『古事記』神生みの原文と現代語訳|神生みの果てに誕生する火神と伊耶那美の死

『古事記』上巻神生み

 

多彩で豊かな日本神話にほんしんわの世界へようこそ!

日本最古の書『古事記こじき』をもとに、
最新の文献学的学術成果も取り入れながら、どこよりも分かりやすい解説をお届けします。

今回は、『古事記こじき』上巻から、

「神生み」。

もう少しいうと、「神生みの果てに誕生する火神ひのかみ伊耶那美いざなみの死」。

古事記こじき』版の神生み。二神が生むのは全17柱の神々。

その最後に火之夜芸速男神ひのやぎはやをのかみが生まれ、此の子を生んだことで、みほとをかれて病んだ伊耶那美命いざなみのみこと神避かむさり、神生みは中断することになります。

なお、『古事記こじき』的には神生みは合計35柱としており、二神が直接生んだ神以外の神様たちも含めて神生みと位置付けてます。

今回も、概要で全体像をつかみ、ポイント把握してから本文へ。最後に、解説をお届けしてまとめ。

現代の私たちにも多くの学びをもらえる内容。日本神話から学ぶ。日本の神髄がここにあります。それでは行ってみましょう!

 

『古事記』神生みの原文と現代語訳|神生みの果てに誕生する火之迦具土神と伊耶那美命の死

『古事記』神生みの読み解きポイント

古事記こじき』の神生みは、『古事記』上巻に伝えます。

経緯としては、

天神あまつかみの関与を通じて、伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二神が結婚し、きちんとした手順を経て神聖な大八嶋国おおやしまくにが誕生した、、ってところから。

『古事記』国生み

『古事記』国生み原文と現代語訳と解説|伊耶那岐命と伊耶那美命の聖婚と大八嶋国誕生の物語

09/22/2021

↑経緯しっかり確認。

で、本文に入る前に、まずは押さえておきたいポイント、概要をチェック。

全部で5つ。

  1. 天神あまつかみ指令「国の修理固成」をどこまで解釈?それはきっと「瑞穂みずほの国」の仕上げまで
  2. 国の整えに必要?『日本書紀にほんしょき』で伝える万物生みの流れを踏まえる
  3. 神の誕生方法は大きく3パターン!?成りまし、出産、激烈シーン
  4. 生んだ全17柱の神々は、人民の生活を見据えて??
  5. 古事記こじき』的伏線??神生みで誕生する海と山の神は、のちのちの展開上、重要な役割を担います

ということで、以下、順に解説。

1つ目。

天神あまつかみ指令「国の修理固成」をどこまで解釈?それはきっと「瑞穂みずほの国」の仕上げまで

今回お届けしてるのは「神生み」の箇所ですが、思い出してほしい。あの頃のこと。

そもそもは、天神あまつかみによる「是の漂っている国を修理固成せよ」という指令から。

古事記こじき』における初の、神が発した言葉。ココが起点。スタート地点。

「修理固成」、ふよふよ状態の未成熟な国を整えて固めなさい。「修理」=整えること、「固成」=固めること。

で、

前回の解説では、「修理固成」には、ただよっている国を「瑞穂みずほの国」へ仕上げていくことが含まれてる、ってことでした。

『古事記』国生み

『古事記』国生み原文と現代語訳と解説|伊耶那岐命と伊耶那美命の聖婚と大八嶋国誕生の物語

09/22/2021

ポイントは、天神あまつかみ指令の修理固成を、伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二神がどこまで解釈してたか?

もっというと、「修理固成」ってどこまでやるのがゴールなの?って話で。

単に、国を(形状的に)整え固めるだけなら、大八嶋国おおやしまくにを生むだけでよかったはず。続けて神生みする必要はありません。

でも、二神は国生み後に当然のように神生みする訳です。てことは、やはり、修理固成とは、形状変化以上の意味、つまり、漂う国を「瑞穂みずほの国」へ仕上げていく意味を込めてるってこと。

神々を生み、それこそ土や風や野や食物の神を生むことで、「瑞穂みずほの国」に仕上げていく土壌をつくろうとした、ってことで整理。

次!

②国の整えに必要?『日本書紀にほんしょき』で伝える万物生みの流れを踏まえる

それこそ、天神あまつかみが想定したとおりの、あるべき姿に整えること、その一環として神生みがあって、、

比較材料として『日本書紀にほんしょき』第五段をチェック。

第四段の国生みのあと、第五段では神生みを伝えてます。以下、『日本書紀にほんしょき』の本筋である第五段〔本伝〕と、『古事記こじき』神生みと同様の流れをもつ第五段〔一書6〕の冒頭部分を抜粋。

 次に海を産んだ。次に川を生む。次に山を生む。次に木のおや句句廼馳くくのちを生む。次に草の祖、草野姫かやのひめを生む。またの名を野槌のつちと言う。ここまで生むと、伊奘諾尊・伊奘冉尊は共にはかり、「我々はすでに大八洲国おほやしまぐにをはじめ山川草木さんせんそうもくまで生んでいる。どうして地上世界の統治者を生まないでいようか。」と言った。(『日本書紀』第五段〔本伝〕より一部抜粋)

→国生みのあと、『日本書紀にほんしょき』第五段〔本伝〕では、海や川、山など、大自然系を生みます。『古事記こじき』は神ですが、『日本書紀にほんしょき』は自然そのものを生む。

大八洲国おおやしまぐにを生み、そのあと山川草木さんせんそうもくを生んで、地上世界の統治者とうちしゃを生もう、という流れ。コレしっかりチェック。

続けて第五段〔一書6〕。

 ある書はこう伝えている。伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことは共に大八洲国おほやしまぐにを産んだ。その後に、伊奘諾尊は、「私が生んだ国は朝霧だけがかすんで立ちこめ満ちていることよ。」と言った。そこで吹き払った気が化して神となった。名を級長戸辺命しなとべのみことと言う。また級長津彦命しなつひこのみことと言う。これが、風の神である。また飢えた時に子を生んだ。名を倉稲魂命うかのみたまのみことと言う。また、海神わたのかみ等を生んだ。名を少童命わたつみのみことと言う。山神やまのかみ等は名を山祇やまつみと言い、水門神みなとのかみ等は名を速秋津日命はやあきつひのみことと言い、木神きのかみ等は名を句句迺馳くくのちと言い、土神つちのかみは名を埴安神はにやすのかみと言う。その後に、ことごとくありとあらゆるものを生んだ。(『日本書紀』第五段〔一書6〕より一部抜粋)

大八洲国おおやしまぐにのあと、風の神や倉稲魂命うかのみたまのみこと海神わたのかみなどを生み、その後に、ことごとくありとあらゆるものを生んだ、と伝えます。

ココでも、大八洲国おおやしまぐにを生み、そのあと主要な神を生み、万物を生んだ、、という流れ。

以上のことを踏まえると、

大きく3つのステップになってることが分かります。

  1. 大八洲国おおやしまぐにを生む
  2. 山川草木さんせんそうもくなど万物を生む
  3. 世界の統治者とうちしゃを生む

で、

本エントリでご紹介しているのは、上記ステップの②。

古事記こじき』的には、②のあとは黄泉往来譚よみおうらいたん禊祓みそぎはらえを経て、、世界の統治者とうちしゃ天照大御神あまてらすおおみかみ」の誕生につながっていくのです。

単に「神生み」としてだけでなく、大きな枠組み、流れを意識して現場をチェック。

次!

