生の物語

『古事記』国生み

 

多彩で豊かな日本神話にほんしんわの世界へようこそ!

日本最古の書『古事記こじき』をもとに、
最新の学術成果も取り入れながら、どこよりも分かりやすい解説をお届けします。

今回は、『古事記こじき』上巻から、

「国生み」。

古事記こじき』版の国生みは、天神あまつかみの指令により伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみことの二神が結婚し、国を生む神話。ポイントは、天神あまつかみの関与と神聖な大八嶋国おおやしまくにの誕生。

今回も、概要で全体像をつかみ、ポイント把握してから本文へ。最後に、解説をお届けしてまとめ。

現代の私たちにも多くの学びをもらえる内容。日本神話から学ぶ。日本の神髄がここにあります。それでは行ってみましょう!

 

『古事記』国生み原文と現代語訳と解説!伊邪那岐命と伊邪那美命の聖婚と大八嶋国誕生の物語

『古事記』国生みのポイント

古事記こじき』の国生みは、『古事記』上巻に伝えます。

経緯としては、天と地がはじめて分かれ、別天神ことあまつかみ神世七代かみよななよという非常に尊貴な神々が誕生した、、ってところから。

古事記 天地開闢

『古事記』天地開闢|原文と現代語訳、解説!神名を連ねる手法で天地開闢を物語る。

09/16/2016

↑経緯しっかり確認。

で、本文に入る前に、まずは押さえておきたいポイント、概要をチェック。

全部で5つ。

  1. 天神あまつかみ関与。国生みを指令し、是正する天神。コレ、大八嶋国おおやしまくにの尊貴化の仕掛け
  2. 結婚=神聖な儀礼。きちんとした手順を踏むことで、よい結果が得られます
  3. 神をも従う絶対原理が存在。天神あまつかみさえも分からないことがある!?
  4. 国生みの順番はおおむね左回り。ただし例外アリ
  5. 日本書紀にほんしょき』をベースに?第四段〔一書1〕とほぼ同じ伝承になってる!?

ということで、以下、順に解説。

1つ目。

①天神関与。国生みを指令し是正する天神。コレ、「大八嶋国」尊貴化の仕掛け

古事記こじき』版の国生みは、天神あまつかみが深く関与する形式になってます。

ココで言う「天神あまつかみ」とは、これまでの経緯を踏まえると、天地のはじまりに誕生した「別天神ことあまつかみ」を中心とする尊貴な神々と想定されます。伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみことに命令することができるくらい格が高い神様群。

この天神あまつかみが、最初の「国の修理固成」を指令、さらに、国生み途中の二神の過誤を是正指導する。と、まー、いろいろ関与。

この理由、一言で言うと、

国の尊貴化。

ってことでチェック。

古事記こじき』では、伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみことよりさらに尊貴な神々である「天神あまつかみ」が、直接指令を下す、国生みに関与する、という形にすることで、結果的に、誕生する大八嶋国おおやしまくに=日本を「尊貴な国」として位置づけようとしてるんです。ここがポイント!詳細解説後ほど!!

②結婚=神聖な儀礼。きちんとした手順を踏むことで、よい結果が得られます

国生みにおける大前提として押さえておきたいポイント。

それは、

結婚=儀礼

であること。ココしっかりチェック。

儀礼には、きちんとした手順、ルールがある。

で、ココでいう「結婚儀礼」とは、

  1. 身体問答しんたいもんどう
  2. 左旋右旋させんうせん
  3. 先唱後和せんしょうこうわ
  4. 交合結婚こうごうけっこん

のことで。『古事記こじき』でも「結婚=儀礼」であり、儀礼なんで、踏むべき手順(①〜④)がある、というのが前提になってます。

しかも!各手順で則るべきルール細目があって、、

そのルールとは

易の概念に基づく「陽主導」であること。

(陽=伊邪那岐命いざなきのみこと。陰=伊邪那美命いざなみのみこと。ただし、本文にはそこまで明確に陰陽理論は謳われてない。)

なので、先ほどの手順に当て込むと、

  1. 身体問答・・・陽が先、陰が後
  2. 左旋右旋・・・陽が左旋させん、陰が右旋うせん
  3. 先唱後和・・・陽が先、陰が後
  4. 交合結婚・・・ここは、、、特になし。二人で交合だから。

となるわけです。

大事なのは、

原理原則に基づく手順やルールに則してる=神聖である

ってことであり

ココから2つ。

  1. 手順を間違えると、変なことになるよ
  2. 手順通りにやれば、ちゃんとした結果が生まれるし、それは神聖なものだよ

と。

一つ目の、間違えると変なことに、というのは淡嶋や水蛭子ひるこの誕生として。

二つ目の、ちゃんとやると良い結果が生まれる、というのは大八嶋国の誕生として。

それぞれ分けて伝えてます。よくできてる。

全体にただよう手続き臭さは、そのためで。意味があってわざわざやってるって事であります。詳細後ほど。

次!

③神をも従う絶対原理が存在。天神さえも分からないことがある!?

国生みの途中で、伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみことは過誤を犯します。

先ほどチェックした、手順を間違えるという過誤。ミステイク。

それにより、淡嶋あわしま水蛭子ひるこが誕生してしまう。そこで二神は、天神あまつかみにお伺いをたてに行くのですが、、、

なんと、国生みを指示した天神あまつかみさん、

理由が分からないから占いで答えをだす、

という不思議対応。、

天神あまつかみさん??? 高天原たかあまのはらす尊貴な神じゃなかったの??知らないの!??

と、観客総立ちでツッコミの局面。

コレ、つまり、『古事記』では「天神あまつかみ」はいわゆる絶対神、万能の神として位置づけられてる訳じゃない、ってことですよね。

すごく日本的というか、なんというか、、

むしろ、天神にも分からないこと、それは易の理論、宇宙法則的なものだったりするわけですが、、神様もそういうものに占わないと分からない、あるいは、そういうものに規定される存在なんだと。

同時に、

それは、そういった易の理論や法則に従って修正され、ちゃんとした手続きを経て誕生した「大八嶋国」は、それこそ「神聖な国」なんだよ、と伝えようとしてる、ってことでチェック。

次!

④国生みの順番はおおむね左回り。ただし例外あり

古事記こじき』の国生みも、柱巡りの運動を踏襲し、おおむね左回りに生んでいきます。現場目線がポイント。

『古事記』柱巡りと出産の現場

↑こちらの「陽」の動きをもとに、、、

『古事記』国生みの順番

隠岐など例外はありつつ、おおむね左回りで国を生んでますよね。コレも、先ほどの、易にもとづく陽主導、左優位の概念に基づくものです。

最後5つ目。

⑤『日本書紀』をベースに?第四段〔一書1〕とほぼ同じ伝承になってる!?

実は、『古事記こじき』版の国生みは、『日本書紀にほんしょき』第四段〔一書1〕とほぼ同じ伝承になってます。

●参考→ 『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 一書第1 〜天神ミッションと無知な二神〜

日本書紀にほんしょき』から眺めると、『古事記こじき』は数ある異伝の一つ的な位置づけ。

もともと『日本書紀』では、第四段の〔本伝〕をもとに〔一書〕を通じて差異化、バリエーション化をしている経緯があり、『古事記こじき』版国生みもその一環なんです。

『日本書紀』が理論ガチガチで組まれていることを踏まえると、当然、『古事記』も同様の思想とか理論的なものがベースになってると考えるべきで。

一方の『古事記』から眺めると、『日本書紀』をもとに、理論とかよりも、より尊貴に、より出雲をはじめとする国内の豪族・氏族に配慮した形にしようとしてる。

こうした背景をもとに国生み神話を、もっというと、日本神話全体を捉え始めるとめっちゃオモロー!な世界が立ち上がってきます。激しくオススメです。

まとめます。

  1. 天神あまつかみ関与。国生みを指令し、是正する天神。コレ、大八嶋国おおやしまくにの尊貴化の仕掛け
  2. 結婚=神聖な儀礼。きちんとした手順を踏むことで、よい結果が得られます
  3. 神をも従う絶対原理が存在。天神あまつかみさえも分からないことがある!?
  4. 国生みの順番はおおむね左回り。ただし例外アリ
  5. 日本書紀にほんしょき』をベースに?第四段〔一書1〕とほぼ同じ伝承になってる!?

