龍田大社|「気」の守護社!龍田大社は運気アップ・病気平癒など開運系パワースポット!

 

龍田大社たつたたいしゃ」は、奈良県生駒郡三郷町にある神社。風の神を祭る神社として知られます。

「風の神」。

なかなかお目にかかれないレアな感じ。曰はく「万物の根源である「気」を守護し、あらゆるご利益が期待できる神社」との事。

スゴイです(゚A゚;)ゴクリ 、、、それにしても、なぜこの生駒に風なのか?特異な存在だけに気になります。

今回は、そんな自称レア&スーパー御利益を持つ龍田大社を、古代ディープなマメ知識と合わせてご紹介です。

 

龍田大社|風の神様を祭る龍田大社は「気」を守護し、運気アップから病気平癒など幅広く御利益がある件

龍田大社の御祭神に関わる日本神話

まずは、当サイトならでは。龍田大社の御祭神に関連する日本神話をご紹介。

背景をチェックして現地をチェックです。

御祭神は、

  • 天御柱大神あめのみはしらのおおかみ・・・別名「志那都比古神しなつひこのかみ
  • 国御柱大神くにのみはしらのおおかみ・・・別名「志那都比売神しなつひめのかみ

なんですが、、、

実は、『日本書紀』や『古事記』等の文献を辿っても「天御柱大神」や「国御柱大神」という名前は見当たらない。。。かろうじて「比古神」「比売神」は祝詞のりとに出てくるのですが。。。コチラは後ほど。

日本神話に登場するのは、神社的別名である志那都比古神しなつひこのかみ。コチラ『古事記』の、国生みの後に続く「神生み」で登場。

大八嶋国に必要な神を生む。それは、将来的には「瑞穂の国」になっていくために必要な神として生んでいく流れなわけで、以下。

次に風の神、名は志那都比古神しなつひこのかみを生み、次に木の神、名は久久能智神くくのちのかみを生み、次に山の神、名は大山津見神おほやまつみのかみを生み、次に野の神、名は鹿屋野比売神かやのひめののかみを生んだ。亦の名は野椎神のづちのかみという。

原文: 次生風神・名志那都比古神此神名以音、次生木神・名久久能智神此神名以音、次生山神・名大山上津見神、次生野神・名鹿屋野比賣神、亦名謂野椎神。自志那都比古神至野椎、幷四神。 (『古事記』上つ巻より一部抜粋)

ということで、

コチラ、実は、『古事記』神生みならではの、壮大なストーリーらしきものがある中での誕生になっております。

最初の風神志那都比古神しなつひこのかみは、大八嶋国を生んだ後だからこそ何もない状態、きっと生まれたての神々と朝霧が立ちこめてるだけの状態で、それを吹き払った気息が化して神となったイメージ。そのための風。

そして、木の神は、風神の存在を揺らぎによってそれと知らせるもの。さらに、山の神は、山林、豊かに木々の繁る山だから、国土が豊かに成長しているさまを表象。

最後に、野の神は、山・野・原という大地を構成する3つの場の中間地帯。このあと、葦原中国の葦原が生まれることを予定する。そしてきっとそこには人間の姿も・・・

ということで、コチラ、原始日本誕生の壮大なストーリーであります。風の神については、この壮大なイメージをまずチェック。

『古事記』上巻神生み

『古事記』神生みの原文と現代語訳|神生みの果てに誕生する火神と伊耶那美の死

11/08/2021

 

龍田大社の場所

御祭神に関する日本神話がチェックできたところで、ココからはリアルな現場を確認。

龍田大社は、奈良県生駒郡にあります。

JR大和路線「三郷」駅より徒歩5分。小高い丘というか山の上。

大坂から奈良へ。南北両側を山に挟まれ、現在は25号線と大和川が通ってます。

奈良の入口であり大和平野に入るところ、小高い山の上に風の神様が鎮座されてる訳ですね。

龍田大社 (1)

▲コチラ、龍田大社の入口の様子。入口の鳥居前は広い駐車場になってマス。無料なので直接GO!

電車の場合は、JR関西本線の大和路線「三郷駅」から徒歩5~10分ほど。

 

龍田大社 (5)

▲官幣大社なんですね。威容を感じる鳥居の風。奥からかすかに風が・・・?