③神の誕生方法は大きく3パターン!?成りまし、出産、激烈シーン

神生み。

簡単に言ってるけど、結構深くて。

実は、神の誕生方法には大きく3つパターンがあるんです。

それが、

成りまし、出産、激烈シーン

の3つ。

「成りまし」パターンは、高天原たかあまのはらに成りました〜とあるように、自然発生的に誕生した非常に尊い神様の誕生方法。勝手に生まれちゃう訳ですから、存在そのものが尊貴。神威しんいの凄さはその誕生プロセスにある。

「出産」パターンは、国生み、神生みでやってるやつ。男と女の神が結婚、交合こうごうすることで誕生する方法です。これによって誕生する神の尊貴性や神威しんいの根拠は、親の神威しんい。親がスゴイから子もスゴイ論法。

そして3つ目が「激烈シーン」で生まれるパターン。激しい場面、それは死や恨みや神の道に外れるなど、通常ではありえないことが起こったときに生まれる方法。これによって誕生する神の尊貴性や神威しんいは、その場面の激しさに依拠。

神が誕生すること、そのことはちょいちょい発生するのですが、それがどういう場面で誕生してるのか追いかけることで、その神がどんだけスゴイのか?みたいなのが見えてくる。逆にいうと、神が誕生するってことはそれだけ重要なシーンだということですね。

次!

④生んだ全17柱の神々は、人民の生活を見据えて??

神生み。二神が直接生んだ神々は全部で17柱。生んで生んで生んでいく中で、火之夜芸速男神ひのやぎはやをのかみが生まれたことで中断してしまう。なんならもっと生む可能性があった??

大事忍男神おおことおしをのかみから、さー大事業が始まるぞ、と。石土毘古神いわつちびこのかみから風木津別之忍男神かざもつわけのおしをのかみは不可解な神が誕生し、ここから大自然系へと転換、大綿津見神おおわたつみのかみから始まり、海 →水門 →風 →木 →山 →野 →船 →食 →火 といった流れ。

ポイントはやっぱり、将来的には「瑞穂みずほの国」になっていくために必要な神、ということ。そこに見据えているのは、、、、

人民の生活??

海 →水門 →風 →木 →山 →野 →船 →食 →火 って流れ。大自然系からだんだんと文化的な神に移行していってる。船や食、火って。そこにあるのはきっと人民の生活なんじゃないか。

コレ、要は、

人間が生まれてないと、
話がつながらないんすよ、神話的に。。

っていう事情もあり。

実際、このあとの流れとして、

黄泉往来譚よみおうらいたんの最後、二神の絶縁シーンで、伊耶那美命いざなみのみことによる1日千人くびり殺す宣言と、伊耶那岐命いざなきのみことによる1日1500産屋うぶやを立てる宣言につながっていく。

コレ、人間生まれてないと無理だから。くびり殺すのも、産屋うぶや立てるのも。。

なので、

将来的には「瑞穂みずほの国」になるのに必要な神の誕生プロセスにより、実は人間が誕生していて、なんなら生活も始まってた、ってことでチェック。人民がいての瑞穂みずほの国ですから。そのための神生み。コレ、超重要事項です。

次!

⑤『古事記こじき』的伏線??神生みで誕生する海と山の神は、のちのちの展開上、重要な役割を担います

海 →水門 →風 →木 →山 →野 →船 →食 →火 って流れで誕生する神々。

この中で、とくにチェックしておきたいのは、海の神と山の神。

コレ、のちのちの展開上、非常に重要な役割を担うようになるから。

  • 海の神は、火遠理命ほおりのみことに娘の豐玉毘賣とよたまびめを娶せ申し上げる神対応を。
  • 山の神は、天津日高日子番能迩迩藝能命あまつひこひこほのににぎのみことに娘の神阿多都比賣かむあたつひめ木花之佐久夜毘賣このはなのさくやびめ)を娶せ申し上げる神対応をします。

いずれも、

日本神話的展開上、また、天照大御神あまてらすおおみかみの系譜上、非常に重要なイベントとして位置づけられてるので、しっかりチェック。

神生みのもう一つの側面である、

神生みによって誕生した神々が、伊耶那岐いざなき伊耶那美いざなみの子供であること、血縁関係、つまり血脈による「つながり」をもっていることを伝える

という点で、天孫てんそんのお嫁さんになる娘の神威しんい、そのスゴさの根拠を、ここで設定してるってことなんですね。

一応、伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二神は、神世七代かみよななよの尊貴なジェネレーションですから。その神々と繋がりを持つ神々もまた、非常に尊貴な神様カテゴリですし、その娘さんとなれば、もう、、、スゴイよ、、。

まとめます。

  1. 天神あまつかみ指令「国の修理固成」をどこまで解釈?それはきっと「瑞穂みずほの国」の仕上げまで
  2. 国の整えに必要?『日本書紀にほんしょき』で伝える万物生みの流れを踏まえる
  3. 神の誕生方法は大きく3パターン!?成りまし、出産、激烈シーン
  4. 生んだ全17柱の神々は、人民の生活を見据えて??
  5. 古事記こじき』的伏線??神生みで誕生する海と山の神は、のちのちの展開上、重要な役割を担います

以上の5つ。しっかりチェックされてください。

歴史書編纂中

古事記こじき』神生みの原文と現代語訳

 既に国を生みへて、更に神を生んだ。ゆえに、生んだ神の名は、大事忍男神おおことおしをのかみ。次に石土毘古神いはつちびこのかみを生み、次に石巣比売神いはすひめのかみを生み、次に大戸日別神おほとひわけのかみを生み、次に天之吹男神あめのふきをのかみを生み、次に大屋毘古神おほやびこのかみを生み、次に風木津別之忍男神かざもつわけのおしをのかみを生み、次にわたの神、名は大綿津見神おほわたつみのかみを生み、次に水戸神みなとのかみ、名は速秋津日子神はやあきつひこのかみ、次に妹速秋津比売神いもはやあきつひめのかみを生んだ。(大事忍男神より秋津比賣神に至るまで、幷せて十神ぞ。)

 此の速秋津日子、速秋津比売の二柱の神、かはうみによって場所を分けて生んだ神の名は、沫那芸神あわなぎのかみ、次に沫那美神あわなみのかみ、次に頬那芸神つらなぎのかみ、次に頬那美神つらなみのかみ、次に天之水分神あめのみくまりのかみ、次に国之水分神くにのみくまりのかみ、次に天之久比奢母智神あめのくひざもちのかみ、次に国之久比奢母智神くにのくひざもちのかみ(沫那藝神より國之久比奢母智神に至るまで、幷せて八神ぞ。)

 次に風の神、名は志那都比古神しなつひこのかみを生み、次に木の神、名は久久能智神くくのちのかみを生み、次に山の神、名は大山津見神おほやまつみのかみを生み、次に野の神、名は鹿屋野比売神かやのひめののかみを生んだ。亦の名は野椎神のづちのかみという。(志那都比古神より野椎に至るまで、幷せて四神ぞ)。

 此の大山津見神、野椎神の二柱の神、山と野によって場所を分けて生んだ神の名は、天之狹土神あめのさづちのかみ、次に国之狹土神くにのさづちのかみ、次に天之狹霧神あめのさぎりのかみ、次に国之狹霧神くにのさぎりのかみ、次に天之闇戸神あめのくらどのかみ、次に国之闇戸神くにのくらどのかみ、次に大戸惑子神おほとまとひこのかみ、次に大戸惑女神おほとまとひめのかみ(天之狹土神より大戸惑女神に至るまで、幷せて八神ぞ。)

