「国生み神話」が淡路島なのはなぜ?国生み神話で伝える淡路島の意味と理由を徹底解説!

 

「国生み神話」の舞台が淡路島とされてるのは何故なぜなのか?

その謎に迫ります。

国生み神話を伝えるのは『日本書紀』巻一(神代上)第四段。

『古事記』では『日本書紀』の第四段〔一書1〕と同じような内容で伝えられてます。

今回は、正史である『日本書紀』をもとに、国生み神話の舞台が淡路島とされてる理由を考えていきます。

 

国生み神話とは

国生み神話とは、

伊弉諾尊と伊弉冉尊の二神による、国を産む神話。

正確に言うと、国=日本の土台となる「大八洲国おおやしまぐに」を産むお話です。

まずは、その「国生み神話」のリアルな現場をチェック。

正史『日本書紀』第四段〔本伝〕から。

国生み神話の舞台が淡路島とされてる理由、そもそも、淡路島がどのような位置づけになっているのかを検証です。

 伊弉諾尊いざなきのみこと伊弉冉尊いざなみのみこと二柱ふたはしらの神は、天浮橋あまのうきはしの上に立って共にはかり、「この下の底に、きっと国があるはずだ。」と言った。そこで、天之瓊矛あまのぬほこを指し下ろして探ってみると海を獲た。

 そのほこの先から滴り落ちた潮が自然に凝り固まり、一つの嶋と成った。それを名付けて「磤馭慮嶋おのごろしま」といった。

 二柱の神は、ここにその島に降り居ると、共に夫婦となり、国を産もうとした。

 そこで、磤馭慮嶋を、国の中心である柱とし、陽神をかみは左から巡り、陰神めかみは右から巡り、同じ所であい会した。 ー中略ー ここで陰陽(男女)が始めて交合こうごうし、夫婦となったのである。

 産む時になって、まず淡路洲あはぢのしまえなとしたが、それはこころに不快なものであった。そのため「淡路洲あはぢのしま」と名付けた。

 こうして大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしまを産んだ。次に伊予二名洲いよのふたなのしまを産んだ。次に筑紫洲つくしのしまを産んだ。そして億歧洲おきのしま佐渡洲さどのしまを双児で産んだ。世の人に双児を産むことがあるのは、これにならうのである。次に越洲こしのくにを産んだ。次に大洲おほしまを産んだ。そして吉備子洲きびのこしまを産んだ。これにより、はじめて八洲を総称する国の「大八洲国おほやしまぐに」の名が起こった。

 このほか、対馬嶋つしま壱岐嶋いきのしま、及び所々の小島は、全て潮の泡がり固まってできたものである。また水の泡が凝り固まってできたともいう。

 伊弉諾尊・伊弉冊尊、立於天浮橋之上、共計曰、底下豈無国歟。廼以天之瓊矛、指下而探之。是獲滄溟。其矛鋒滴瀝之潮、凝成一嶋。名之曰磤馭慮嶋。 二神於是降居彼嶋。因欲共為夫婦、産生洲国。便以磤馭慮嶋、為国中之柱。而陽神左旋、陰神右旋。分巡国柱、同会一面。 ー中略ー 於是、陰陽始遘合、為夫婦。 及至産時、先以淡路洲為胞。意所不快。故、名之曰淡路洲。廼生大日本〈日本、此云耶麻騰。下皆效此。〉豊秋津洲。次生伊予二名洲。次生筑紫洲。次双生億岐洲与佐度洲。世人或有双生者、象此也。次生越洲。次生大洲。次生吉備子洲。由是、始起大八洲国之号焉。即対馬嶋、壱岐嶋及処処小嶋、皆是潮沫凝成者矣。亦曰、水沫凝而成也。 (『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝より一部修正・略して引用)

と、いうことで、

ポイントは以下

  • 二神が「天之瓊矛あまのぬほこ」を指し下ろし、矛の先から滴り落ちた潮によってできた嶋が「磤馭慮嶋おのごろしま」。
  • 二神は「磤馭慮嶋おのごろしま」に降り立ち、これを国の中心となる柱として周囲を回り、反対側で会合し結婚した。
  • 産むときになって「淡路洲あはぢのしま」をえなとしたが、不快だったので「淡路洲あはぢのしま」と名付けた。
  • そして、大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしまをはじめ、合計八つのしまを産み、最後に一括して「大八洲国」とした。