以上の5つ。しっかりチェックされてください。

 

『古事記』国生み原文と現代語訳

ここに天神の全ての神々の命をもって、伊邪那岐命・伊邪那美命、二柱の神に、「是の漂っている国を修理をさめ固め成せ。」とみことのりして、天沼矛あめのぬぼこを授けてご委任なさった。

そこで、二柱の神は、あめ浮橋うきはしにお立ちになり、其の沼矛を指し下ろしてかき回しされると、海水をこをろこをろと搔きらして引き上げなさった時、其の矛のさきよりしたたり落ちる海の水が、かさなり積もって嶋と成った。是れしまぞ。

其の嶋に天降あもりして、あめ御柱みはしらを見立て、八尋やひろ殿どのを見立てになった。

是に其の妹伊邪那美命いざなみのみことに問うて「が身はどのように成っているのか。」と仰せられたので、「が身は、出来上がっていって出来きらない処一処ところひとところあり。」とおえになった。ここに伊邪那岐命はみことのりして、「が身は、出来上がっていって出来すぎた処一処あり。ゆえに、此の吾が身の出来すぎた処をもって、汝が身の出来きらない処に刺しふさいで、国土くにを生み成そうとおもう。生むことはどうだろうか。」と仰せになると、伊邪那美命は「それがいでしょう。」とお答えになった。

そこで伊邪那岐命が詔して「然らば、と是の天の御柱を行きめぐり逢って、美斗能麻具波比みとのまぐはひをしよう。」と仰せになった。このようにちぎって、さっそく「汝は右より廻り逢へ。は左より廻り逢はむ。」と仰せになり、ちぎり終えて廻る時、伊邪那美命が先に「ほんとうにまあ、いとしいお方ですことよ。」と言い、そのあとで伊邪那岐命が「なんとまあ、かわいい娘だろうか。」と言った。

おのおの言い終えた後、其のいもに「女人おみなが先に言ったのは良くない。」とお告げになった。しかし、寝床で事を始め、子の水蛭子ひるこを生んだ。此の子は葦船に入れて流し去てた。次に淡嶋あはしまを生んだ。これもまた、子のかずには入れなかった。

是に二柱の神、はかって「今、が生める子は良くない。やはり天神の御所みもとまをしあげるのがよい。」と仰せになって、すなはち共にまいのぼって、天つ神のめいを仰がれた。ここに天神の命をもって、太占に卜相うらなって「をみなの言葉が先立ったことにり良くないのである。再びかへくだって改めて言いなさい。」と仰せになった。

ゆえにかへり降りて、更にの天の御柱を先の如く往きめぐった。是に伊邪那岐命、先に「なんとまあ、かわいい娘だろうか。」と言い、その後にいも伊邪那美命が「なんとまあ、いとしいお方ですこと。」と言った。

このように言ひ終わって御合みあひして(結婚して)、生んだ子は、淡道之穗之狹別嶋あはぢのほのさわけのしま。次に伊豫之二名嶋いよのふたなのしまを生んだ。此の嶋は、身一つにして顔が四つ有る。顔ごとに名が有る。伊豫国いよのくに愛比売えひめといい、讚岐国さぬきのくに飯依比古いひよりひこといい、粟国あはのくに大宜都比売おほげつひめといい、土左国とさのくに建依別たけよりわけという。次に隠伎之三子嶋おきのみつごのしまを生んだ。亦の名は天之忍許呂別あめのおしころわけ。次に筑紫嶋を生んだ。此の嶋も亦、身一つにして顔が四つ有る。顔毎に名が有る。筑紫国は白日別しらひわけといい、豊国とよのくに豊日別とよひわけといい、肥国ひのくに建日向日豊久士比泥別たけひむかひとよくじひねわけといい、熊曾国くまそのくに建日別たけひわけという。次に伊岐嶋いきのしまを生んだ。またの名は天比登都柱あめひとつばしらという。次に津嶋を生んだ。亦の名は天之狹手依比売あめのさでよりひめという。次に佐度嶋さどのしまを生んだ。次に大倭豊秋津嶋おほやまととよあきづしまを生んだ。亦の名は天御虚空豊秋津根別あまつみそらとよあきづねわけという。ゆえに、此の八嶋やしまを先に生んだことに因って、大八嶋国おほやしまくにという。

然る後、還りす時、吉備児嶋きびのこしまを生んだ。亦の名は建日方別たけひかたわけという。次に小豆嶋あづきしまを生んだ。亦の名は大野手比売おほのでひめと謂う。次に大嶋を生んだ。亦の名は大多麻流別おほたるわけという。次に女嶋ひめしまを生んだ。亦の名を天一根あめひとつねと謂う。次に知訶嶋ちかのしまを生んだ。亦の名は天之忍男あめのおしをと謂う。次に両児嶋ふたごのしまを生んだ。亦の名は天両屋あめふたやと謂う。

 於是天神、諸命以、詔伊邪那岐命・伊邪那美命二柱神「修理固成是多陀用幣流之國。」賜天沼矛而言依賜也。故、二柱神、立訓立云多多志天浮橋而指下其沼矛以畫者、鹽許々袁々呂々邇此七字以音畫鳴訓鳴云那志而引上時、自其矛末垂落之鹽累積、成嶋、是淤能碁呂嶋。自淤以下四字以音。 於其嶋天降坐而、見立天之御柱、見立八尋殿。於是、問其妹伊邪那美命曰「汝身者、如何成。」答曰「吾身者、成成不成合處一處在。」爾伊邪那岐命詔「我身者、成成而成餘處一處在。故以此吾身成餘處、刺塞汝身不成合處而、以爲生成國土、生奈何。」訓生、云宇牟。下效此。伊邪那美命答曰「然善。」爾伊邪那岐命詔「然者、吾與汝行廻逢是天之御柱而、爲美斗能麻具波比此七字以音。」 如此之期、乃詔「汝者自右廻逢、我者自左廻逢。」約竟廻時、伊邪那美命、先言「阿那邇夜志愛上袁登古袁。此十字以音、下效此。」後伊邪那岐命言「阿那邇夜志愛上袁登賣袁。」各言竟之後、告其妹曰「女人先言、不良。」雖然、久美度邇此四字以音興而生子、水蛭子、此子者入葦船而流去。次生淡嶋、是亦不入子之例。 於是、二柱神議云「今吾所生之子、不良。猶宜白天神之御所。」卽共參上、請天神之命、爾天神之命以、布斗麻邇爾上此五字以音ト相而詔之「因女先言而不良、亦還降改言。」故爾反降、更往廻其天之御柱如先、於是伊邪那岐命先言「阿那邇夜志愛袁登賣袁。」後妹伊邪那美命言「阿那邇夜志愛袁登古袁。」如此言竟而御合生子、淡道之穗之狹別嶋。訓別、云和氣。下效此。次生伊豫之二名嶋、此嶋者、身一而有面四、毎面有名、故、伊豫國謂愛上比賣此三字以音、下效此也、讚岐國謂飯依比古、粟國謂大宜都比賣此四字以音、土左國謂建依別。 次生隱伎之三子嶋、亦名天之忍許呂別。許呂二字以音。次生筑紫嶋、此嶋亦、身一而有面四、毎面有名、故、筑紫國謂白日別、豐國謂豐日別、肥國謂建日向日豐久士比泥別自久至泥、以音、熊曾國謂建日別。曾字以音。次生伊伎嶋、亦名謂天比登都柱。自比至都以音、訓天如天。次生津嶋、亦名謂天之狹手依比賣。次生佐度嶋。次生大倭豐秋津嶋、亦名謂天御虛空豐秋津根別。故、因此八嶋先所生、謂大八嶋國。 然後、還坐之時、生吉備兒嶋、亦名謂建日方別。次生小豆嶋、亦名謂大野手上比賣。次生大嶋、亦名謂大多麻上流別。自多至流以音。次生女嶋、亦名謂天一根。訓天如天。次生知訶嶋、亦名謂天之忍男。次生兩兒嶋、亦名謂天兩屋。自吉備兒嶋至天兩屋嶋、幷六嶋。 (引用:『古事記』上巻より)

 

『古事記』国生みの解説

古事記こじき』の国生み、いかがでしたでしょうか?