 次に生んだ神の名は、鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ、亦の名は天之鳥船あめのとりふねという。次に大宜都比売神おほげつひめのかみを生んだ。次に火之夜芸速男神ひのやぎはやをのかみを生んだ。亦の名は火之炫毘古神ひのかかびこのかみと謂う、亦の名は火之迦具土神ひのかぐつちのかみという。

 此の子を生んだことにって、みほとをかれて病みこやせになった。嘔吐に生んだ神の名は、金山毘古神かなやまびこのかみ、次に金山毘売神かなやまびめのかみ。次にくそった神の名は、波迩夜須毘古神はにやすびこのかみ、次に波迩夜須毘売神はにやすびめのかみ。次に尿ゆまりった神の名は、彌都波能売神みつはのめのかみ、次に和久産巣日神わくむすひのかみ。此の神の子は、豊宇氣毘売神とようけびめのかみという。ゆえに、伊耶那美神は火の神を生んだことにって、遂に神避かむさりなさった。

 数えあわせて伊耶那岐、伊耶那美の二神が、共に生んだ嶋は10と4つの嶋であり、神は35柱である。是れ伊耶那美神、未だ神避る前に生んだ神ぞ。ただ、意能碁呂嶋のみは生んだものではない。亦た姪子と淡嶋は子の例には数えない。

※音指定の「注」は、訳出を分かりやすくするため割愛。

 既生國竟、更生神。故、生神名、大事忍男神、次生石土毘古神訓(石云伊波、亦毘古二字以音。下效此也)次生石巢比賣神、次生大戸日別神、次生天之吹上男神、次生大屋毘古神、次生風木津別之忍男神訓風云加邪、訓木以音)次生海神、名大綿津見神、次生水戸神、名速秋津日子神、次妹速秋津比賣神。自大事忍男神至秋津比賣神、幷十神。

 此速秋津日子・速秋津比賣二神、因河海、持別而生神名、沫那藝神(那藝二字以音、下效此)、次沫那美神(那美二字以音、下效此)、次頰那藝神、次頰那美神、次天之水分神(訓分云久麻理、下效此)、次國之水分神、次天之久比奢母智神(自久以下五字以音、下效此)、次國之久比奢母智神。自沫那藝神至國之久比奢母智神、幷八神。

 次生風神・名志那都比古神(此神名以音)、次生木神・名久久能智神(此神名以音)、次生山神・名大山上津見神、次生野神・名鹿屋野比賣神、亦名謂野椎神。自志那都比古神至野椎、幷四神。

 此大山津見神・野椎神二神、因山野、持別而生神名、天之狹土神(訓土云豆知、下效此)、次國之狹土神、次天之狹霧神、次國之狹霧神、次天之闇戸神、次國之闇戸神、次大戸惑子神(訓惑云麻刀比、下效此)、次大戸惑女神。自天之狹土神至大戸惑女神、幷八神也。

 次生神名、鳥之石楠船神、亦名謂天鳥船。次生大宜都比賣神此神名以音)次生火之夜藝速男神(夜藝二字以音)、亦名謂火之炫毘古神、亦名謂火之迦具土神迦具二字以音)

 因生此子、美蕃登(此三字以音)見炙而病臥在。多具理邇(此四字以音)生神名、金山毘古神(訓金云迦那、下效此)、次金山毘賣神。次於屎成神名、波邇夜須毘古神(此神名以音)、次波邇夜須毘賣神(此神名亦以音)。次於尿成神名、彌都波能賣神、次和久產巢日神、此神之子、謂豐宇氣毘賣神(自宇以下四字以音)。故、伊耶那美神者、因生火神、遂神避坐也。自天鳥船至豐宇氣毘賣神、幷八神。

 凡伊耶那岐、伊耶那美二神、共所生嶋壹拾肆嶋、神參拾伍神。是伊耶那美神、未神避以前所生。唯意能碁呂嶋者、非所生。亦姪子與淡嶋、不入子之例也。 (『古事記』上巻より抜粋)

 

『古事記』神生みの解説

古事記こじき』の神生み、いかがでしたでしょうか?

次から次へと神様が誕生していて、、しかも、原文は、音指定、読み方指定の注がたくさんあって、何が何だか分からなくなる感じ。。汗

でもご安心を。

当サイトならではの、分かりやすい解説で読み解きます。

古事記こじき』神生みは、やっぱり目的を押さえておくことが大事。

神生みの目的、それは、最終的には「瑞穂みずほの国」に仕上げていく土壌をつくろうとしてる、ってこと。

そのために必要な、海や風や山や野や食糧の神を生んでいくんです。

次々に誕生する神々、一応、テーマ別にカテゴリ化できる雰囲気あり。

そして、最後に誕生した火神ひのかみにより伊耶那美命いざなみのみことが焼かれ病に伏せる。そして神避かむさる。コレ、つまり神生みは途中で中断してしまったってこと。そして、この中断がさらに新たな展開を生むようになるのです。

ちなみに、、『古事記こじき』の神生みも、『日本書紀にほんしょき』と比較することで重視しているポイント、伝えたいことが分かりやすくなります。後ほど詳細を。

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第2,3,4,5 ~卑の極まりと祭祀による鎮魂~

08/19/2019

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第6 ~人間モデル神登場による新たな展開~

12/11/2020

どちらかというと、『古事記こじき』の神生みは『日本書紀にほんしょき』第五段〔一書6〕と似通ってるので、比較しながらチェックすると分かりやすい。

ということで、さっそく詳細解説をどうぞ!

  • 既に国を生みへて、更に神を生んだ。ゆえに、生んだ神の名は、大事忍男神おおことおしをのかみ。次に石土毘古神いはつちびこのかみを生み、次に石巣比売神いはすひめのかみを生み、次に大戸日別神おほとひわけのかみを生み、次に天之吹男神あめのふきをのかみを生み、次に大屋毘古神おほやびこのかみを生み、次に風木津別之忍男神かざもつわけのおしをのかみを生み、次にわたの神、名は大綿津見神おほわたつみのかみを生み、次に水戸神みなとのかみ、名は速秋津日子神はやあきつひこのかみ、次に妹速秋津比売神いもはやあきつひめのかみを生んだ。大事忍男神おおことおしをのかみより秋津比賣神に至るまで、幷せて十神ぞ。)
  • 原文: 既生國竟、更生神。故、生神名、大事忍男神、次生石土毘古神訓石云伊波、亦毘古二字以音。下效此也、次生石巢比賣神、次生大戸日別神、次生天之吹上男神、次生大屋毘古神、次生風木津別之忍男神訓風云加邪、訓木以音、次生海神、名大綿津見神、次生水戸神、名速秋津日子神、次妹速秋津比賣神。自大事忍男神至秋津比賣神、幷十神。

→国生みからの神生みへ。継起的に続行。

ポイント2つ。

  1. なんで神様を生むのか?それはきっと天神あまつかみミッションからの流れ
  2. 古事記こじき』独自の創作神!?なんとも不可解な10神の誕生

1つめ。

①なんで神様を生むのか?それはきっと天神あまつかみミッションからの流れ

神生みだから神生むんだよ、ってだけじやなくて、ちゃんと理由を考えよう。

改めて、そもそも論をチェック。かなり重要です。

もとはと言えば、天神あまつかみによる「是の漂っている国を修理をさめ固め成せ。」という指令から。『古事記こじき』における、初の、神が発した言葉。ココが起点。スタート地点。

「修理固成」、ふよふよ状態の未成熟な国を整えて固めなさい、と。「修理」=整えること、「固成」=固めること。

単に、国を(形状的に)整え固めるだけなら、大八嶋国おおやしまくにを生むだけでよかったはず。続けて神生みする必要はありません。

でも、二神は国生みの後に、当然のように神生みする訳です。てことは、やはり、「修理固成」とは、形状変化以上の意味、つまり、ただよへる国を「瑞穂みずほの国」へ仕上げていく意味を込めてると解釈できます。

神々を生み、それこそ土や風や野や食物の神を生むことで、「瑞穂みずほの国」に仕上げていく土壌をつくろうとした、ってことでチェック。コレ、かなり重要です。

次!