と、

この時点で、
国生み神話の舞台が淡路島じゃないことが分かります。淡路島の皆様すみません。。。

文献上は、

  • 国産み(結婚・出産)の舞台は「磤馭慮嶋おのごろしま」であり、「磤馭慮嶋おのごろしま」は「淡路洲あはぢのしま」とは別の嶋である。
  • 磤馭慮嶋おのごろしま」は「洲」という大きさではなく、「対馬嶋」や「壱岐嶋」といった小島といった規模感である。
  • 淡路洲あはぢのしま」は、出産時にえなとして使用した「しま」であり、結局使われなかった。「意にあわない=あわぢ」を原義に持つしま

ということが分かります。(淡路島を貶めようという訳ではございません、、)

なので、

国生み神話の舞台が淡路島とされてる理由、、

とかいったレベルでもなく、、

そもそも、淡路島は国産みの舞台じゃなくて、神が出産時に使うえな(胎盤のような膜)として位置づけられてるんです。

神が出産時に使うえな? なんのこっちゃ? という点はコチラで詳しく↓

必読:『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝 ~聖婚、洲国生み~

要は、

さーこれから産むよ-!というときになって、まず、淡路洲というのが既にあって、それをえな(膜)とした、ってこと。

これってつまり、

出てくる胎児(ここでは洲のこと)を膜で包もうとした、ということになります。

神の出産は、胎児が「えな(膜)」に包まれて出てくるのではなく、
胎児が出てくるときに「えな(膜)」を使う、という方法らしい、、、

これ、日本神話的「神の出産」スタイル。

現代の私たちが近代合理や科学の力によって分かってる・理解してるコトと、
『日本書紀』編纂当時の人たちが分かってたコトには、大きなギャップがあります。

出産は神秘そのもの。外から見えるものをもとに想像していくしかない訳で。神様スタイルと人間スタイルの出産の違いは、古代の人たちのイメージへのロマンとして考えてみるといいかと。

話を戻して。

じゃ、国生み神話の舞台はどこなのよ?という話、次の章で検証してみます。

 

国生み神話の舞台はどこ?

国産み(結婚・出産)の舞台はあくまで「磤馭慮嶋おのごろしま」であり、
磤馭慮嶋おのごろしま」は「淡路洲あはぢのしま」とは別の嶋だということは確認できました。

じゃ、

この「磤馭慮嶋おのごろしま」ってどこなのよ?

という話ですが、これもやっぱり文献にヒントあり。

『日本書紀』第四段〔本伝〕のポイント再確認。

  • 二神は「磤馭慮嶋おのごろしま」に降り立ち、これを国の中心となる柱として周囲を回り、反対側で会合し結婚した。
  • 産むときになって「淡路洲あはぢのしま」をえなとしたが、不快だったので「淡路洲あはぢのしま」と名付けた。
  • そして、大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしまをはじめ、合計八つのしまを産み、最後に一括して「大八洲国」とした。

と。

ここで確認すべきは、

  • 「嶋」と「洲」の違い
  • 磤馭慮嶋おのごろしま」と「淡路洲あはぢのしま」の距離感

まず、

1つ目。「嶋」と「洲」の違いについて。

コレ、文献的には一応、使い分けられていて、要は「大きさ」がポイント。

嶋・・・「磤馭慮嶋おのごろしま」「対馬嶋」や「壱岐嶋」といった小島といった規模感

洲・・「大日本豊秋津洲おほやまととよあきづしま=本州」「伊予二名洲いよのふたなのしま=四国」や「筑紫洲つくしのしま=九州」といった大きさ。ただし、「億歧洲おきのしま」のような例外もあり。

いずれにしても、

嶋は、小島レベル、洲は大きな島レベル、といった区分けがあるんです。

ということで、まずは、国生み神話の舞台としての「磤馭慮嶋おのごろしま」については、どうやら小島くらいの大きさだ、ということでチェック。

次に、

2つ目。「磤馭慮嶋おのごろしま」と「淡路洲あはぢのしま」の距離感について。

磤馭慮嶋おのごろしま」で結婚し、その流れで出産。そのときに「淡路洲」を使ったけど合わなかった、という内容。

コレ、つまり、

磤馭慮嶋おのごろしま」と「淡路洲あはぢのしま」はそんなに離れてない距離

と言えそうです。

出産にあたって、手近にあった洲を使ってみたけど合わなかったから「淡路洲あはぢのしま」と名付けた、的な感じなので。

そうなると、、、逆に言うと、

淡路洲あはぢのしま」からそんなに遠くないところに「磤馭慮嶋おのごろしま」があったとも言えて。

以上の2つの要件をまとめると

  • 磤馭慮嶋おのごろしま」は小島レベルの大きさ
  • 磤馭慮嶋おのごろしま」と「淡路洲あはぢのしま」はそんなに離れてない

ということになり、

これをもとに、地図にあてこめて見てみると、、、、

うーん、、、

淡路島に近くて、対馬や壱岐と同じくらいの嶋、、、

やっぱ、、、

 

小豆島?