いきなり登場の天神、そして天神による「修理固成」指令からの、やけに儀式臭い国生み結婚譚。。

ただ、まだ『古事記こじき』はやさしい感じ?がします。『日本書紀』のように、神聖化っ!とか、儀式っ!とか、ガチガチな感じがあんまりしない。。より日本的な感じに寄せてる空気。

●参考として必読→ 『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝 ~聖婚、洲国生み~

『古事記』国生みは、2つの構成で読み解くのが◎

  • 前半:天神あまつかみ指令から子を生む
  • 後半:天神あまつかみお伺いから大八嶋国おおやしまくにを生む

ポイントは、「天神あまつかみ関与」と「過ちのビフォーアフター」。

前半は、天神あまつかみによる修理固成指令。後半は天神による改善指令。いずれも、起点となっているのは天神。古事記こじき』版は天神あまつかみ関与による国生みを全面に出しています。

そして、過ちのビフォーアフター。コレ、柱巡みはしらめぐり後の会合時に、どっちが先に声をあげるべきか?という問題で。女神めかみが先に声をあげるのはNG。前半はこの過誤により水蛭子ひるこ淡嶋あわしまが生まれます。後半は、是正され、男神おかみが先に声をあげて大八嶋国おおやしまくにが生まれます。

ということで、

さっそく、前半から解説を。

前半:天神指令から子を生むまで

  • ここに天神の全ての神々の命をもって、伊邪那岐命・伊邪那美命、二柱の神に、「是の漂っている国を修理をさめ固め成せ。」とみことのりして、天沼矛あめのぬぼこを授けてご委任なさった。
  • 原文: 於是天神諸命以、詔伊邪那岐命・伊邪那美命二柱神「修理固成是多陀用幣流之國。」賜天沼矛而言依賜也。

天神あまつかみによる、二神への国修理固成指令。

ポイント4つ。

  1. 天神あまつかみ指令は、一種の「天神ギャランティー」
  2. 「命以―言依」がセット。言葉によって委任する
  3. 国の修理固成。国のあり方や形成を象徴する超重要語
  4. ミッション+グッズ=重要指令発令時の、神話世界の掟

てことで、以下順に解説。

天神あまつかみ指令は、一種の「天神ギャランティー」

天神の全ての神々の命をもって」(天神諸命以)とあります。

経緯を踏まえると、ココで言う「天神あまつかみ」とは、天地のはじまりに誕生した「別天神ことあまつかみ」を中心とする尊貴な神々と想定されます。伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみことに命令することができるくらい格が高い神様群。

で、「天神の全ての神々の~」とあるように、皆さん勢揃いで命令を下した、ということで。結構、りき入ってます。。

●必読→ 『古事記』の天地開闢|原文、語訳とポイント解説!神名を連ねる手法で天地初発を物語る。

●必読→ 別天神(ことあまつかみ)|天地のはじまりに誕生した独神で身を隠す五柱の神々。

ポイントは、天神あまつかみ指令という体(体裁)になってること。

コレ、『日本書紀にほんしょき』と比較するとかなり明確で。『日本書紀』の場合、〔本伝〕では伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことが(自主的に)国生みをする、という体(体裁)。二神が「創生神そうせいのかみ」としてかなり尊貴な位置づけになってる。

一方の『古事記こじき』は、伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみこと天神あまつかみの指示命令によって動かされる立ち位置であり、コレは言い方を変えると、『古事記』は『日本書紀』以上に尊貴な神々を想定し、その指示、関与を通じて国が生まれた、という形式にしてるってこと。

コレ、理由は、

国生みの成果物である「大八嶋国」を尊貴化するため。

古事記こじき』では、そもそもが「別天神ことあまつかみ」のように、『日本書紀にほんしょき』の「神世七代かみよななよ」よりも尊貴な神様カテゴリを設定してます。この構造を元に、伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみことよりさらに尊貴な神々、つまり天神あまつかみが、直接指令を下す、国生みに深く関与する形をとることで、結果的に誕生する大八嶋国おおやしまくに=日本を尊貴な国として位置づけようとしてる訳ですね。

日本書紀にほんしょき』を向こうに回してもっと尊貴に、もっとスゴイ感じを伝えようとしてるのが『古事記こじき』であります。

ちなみに、、、

『日本書紀』第四段の異伝である〔一書1〕は、『古事記』と同じながら、より予祝感を全面に出した感じになってます。コチラ!

豊葦原千五百秋瑞穂之地とよあしはらのちいほあきのみずほのちがある。往って国をつくるための準備をせよ。「有豊葦原千五百秋瑞穂之地。宜汝往脩之。」(『日本書紀』巻第一神代紀 第四段〔一書1〕より)

あの天神あまつかみが言ったんですよ。天神が。

豊かな葦の茂る原でめっちゃ大量にずーっと稲穂が収穫できるみずみずしくてすばらしい地(豊葦原千五百秋瑞穂之地)があるよと、予祝よしゅく的に言ったんです。

コレ、天神あまつかみギャランティー。要は、天神の「お墨付き」というやつで。保証付き。

その価値、その意味を、全身で感じていただきたい!

私たちはなんて素晴らしい場所で生かさせていただいてるんでしょうか!

ってなる仕掛け。『古事記こじき』も同様で。『古事記』の場合は、それが「国の修理固成」という訳。

天神あまつかみ関与、天神ギャランティー、かなり重要な位置づけになってます。

次!

②「命以―言依」がセット。言葉によって委任する

「天神の全ての神々の命をもって、~ ご委任なさった。」(天神諸命以 ~ 言依賜也。)とあります。

まず、「命以」は「命令をもって、言葉で」の意味。「言依」は「ことよさす」と読ませ「委任する」という意味。

ココでは、天神あまつかみによる「命以―言依」がセットになって、言葉によって命令的に委任する形で使われてます。

特に、「命以」は、『古事記こじき』独特の表現で、基本的には天照大御神あまてらすおおみかみ高御産巣日神たかみむすひのかみによる命令、指令の時だけ使用。結構、重たい言葉なんですよね。

伊邪那岐命いざなきのみこと」「伊邪那美命いざなみのみこと」も、そもそも天地のはじまり、神世七代かみよななよとして成りました時は「伊邪那岐神いざなきのかみ」「伊邪那美神いざなみのかみ」だったのが、ココ「命以」以降は「伊邪那岐命いざなきのみこと」「伊邪那美命いざなみのみこと」として活動。つまり、命=ミッションを持つ存在として位置づけられてるんです。

恐らく、「命」というのが高天原たかあまのはらのヒエラルキー、秩序の根拠となっており、その意味で、天神あまつかみは二神に「命」を下せるほどの尊い存在、格が上の存在なんです。

なお、委任された側は、委任した側と同じ立場・権限を持って行動する、と考えられます。もっと言うと、委任した存在(天神あまつかみ)が行動しているとみなされる、ってことで。

国生みを、天神あまつかみ関与、もっと言うと、なんなら天神あまつかみが国生みをしたくらいの勢いで位置づけようとしてるのが分かりますよね。もちろん、狙いは国生みの成果物として誕生する大八嶋国おおやしまくに=日本の尊貴化であります。

③国の修理固成。国のあり方や形成を象徴する超重要語

天神あまつかみによる「是の漂っている国を修理をさめ固め成せ。」という指令。『古事記』における、初の、神が発した言葉。この意味、超重要。

みことのり」なんで、絶対命令。

●参考→ 勅命 受けたらどうするよ?律令に規定する専念&復命義務を分かりやすくまとめ!

この「修理固成」は、先ほど同様、天地のはじまりにおける描写がもとになってます。別天神ことあまつかみの4,5番目誕生時、

次に、国がわかく、浮ける脂のごとくして、海月クラゲなすただよへる時に、(次、國稚如浮脂而久羅下那州多陀用幣流之時、)『古事記』上巻より

とあり、

要は、このころ、国はまだ未成熟で、水(想定としては海)に浮いてる脂のようで、クラゲみたいにふよふよ漂っていた状態。

そんなんで、人民の住む国がつくれるわけがないっ!!

てことで、「修理固成」、ふよふよ状態の未成熟な国を整えて固めなさい、ということです。「修理」=整えること、「固成」=固めること。

で、

実は、この「修理固成」。『古事記』における国のあり方や、その形成を象徴する超重要語として古くから議論百出。

大きく、1つは、この国を、天神が想定している本来のあるべき姿に整えること。先ほどの、ふよふよ状態をなんとかしろと、いうもの。

2つ目は、建て直し、作り直し、と捉えるもの。ただよへる国を、ことよさし通りに大規模に作り直す、とする。

いずれも、ポイントは、『古事記』の元ネタたる『日本書紀』を踏まえる事。

つまり、『日本書紀』第四段の異伝である〔一書1〕のコチラ!