③『古事記こじき』独自の創作神!?なんとも不可解な10神の誕生

そんな経緯、枠組みの中で誕生した最初の10神。

注を付して(大事忍男神おおことおしをのかみより秋津比賣神あきつひめのかみに至るまで、幷せて十神ぞ。)って書いてあるってことは、これはこれでカテゴリ化したかった?

それぞれ

N 神名 どんな神?
大事忍男神おおことおしをのかみ これから神を生みなす大いなる事業を成す威力のある神
石土毘古神いはつちびこのかみ 岩のような土の男神
石巣比売神いはすひめのかみ 岩のようなすみかの女神
大戸日別神おほとひわけのかみ 大きな出入口に射す日の男神
天之吹男神あめのふきをのかみ 天上の気息を吹き付ける男神
大屋毘古神おほやびこのかみ 大きな家屋の男神
風木津別之忍男神かざもつわけのおしをのかみ 風に吹かれる樹木の威力ある男神
大綿津見神おほわたつみのかみ 海の神
速秋津日子神はやあきつひこのかみ 水門の神
10 妹速秋津比売神いもはやあきつひめのかみ

なんですが、、

実際のところ、この10神については不可解。。体系なり、統一性なりが見いだせないのが正直なところ。

7の「風木津別之忍男神かざもつわけのおしをのかみ」までは、大八嶋国おおやしまくにの上に生むと推定されるので、土台形成的な意味をもち、8の大綿津見神おおわたつみのかみという海の前なので、自然物のようにも考えられますが、、、正直不明です。

住居関連と括る解説が多いのですが、それはそのような雰囲気がする、というだけで勝手な解釈です。例えば、「天之吹男神あめのふきをのかみ」は、神名の原義で純粋に解釈すると「天上の気息を吹き付ける男神」となり、これが住居と関連するかは分からない。「萱葺かやぶき」といった解説もあったりしますが、実際には分かりません。説明をつけたがる気持ちは分かりますが、捻じ曲げはご法度です。

一応、あえて定義するなら、

大八嶋国おおやしまくにの土台、そこに生起する自然物、自然現象

って感じがギリギリ。これ以上はホント、よくわからないのです。

で、

この後、二神が生む神は、海から山、木、風、野などの大自然系へと移行。このあたりからは、『日本書紀にほんしょき神代紀じんだいきにも対応する神でもあるので、ある程度理解はしやすくなります。

その前に、系譜的な神名が登場してる、、、

コチラ

  • 此の速秋津日子、速秋津比売の二柱の神、かはうみによって場所を分けて生んだ神の名は、沫那芸神あわなぎのかみ、次に沫那美神あわなみのかみ、次に頬那芸神つらなぎのかみ、次に頬那美神つらなみのかみ、次に天之水分神あめのみくまりのかみ、次に国之水分神くにのみくまりのかみ、次に天之久比奢母智神あめのくひざもちのかみ、次に国之久比奢母智神くにのくひざもちのかみ
  • 原文: 此速秋津日子・速秋津比賣二神、因河海、持別而生神名、沫那藝神那藝二字以音、下效此、次沫那美神那美二字以音、下效此、次頰那藝神、次頰那美神、次天之水分神訓分云久麻理、下效此、次國之水分神、次天之久比奢母智神自久以下五字以音、下效此、次國之久比奢母智神。自沫那藝神至國之久比奢母智神、幷八神。

伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二神ではない神生み。

速秋津日子はやあきつひこ速秋津比売はやあきつひめの二柱の神が生んだ神名を伝えます。

水門の男女神についてなぜ系譜を??って、これも正直よく分からない、、

ココでのポイントは、『古事記こじき』神生みの特徴である「持別」。つまり分担して生む、という内容。

速秋津日子はやあきつひこ速秋津比売はやあきつひめが、それぞれの持ち場を分担して神を生んでいくのです。

N 神名 どんな神?
沫那芸神あわなぎのかみ沫那美神あわなみのかみ 水戸にたつ泡の、男女神
頬那芸神つらなぎのかみ頬那美神つらなみのかみ 水戸の水面の、男女神
天之水分神あめのみくまりのかみ国之水分神くにのみくまりのかみ 水の分配の、天と地の神
天之久比奢母智神あめのくひざもちのかみ国之久比奢母智神くにのくひざもちのかみ 水の分配の容器をもつ、天と地の神

と、

整理はしてみたものの、、、男神と女神、天と国など、対比構造的なものはあるようですが、かといって、なぜこういう神が誕生してるのかは実際は不明。

水門からの水の分配という流れになってることから、人間の生命維持に必要不可欠な水の重要性を伝えてると解釈できなくもないが、、、

ちなみに、、、

水分みくまりは、飛鳥あすか奈良ならの都に水を供給する水源(吉野よしの宇太うた都祁つげ葛城かつらぎ等)に祭る、水分みくまりの神。水分神みくまりのかみ祈念祭きねんさいに、久比奢母智神くひざもちのかみ鎮火祭ちんかさい速秋津比売はやあきつひめ大祓おおはらえ祝詞のりとに登場します。

次!

  • 次に風の神、名は志那都比古神しなつひこのかみを生み、次に木の神、名は久久能智神くくのちのかみを生み、次に山の神、名は大山津見神おほやまつみのかみを生み、次に野の神、名は鹿屋野比売神かやのひめののかみを生んだ。亦の名は野椎神のづちのかみという。
  • 原文: 次生風神・名志那都比古神此神名以音、次生木神・名久久能智神此神名以音、次生山神・名大山上津見神、次生野神・名鹿屋野比賣神、亦名謂野椎神。自志那都比古神至野椎、幷四神。

→再び、伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二神による神生み4柱。

N 神名 どんな神?
志那都比古神 気息を長く吹く=風の神
久久能智神 木の神
大山津見神 山の神
鹿屋野比賣神(野椎神) 山裾に広がる地帯に生えるかや=野の神

一見、何の脈絡もなさそうな神名列挙。。。

の、ようですが!

経緯確認。大八嶋国おおやしまくにに必要な神、それは、将来的には「瑞穂みずほの国」になっていくために必要な神として生んでいく流れ、でした。

その大きな枠組みをもとに見直してみると、、、

2点。

①『古事記こじき』ならではの、壮大なストーリーらしきものあり!

最初の風神かぜのかみは、大八嶋国おおやしまくにを生んだ後だからこそ何もない状態、きっと生まれたての神々と朝霧が立ちこめてるだけの状態で、それを吹き払った気息が化して神となったイメージ(『コレ、日本書紀にほんしょき』第五段〔一書6〕の冒頭がベース)。

そして、木の神は、風神かぜのかみの存在を揺らぎによってそれと知らせるもの。

さらに、山の神は、山林、豊かに木々の繁る山だから、国土が豊かに成長しているさまを表象。

最後に、野の神は、山・野・原という大地を構成する3つの場の中間地帯。このあと、葦原中国あしはらのなかつくに葦原あしはらが生まれることを予定する。そしてきっとそこには人間の姿も・・・

なるほど!