って、

言いたいんだけど、『日本書紀』的には。

ところが、『古事記』では、

同じ国生み神話で「大八島国おおやしまのくに」を産んだあと、続けて6つの島を産んでるのですが、その中に、、、

小豆島あずきじま 別名「大野手比売おおぬてひめ

があって、、、涙

淤能碁呂島おのごろしまに降り立って、国を産んで、それで小豆島を産んだ訳なので、

淤能碁呂島≠小豆島

てことで。

あくまで『古事記』的にな!

、、、終了。

 

もうちょっと寄ってみるかい。

うーん、、、

淡路島に近くて、対馬や壱岐と同じくらいの嶋、、、(再びの)

てことは、

やっぱ、、、

 

沼島

神島

かい?

てことで、

結局、よく言われてる

①沼島 と ②神島 に来てしまう訳です。

小さすぎるのがたまきず。。。

大きさはほぼ同じなので、、、近い方を?ということで、、、

当サイト的には、一応、

国生み神話の舞台「磤馭慮嶋おのごろしま」は沼島かも

ということにさせていただければと存じます。よろしくお願い申し上げます。

ということで、コチラをチェック

沼島の自凝神社(おのころ神社)|伊弉諾尊と伊弉冉尊の結婚スポット!国生み神話から縁結びご利益満載の神社は山全体が御神体の恋愛系パワースポットです。

12/19/2016

上立神岩|国生み神話の舞台!「天の御柱」と伝える高さ30mの鋭く切り立つ巨岩は伊弉諾尊と伊弉冉尊が周囲をまわって結婚した超絶パワースポット!

12/17/2016

沼島への行き方はコチラでどうぞ。

沼島へは沼島汽船でゴー!伊弉諾尊と伊弉冉尊による国生み神話の舞台「沼島」へ向かう唯一の交通手段「沼島汽船」の全貌をご紹介します

12/16/2016

ちなみに、、、

なぜ国生みの舞台「磤馭慮嶋おのごろしま」を沼島(周辺?)に定めたのか?

についてお答えして終わりたいと思います。

それは、、、

国の中心だから!

『日本書紀』や『古事記』が編纂された時代、つまり、日本神話が編まれた時代は、7世紀後半から8世紀初頭。

このころの大和の支配圏は東北の手前くらいまで達していました。

ざっくりこんなイメージ。

ね?

磤馭慮嶋を、国の中心である柱とし」とあったように、

国生みの舞台「磤馭慮嶋おのごろしま」は国の中心となる位置にあったってこと。

それはまさに、淡路島近辺だったんですね。

世界の、いや、日本の中心で愛を育み結婚出産する。

いいじゃないですか、この日本的なる誕生譚。合わせてチェックされてください。

 

まとめ

「国生み神話」の舞台が淡路島とされてるのは何故なぜなのか?

改め、「国生み神話」の舞台はどこなんだ?

ということでお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

国生み神話を伝えるのは『日本書紀』巻一(神代上)第四段。文献に即して、文献に忠実に追いかけていくと、国生みの舞台「磤馭慮嶋おのごろしま」として怪しいのは小豆島、でも『古事記』伝承があるから結局、沼島(または神島)というところに行きつきました。

今回の思考実験を参考に、是非、ご自身の神話ロマンを広げていっていただければと思います。

 

国生み神話の詳細解説!こちらも是非!

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 本伝 ~聖婚、洲国生み~

05/26/2019

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 一書第1 天神ミッションと無知な二神

06/01/2019

『日本書紀』巻第一(神代上)第四段 一書第2~10 多彩に展開する国生み

06/04/2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

さるたひこ

日本神話ナビゲーター / 日本神話研究家 / 日本神話講演家

日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
「日本神話をこよなく愛するナビゲーター」として、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
文献に忠実に、しかも最新の学術情報を踏まえた内容なので、情報の確かさは保証付き!日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいてます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他