豊葦原千五百秋瑞穂之地とよあしはらのちいほあきのみずほのちがある。往って国をつくるための準備をせよ。「有豊葦原千五百秋瑞穂之地。宜汝往脩之。」(『日本書紀』巻第一神代紀 第四段〔一書1〕より)

を踏まえて整理。

つまり、「修理固成」には、ただよへる国を、瑞穂の地から「瑞穂の国」へ仕上げていくことが含まれてる、ってこと。それこそ、天神が想定したとおりの、あるべき姿に整えることをいう訳です。

実際に、天神指令の修理固成を、伊邪那岐命・伊邪那美命の二神がどこまで解釈してたか?ということについて。

単に、国を(形状的に)整え固めるだけなら、大八嶋国を生むだけでよかったはず。しかし、二神はこの後、続けて神生みへ突入していきます。

てことは、やはり、修理固成とは、単なる整え固めるってだけでなく、ただよへる国を「瑞穂の国」へ仕上げていく意味を込めてるってこと。神々を生み、それこそ土や風や野や食物の神を生むことで、「瑞穂の国」に向けた土壌をつくっていく、ということでチェック。

ちなみに、、

この「修理固成」、位置付けとしては、今後の神話的展開のとっかかりになってることも確認しておきましょう。

物語として、コレまではただ単に、神々が次々と誕生しましたーってことしか語ってなかった訳で。神話的に、どこに進むのかよく分からない状態だったのが、ここでようやく、テーマ設定がされたんです。方向性が示され、ついでに言うと、神話を展開させるエンジンを獲得した訳です。その意味で、非常に重要な言葉なんす。

次!

④ミッション+グッズ=重要指令発令時の神様コンピテンシー

天神あまつかみが「天沼矛あめのぬぼこを授けて、ご委任なさった。(賜天沼矛而言依賜也。)」と。

コレ、神話世界では、何らかの重要指令を下すときは「ミッション+グッズ」のセットがパターン。神様的行動特性。

例:

  • 天神あまつかみミッション(天神→ 伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみこと)国修理固成+天沼矛あまのぬぼこ
  • 伊邪那岐命いざなきのみことミッション(伊邪那岐命→ 天照大御神あまてらすおおみかみ天下あめした統治+御頸珠みくびたま
  • 天照大御神あまてらすおおみかみミッション(天照大神あまてらすおおかみ→ 邇邇芸命ににぎのみこと葦原中国あしはらのなかつくに統治+三種さんしゅ神器じんぎ

といった感じ。

ちなみに、天照あまてらすミッションによって下賜かしされた「三種さんしゅ神器じんぎ」を引き継いでいるのが天皇という事。神話を引き継ぐ天皇陛下。神話が今と繋がってる例でもあります。奥ゆかしい日本ならでは。

とにかく、ここでは、

重要指令が出されるときは、「ミッション+グッズのセット」というのが神様行動特性(神様コンピテンシー)。ということで、今に繋がる重要テーマを含むことも合わせてチェックです。

なお、

天沼矛あめのぬぼこ」については詳細コチラで→ 天之瓊矛/天沼矛|矛で嶋を成す?国生みで二神が使用した特殊な矛「天之瓊矛/天沼矛」を徹底解説!

日本書紀にほんしょき』では「天之瓊矛あまのぬほこ」。「天之」は美称。「けい」は玉飾りのこと。麗しい玉飾りのついた矛。

これをベースに、古事記こじき』では「天沼矛あめのぬぼこ」。「沼」は「瓊」の訓仮名として。『日本書紀』では「瓊」を「」と読めと注しており、この「」の音を「」で表現してるからです。

以上、ポイント4つ。

  1. 天神あまつかみ指令は、一種の「天神ギャランティー」
  2. 「命以―言依」がセット。言葉によって委任する
  3. 国の修理固成
  4. ミッション+グッズ=重要指令発令時の、神話世界の掟

しっかりチェック。

次!

  • そこで、二柱の神は、あめ浮橋うきはしにお立ちになり、其の沼矛を指し下ろしてかき回しされると、海水をこをろこをろと搔きらして引き上げなさった時、其の矛のさきよりしたたり落ちる海の水が、かさなり積もって島と成った。是れしまぞ。
  • 原文: 故、二柱神、立訓立云多多志天浮橋而指下其沼矛以畫者、鹽許々袁々呂邇此七字以音畫鳴訓鳴云那志而引上時、自其矛末垂落之鹽累積、成嶋、是淤能碁呂嶋。

天浮橋あまのうきはしから天沼矛あめのぬぼこを指しおろして海をかき混ぜる。

ポイント4つ。

  1. 天浮橋あまのうきはしは、天空てんくうに浮かぶ橋。天上から地上世界へ降りてくる途中にある橋
  2. 古事記こじき』独特の擬音語・反復法「こをろこをろ」
  3. 海、いつからできてた??多分、最初から。
  4. 不思議の島の「淤能碁呂嶋おのごろしま」。矛の特別なパワー発動??

てことで、以下順に解説。

天浮橋あまのうきはしは、天空てんくうに浮かぶ橋。天上から地上世界へ降りてくる途中にある橋

伊邪那岐命いざなきのみこと伊邪那美命いざなみのみことが立った「天浮橋あまのうきはし」について、詳細はコチラで→ 天浮橋とは? 天にあって下界全体が見渡せる橋

コレ、「天空てんくうに浮かぶ橋」のことで、ここから地上世界の様子がまー良く見えるらしい。

天界と下界をつなぐ橋、といった説もありますが、文献的には、天浮橋あまのうきはしはあくまで天空てんくうにあり、天神あまつかみが天上から下界の様子を察知する場合のみ登場。尊いお方は、まずこういうところから下界を見渡すわけです。

②『古事記』独特の擬音語・反復法「こをろこをろ」

「こをろこをろに(鹽許々袁々呂邇)」とあります。

コレ、『古事記こじき』が文学的と言われる所以の箇所。

雄大、写実的

天から長大な矛を指しおろし、こをろこをろと海をかき混ぜる。。。なんて文学的なんだ!!!

文体として、擬音語と反復法を用いて写実的に描写。とくに反復技法については、『古事記こじき』が古代の口誦性の復元を意図していることに起因してます。

現代では、同じ言葉や単調な反復は避けるのが常識なのですが、古代ではあたりまえだったようで。そんな背景から「こをろこをろに」が使用されてること、チェック。

次!

③海、いつからできてた??多分、最初から。

原文では「鹽」。語訳として「海水」、つまり海としています。

コレ、先ほど解説した「修理固成」の箇所と同様、天地のはじまりにおける描写がもとになってます。

国が未成熟で、浮いてる脂のようで、クラゲみたいにふよふよ漂っていた状態。この浮いてるところって、、、やっぱり海。「鹽」=塩という漢字が使用されているところから。

日本書紀にほんしょき』ではより具体的に「天之瓊矛あまのぬほこを指し下ろして探ってみるとを獲た。(廼以天之瓊矛、指下而探之。是獲滄溟。)第四段〔本伝〕」と伝えてます。これも海の根拠になってます。

てことで、突然登場してる感じの「海水」。辿っていくと、天地のはじまりのときにできてたんだろう、、、ということで。地ができたってことは海もできてた?的な感じでチェック。

④不思議の島の「淤能碁呂嶋」。矛の特別なパワー発動??

其の矛のさきよりしたたり落ちる海の水が、かさなり積もって嶋と成った。是れしまぞ。(自其矛末垂落之鹽累積、成嶋、是淤能碁呂嶋。)」

と、いうことで。どうやら、海をかき混ぜた矛から滴り落ちた海水=しお=塩が累積してしまに成ったらしい。

コレ、ま、神なんで、そういうこともできるんでしょう、と処理も可能ですが、、、もう少し文献学的に深めてみます。

古事記こじき』には登場しないのですが、『日本書紀にほんしょき』ではいわゆる「ほここう」というべき、古代の思想とか考え方を伝えてます。

ほこ」については、例えば、『日本書紀』第九段で登場。葦原中国あしはらのなかつくに平定の際、大己貴神おおあなむちのかみ経津主神ふつぬしのかみ武甕槌神たけみかづちのかみに「広矛ひろほこ」を授けます。その際、大己貴神おおあなむちのかみは、その「広矛ひろほこ」を「平国(国を平定する)」に功があり、さらに「治国(国を治める)」にも効果を発揮するとつたえます。

コレが「ほここう」。

つまり、
ほこを使うことでこうを収める、
矛を使うことで平定や統治という功績をあげることができる、という考え方です。

ほこにはそうした特別な力がある、ってこと。コレ、古代における思想的なものとしてチェック。

なお、ここでは矛の「こう」は「淤能碁呂嶋おのごろしま」そのものになります。矛の持つ特別な力、ほここう、チェックです。

以上、ポイント4つ。

  1. 天浮橋あまのうきはしは、天空てんくうに浮かぶ橋。天上から地上世界へ降りてくる途中にある橋
  2. 古事記こじき』独特の擬音語・反復法「こをろこをろ」
  3. 海、いつからできてた??多分、最初から。
  4. 不思議の島の「淤能碁呂嶋おのごろしま」。矛の特別なパワー??