そのための、4柱の神。風、木、山、野という訳ですか!なんか、修理固成、シンカしてる感じがするっ。

2つ目。

②やっぱり『日本書紀にほんしょき』と比較すると分かりやすい!

って、上記解説も、やっぱり『日本書紀にほんしょき』と比較することで見えてくる訳です。単体の物語だけだと、なんとも解釈が難しい。。

最初の風も、先ほどチェックした『日本書紀にほんしょき』第五段〔一書6〕の冒頭部分、「伊奘諾尊いざなきのみこと伊奘冉尊いざなみのみことは共に大八洲国おほやしまぐにを産んだ。その後に、伊奘諾尊いざなきのみことは、「私が生んだ国は朝霧だけがかすんで立ちこめ満ちていることよ。」と言った。そこで吹き払った気が化して神となった。名を級長戸辺命しなとべのみことと言う。」を踏まえればイメージができる。

その他にも、、

木の神=句句迺馳くくのち、山の神=山祇やまつみ(第五段〔一書6〕、そして、野の神=草野姫かやのひめ、またの名を野槌のつち(第五段〔本伝〕、と『日本書紀にほんしょき』をベースに差異化、『古事記こじき』風にアレンジされてることが分かります。

いずれにしても、

ポイントは、大八嶋国おおやしまくにに必要な神であり、それは、将来的には「瑞穂みずほの国」になっていくために必要な神として生んでるってこと。コレ、やっぱり重要です。

あとは、補足として。

山神やまのかみ大山津見神おおやまつみのかみはしっかりチェック。コチラ、海神わたのかみ大綿津見おおわたつみと対応。いずれも、日本神話後半で皇孫こうそんと関係をもつ超重要神です。

山神やまのかみ大山津見神おおやまつみのかみは、木花之佐久夜毘売このはなのさくやびめの父神として、海神わたのかみ大綿津見おおわたつみ豊玉姫とよたまひめの父神として、それぞれ登場。そう、ここで生まれてたんですね。

次!

  • 此の大山津見神、野椎神の二柱の神、山と野によって場所を分けて生んだ神の名は、天之狹土神あめのさづちのかみ、次に国之狹土神くにのさづちのかみ、次に天之狹霧神あめのさぎりのかみ、次に国之狹霧神くにのさぎりのかみ、次に天之闇戸神あめのくらどのかみ、次に国之闇戸神くにのくらどのかみ、次に大戸惑子神おほとまとひこのかみ、次に大戸惑女神おほとまとひめのかみ
  • 原文: 此大山津見神・野椎神二神、因山野、持別而生神名、天之狹土神(訓土云豆知、下效此)、次國之狹土神、次天之狹霧神、次國之狹霧神、次天之闇戸神、次國之闇戸神、次大戸惑子神(訓惑云麻刀比、下效此)、次大戸惑女神。自天之狹土神至大戸惑女神、幷八神也。

大山津見神おおやまつみのかみ野椎神のづちのかみの二柱の神による系譜的神生み。

再度登場、『古事記こじき』オリジナル、持別生み。8柱。

山と野によって場所を分けて生んだ神は以下。

N 神名 どんな神?
天之狹土神あめのさづちのかみ国之狹土神くにのさづちのかみ 天と国の清らかな初々しい土地の神
天之狹霧神あめのさぎりのかみ国之狹霧神くにのさぎりのかみ 天と地の、その土地に立ちこめる清らかな初々しい霧の神
天之闇戸神あめのくらどのかみ国之闇戸神くにのくらどのかみ 立ちこめる霞が深く、戸(山に挟まれた出入口)の暗い谷間の天と地の神
大戸惑子神おほとまとひこのかみ大戸惑女神おほとまとひめのかみ 大きな戸(山に挟まれた出入口)の谷間で迷う神

と、、こちらも整理はしてみたものの、、、天と国など、対比構造的なものはあるようですが、、

かといって、なぜこういう神が誕生してるのかは実際は不明。原初の山や野は人間にとって未開の地である一方で恵みをもたらす地でもあって、、、畏怖もふくめた信仰みたいなのが表れてる感じがするのですが、、、

次!

  • 次に生んだ神の名は、鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ、亦の名は天之鳥船あめのとりふねという。次に大宜都比売神おほげつひめのかみを生んだ。次に火之夜芸速男神ひのやぎはやをのかみを生んだ。亦の名は火之炫毘古神ひのかかびこのかみと謂う、亦の名は火之迦具土神ひのかぐつちのかみという。
  • 原文: 次生神名、鳥之石楠船神、亦名謂天鳥船。次生大宜都比賣神此神名以音)次生火之夜藝速男神(夜藝二字以音)、亦名謂火之炫毘古神、亦名謂火之迦具土神迦具二字以音)

→再び伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二神による神生み。

N 神名 どんな神?
鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ(天鳥船) 天空を飛翔する鳥のように海洋を航行するいわのように固い楠材の船の神。
大宜都比売神おほげつひめのかみ 食糧の神
火之夜芸速男神ひのやぎはやをのかみ火之炫毘古神ひのかかびこのかみ火之迦具土神 火の明るく輝く男神、火のほのかにちらちら揺れる男神

ということで、、

3つ。

  1. 鳥之石楠船とりのいわくすふねは、『日本書紀にほんしょき』でいう「鳥磐櫲樟橡船とりのいはくすぶね」。大宜都比賣神おおげつひめのかみは、『日本書紀にほんしょき』でいう「保食神うけもちのかみ
  2. 古事記こじき』的押し込み?国の成り立ちに関わる大事に2神の生んだ子を関与させる伏線設定
  3. 二神の神生みはこれで打ち止め。経緯をたどると人民誕生が見えてくる

1つめ。

鳥之石楠船とりのいわくすふねは、『日本書紀にほんしょき』でいう「鳥磐櫲樟橡船とりのいはくすぶね」。大宜都比賣神おおげつひめのかみは、『日本書紀にほんしょき』でいう「保食神うけもちのかみ

一見脈絡のない神神が誕生してるように見えます。それぞれについてまずは解説。

1柱目、「鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ」。不思議な神、。

コレ、『日本書紀にほんしょき』でいう「鳥磐櫲樟橡船とりのいはくすぶね」。

楠は船材。『日本書紀にほんしょき』第八段〔一書5〕に、素戔嗚尊すさのおのみことが「杉と櫲樟とを浮宝(=船)にすべし」と伝え、船の建造用材としてクスノキがあったことが分かります、また、考古学的調査からは、実際にクスが古代船の船材として多用された発掘もあったりして。

そのいわのように固い楠材の船の神。

「鳥」を冠するのは、天空を飛翔する鳥と海洋を航行する船とが結びつくほか、天と海とが水平線で一続きになるから。万葉集まんようしゅうでも「天の海に雲の波立ち月の船 星の林に榜ぎ隠る見ゆ」(詠天1068番)とあり。

面白いのは、『日本書紀』第五段〔一書2〕で伝える内容とは違う場面で登場してること。

ある書はこう伝えている。日と月は既に生まれた。次に蛭児を産んだ。この子は三年経っても脚が立たなかった。これは初めに、伊奘諾・伊奘冉尊が御柱を巡った時に、陰神が先に喜びの声を発したからである。陰陽の原理に背いてしまったのだ。そのせいで今蛭児が生まれた。ー中略ー 次に鳥磐櫲樟橡船とりのいはくすぶねを産んだ。この船に蛭児を乗せ、流れにまかせ棄てた。(『日本書紀』第五段〔一書2〕より一部抜粋)