 

龍田大社の創建経緯

社伝曰はく、第10代・崇神天皇すじんてんのうの時代。国内に凶作や疫病が流行し騒然としているなか、天皇の夢に「大神」が現れ、

吾が宮を朝日の日向かう処、夕日の日隠る処の龍田の立野の小野に定めまつりて・・・

と、神託を授けたとのこと。その通りにお社を造営すると、作物は豊作、疫病は退散した。。。

かなり神ってますが、創建の経緯です。

ちなみに、、、公的文献で風の神の初見は、第40代の天武天皇4年。

4月10日に、「風神を龍田の立野たてのまつらしむ」『日本書紀』と伝えており、これが初登場。

以後、ほぼ毎年、持統天皇の御代までこの祭りの記録があります。なお、『神祇令(養老令)』第六には、孟夏(4月)と孟秋(7月)に「風神の祭」を行う事を定めてたりもして。

『延喜式』はこれを引き継いで、祭りを10月と7月の各4日に行うと定め、朝廷より5位以上を差遣し、国司も次官以上一人が専任担当していました。「風神の祭」、結構大々的に行われていた重要なお祭りだったということですね。

その祝詞のりとに「比古神」「比売神」が登場します。そして、「比古神」「比売神」に「幣帛みてぐら」と共に、諸種の供物を献じ、

天の下公民おほみたからの作る物を、悪しき風、荒き水にはせたまはず、皇神すめかみの成しさきはへたまはば。

と祈っていました。

風や水の害が起こらないように祈る祭りが「風神の祭」という訳。

なので、文献や歴史の時代に入って「比古神」から「比売神」が誕生した。そして、いつのころから、「天御柱大神」「国御柱大神」と呼ばれるようになった感じかと想定されます。

 

龍田大社境内の様子

龍田大社 (6)

▲鳥居をくぐると、まっすぐに続く参道。そして、奥に拝殿、本殿が見えます。

 

龍田大社 (7) 龍田大社 (9)

▲手水舎。コチラは龍田大社だけに龍神さん。

そして、さらに進むと拝殿があります。

龍田大社 (14) 龍田大社 (13)

▲拝殿から本殿を望みます。とっても綺麗な風。お祭りともなるとココで神楽などの舞踊が奉納されるのでしょう。

 

龍田大社の御祭神

龍田大社@生駒郡
  • 天御柱大神あめのみはしらのおおかみ・・・別名「志那都比古神しなつひこのかみ
  • 国御柱大神くにのみはしらのおおかみ・・・別名「志那都比売神しなつひめのかみ

御利益:

ご神名の「御柱みはしら」とは「天地万物の中心の柱」とされ、別名の「志那しな」とは「息長(長寿)」を意味し、「気息の長く遠く吹き亘る」とされます。つまりは天地宇宙の万物生成の中心となる「気」をお守護りくださる、幅広いお力のある神様です。 (神社説明文より)

との事。すばらしい。。。天地宇宙の万物生成の中心となるのが「気」であり、それを加護する神として幅広く展開しているわけですね。

 

龍田大社 (25)

▲拝殿の脇のところから本殿を。。。って、見えにくいですね。すみません。

 

龍田大社その他のアレコレ

龍田大社 (11) 龍田大社 (28)

▲神社として、陰陽五行の思想を打ちだされております。これもその一環ですね。

 

その他、末社のみなさん。

白龍神社

龍田大社 (17)

御祭神:白龍

御利益:神結びの神、浄難災難除け、安産祈願

江戸末期に、神社境内に白蛇として出現。明治後期に一夜にして姿が消え、明治41年にふたたび白龍として登場。これを吉報としてお迎えしお祭りされたそうです。

 

龍田大社 (21)

▲白龍様はお水が大好き。お水をたっぷりかけていただければ幸いです。

 

龍田恵美須神社

龍田大社 (19)

御祭神:恵美須神

御利益:商売繁盛、福徳開運、家庭円満

寛永元年(1243年)摂津の西宮戎神社から御分霊をいただき祭祀。一度廃れて、昭和62年に再度、同神社から御分霊をいただき祭祀。「龍田恵美須さん」として親しまれております。

 

三宝稲荷神社

龍田大社 (20)

御祭神:稲荷神

御利益:商売繁盛

創建経緯不明。昔から「三方稲荷さん」として商売を営む皆さんの信仰篤い神社。

 

おまけ:龍田は神武東征神話で登場する重要なスポット

実は、ここ「龍田」の地は、日本神話的には神武東征神話と関連があり、私さるたひこは神話目的で訪れた次第。

詳しくはこちら↓で。

神武東征ルートを行く|孔舎衛坂激戦の地はどこ?!それは孔舎衛坂顕彰碑の地ではなくきっと暗峠の件

02/01/2016

神武が大和入りのために最初に目指した地が「竜田たつた」。コレ、現在の「龍田たつた」。結局、ここに至る生駒山の狭く険しい道によって通れないことが判明し引き返すことになるのですが。。。