しっかりチェック。

続けてどんどんいきます。

  • 其の島に天降あもして、あめ御柱みはしらを見立て、八尋やひろ殿どのを見立てになった。
  • 原文: 於其嶋天降坐而、見立天之御柱、見立八尋殿。

淤能碁呂嶋おのごろしま天降あまくだって、あめ御柱みはしら八尋殿やひろどのを見立てたと。。

ポイント3つ。

  1. 見立てる=見る事によって現前させる。『古事記こじき』的意訳
  2. あめ御柱みはしら=もともとは国の中心である柱=地の中央であり天と通う場所
  3. 八尋殿やひろどの=もともとは、新たに足を踏み入れた地に居住し、結婚し、出産する一連の展開~という神様特有の行動特性の一環から

1つ目。

①見立てる=見る事によって現前させる。『古事記』的意訳

「見立てる(原文:見立)」とありますが、これ単品では解釈がむずかしい。。

そこで登場、『日本書紀』第四段〔一書1〕

ここでは、同様の場面で、

八尋之殿やひろのとのを作った。また天柱あまのみはしらを立てた(原文: 化作八尋之殿。又化竪天柱。)」と伝えます。

八尋之殿やひろのとのを化し作った。また天柱あまのみはしらを化し立てた。と。

ポイントは「化作かさく化堅かけん」。化し作る、化し竪てる。

「化(かす)」は『日本書紀にほんしょき』ならではの表現で、自動詞的用法。例えば、神の誕生が「化生かせい」という方法(第一段)。天と地の間に「もの」ができて、この「もの」が化すことで神が生まれる。つまり変化して生まれる、化けるイメージ。

ただ、「化作かさく」「化竪かけん」は、他動詞的用法での「化(かす)」使用。

そして、「作」は御殿を作るので作。「堅」は柱を立てるので竪。

まとめると、

化作かさく」「化竪かけん」は、~を化し作る、化し竪てる。つまり、二神の意欲ないし念慮のようなものが八尋殿やひろどの天柱てんのみはしらを出現させた、実体化させた、ということになります。

まさに神業かみわざ

で、『古事記』ではこれを意訳して、「見立てる」としてる訳です。『日本書紀』「化作かさく」、からの『古事記』「見立」。見ることによって現前させる、まさに神業的作業としてチェック。

次!

あめ御柱みはしら=もともとは国の中心である柱=地の中央であり天と通う場所

あめ御柱みはしらを見立てた。(見立天之御柱)」とあります。

「天之御柱」は、神仙の山として名高い崑崙山こんろんさん天柱てんちゅうとみなす説がよく知られてます。

一例を挙げれば、

  1. 「崑崙山、天中柱也」(『芸文類聚』巻七「崑崙山」所引「龍魚河図」)
  2. 「崑崙山為天柱」(『初学記』巻五「総戴地第一」所引「河図括地象」)など

なお、

②の背景設定としては、「天柱の崑崙山から気が上昇して天に通い、そこが地の中央に当たる」とする思想あり。

分かってる人には分かる、そういう設定。ま、これまでご紹介してきたポイント全てにそういう漢籍かんせきをベースにした創意工夫があるんです。

ちなみに、、、

日本書紀にほんしょき』第四段〔一書1〕では、「天柱あまのみはしら」として登場。コレ、天や天神あまつかみとのつながりを確保する柱として位置づけられてます。

実際、『日本書紀にほんしょき』第四段に続く第五段〔本伝〕では、これを「天柱あまのみはしらを使って(日神を)天上に送り挙げたのである。(故、以天柱挙於天上也)」と日神ひのかみを天上に挙げる手段として使用しています。

これを踏まえると「天御柱あめのみはしら」を登場させたのは、このあと、天神あまつかみへの報告シーンがあるので、自分たちが天上世界へ帰るための手段、経路を確保するためだった、と考えられます。

そもそも天神あまつかみ指令から始まってますから。ほう告・れん絡・そう談は欠かせません、ってことでチェック。

次!

八尋殿やひろどの=もともとは、新たに足を踏み入れた地に居住し、結婚し、出産する一連の展開~という神様特有の行動特性の一環から

八尋やひろ殿どのを見立てた。(見立八尋殿)」とあります。

結婚と国生みですから!新婚さんのラブホーム。盛り上がって参りました。的な処理でもいいのですが、ここではもう少し深く解釈を。

つまり、なんで殿との建てた。。。?ってこと。

コレ、実は、神様行動特性(神様コンピテンシー)の一つで。、

題して、

「新たに足を踏み入れた地に居住し、結婚し、出産する、一連の展開の巻」

コレ、特に理論ガチガチの『日本書紀にほんしょき』で分かりやすく表現されていて、例えば、

  • 素戔嗚尊すさのおのみことの「建宮」(第八段本伝)
  • 皇孫こうそんの「立宮殿」(第九段一書2)

と、

新たに踏み入れた出雲いずもの地で、素戔嗚尊すさのおのみことの場合は、奇稲田姫くしなだひめと過ごす宮を、ラブを。
新たに踏み入れた葦原中国あしはらのなかつくにで、瓊瓊杵尊ににぎのみことの場合は、鹿葦津姫かあしつひめを召した宮殿を、ラブを。

といった具合で同じフレームで伝えてます。

今回も、新たに踏み入れた(天降あまくだった)地上で、二神が見立てた八尋殿やひろどのであり。もちろんラブであり。

同じ構造を持ってますよね。新たに足を踏み入れた地では、まず宮をつくる。そして住む。コレ神様特有の行動特性。神様コンピテンシー。

いいじゃないですか、八尋殿やひろどのを見立てて一緒に住んでラブなことをしようとした訳ですよ。まさに新婚さんのラブホーム。激しく盛り上がって参りました。

以上ポイント3つ。

  1. 見立てる=見る事によって現前させる。『古事記こじき』的意訳
  2. あめ御柱みはしら=もともとは国の中心である柱=地の中央であり天と通う場所
  3. 八尋殿やひろどの=もともとは、新たに足を踏み入れた地に居住し、結婚し、出産する一連の展開~という神様特有の行動特性の一環から

しっかりチェック。

次!

  • 是に其の妹伊邪那美命いざなみのみことに問うて「が身はどのように成っているのか。」と仰せられたので、「が身は、出来上がっていって出来きらない処一処ところひとところあり。」とおえになった。ここに伊邪那岐命はみことのりして、「が身は、出来上がっていって出来すぎた処一処あり。ゆえに、此の吾が身の出来すぎた処をもって、汝が身の出来きらない処に刺しふさいで、国土くにを生み成そうとおもう。生むことはどうだろうか。」と仰せになると、伊邪那美命は「それがいでしょう。」とお答えになった。
  • 原文: 於是、問其妹伊邪那美命曰「汝身者、如何成。」答曰「吾身者、成成不成合處一處在。」爾伊邪那岐命詔「我身者、成成而成餘處一處在。故以此吾身成餘處、刺塞汝身不成合處而、以爲生成國土、生奈何。」訓生、云宇牟。下效此。伊邪那美命答曰「然善。」