とあり、

日本書紀にほんしょき』では、三年経っても脚が立たない蛭児ひるこが生まれたので、鳥磐櫲樟橡船とりのいわくすぶねを生んで、この船に載せ、流したと伝えてます。『古事記こじき』とは違う位置づけ。こちら後ほど②で追加解説。

2柱目、「大宜都比売神おほげつひめのかみ」は、食料の神であり、『日本書紀にほんしょき』でいう保食神うけもちのかみ

古事記こじき』では、後になって、速須佐之男命はやすさのおのみこと高天原たかあまのはらを追放されるときに再登場。速須佐之男命はやすさのおのみことが、食べ物を大宜都比賣神おおげつひめのかみに乞うと、大宜都比売神おほげつひめのかみ」は鼻・口・尻から食べ物を出してそなえるという神対応。これにより、大宜都比賣神おおげつひめのかみ速須佐之男命はやすさのおのみことに殺されてしまいます。

が、その際に、大宜都比賣神おおげつひめのかみに五穀の種が生ると伝えてます。コレ、まさに『日本書紀にほんしょき』第五段〔一書11〕の保食神うけもちのかみがモデル。

この時、保食神うけもちのかみは実際すでに死んでいた。ただ、その神の頭頂部は化して牛馬と成り、額の上に粟が、眉の上に蚕が、眼の中に稗が、腹の中に稲が、陰には麦と大豆、小豆が生じていた。天熊人はそれを全て取って持ち去り、天照大神に奉った。(『日本書紀』第五段〔一書11〕より一部抜粋)

同じ位置づけですよね。

ポイントは、

修理固成の神生みで、ついに食糧の神が誕生したってこと。

食糧って、何のために?それは当然、人民のため。なんのために?それはもちろん豊かな「瑞穂みずほの国」を予定してるから。ということでチェック。

次!

②『古事記こじき』的押し込み?国の成り立ちに関わる大事に2神の生んだ子を関与させる伏線設定

そうは言っても、やはり一見脈絡のない神神が誕生してるように見えます。「鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ」と大宜都比売神おほげつひめのかみ」。

ただ、一つ言えるのは、この2神、このあとの神話展開上、非常に重要な役割を担うってこと。

鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ」は、葦原中国あしはらのなかつくに平定の神話に登場。

簡単にいうと、

葦原中国あしはらのなかつくに平定に向けて神を派遣するシーンで、天照大御神あまてらすおおみかみが遣わすのが「建御雷之男神たけみかづちのをのかみ」。で、この「建御雷之男神たけみかづちのをのかみ」にえて遣わしたのが「天鳥船神あめのとりふねのかみ」です。コレ、「鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ」のことで。雷光が天を切り裂き走る姿が、雷神が天を飛翔する船に乗って天翔けるイメージに重ねられてる。

大事なのは、大国主神おおくにぬしのかみに国譲りさせる「建御雷之男神たけみかづちのをのかみ」につき従い、実際は乗せて天上を飛びかける「天鳥船神あめのとりふねのかみ」が、葦原中国あしはらのなかつくにの平定に大きく関わるという形になってるってこと。

コレ、古事記こじき』的伏線設定というべきもので。

神生みのもう一つの側面である、

神生みによって誕生した神々が、伊耶那岐いざなき伊耶那美いざなみの子供であること、血縁関係、つまり血脈による「つながり」をもっていることを伝える

という点で、大国主おおくにぬしに国譲りを迫る、迫れるくらいの神威しんい、そのスゴさの根拠を、ここで設定してるってことなんですね。

そしてもう一つ、大宜都比売神おほげつひめのかみ」。

こちらも、先ほどご紹介した通り、速須佐之男命はやすさのおのみことに神対応(実際は無礼な対応でしたが、、)をしたせいで殺されてしまいます。が、その際に、大宜都比賣神おおげつひめのかみに五穀の種が生ると伝えてます。

これも、五穀の起源という非常に重要な意味をもつ神話であり、それに直接関わる重要な神として位置づけられてるんですね。

いずれも、

国の成り立ちに関わる大事に伊耶那岐いざなき伊耶那美いざなみの2神が生んだ子を関与させる『古事記こじき』的伏線設定であり、むしろ、そのために、火神ひのかみ誕生の前、この場所に押し込めてきた、というのが実際のところかと思います。

次!

③二神の神生みはこれで打ち止め。経緯をたどると人民誕生が見えてくる

天神あまつかみの修理固成指令、からの国生み、神生みは、いったんココで打ち止め。

言い方を変えると、

これまで生んだ国や神が、伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二神的修理固成解釈と実践だった訳で。

再度、二神が生んだ神をまとめてみると、、、

N 神名 どんな神?
大事忍男神おおことおしをのかみ これから神を生みなす大いなる事業を成す威力のある神
石土毘古神いはつちびこのかみ 岩のような土の男神
石巣比売神いはすひめのかみ 岩のようなすみかの女神
大戸日別神おほとひわけのかみ 大きな出入口に射す日の男神
天之吹男神あめのふきをのかみ 天上の気息を吹き付ける男神
大屋毘古神おほやびこのかみ 大きな家屋の男神
風木津別之忍男神かざもつわけのおしをのかみ 風に吹かれる樹木の威力ある男神
大綿津見神おほわたつみのかみ 海の神
速秋津日子神はやあきつひこのかみ 水門の神
10 妹速秋津比売神いもはやあきつひめのかみ

からの、、

N 神名 どんな神?
志那都比古神 気息を長く吹く=風の神
久久能智神 木の神
大山津見神 山の神
鹿屋野比賣神(野椎神 山裾に広がる地帯に生えるかや=野の神

そして、、

N 神名 どんな神?
鳥之石楠船神とりのいはくすふねのかみ(天鳥船) 天空を飛翔する鳥のように海洋を航行するいわのように固い楠材の船の神。
大宜都比売神おほげつひめのかみ 食糧の神
火之夜芸速男神ひのやぎはやをのかみ火之炫毘古神ひのかかびこのかみ火之迦具土神 火の明るく輝く男神、火のほのかにちらちら揺れる男神

ということで、、

大事忍男神おおことおしをのかみから、さー大事業が始まるぞ、と。石土毘古神いわつちびこのかみから風木津別之忍男神かざもつわけのおしをのかみは不可解な神が誕生し、ここから大自然系へと転換、大綿津見神おおわたつみのかみから始まり、海 →水門 →風 →木 →山 →野 →船 →食 →火 といった流れ。

ポイント2点。

  1. 将来的には「瑞穂みずほの国」になっていくために必要な神様たち。そこに見据えているのはきっと人民の生活
  2. 古事記こじき』的伏線設定として、4柱の神はしっかりチェック。山、海、船、食料。のちの神話展開上、非常に重要な役割を担う

1つめ。

①将来的には「瑞穂みずほの国」になっていくために必要な神様たち。そこに見据えているのはきっと人民の生活

くどいけど、、やっぱり、なんだかんだいって「瑞穂みずほの国」になっていくために必要な神生み、ってことなんす。そして、そこに見据えているのは、、、、

そう、

人民の生活

であります。

やっぱ人民す。

要は、

人間が生まれてないと、
話がつながらないんすよ、神話的に。

っていう事情もありつつ、、実際、このあとの流れとして、

黄泉往来譚よみおうらいたんの最後、二神の絶縁シーンで、伊耶那美命いざなみのみことによる1日千人くびり殺す宣言と、伊耶那岐命いざなきのみことによる1日1500産屋うぶやを立てる宣言につながっていく。