▲コチラ、神武東征神話を地図に落とし込んだルート図。大阪平野と奈良盆地を隔てる生駒山。そして、生駒山が途中で切れるところ、平地で繋がる細い道が竜田の地であります。

このあたり、神話ロマンが重なってドキドキする感じがします。

 

まとめ

龍田大社

奈良県生駒郡三郷町立野にある神社。

社伝曰はく、ご祭神は「天御柱大神あめのみはしらのおおかみ(別名:志那都比古神しなつひこのかみ)」「国御柱大神くにのみはしらのおおかみ(別名:志那都比売神しなつひめのかみ)」。

ご神名の「御柱みはしら」は「天地万物の中心の柱」。転じて、天地宇宙の万物生成の中心となる「気」をお守護まもりくださる、幅広いお力のある神様です。

一方で、古代文献上の根拠が見当たらない謎の神様でもあって、日本神話的には「風の神=志那都比古神しなつひこのかみ。こちら、神産み神話で登場します。

境内は、小高い丘というか山の上にあって、のんびりとした風が漂っていて心地よいです。空間の広がりがそう感じさせるのかも。

その他、商売繁盛系として3つの神社もお祭りしてますので、こちらも是非チェックされてください。

 

住所
〒636-0822 奈良県生駒郡三郷町立野南1丁目29−1
JR大和路線「三郷」駅より徒歩5分。小高い丘というか山の上。
電話 0745-73-1138(午前9時〜午後5時)
駐車場 あり
HP 龍田大社のHPはコチラです。

 

大阪の神社はコチラでまとめてます!

大阪の神社巡りオススメスポット|大阪は神武東征神話の舞台!東征神話を中心に日本神話から入る大阪の神社の御祭神・御利益をまとめ!

06/01/2016

 

こちらも是非。オススメ関連エントリー

神武東征ルートを行く|孔舎衛坂激戦の地はどこ?!それは孔舎衛坂顕彰碑の地ではなくきっと暗峠の件

02/01/2016
孔舎衛坂激戦、敗退

神武紀|孔舎衛坂激戦、敗退|スネの長い関西人に初戦敗退。神策めぐらし紀伊半島を迂回することにした件|分かる!神武東征神話No.5

01/22/2016

神社好きな皆さまへ。当サイトおススメ神社の皆さん!

伊勢神宮|天照大神を祭る日本最高峰の宮!超絶パワスポ伊勢神宮まとめ

09/28/2016

出雲大社|幽界(神事)を司る大国主を祀る!幽世統治の超絶パワースポット出雲大社をまとめてご紹介!

10/23/2016

橿原神宮|日本建国の地!初代「神武天皇」が即位した橿原宮=橿原神宮を日本神話とあわせて徹底解説!

01/18/2016

厳島神社|世界文化遺産!美しく荘厳なパワースポットの厳島神社をまとめてご紹介!

05/06/2016

朝日カルチャーセンター中之島教室 日本神話講義のご案内

白熱講義! 日本神話は『日本書紀』がまず編纂され、『古事記』がそれを取り込んで成り立っています。 この実態と驚きの真相を、通説や常識とは全く違う世界を、本講座では徹底的に検証します。7/30, 8/27, 9/24の全3回、途中参加でも大丈夫!激しくオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人


日本神話.comへお越しいただきありがとうございます。
『日本書紀』や『古事記』をもとに、最新の文献学的学術情報を踏まえて、どこよりも分かりやすく&ディープな日本神話の解釈方法をお届けしています。
これまでの「日本神話って分かりにくい。。。」といったイメージを払拭し、「日本神話ってオモシロい!」「こんなスゴイ神話が日本にあったんだ」と感じていただける内容を目指してます。
日本神話研究の第一人者である佛教大学名誉教授の榎本先生の監修もいただいているので情報の確かさは保証付き!文献に即して忠実に読み解きます。
豊かで多彩な日本神話の世界へ。是非一度、足を踏み入れてみてください。
参考文献:『古代神話の文献学』(塙書房)、『新編日本古典文学全集 日本書紀』(小学館)、『日本書紀史注』(風人社)、『日本古典文学大系『日本書紀 上』(岩波書店)他