身体問答しんたいもんどう=男女の形状の違いを、互いに言い合って確かめ合う。

これ、なんでこんなことやってるか?というと、「言表」という神様固有の行動特性があるからです。

言表げんぴょうとは、言い表すこと。神様は「まず言表げんぴょうし、そして行為に及ぶ。」コレが、神様行動特性(神コン)であります。

●必読→ 言表と行為|神様の行動パターン。神はまず、言表し、そして行為に及ぶ。

なので、ココでは、

性別による男女のありかたの違いを、それぞれの形状をたがいに言表げんぴょうすることによって、確かめあってるという次第。

この後からです。二神が怪しくなってくるのは。。。

御殿を作ってさー夫婦になるぞと、盛り上がって参りましたねと、ラブな雰囲気が高まるに従っておかしなことをやり始める感じ、、、

  • そこで伊邪那岐命が詔して「然らばと是の天の御柱を行きめぐり逢って、美斗能麻具波比みとのまぐはひをしよう。」と仰せになった。このようにちぎって、さっそく「汝は右より廻り逢へ。は左より廻り逢はむ。」と仰せになり、ちぎり終えて廻る時、伊邪那美命が先に「ほんとうにまあ、いとしいお方ですことよ。」と言ひ、後に伊邪那岐命「なんとまあ、かわいい娘だろうか。」と言った。
  • おのおの言ひ終えた後、其のいもに告げて曰りたまはく、「女人おみなが先に言ったのは良くない。」とお告げになった。然れども、寝床で事を始めて子の水蛭子ひるこを生む。此の子は葦船に入れて流してた。次に淡島あはしまを生んだ。是もまた、子のかずには入れなかった。
  • 原文: 爾伊邪那岐命詔「然者、吾與汝行廻逢是天之御柱而、爲美斗能麻具波比此七字以音。」 如此之期、乃詔「汝者自右廻逢、我者自左廻逢。」約竟廻時、伊邪那美命、先言「阿那邇夜志愛上袁登古袁。此十字以音、下效此。」後伊邪那岐命言「阿那邇夜志愛上袁登賣袁。」各言竟之後、告其妹曰「女人先言、不良。」雖然、久美度邇此四字以音興而生子、水蛭子、此子者入葦船而流去。次生淡嶋、是亦不入子之例。 

柱巡みはしらめぐりの重要局面。

ポイント3つ。

  1. 結婚=儀礼。きちんとした手順やルールを踏まえることが大事
  2. 間違いがあるからこそ、分かることがある。伝えられることがある
  3. 水蛭子ひるこ淡嶋あわしまの処遇=社会の成熟度という観点で解釈

1つ目。

①結婚=儀礼。きちんとした手順やルールを踏まえることが大事

結婚=儀礼ですから、きちんとした手順を踏むことが重要です。

きちんとした手順とは、陽主導であること、陽が先であること。易の概念がベース。

●必読→ 日本神話的易の概念|二項対立の根源とその働きによって宇宙はつくられ動いている

●必読→ 尊卑先後の序|日本神話を貫く超重要な原理原則!世界の創生当初から存在する原理的次序で、天→地→神という成りたちを導く

『古事記』では明記はされてませんが、ここでいう「陽」とは伊邪那岐命であり、「陰」は伊邪那美命。

これをもとに、結婚=儀礼の具体的方法とは、

  1. 伊邪那岐命いざなきのみことが左旋、伊邪那美命いざなみのみことが右旋
  2. 伊邪那岐命いざなきのみことが先唱、伊邪那美命いざなみのみことが後和

というながれになります。

イメージ化するとこんな感じ。

『古事記』柱巡りと出産の現場

で、陽主導であること、陽が先であることがポイントで。

これによって、この儀式が正当なものである、神聖なものであるとみなされ、その結果である、国生みが正当化される、成果物としての大八嶋国が神聖化される、というロジック。コレ、しっかりチェック。

●参考→ 日本神話的時間発生起源|伊奘諾尊・伊奘冉尊の柱巡りが時間の推移や季節を生みだした件

次!

②間違いがあるからこそ、分かることがある。伝えられることがある

そんな儀式手順がありつつ、、

今回、途中で伊邪那美命が先に声をあげてしまいます。

伊邪那美命が先に「ほんとうにまあ、いとしいお方ですことよ。」と言ひ、後に伊邪那岐命「なんとまあ、かわいい娘だろうか。」と言った。」と。。盛り上がりすぎたか、、、

つまり、

  1. 伊邪那岐命いざなきのみことが左旋、伊邪那美命いざなみのみことが右旋
  2. 伊邪那美命いざなみのみことが先唱、伊邪那岐命いざなきのみことが後和

ということで、①はよかったんだけど、②で間違えた、ってことです。ココ、しっかりチェック。

で、

意外にも、伊邪那岐命いざなきのみことは分かってるようです。女人おみなが先に言ったのは良くない。」とお告げになった。と。コレ、陽主導の残り香。。

でも、、、誘惑にてなかったのか、、、然れども、寝床で事を始めて子の水蛭子ひるこを生む。と。。

、、、

てなかったらしい。。

そこで誕生したのが、水蛭子ひるこ淡嶋あわしま。いずれも、流したり子のかずには入れなかった。とあります。

コレ、要は、

手順を間違えたことで、良くない結果を生んだ、ってことですよね。

言い方を変えると、

表側では華やかなウェディングイベントが進行しているのですが、
裏側では神さえも従わなければならない絶対ルールが働いていたってことなんです。それが易をもとにした宇宙法則。。。

でも、、、

この間違いがあるからこそ、分かることがある。伝えられることがあるんです

ルールを破るとどうなるか?

それは、ルールを破ってみないと本当のところは分からない。

「間違い+結果(代償)」のセットは必須の展開だとも言えて。

間違いがあるから学びがある。深く伝えられる。

その意味では、非常によく練られた構成としてチェック。決して、二神とも誘惑に克てませんでした、という話ではございません!

次!

③水蛭子、淡嶋の処遇=社会の成熟度という観点で解釈

「此の子は葦船に入れて流してた。次に淡島あはしまを生んだ。是もまた、子のかずには入れなかった。」とあります。

水蛭子ひるこは、蛭(ひる)のように手足の萎えた子。葦船は、葦を編んで造った船。葦は邪気を払うという思想があり、葦船で水蛭子ひるこの邪気を流し捨てる、、、的な意味あいもあるようなないような。。。

ちなみに、遺棄された水蛭子ひるこですが、例えば兵庫ひょうご県の西宮神社にしのみやじんじゃでは、水蛭子ひるこはその後、西宮にしのみやに漂着し、「夷三郎殿」と呼ばれ大事に育てられた、といった伝承あり。流されたものの、今では日本に約3500社ある、えびす総本社のご祭神として人々の崇敬を集めています。これはこれで良いお話かも。

それはさておき、神話の話。

この、流し去てる、子の数には入れない、という対応。単にヒドイ!ってことじゃなくて、もう少し深く捉えたい。

コレはこれで、神代じんだいにおける社会の未熟さという事で解釈。

神様だって社会を構成します。

天地開闢てんちかいびゃくからの国生みの時代はまだ色んなことが未成熟だったんす。だからこそ、二神は流したり認知しなかったりする。現代の感覚からすると違和感があるのは当然で。

社会の成熟度合いは、「個別的に長期生存が不可能な個体(弱者)」を生き延びさせる考え方や仕組みの出来具合に比例します。どれだけの個体が生き延びられるか、どれだけの「弱者」を生かすことが出来るかは、その社会の持つ力に比例する訳ですよね。

神様の織りなす世界も、社会として機能してくるのは岩戸いわと神話あたりから。それまでは、まだまだ未成熟な感じを引きずってたんすね、って私は何様でしょうか?

水蛭子ひるこ淡嶋あわしまの「流す」とか「子への不算入」といった事、それ自体の良し悪しを議論するのは稚拙で。それよりも社会の成熟度合いといった観点から考えてみると深みがでてくると思います。

ということで、

二神としては結局、命を下した当の天神あまつかみを頼るほかない。。。ということで天上へ。天神あまつかみホウレンソウ(ほう告・れん絡・そう談)。仕事の基本を実践。

以上、ポイント3つ。

  1. 結婚=儀礼。きちんとした手順やルールを踏まえることが大事
  2. 間違いがあるからこそ、分かることがある。伝えられることがある
  3. 水蛭子ひるこ淡嶋あわしまの処遇=社会の成熟度という観点で解釈

しっかりチェック。

続いて後半に突入!