コレ、人間生まれてないと無理だから!くびり殺すのも、産屋うぶや立てるのもっ

なので、

将来的には「瑞穂みずほの国」になるのに必要な神の誕生プロセスにより、実は人間が誕生していて、なんなら生活も始まってた、ってことでチェック。人民がいての瑞穂みずほの国ですから。コレ、超重要事項です。

2つめ。

②『古事記こじき』的伏線設定として、4柱の神はしっかりチェック。山、海、船、食糧。のちの神話展開上、非常に重要な役割を担う

この中で、とくにチェックしておきたいのは、海の神と山の神。そして、先ほど解説した船と食糧です。

まずは、海の神と山の神。コレ、のちの展開上、非常に重要な役割を担います。

  • 海の神は、火遠理命ほおりのみことに娘の豐玉毘賣とよたまびめを娶せ申し上げる神対応を
  • 山の神は、天津日高日子番能迩迩藝能命あまつひこひこほのににぎのみことに娘の神阿多都比賣かむあたつひめ木花之佐久夜毘賣このはなのさくやびめ)を娶せ申し上げる神対応を

それぞれする訳です。

いずれも、

日本神話的展開上、また、天照大御神あまてらすおおみかみの系譜上、非常に重要なイベントとして位置づけられてるので、しっかりチェック。

そして、船と食糧。

こちらも、

船の神は、葦原中国あしはらのなかつくにの平定で、大国主神おおくにぬしのかみに国譲りを迫る神対応を

食糧の神は、自らの死を通じて五穀の誕生につなげる神対応を

それぞれしてます。

これら4つの神は、いずれも、神生みのもう一つの側面である、

神生みによって誕生した神々が、伊耶那岐いざなき伊耶那美いざなみの子供であること、血縁関係、つまり血脈による「つながり」をもっていることを伝える

という点で、その神威しんいの強さ、そのスゴさの根拠を、ここで設定してるってことなんですね。

一応、伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二神は、神世七代かみよななよの尊貴なジェネレーションですから。その神が生んだ子も非常に尊貴な神様カテゴリに入ってる。

次!最後の箇所です。

  • 此の子を生んだことにって、みほとをかれて病みこやせになった。嘔吐に生んだ神の名は、金山毘古神かなやまびこのかみ、次に金山毘売神かなやまびめのかみ。次にくそった神の名は、波迩夜須毘古神はにやすびこのかみ、次に波迩夜須毘売神はにやすびめのかみ。次に尿ゆまりった神の名は、彌都波能売神みつはのめのかみ、次に和久産巣日神わくむすひのかみ。此の神の子は、豊宇氣毘売神とようけびめのかみという。ゆえに、伊耶那美神は火の神を生んだことにって、遂に神避かむさりなさった。
  • 原文; 因生此子、美蕃登(此三字以音)見炙而病臥在。多具理邇(此四字以音)生神名、金山毘古神(訓金云迦那、下效此)、次金山毘賣神。次於屎成神名、波邇夜須毘古神(此神名以音)、次波邇夜須毘賣神(此神名亦以音)。次於尿成神名、彌都波能賣神、次和久產巢日神、此神之子、謂豐宇氣毘賣神(自宇以下四字以音)。故、伊耶那美神者、因生火神、遂神避坐也。自天鳥船至豐宇氣毘賣神、幷八神。

火神ひのかみを生んだことにより病みこやせり、いろんなものを吐瀉する伊耶那美命いざなみのみこと。そして神避かむさる。。なんてこった。

細かいですが、原文、最初に嘔吐物から生んだ時は「生」という漢字が使われてます。次いで、屎や尿は「成」という漢字。コレ、いずれも伊耶那美命いざなみのみことの排泄物に生んだ、排泄物に成った、ということで親子の関係は同じ。初めに「生」を使い、以降は「成」という実態に近いかたちで表現を変えた『古事記こじき』的用字であります。

ポイント3点。

  1. 神生み中断!火神ひのかみによる日本神話史上初の神殺し&親殺し!
  2. 吐瀉物からも神が誕生。全部で6柱。伊耶那美命いざなみのみことを「大地母としての神格」として生活必需品の神々
  3. 神避かむさる=神的な死。『日本書紀にほんしょき』と比較することでいろいろ見えてくる。

1つめ。

①神生み中断!火神ひのかみによる日本神話史上初の神殺し&親殺し!

神生みは、火之夜芸速男神ひのやぎはやをのかみ火之炫毘古神ひのかかびこのかみ、火之迦具土神)の誕生により中断してしまうのが実際のところ。

火神ひのかみが生まれてなかったら、もしかすると神生み続行してた?可能性もあって。。

修理固成を命じた天神あまつかみの皆さんは、この顛末をどう考えてるのでしょうか?みことのりベースで指令を出したのに最終報告もない。。

勅命受けたらどうする?

勅命 受けたらどうするよ?律令に規定する専念&復命義務を分かりやすくまとめ!

05/17/2021

一応、

伊耶那岐命いざなきのみこと的には、この後の黄泉往来譚よみおうらいたん、からの禊祓みそぎはらえ三貴神さんきしんが誕生したことをもって「あは子を生み生みて、生みの終に三柱の貴き子を得たり」と言ってることから、なんだかんだいろいろあったけど、その中で神を生み続けて、結果的に三貴神さんきしんが生まれたから良かったんじゃね?的な、一つの区切りをつけた感覚はあったのだと思われます。

なので、伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二神による神生みは中断したものの、伊耶那岐命いざなきのみこと的には続行してて、最終的に三貴神さんきしん誕生によって一つの区切りをつけた、ということで整理。報告してないけど。

さて、

火之夜芸速男神ひのやぎはやをのかみ火之炫毘古神ひのかかびこのかみ、火之迦具土神)

このお方、生まれた瞬間に、生んでくれた母を、おのが火によって死に至らしめるという、スゴイ神。日本神話史上初の神殺し&親殺しであります。

軻遇突智

軻遇突智(かぐつち)|神話史上初の神殺し&母親殺し!火神「軻遇突智」を日本神話をもとに徹底解説!

10/04/2019

なお、

日本書紀にほんしょき』では第五段〔一書2~4〕でも登場し、その主な役目として、

神殺し&親殺しをもやってのける猛烈な神、という設定をもとに、

  1. の連続出産という悪循環を止める
  2. 人間の生活必需品誕生のきっかけをつくる
  3. 猛烈な神を化成させる元となる

といった3点が設定されてます。

『日本書紀』第五段

『日本書紀』巻第一(神代上)第五段 一書第2,3,4,5 ~卑の極まりと祭祀による鎮魂~

08/19/2019

古事記こじき』の「火之夜芸速男神ひのやぎはやをのかみ火之炫毘古神ひのかかびこのかみ、火之迦具土神)」は、このうち、②の人間の生活必需品誕生のきっかけをつくる部分を切り出してます。

②吐瀉物からも神が誕生。全部で6柱。伊耶那美命いざなみのみことを「大地母的神格」として誕生する生活必需品の神々

火神ひのかみを生んだことにって、みほとをかれて病みこやせになって、嘔吐、脱糞、失禁、、そこから計6柱の神が誕生。

コチラ

N 成った場所 成った神 どんな神?
嘔吐たぐり 金山毘古神かなやまびこのかみ
次に金山毘売神かなやまびめのかみ
たぐりに成った、溶けた鉱石の男と女の神
くそ 波迩夜須毘古神はにやすびこのかみ
次に波迩夜須毘売神はにやすびめのかみ
屎に成った、祭器の土器をつくる粘土の男と女の神
尿ゆまり 彌都波能売神みつはのめのかみ
次に和久産巣日神わくむすひのかみ
尿に成った、水の神と生成霊の神

コレ、

イメージ的には、伊耶那美命いざなみのみことを「大地母的神格」として位置づけ、火を通じて、溶けた鉱石、祭器土器、水、五穀生成の神が生まれてる。

ここには、生活必需品、あるいは祭祀的なニュアンスも含まれてる、と解釈できなくもない。

なお、和久產巢日神わくむすひのかみの子として「豐宇氣毘賣神とようけびめのかみ」が生まれてます。これも、やはり『日本書紀にほんしょき』〔一書2〕で五穀が稚産霊わくむすひの体に生じたとする伝承から案出されたもの。

  • 日本書紀にほんしょき』:稚産霊わくむすひー五穀
  • 古事記こじき』 :和久產巢日神わくむすひのかみ豐宇氣毘賣神とようけびめのかみー五穀

ちなみに、豐宇氣毘賣神とようけびめのかみは、伊勢神宮いせじんぐう外宮げくう祭神さいじん「豊食物神」であります。

外宮(豊受大神宮)|伊勢神宮の台所!外宮は天照大神の食事を司る豊受大御神が鎮座!

09/26/2016

次!

神避かむさる=神的な死。『日本書紀にほんしょき』と比較することでいろいろ見えてくる。

「ゆえに、伊耶那美神は火の神を生んだことにって、遂に神避かむさりなさった。」とあります。

神避かむさる」。神的な死の表現。

日本書紀にほんしょき』では、「終」「去」「退去」などの表現が使われており、「神避かむさる」は『古事記こじき』的な表現で使われてます。

ポイントは、
神避かむさる」は、ただ単に死滅する以上に、
この世界から避る(去る)、という位置づけであること。

これってつまり、伊耶那岐命いざなきのみこと中心の世界へ移行する、ということでもある。メインプレーヤー2神から1神が退場、残る1神がメインに。

実際、

このあとの神話は、伊耶那岐命いざなきのみことが中心として展開し、それは黄泉往来譚よみおうらいたんを通じて、生(伊耶那岐命いざなきのみこと)と死(伊耶那美命いざなみのみこと)の対立構造と、決別、なんなら生の優位( 産屋うぶや建てる1500 VS くびり殺す1000 )という着地へつながっていきます。

壮大な神話展開が用意されてる、この構想力に震えが止まりません、、、

次!

  • 数えあわせて伊耶那岐、伊耶那美の二神が、共に生んだ嶋は10と4つの嶋であり、神は35柱である。是れ伊耶那美神、未だ神避る前に生んだ神ぞ。ただ、意能碁呂嶋のみは生んだものではない。亦た姪子と淡嶋は子の例には数えない。
  • 原文: 凡伊耶那岐、伊耶那美二神、共所生嶋壹拾肆嶋、神參拾伍神。是伊耶那美神、未神避以前所生。唯意能碁呂嶋者、非所生。亦姪子與淡嶋、不入子之例也。

→これまでのまとめ的な注が挿入されてます。

国生みの嶋の数のほか、神を35柱としていますが、、、

古事記こじき』的神生みをまとめると、、

大事忍男神から速秋津比賣神まで 9神
沫那藝神から國之久比奢母智神まで 8神
志那都比古神から野椎神まで 4神
天之狹土神から大戸惑女神 7神
鳥之石楠船神から和久產巢日神まで 3+4=7神

合計35柱。

ということで、

ポイントは、男女ペア神については1神とカウントする、ってこと。

  • 速秋津日子神はやあきつひこのかみ速秋津比賣神はやあきつひめのかみ
  • 金山毘古神かなやまびこのかみ金山毘賣神かなやまびめのかみ
  • 波邇夜須毘古神はにやすびこのかみ波邇夜須毘賣神はにやすびめのかみ

大事忍男神おおことおしをのかみのあとの速秋津比賣神はやあきつひめのかみまでは10神誕生してますが、男女ペアが1組あるので、9神。

火神ひのかみを生んだことで嘔吐、脱糞、失禁、、そこから6神誕生してますが、男女ペアが2組あるので、2+1+1で4神。

まとめると、

9+8+4+7+7=35柱

ということになります。以上が、神生みの一旦の区切り。このあと、神が激変。これまでの尊貴な雰囲気から、一気に人間臭く、泥臭い「ドロドロ人間ドラマ」が展開します。。

 

まとめ

古事記こじき』「神生み」

神生みの果てに誕生する火神ひのかみ伊耶那美いざなみの死、いかがでしたでしょうか?

古事記こじき』版の神生み。二神が生むのは全17柱の神々。

その最後に火之夜芸速男神ひのやぎはやをのかみが生まれ、此の子を生んだことで、みほとをかれて病んだ伊耶那美命いざなみのみこと神避かむさり、神生みは中断することに。

古事記こじき』的には神生みは合計35柱としており、二神が直接生んだ神以外の神様たちも含めて神生みと位置付けてます。

経緯としては、

天神あまつかみの関与を通じて、伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことの二神が結婚し、きちんとした手順を経て神聖な大八嶋国おおやしまくにが誕生した、、ってところから。

ポイントは全部で5つ。

  1. 天神あまつかみ指令「国の修理固成」をどこまで解釈?それはきっと「瑞穂みずほの国」の仕上げまで
  2. 国の整えに必要?『日本書紀にほんしょき』で伝える万物生みの流れを踏まえる
  3. 神の誕生方法は大きく3パターン!?成りまし、出産、激烈シーン
  4. 生んだ全17柱の神々は、人民の生活を見据えて??
  5. 古事記こじき』的伏線??神生みで誕生する海と山の神は、のちのちの展開上、重要な役割を担います

ということで、『日本書紀にほんしょき』との違いも含めてしっかりチェックされてください。

 

続きは準備中。お楽しみに!

 

どこよりも分かりやすい日本神話解説シリーズはコチラ!

日本神話とは?多彩で豊かな神々の世界「日本神話」を分かりやすく徹底解説!

日本書紀 現代語訳

日本書紀 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
古事記 現代語訳

古事記 現代語訳 天地開闢から日本建国までの日本神話

11/04/2021
天地開闢

天地開闢とは? 日本神話が伝える天地開闢を日本書紀や古事記から徹底解説!

01/07/2016
国生み神話

国生み神話とは?伊奘諾尊・伊奘冉尊の聖婚と大八洲国(日本)誕生の物語!国生み神話を分かりやすくまとめ!

09/04/2021

日本神話編纂の現場!奈良にカマン!

飛鳥浄御原宮

【保存版】飛鳥浄御原宮|日本神話編纂のふるさと!歴史書の編纂というビッグプロジェクトがスタートした超重要スポット

05/18/2019
藤原宮跡

【保存版】藤原宮跡|藤原京の中心施設「藤原宮」の跡地!周辺施設や跡地も含めて藤原宮跡の全貌まとめ!

09/11/2020

平城宮跡歴史公園|日本神話完成の地!歴史と神話ロマンを存分に味わえる平城宮跡歴史公園の全貌をまとめてご紹介!

10/14/2021

ついでに日本の建国神話もチェック!

【保存版】神武東征神話を丸ごと解説!ルートと地図でたどる日本最古の英雄譚。シリーズ形式で分かりやすくまとめ!

01/13/2016
神武東征神話1

神武天皇の家系図|天照大神の第五世代直系子孫(来孫)であり、海神、山神、高皇産霊神の子孫でもある件

01/20/2016

参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)

【中古】 日本書紀 史注(巻第1) /山田宗睦(著者) 【中古】afb

 

『古事記』上巻神生み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他