 

後半:天神あまつかみお伺いから大八嶋国おおやしまくにを生む

  • 是に二柱の神、はかって「今が生める子は良くない。やはり天つ神の御所みもとまをしあげるのがよい。」と仰せになって、すなはち共にまいのぼって、天つ神のめいを仰がれた。ここに天つ神の命をもって、太占に卜相うらなって「をみなの言葉が先立ったことにり良くないのである。再びかへくだって改めて言いなさい。」と仰せになった。ゆえにかへり降りて、更にの天の御柱を先の如く往きめぐった。是に伊邪那岐命、先に「なんとまあ、かわいい娘だろうか。」と言ひ、後にいも伊邪那美命が「なんとまあ、いとしいお方ですこと。」と言った。
  • 原文; 於是、二柱神議云「今吾所生之子、不良。猶宜白天神之御所。」卽共參上、請天神之命、爾天神之命以、布斗麻邇爾上此五字以音ト相而詔之「因女先言而不良、亦還降改言。」故爾反降、更往廻其天之御柱如先、於是伊邪那岐命先言「阿那邇夜志愛袁登賣袁。」後妹伊邪那美命言「阿那邇夜志愛袁登古袁。」

天神あまつかみに報告相談の巻。

ポイント2つ。

  1. 天神あまつかみによる占いの意味=より尊貴に、より高く
  2. 天神あまつかみ太占ふとまに=天神さえ服従する「超絶的な働き=神意」を知るための儀式

1つ目。

①天神による占いの意味=より尊貴に、より高く

生み損ないの原因・理由不明状態で天神あまつかみへホウレンソウ。

ココでオモシロいのが、

最後の砦、天神あまつかみでさえ、原因が分からない!??

、、残念です。

天神あまつかみさん、卜占ぼくせんを頼みとして宇宙メッセージを受信しはじめるの巻。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

で、

占いの結果、「先唱後和せんしょうこうわの順序に問題があった」ことが判明。再下降を命じる流れに。

コレ、構造的に解説すると、、、

最終的には大八嶋国おおやしまくにの尊貴化、神聖化につなげるための仕掛け、という事。

古事記こじき』は、二神より尊貴な存在である天神あまつかみを登場させ、天神ミッションという形によって大八嶋国おおやしまくにを尊貴化しようとしてるわけで。

この占いエピソードは、これをさらに格上げしようとするためのものなんす。

二神より尊貴な天神あまつかみよりさらに尊貴な宇宙的存在があるんだと。このメッセージを卜占ぼくせんによって受信したんだと。それによって誕生したのが大八嶋国おおやしまくになんだと、ダブルで尊いんだと。二神入れたらトリプル尊いんだと。

ま、そういう話です!!!、。

より尊貴に、より高く、、、

この上方向へ一段ずつ上げていく指向性は、『古事記こじき』の造化三神ぞうかさんしん別天神ことあまつかみといった神様カテゴリの設定と共通するものがあります。

より尊貴に、より高く、、、なればなるほど説明は無くなっていく。よく分からない雰囲気。良くいえば、奥ゆかしい存在になっていく。

まさに、

「なにごとの おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる (作:西行)」の境地であります。よー分からんのであります。それがなんかスゴいんす。

次!

天神あまつかみ太占ふとまに=天神さえ服従する「超絶的な働き=神意」を知るための儀式

天神あまつかみが占いをする、、、

何度聞いても、スゴイ違和感。。。天神あまつかみが占いをする、、、あの、、、天神って何なんでしょう?

で、

太占ふとまにについては、『古事記こじき』の一説を参照するのが例。

天照大御神あまてらすおおみかみ天岩屋あまのいわやに隠れた際に行った神事のなかに

天香山あまのかぐやま真男鹿まをじかの肩を内抜うつぬきに抜きて、天香山のあまのははかを取りて卜合うらなひまかなはしむ」(『古事記』)

とあり、

要は、鹿の骨を使って占いをするんだと。

これ、どうやるかというと、
天香山あまのかぐやまの「ははかの木」の枝を採ってきて、先っちょを焼きます。オレンジ色に焼けた「ははかの木」の枝の先っちょを鹿の骨にぎゅーっと押しつけます。これを何度か繰り返すと、ポクってヒビが入ります。このヒビのでき方によって吉凶を占うという訳です。この割れる「ポクっ」という音をもとに「卜」という漢字ができてたりします。

占いというと、亀の甲羅のイメージが強いかと思いますが、神話世界では鹿なんすね。

しかも、コレ、現代の大嘗祭だいじょうさい関連の儀式でも行われているという、、、スゴ

必読:大嘗祭(だいじょうさい)とは?天皇一代につき一度だけ斎行!日本神話に根ざす大嘗祭の全貌を徹底解説!

必読:波波迦の木 採取神事|大嘗祭用の斎田を決める「亀卜」に使用する神木採取の儀!神代から継承された奥ゆかしい神事の様子をご紹介!

二神の報告に際して天神あまつかみの行った太占ふとまにも、この卜占ぼくせんに通じる訳で。実際に天神がやってるところをイメージ。ポクってね。

で、

天神あまつかみが占ったのは何か?

については、天神が二神に伝えたをみなの言葉が先立ったことにり良くないのである。」という言葉に答えあり。

占いの結果、「女が先に言葉を発したから(良くない結果がうまれた)」と。コレ、つまり、物事には順番があるよと。儀式だよと。そういうことで。

厳粛なる儀礼上、尊卑先後そんぴせんごの序は揺るぎなく働いている、従って、男が先に声をあげないとダメ。儀礼=きちんとした手順、ルールがある。と。

占いの結果、それをたがえたことが原因だと分かった訳ですね。

一同、せーので「なるほどー!!!」と。

そういうことか、と。そりゃそうだよね。占いでようやっと分かった。よかったよかった。。。

って、この展開。。。天神あまつかみも二神もみんな大丈夫でしょうか?

天神あまつかみさえ分からないことがある、それは占いという儀式を通じてでないと分からない。でも、絶対的に働いている法則であり、原理である。

これは、言い方を変えると、天神あまつかみさえ服従する超絶的な働きがある、ということでもあって。占いによって判明する神意を、そういう形で描いてるんですね。

一方で、

天神あまつかみを絶対視しない、あるいは、神を絶対者としない思想は、

多神教的思想、またはアニミズム(自然界のそれぞれに固有の霊が宿るという信仰)に根ざす思惟とも言えて、すでにココに「きざし」として表現されてる!と言えます。

次!

  • このように言ひ終わって御合みあひして(結婚して)、生んだ子は、淡道之穗之狹別嶋あはぢのほのさわけのしま。次に伊豫之二名嶋いよのふたなのしまを生んだ。此の嶋は、身一つにして顔が四つ有る。顔ごとに名が有る。伊豫国いよのくに愛比売えひめといい、讚岐国さぬきのくに飯依比古いひよりひこといい、粟国あはのくに大宜都比売おほげつひめといい、土左国とさのくに建依別たけよりわけという。次に隠伎之三子嶋おきのみつごのしまを生んだ。亦の名は天之忍許呂別あめのおしころわけ。次に筑紫嶋を生んだ。此の嶋も亦、身一つにして顔が四つ有る。顔毎に名が有る。筑紫国は白日別しらひわけといい、豊国とよのくに豊日別とよひわけといい、肥国ひのくに建日向日豊久士比泥別たけひむかひとよくじひねわけといい、熊曾国くまそのくに建日別たけひわけという。次に伊岐嶋いきのしまを生んだ。またの名は天比登都柱あめひとつばしらという。次に津嶋を生んだ。亦の名は天之狹手依比売あめのさでよりひめという。次に佐度嶋さどのしまを生んだ。次に大倭豊秋津嶋おほやまととよあきづしまを生んだ。亦の名は天御虚空豊秋津根別あまつみそらとよあきづねわけという。ゆえに、此の八嶋やしまを先に生んだことに因って、大八嶋国おほやしまくにという。

    然る後、還りす時、吉備児嶋きびのこしまを生んだ。亦の名は建日方別たけひかたわけという。次に小豆嶋あづきしまを生んだ。亦の名は大野手比売おほのでひめと謂う。次に大嶋を生んだ。亦の名は大多麻流別おほたるわけという。次に女嶋ひめしまを生んだ。亦の名を天一根あめひとつねと謂う。次に知訶嶋ちかのしまを生んだ。亦の名は天之忍男あめのおしをと謂う。次に両児嶋ふたごのしまを生んだ。亦の名は天両屋あめふたやと謂う。

  • 原文; 如此言竟而御合生子、淡道之穗之狹別嶋。訓別、云和氣。下效此。次生伊豫之二名嶋、此嶋者、身一而有面四、毎面有名、故、伊豫國謂愛上比賣此三字以音、下效此也、讚岐國謂飯依比古、粟國謂大宜都比賣此四字以音、土左國謂建依別。 次生隱伎之三子嶋、亦名天之忍許呂別。許呂二字以音。次生筑紫嶋、此嶋亦、身一而有面四、毎面有名、故、筑紫國謂白日別、豐國謂豐日別、肥國謂建日向日豐久士比泥別自久至泥、以音、熊曾國謂建日別。曾字以音。次生伊伎嶋、亦名謂天比登都柱。自比至都以音、訓天如天。次生津嶋、亦名謂天之狹手依比賣。次生佐度嶋。次生大倭豐秋津嶋、亦名謂天御虛空豐秋津根別。故、因此八嶋先所生、謂大八嶋國。
  •  然後、還坐之時、生吉備兒嶋、亦名謂建日方別。次生小豆嶋、亦名謂大野手上比賣。次生大嶋、亦名謂大多麻上流別。自多至流以音。次生女嶋、亦名謂天一根。訓天如天。次生知訶嶋、亦名謂天之忍男。次生兩兒嶋、亦名謂天兩屋。自吉備兒嶋至天兩屋嶋、幷六嶋。

→正しい手順を踏まえて結婚し、生んだ「淡道之穗之狹別嶋」以下、8つの嶋。

『古事記』版の、生んだ島は以下の通り。

淡道之穗之狹別嶋あはぢのほのさわけのしま 淡路島
伊豫之二名嶋いよのふたなのしま伊豫国いよのくに愛比売えひめ讚岐国さぬきのくに飯依比古いひよりひこ粟国あはのくに大宜都比売おほげつひめ土左国とさのくに建依別たけよりわけ 四国
隠伎之三子嶋おきのみつごのしま 隠岐
筑紫嶋(筑紫国は白日別しらひわけ豊国とよのくに豊日別とよひわけ肥国ひのくに建日向日豊久士比泥別たけひむかひとよくじひねわけ熊曾国くまそのくに建日別たけひわけ 九州
伊岐嶋いきのしま 壱岐
津嶋 対馬
佐度嶋さどのしま 佐渡
大倭豊秋津嶋 本州

古事記こじき』も、隠岐など例外はありつつ、おおむね左回りで国を生んでます。まさに、島国って雰囲気が伝わってきますよね。

この「おおむね左回り」で嶋を生んでいく運動はもちろん、柱巡りの延長から。

『古事記』柱巡りと出産の現場

からの、、、

『古事記』国生みの順番

で、これら、8つの嶋を一括して「大八嶋国」としています。

古事記こじき』は、生んだ島に神名をつけることで人格化してるのがポイント。

特徴として、男と女の名(比古ひこ比売ひめ等)、四国は穀物系、九州はお日様系、といった感じ。

神名付与の人格化。

コレ、生まれた大八島国おおやしまくにが、伊邪那岐いざなき伊邪那美いざなみの子供であること、血縁関係にあること、生まれた島々が血脈によるつながりをもっていることを、『日本書紀にほんしょき』以上に明確に伝えるためです。

親と子の関係を強固に打ち出す。そのための神名付与人格化パターンであります。

そして、、

このあと、「然る後、還りす時(然後、還坐之時)」とあり、どうやら、柱巡りして反対側で大八嶋国を生み終え、そこからは復路にあたり、引き返すときに嶋が生まれたようです。

吉備児嶋きびのこしま建日方別たけひかたわけ 岡山県児島半島
小豆嶋あづきしま大野手比売おほのでひめ 小豆島
大嶋(大多麻流別おほたるわけ 山口県大島郡屋代島と推定
女嶋ひめしま天一根あめひとつね 大分県の姫島
知訶嶋ちかのしま天之忍男あめのおしを 長崎県五島列島
両児嶋ふたごのしま天両屋あめふたや 長崎県 男島、女島と推定

吉備児嶋きびのこしま」は、古代、吉備国または備前国児島郡にあった島嶼のこと。江戸時代の中頃に、新田干拓で陸続きとなって児島半島になりました。

地図上プロットは以下の通り。

『古事記』国生みの順番2

一説には、これら追加で生んだ6つの嶋は、瀬戸内海航路および遣唐使の寄港地として重要な場所が選ばれている、とされてます。

 

全般を通してみると、

やはり、冒頭、いきなり登場天神あまつかみ」の存在がめっちゃ重要なんだということが分かります。

天神あまつかみプロデュース

天神あまつかみミッションをもとに二神が活動。間違いを犯し、結果の理由を天神に聞きに行く。間違うから分かることがある。で、天神あまつかみが答えを占いで出す。ここで天神以上の存在というか宇宙法則が意識され、さらに格上げされる。そうした雰囲気の中で今度は正しい手続き、儀礼によって大八嶋国おおやしまくにが誕生する。

非常に練られた、緻密に設計、構築された神話世界が展開しています。

一つひとつに当時の最先端知識をもとにした創意工夫を盛り込んでつくっている日本神話の世界。多彩で豊かな世界観は古代日本人の智恵の結晶なんですよね。スゴイ!

 

まとめ

古事記こじき』の国生みを原文、語訳を通じて解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

『古事記』の国生みで押さえておきたいポイントは全部で5つ。

  1. 天神あまつかみ関与。国生みを指令し、改善する天神。コレ、大八嶋国おおやしまくにの尊貴化の仕掛け
  2. 結婚=神聖な儀礼。きちんとした手順を踏むことで、よい結果が得られます
  3. 神をも従う絶対原理が存在。天神あまつかみさえも分からないことがある!?
  4. 国生みの順番は左回りを踏まえず、フリースタイル。理論よりも領域を示すことを優先。
  5. 日本書紀にほんしょき』をベースに?第四段〔一書1〕とほぼ同じ伝承になってる理由

それぞれに非常に深い意味を持たせてること、しっかりチェックされてください。

全般を通してみると、

やはり、冒頭、いきなり登場の天神あまつかみ」の存在がめっちゃ重要ってこと。。

天神あまつかみプロデュース

天神あまつかみミッションをもとに二神が活動。間違いを犯し、結果の理由を天神に聞きに行く。間違うから分かることがある。で、天神あまつかみが答えを占いで出す。ここで天神以上の存在というか宇宙法則が意識され、さらに格上げされる。そうした雰囲気の中で今度は正しい手続き、儀礼によって大八嶋国おおやしまくにが誕生する。

非常に練られた、緻密に設計、構築された神話世界が展開しています。

一つひとつに当時の最先端知識をもとにした創意工夫を盛り込んでつくっている日本神話の世界。多彩で豊かな世界観は古代日本人の智恵の結晶なんです。

 

神話を持って旅に出よう!

国生み神話の伝承地はコチラです!

上立神岩|国生みの舞台!伊奘諾尊と伊奘冉尊が柱巡りをした上立神岩を日本神話と合わせて現場レポ!

12/17/2016

沼島の自凝神社(おのころ神社)|伊奘諾尊と伊奘冉尊の結婚スポット!国生み神話から縁結びご利益満載の神社は山全体が御神体の恋愛系パワースポットです。

12/19/2016

沼島へは沼島汽船でゴー!伊奘諾尊と伊奘冉尊による国生み神話の舞台「沼島」へ向かう唯一の交通手段「沼島汽船」の全貌をご紹介します

12/16/2016

絵島|国生み神話の舞台!?古代より歌人を魅了してきた絵になる小島「絵島」

10/31/2019

伊弉諾(いざなぎ)神宮|伊奘諾尊の隠居地「幽宮」!伊弉諾神宮の魅力と日本神話をまとめてご紹介!

12/26/2016

花窟神社|伊奘冉尊の鎮魂祭祀の場!高さ45mの圧倒的な巨岩と神代から続く花の祭りが神話ロマンすぎる件

08/18/2016

 

国生み神話の詳細解説!必読です!

『日本書紀』第四段

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝 ~聖婚、洲国生み~

05/26/2019
『日本書紀』第四段

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 一書第1 〜天神ミッションと無知な二神〜

06/01/2019
『古事記』国生み

『古事記』国生み原文と現代語訳と解説|伊邪那岐命と伊邪那美命の聖婚と大八嶋国誕生の物語

09/22/2021

 

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

 

本シリーズの目次はコチラ!

日本書紀の目的と編纂方法|神代から歴史へ直通!それアリ??『日本書紀』の目的と編纂方法に隠されたヒミツを徹底解説!

05/06/2019

日本神話とは

天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

神武天皇の家系図|分かる!神武東征神話|天照大神の第五世代 子孫(来孫)であり、海神の孫でもある件

01/20/2016

参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)

【中古】 日本書紀 史注(巻第1) /山田宗睦(著者) 【中古】afb

 

『古事記』国生み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他